17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿児島市議会 2019-03-01 03月05日-07号

大変評判の高い武蔵野プレイスや開館してもう早い時期で百万人の入館者を超えた都城市図書館等、それぞれにティーンエージャーに向けた取り組みがある施設でございますけれども、また、今般の状況、相対的な貧困で自宅に紙の本が少ないという時代状況も、それは貧しさだけではないのかもしれませんが、勘案いたしまして、未来を担う小・中・高生へこのまちなか図書館の計画等への参画をしていただきますと、それは、実際に開館してからの

鹿児島市議会 2018-06-01 06月20日-04号

第五に、その際、東京武蔵野プレイス、先ほど紹介いたしました都城大丸跡の図書館熊本駅前図書館等、先進事例も十分に参考にすべきと考えるがどうか。 以上、まとめて答弁願います。 ◎建設局長(坂元浩君) 図書館機能については、図書館法に基づく図書館とすることを含めて関係部局と連携を図りながら検討中であり、お触れの機能や蔵書の工夫などについても今後検討してまいりたいと考えております。 

鹿児島市議会 2017-10-01 09月20日-05号

武蔵野プレイス施設は青少年に特化した施設です。高校生が周りに大人がいると利用しづらいというニーズに合っているからこそ、若者の利用も多いと思います。鹿児島市も場所はどことは言いませんが、若者のニーズに合った施設等を整備し、若者が自分の可能性を磨き、活躍できる環境の整備を図るとともに、文化薫る地域の魅力づくりという観点からも取り組むべきと考えますが、見解を伺います。 以上、答弁願います。

霧島市議会 2015-12-09 平成27年第4回定例会(第4日目12月 9日)

一方,市営住宅につきましては,住宅に困窮する方々の利用を始めとして,車イス対応や高齢者専用,若者単身者用など特定の目的で整備したものでございますが,空き室が増えていることが課題となっており,有効な利活用を図る必要があると考えているところでございます。また,市営住宅には,築年数が経過し,老朽化したものも多い状況にございます。

鹿屋市議会 2015-12-08 12月08日-03号

(2)旧鹿屋市では、地元業者が地元産材を加工した学校の机・イス使用していた時期があるが、子供たちが地元産材のよさに触れ、また、地元の関係業界活性化のために導入を検討すべきではないか、お答えください。  [市長中西 茂君登壇] ◎市長(中西茂君) まず、農政について、TPP協定に関しての御質問がございました。 

鹿児島市議会 2011-03-01 03月22日-10号

次に、施設整備に当たっては、大型ディスプレイや車イス対応の記載台などを配置することとしているが、カラーユニバーサルデザインバリアフリーの観点から、さらに配慮すべき点があるのではないかと思料されることから、このことに対する当局の見解を伺ったところ、施設整備については、平成二十三年度に入札等を行うものであり、詳細は今後詰めていくことになることから、御指摘の点を踏まえる中で、来庁される方々にとってさらに

霧島市議会 2009-08-03 平成21年第3回臨時会(第1日目 8月 3日)

このようなことから,高齢者や車イス等でも来所しやすい1階部分に専用の事務室と相談室3室を整備して,プライバシー保護を強化するとともに,相談業務を充実しようとするものでございます。次に3点目についてお答えいたします。1階に移転しましてからの賃貸料等につきましては,現在のところ月額63万581円程度と見込んでおり,引き続き介護報酬収入から支出する方向で調整をいたしております。

霧島市議会 2007-09-28 平成19年第3回定例会(第6日目 9月28日)

主な質疑では,更新前のパークトレインと何か変更点があるのかとの質疑には,体の不自由な方々の車イス積載スペースを設けたり,雨天時の雨よけカーテン,急な坂道であるので,既定以上のブレーキ強化,故障の際の24時間以内の修理契約等であるとの答弁。採決の結果,議案第74号は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

霧島市議会 2007-09-13 平成19年第3回定例会(第4日目 9月13日)

ビニールシートを敷いたり,あるいは車イスが入れるようにステップを付けたり,その都度やっております。 ○24番(島廻一心君)  いろいろと難しい点はあろうかと思いますけど,是非,その30何%とか,そういう数字じゃなくして,その悪い所を徹底的に選挙に行ってもらうように施策をひとつ打ち出していただきたいと思います。以上で私の質問を終わります。

霧島市議会 2006-09-12 平成18年第3回定例会(第2日目 9月12日)

イスは人をつくると。ポジションが人をつくると。だから,やはり,もっと言えば小学校の時から,幼稚園の時から家庭における,学校における男性と女性の取り扱いについてのですね意識改革をしないことにはやはりそこまで到達しないということだろうと思うんです。ですから,そういう視点でやはりすべての事業や事務に携わっていくという観点が私は求められているんではなかろうかと思います。

霧島市議会 2006-06-12 平成18年第2回定例会(第2日目 6月12日)

イス対応も考えなければならないわけです。したがって,畳部屋でですね座卓で食事をとる人,腰高テーブルとイス食事をとる人,違和感を感じない方が私はおかしいと思いますよ,あの施設でですね,50人施設で。この前訪問さしていただきました。車イスの方もいらっしゃるでしょうし,車イスで畳部屋を移動したりすることについてはもう環境保健衛生上の認識はどうあるべきなのか。

  • 1