運営者 Bitlet 姉妹サービス
659件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-10-04 垂水市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-10月04日−06号 水道事業は、市民の生命にかかわるインフラであり、独立採算で行うべき事業ではなく、一般会計からの繰り入れをすべきものであります。  よって、決算の認定に反対するものであります。 ○議長(新原春二) これで討論を終わります。  これから採決に入りますが、本案については、剰余金処分と決算認定の二つの表決が必要となる案件でありますので、それぞれについて採決を行います。   もっと読む
2018-06-22 垂水市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月22日−02号 このように市民生活を支え、社会の知的インフラとして知的市民生活を創出することこそが、公共図書館の本来果たすべき役割、使命であると考えております。  公共図書館に対して、このような認識に基づいた問題提起であることを御理解いただき、三つの項目についてお伺いいたします。  まずは、質問項目(1)図書館運営事業における現状と課題についてお聞きいたします。   もっと読む
2018-06-13 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第3日目 6月13日) 市政情報やイベント情報の共有など,市民にとっては欠かせない情報源の一つと考えますが,市街地と山間部の生活インフラの格差は歴然としていると感じます。未整備地区が整備されれば,スポンサーの増,リスナーの増にもつながり,早急に未整備地域を整備する考えはないか伺います。(2)超短波放送は災害時の情報共有として欠かすことのできない手段の一つと考えます。 もっと読む
2018-06-12 霧島市議会 平成30年第2回定例会(第2日目 6月12日) 地域の活力が維持されるためには,鉄道,バス等の交通インフラが充実しているということが重要な要因の一つとして挙げられ,中でも定時性,速達性のある基幹公共交通軸である鉄道は,沿線住民の移動手段として重要な役割を担い,地域の経済活動の基盤であるとともに,移動制約者の交通手段の確保や地球環境問題などへの様々な効用を生み出す社会資本であると認識しています。 もっと読む
2018-03-08 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月08日−09号 第三は、かつて線路など一定のインフラ整備に国民の税金が使われた以上、公共交通機関としての役割放棄をすることは許されませんが、一方では、人口減少等の中で一企業だけでは路線を維持できません。そこで、国にも要請すべきと考えますが、見解を伺います。  以上、答弁願います。 もっと読む
2018-03-07 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-03月07日−08号 観光客と違い、一定の期間以上本市に住まわれる中で、市の提供するインフラやさまざまなサービスを利用することから、市民税の負担は当然お願いすべきだと考えます。また、国民健康保険については、緩和により三カ月以上滞在する外国人が対象になったとのことで、加入要件や加入状況について理解をいたしました。  このことを踏まえ、外国人の納税状況についてお尋ねをします。   もっと読む
2018-03-01 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-目次 フォローアップ……………………………………………………………………183      ③広報戦略室の設置の理由と市長のシティプロモーションに対する決意……………183    (三)公共施設等の管理のあり方とそのための財政措置……………………………………183    (四)サッカー等スタジアムの整備について…………………………………………………183      ①県立サッカー・ラグビー場建設経緯と関連インフラ もっと読む
2018-02-28 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-02月28日−05号 このことは、平成二十四年十二月の笹子トンネル事故を契機に社会インフラの老朽化対策が国、地方公共団体、民間事業者で喫緊の課題として強く認識されるようになりました。  そこで伺います。   もっと読む
2018-02-27 鹿児島市議会 平成30年第1回定例会(2・3月)-02月27日−04号 設定の趣旨としましては、建設業は、インフラや建築物の整備の担い手として、我が国の経済、社会を支える産業であると同時に、災害時には社会の安全安心の確保を担う我が国の国土保全上、必要不可欠な地域の守り手であるということや建設業の担い手を確保していくことにより、最終的には国民の利益にもつながるものであると記されています。 もっと読む
2018-02-21 霧島市議会 平成30年第1回定例会(第3日目 2月21日) 霧島市は県下第2の都市として社会インフラも整備されつつあり,住みやすいまちづくりへ向けての勢いと息吹を感じている次第でございます。その一方で,生活幹線道路及び市道等における課題は多岐多様にわたります。市民の皆様からいただく相談要望におきましても,信号機・横断歩道の設置,白線の引き直し,一時停止等における看板設置等,少なくない現状は否めません。 もっと読む
