10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

伊佐市議会 2019-06-27 令和元年第2回定例会(第5日目) 本文 2019年06月27日開催

先進国の中でも、フィンランドスウェーデンに次いで第3位であり、世界有数の森林国と言えます。その森林を守り育てるには、長い年月と費用が必要であります。森林の果たす役割として、地球温暖化防止機能、災害防止、国土保全機能、水源涵養機能を高め、強靭な国土を維持、管理していくための重要な施策であると考えます。  自治体の役割として、市民ひとりひとりがこの事業への理解を示し負担をしていくべきだと思います。

霧島市議会 2018-06-29 平成30年第2回定例会(第6日目 6月29日)

また子育て支援である「わこう版ネウボラ(ネウボラとはアドバイスの場を意味するフィンランド語で,妊娠から就学期を通じた子育て支援制度やその拠点を指します)」では,出産から学校,そして放課後子ども教室まで,子ども・子育て基盤と保険医療基盤の全ての部署がアセスメントを行い,複合的な課題が発見された場合は,他制度・他職種のチームケアにより一体的な支援を提供し,解決を図れるようになっています。

垂水市議会 2014-09-09 平成26年  9月 定例会(第3回)-09月09日−04号

危機管理監(新屋義文) まず、コアキャッチャーの件でございますけども、いろいろと欧州もしくは先ほどおっしゃいましたフィンランドのオルキルオト3号機の関係で調べてみましたけれども。その規制基準の要求としましては、重大事故で発生する溶融燃料を確実に冷却、安定化させる装置を設置すること、それと、溶融燃料と格納容器の直接の相互作用を確実に防止できることという基準になっております。  

鹿屋市議会 2011-06-21 平成 23年 6月定例会-06月21日−03号

一方、トップレベルの成績をおさめたフィンランド追跡調査では、新聞を頻繁に読む生徒ほど読解力の得点が高かったと言われています。  NIEは、1930年時代にアメリカで始まり、現在世界64カ国が協力し、社会性豊かな青少年育成、活字文化民主主義社会の発展などを目的に取り組みをされております。  

霧島市議会 2011-03-03 平成23年第1回定例会(第4日目 3月 3日)

日本森林面積は,国土面積の3分の2を占めており,先進国ですとフィンランドに次ぐ規模で,世界でも有数の森林国です。しかし,この豊かな森林を活用する日本林業は,長期的な停滞傾向にありました。林野庁がまとめた平成21年木材の需給の動向によれば,平成21年日本木材の総需要量は,前年に比べ18.9%減,国内生産量6.1%減となっています。

鹿屋市議会 2008-06-27 平成 20年 6月定例会-06月27日−05号

学力調査で3回連続して世界一になったフィンランドが注目されています。フィンランドでは、90年代の教育改革で、行政の管理統制を最小限にして、学習内容、時間割から教科書の選定まで、すべて教員一人一人が決めます。勤務は、午後2時から3時に終わり、夏休みは子供と同じ2カ月間、自由な時間が保障されています。  だが、遊びほうけてるわけではなくて、教材研究などの研修を一生懸命しています。

鹿屋市議会 2006-09-19 平成 18年 9月定例会-09月19日−02号

それから、国際学力調査で連続的に世界一となり、教育改革が注目されている国、フィンランドがあります。フィンランド教育改革を進める上で、日本教育基本法を参考にしたと言います。教育長の見解をお尋ねいたします。  最後の質問は、中央教育審議会が作成した教育振興基本計画は全国一斉学力テストを実施すると書いてあります。これを受けて来年実施ということになっています。

垂水市議会 2004-12-10 平成16年 12月 定例会(第2回)-12月10日−02号

驚きましたことに、この前の南日本新聞に載っておりました学力低下、この南日本新聞にありました学力低下ですね、こういうことを考えますと、フィンランドがすばらしいものがあると。ここは税金の体系も違うわけですが、調べてみますと、少人数学級で対話方式の授業をなされているということを考えますと、815名余りの大規模校ではこういう教育はできないんじゃないかと。

  • 1