運営者 Bitlet 姉妹サービス
300件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-14 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第4日目 6月14日) 窓については複層ガラスであったり,床については断熱層を入れて,下からの冷気を上げない工法であったり,天井や壁においても断熱材の吹付け,そのほとんどが見受けられなくなりました。3月に国分中央高校のアリーナを視察したとき,生徒たちは一生懸命,床の結露の雑巾掛けをしておりました。床の仕上げもリノリウムみたいなもので,非常に滑りやすいものであったような気がします。 もっと読む
2018-06-13 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第3日目 6月13日) ○観光課長(八幡洋一君)  先ほどの答弁の中にもありましたとおり,今回,ポスターサイズのバス時刻表を鳥居を入ってすぐ右にガラスがあるんですけれども,そちらのほうに周遊観光バス,路線バスのこういうのをポスターサイズにしまして掲示をしてあります。先週に設置しているところでございます。 もっと読む
2018-02-27 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-02月27日−04号 排出状況はおおむね良好でしたが、一部のごみステーションで陶磁器類やガラス類等の燃やせないごみが出されておりましたので、これらにつきましては、違反シールを貼付し、注意喚起を行ったところでございます。   もっと読む
2017-12-12 垂水市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月12日−04号 使用済み核燃料を再処理すると、ガラス固化体ができるが、その近くに人間が立つと、約20秒で死んでしまうという高レベルのものであります。ガラス固化体の放射能は10万年、100万年たたないと安全なレベルになりません。 もっと読む
2017-10-01 鹿児島市議会 平成29年第3回定例会(9・10月)-目次 などが一人一人学校に電話をかける大混乱の予防)       ………………………………………………………………………………………………238    (四)Jアラートが告げる「頑丈な建物や地下」の定義と本市の所在数と、このアラ      ートの実効認識       ………………………………………………………………………………………………238    (五)元海将がミサイル着弾等を考える中で「爆風や割れたガラス もっと読む
2017-09-19 鹿児島市議会 平成29年第3回定例会(9・10月)-09月19日−04号 次に、元海将がミサイル着弾等を考える中では、「爆風や割れたガラスが飛んでこないところなどを事前に知っておいたほうがいい」と報道で話されていることを見聞きいたしましたけれども、こうしたことを話さなければならないような状況は極めて残念ではございますが、そうしたことを言われるような中で当局は市民を守れるのでしょうか。 もっと読む
2017-09-19 鹿児島市議会 平成29年第3回定例会(9・10月)-09月19日−04号 次に、元海将がミサイル着弾等を考える中では、「爆風や割れたガラスが飛んでこないところなどを事前に知っておいたほうがいい」と報道で話されていることを見聞きいたしましたけれども、こうしたことを話さなければならないような状況は極めて残念ではございますが、そうしたことを言われるような中で当局は市民を守れるのでしょうか。 もっと読む
2017-09-13 鹿児島市議会 平成29年第3回定例会(9・10月)-09月13日−03号 七つのモニュメントは、ステンレスの枠に透明強化ガラスをはめ込み、幅四・五メートル、高さ二・一メートルとなるもので、幕末から明治にかけて活躍した、主に加治屋町にゆかりのある英傑と歴史的出来事を描き、夜間はLEDバックライトで内側から全体を照らすものとなっております。   もっと読む
2017-09-13 鹿児島市議会 平成29年第3回定例会(9・10月)-09月13日−03号 七つのモニュメントは、ステンレスの枠に透明強化ガラスをはめ込み、幅四・五メートル、高さ二・一メートルとなるもので、幕末から明治にかけて活躍した、主に加治屋町にゆかりのある英傑と歴史的出来事を描き、夜間はLEDバックライトで内側から全体を照らすものとなっております。   もっと読む
2017-09-06 鹿児島市議会 平成29年第3回定例会(9・10月)-目次 などが一人一人学校に電話をかける大混乱の予防)       ………………………………………………………………………………………………238    (四)Jアラートが告げる「頑丈な建物や地下」の定義と本市の所在数と、このアラ      ートの実効認識       ………………………………………………………………………………………………238    (五)元海将がミサイル着弾等を考える中で「爆風や割れたガラス もっと読む