2018-02-19 垂水市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月19日−01号 このセミナーでは、交通インフラが充実した環境にあること、原子力発電所や火力発電所が立地し電力供給地であること、次世代エネルギー産業の立地を促進していること、企業立地に係る様々な支援制度が整っていることなど、本市の特徴を説明するとともに、重要港湾川内港のポートセールスを実施いたしました。   もっと読む
2017-12-14 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月14日−05号 さらには、インフラや工作物の老朽化や更新などが今後の財政圧迫化に影響していくものと思われます。今後においてはなお一層の資産の状況や資産形成について注視し、慎重かつ的確に資産のあり方を検討すべきであると考えます。  そこで、質問の第三点、資産、負債、純資産についてどのように推移させていくのか見解をお聞かせください。  以上、答弁願います。 もっと読む
2017-12-14 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月14日−05号 さらには、インフラや工作物の老朽化や更新などが今後の財政圧迫化に影響していくものと思われます。今後においてはなお一層の資産の状況や資産形成について注視し、慎重かつ的確に資産のあり方を検討すべきであると考えます。  そこで、質問の第三点、資産、負債、純資産についてどのように推移させていくのか見解をお聞かせください。  以上、答弁願います。 もっと読む
2017-12-13 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月13日−04号 ◎建設局長(水元修一君) 県によると、「北埠頭や南埠頭は本土と離島を結ぶ生活交通を支える交通インフラとして重要な役割を果たしているが、北埠頭においては一部の港湾施設が使われていない状況にある。この北埠頭などを含む鹿児島港本港区エリアについては、「来て見て感動するまちづくり」の観光の目玉スポットの拠点となるよう活用方策を検討しているところである」とのことでございます。  以上でございます。     もっと読む
2017-12-13 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月13日−04号 ◎建設局長(水元修一君) 県によると、「北埠頭や南埠頭は本土と離島を結ぶ生活交通を支える交通インフラとして重要な役割を果たしているが、北埠頭においては一部の港湾施設が使われていない状況にある。この北埠頭などを含む鹿児島港本港区エリアについては、「来て見て感動するまちづくり」の観光の目玉スポットの拠点となるよう活用方策を検討しているところである」とのことでございます。  以上でございます。     もっと読む
2017-12-12 垂水市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月12日−04号 ◆20番(福田俊一郎) 市長から答弁をいただきましたけれども、物流等の公共インフラ、そういった整備も進んでいるということもありながら、また、一方では、やはり誘致をする職員の対応がいいと、迅速に、的確に信頼関係をつくりながらそういう企業誘致をやっている。それが成功にも結びついていると。 もっと読む
2017-12-11 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月11日−02号 次に、他国による上空での核爆発で電磁パルス攻撃が起きるとどうなるかという危機をあおるような報道が最近相次ぐわけでございますけれども、ひところ紙面を賑わせて、私は、特に本市上空の飛行物体のことをよくただしておりますけれども、市民の方からも、そのこととも関連して御懸念の御意見等も伺いましたが、そうしたことが実際に起こると、本市上空を飛んでいる飛行物体やあるいは川内原発、さらには電気で駆動するインフラシステム もっと読む
2017-12-11 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-12月11日−02号 次に、他国による上空での核爆発で電磁パルス攻撃が起きるとどうなるかという危機をあおるような報道が最近相次ぐわけでございますけれども、ひところ紙面を賑わせて、私は、特に本市上空の飛行物体のことをよくただしておりますけれども、市民の方からも、そのこととも関連して御懸念の御意見等も伺いましたが、そうしたことが実際に起こると、本市上空を飛んでいる飛行物体やあるいは川内原発、さらには電気で駆動するインフラシステム もっと読む
2017-12-08 垂水市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月08日−02号 一つのインフラでありますから、ぜひ今後とも前向きに次世代情報通信基盤の整備については、御検討いただければと思います。  それでは、(4)の質問に移ります。ICTを活用した市民の方からの意見反映の方法についてです。  まず質問でありますが、現状、道路や側溝の破損等の市民の皆様からの相談というのは、現状どのような方法で受けておられるでしょうか。 もっと読む
2017-12-05 鹿児島市議会 平成29年第4回定例会(12月)-目次 交通事業特別会計の全体収支……………………………74    (四)神戸製鋼、三菱マテリアル、東レ、日産自動車、スバルなど不正発覚大手メー      カー製品の本市への納品と使用の確認状況        ……………………………………………………………………………………………75    (五)他国による上空核爆発で電磁パルス攻撃発生の影響想定(特に本市上空の飛行      物体と川内原発と電気駆動を含むインフラシステム もっと読む