2017-06-13 霧島市議会 平成29年第2回定例会(第2日目 6月13日) しかし,死者こそ出なかったものの,平成23年11月26日以降の度重なる爆発的噴火の被害は,観光への甚大な被害はもとより,空振による小学校を含めた公共施設や宿泊施設,民家などのガラスやサッシなどに被害がありました。 もっと読む
2017-06-13 伊佐市議会 平成29年第2回定例会(第5日目) 本文 2017年06月13日開催 本件につきましては、環境政策課事務所敷地内において、市嘱託職員が除草作業を行っていたところ、使用していた刈払機によってはじかれた石が駐車してあった車両の窓ガラスを損壊したもので、事故の過失割合は市を100%、相手方をゼロ%とし、市は相手方に3万2,400円を支払うこともって、以後、市と相手方の双方は本件事故に関し異議を申し立てないことを確約し、和解するものであり、地方自治法第96条第1項第12号及び もっと読む
2017-06-13 霧島市議会 平成29年第2回定例会(第2日目 6月13日) しかし,死者こそ出なかったものの,平成23年11月26日以降の度重なる爆発的噴火の被害は,観光への甚大な被害はもとより,空振による小学校を含めた公共施設や宿泊施設,民家などのガラスやサッシなどに被害がありました。 もっと読む
2017-03-08 伊佐市議会 平成29年第1回定例会(第4日目) 本文 2017年03月08日開催 そこで、新しい施設では、見学者通路を設けて、ガラス越しに処理の一部工程を見学できるようにします。例えば、小学生の社会科学習──見学ですね、これやら、地域自治会、それから婦人会からの見学の要望等がありましたら、それに対応できるようになります。 もっと読む
2016-09-08 姶良市議会 平成 28年 9月定例会(第3回)-09月08日−05号 ◆13番(渡邊理慧君) 以前、同僚議員の質問で、サッシガラスが結露したという問題もございましたけれども、そのときは、弓場建設さんがクロスの張りかえ等、対応したとのことでございますが、二期工事についても、その弓場建設が行うんでしょうか。 ◎企画部長(福留修君) 西側の建設につきましては、また次の枠として改めて公募をかけて行う予定でございますので、そのときの展開になると。 もっと読む
2016-09-05 姶良市議会 平成 28年 9月定例会(第3回)-09月05日−02号 地震に対して家具の固定等々は当たり前のことですけども、ガラス面にフィルムを貼って下のほうを保護するとか。また、水害、土砂災害に対しては、災害までの兆候などの把握。雨が降っているのに川の水がなくなるとか、また、崖の上からころころと小石が落ちてきて、土が腐ったにおいがしてくるというような兆候があると。  また、その時に逃げる場所は外に逃げるのか、2階に逃げるのかの判断。 もっと読む
2016-06-22 鹿屋市議会 平成 28年 6月定例会-06月22日−04号 その中で、例えばひとり暮らしの高齢者に対して、ご自分ではできない家具の固定もできない、例えばガラスに飛散防止のフィルムを張ることも難しいというような方々に対して、どうやってあげればいいんだろうとずっと考えておりました。そしたら、この議会の中で「ローズ隊」の結成があるということを知りまして、そこに本当に希望の光を得たような感じがいたしました。 もっと読む
2016-06-22 鹿屋市議会 平成 28年 6月定例会-06月22日−04号 その中で、例えばひとり暮らしの高齢者に対して、ご自分ではできない家具の固定もできない、例えばガラスに飛散防止のフィルムを張ることも難しいというような方々に対して、どうやってあげればいいんだろうとずっと考えておりました。そしたら、この議会の中で「ローズ隊」の結成があるということを知りまして、そこに本当に希望の光を得たような感じがいたしました。 もっと読む
2016-06-21 鹿屋市議会 平成 28年 6月定例会-06月21日−03号 熊本地震では対策の不備により、つり天井や照明器具の落下、窓ガラスの損壊等により30に及ぶ避難所が閉鎖されたため、屋外や車中泊が全体の3割に上り、多くの災害関連死を出す要因になっております。  本県教委は4月1日現在、これら対象施設の落下防止対策の完了率を67.9%にとどまっていると報告しております。 もっと読む
2016-06-06 伊佐市議会 平成28年第2回定例会(第2日目) 本文 2016年06月06日開催 非構造部材とは柱や、はり、床などの構造体ではなく天井や外壁、内壁、照明、設備機器、窓ガラス、収納などで、構造体には被害が及ばない場合でも被害が生じる可能性があります。  非構造材の耐震化は、現在、針持小の体育館を補修するのにあわせて照明器具を固定しましたが、ほかの公共施設では行っておりません。 もっと読む