ツイート シェア
  1. 伊佐市議会 2019-11-27
    令和元年第4回定例会(第1日目) 本文 2019年11月27日開催


    取得元: 伊佐市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-06-25
    2019年11月27日:令和元年第4回定例会(第1日目) 本文 ▼最初ヒット発言へ(全 0 箇所)                △開  会△(10時05分) ◯議長緒方 重則議員)  ただいまから令和元年第4回伊佐市議会定例会を開会します。                △開  議△(10時05分) ◯議長緒方 重則議員)  直ちに本日の会議を開きます。  日程第1「会議録署名議員の指名」を行います。  この会期中の会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、3番 岩元 努議員、5番 森山 良和議員を指名します。 ◯議長緒方 重則議員)  日程第2「会期の決定」を議題とします。  お諮りします。  本定例会会期は、本日から12月20日までの24日間とし、配付してある日程表のとおりとしたいと思います。  これに御異議ありませんか。     (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◯議長緒方 重則議員)  異議なしと認めます。  したがって、会期は本日から12月20日までの24日間とし、配付してある日程表のとおりと決定しました。 ◯議長緒方 重則議員)  日程第3「諸般報告」を行います。  最初に、監査委員監査結果報告について申し上げます。
     閉会中に議会に提出されました監査報告は、令和元年9月及び10月の例月現金出納検査結果と福祉課菱刈小学校曽木小学校南永小学校菱刈中学校牛尾小学校平出水小学校羽月小学校湯之尾小学校所管定期監査結果であります。  次に、令和元年第3回定例会終了後の主な行事については、別紙資料のとおりであります。  これで諸般報告を終わります。 ◯議長緒方 重則議員)  日程第4「議案第86号 令和年度伊佐一般会計補正予算(第8号)」から日程第25「議案第107号 教育委員会委員任命について」まで、以上、議案22件を議題とします。  市長提案理由説明を求めます。  市長 隈元 新君。 ◯市長隈元 新君)   登  壇  おはようございます。  令和元年第4回伊佐市議会定例会の開会に当たり、「議案第86号」から「議案第107号」までについて御説明申し上げます。  まず、「議案第86号 令和年度伊佐一般会計補正予算(第8号)」について説明申し上げます。  今回の補正の主な内容について、歳出から順次説明いたします。  総務費につきましては、来年度伊佐市において開催される東京オリンピック聖火リレーに要する経費について新たに措置し、民生費につきましては、事業実績確定に伴う国、県に対する精算返納に要する経費について新たに措置したほか、障害者介護給付費重心医療助成費及び児童扶養手当に要する経費について追加措置を講じております。  衛生費につきましては、事業実績確定に伴う国、県に対する精算返納に要する経費及び簡易水道事業特別会計廃止に伴う水道事業会計への負担金について新たに措置したほか、牛尾湧水処理施設管理委託に要する経費について追加措置を講じております。  農林水産業費につきましては、ASFアフリカ豚コレラ侵入防止緊急対策支援に要する経費について新たに措置し、商工費につきましては、曽木滝公園内の樹木の撤去に要する経費について新たに措置しております。  土木費につきましては、市道維持管理に要する経費について、追加措置を講じ、消防費につきましては、菱刈地区農村情報連絡無線デジタル化に要する経費について新たに措置したほか、伊佐湧水消防組合に対する負担金について追加措置を講じております。  教育費につきましては、令和2年度改訂に伴う教師用指導図書の購入に要する経費について新たに措置したほか、学校空調整備に伴う電気料追加措置を講じ、災害復旧費につきましては、市単独災害復旧工事について追加措置を講じております。  以上、歳出について説明いたしましたが、これらの財源につきましては、市税分担金及び負担金国庫支出金県支出金、繰入金、諸収入及び市債をもって充当し、寄附金については、減額の措置を講じております。  この結果、歳入歳出予算総額歳入歳出それぞれ2億1,599万9,000円を追加し、歳入歳出予算総額歳入歳出それぞれ166億2,797万2,000円とするものであります。  このほか、年度内に事業が完了する見込みがないため、聖火リレー開催事業ほか6件の事業明許繰越による繰り越しの措置を講じ、債務負担行為では西太良地区コミュニティセンター運営事業ほか8件について追加措置を講じ、地方債では、緊急防災減債事業について追加措置を講じております。  次に、「議案第87号 令和年度伊佐国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)」について説明申し上げます。  今回の補正は、歳出において保険税還付金及び事業実績確定に伴う国、県に対する精算返納に要する経費について、追加措置を講じております。  この結果、歳入歳出総額歳入歳出それぞれ238万1,000円を追加し、歳入歳出予算総額歳入歳出それぞれ43億1,560万8,000円とするものであります。  次に、「議案第88号 令和年度伊佐水道事業会計補正予算(第2号)」について説明申し上げます。  今回の補正は、収益的収入及び支出収入において、水道事業収益に175万2,000円を追加し、収益的収入総額を4億858万4,000円とするものであります。  支出においては、水道事業費用に371万円追加し、収益的支出総額を3億6,659万5,000円とするものであります。  次に、資本的収入及び支出支出において、資本的支出に1,002万4,000円追加し、資本的支出総額を2億4,056万9,000円とするものであります。  なお、資本的収入額資本的支出額に対し不足する額2億1,735万7,000円は、減債積立金過年度分損益勘定留保資金及び当年度分消費税資本的収支調整額で補填するものであります。  このほか、議会議決を経なければ流用することができない経費についても変更の措置を講じております。  次に、「議案第89号 伊佐職員の給与に関する条例及び伊佐職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例制定について」説明申し上げます。  本件につきましては、成年後見人等の権利の制限に係る措置適正化等を図るための関係法律整備に関する法律施行により、地方公務員法欠格条項から成年後見人及び被保佐人が除かれたこと等に伴い、所要改正を行うものであります。  次に、「議案第90号 伊佐災害弔慰金支給等に関する条例の一部を改正する条例制定について」説明申し上げます。  本件につきましては、災害弔慰金支給等に関する法律の一部を改正する法律施行に伴い、災害援護資金貸付金償還免除等に関する事項について所要改正を行うものであります。  次に、「議案第91号 伊佐衛生センター設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について」説明申し上げます。  本件につきましては、衛生センター施設新設並びに消費税及び地方消費税税率改定に伴い、使用料の見直しを行うものであります。  次に、「議案第92号 伊佐水道事業設置等に関する条例の一部を改正する条例制定について」説明申し上げます。  本件につきましては、全ての簡易水道事業上水道事業に統合するため、所要改正を行うものであります。  次に、「議案第93号 令和年度伊佐簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定について」説明申し上げます。  本件につきましては、伊佐簡易水道事業特別会計廃止に伴う同会計令和元年度決算を地方自治法第233条第3項の規定により、主要な施策の成果説明書監査委員審査による歳入歳出決算審査意見書を添えて議会認定に付するものであります。  次に、「議案第94号 財産の無償譲渡について」説明申し上げます。  本件につきましては、昭和58年度の農林業地域改善対策事業により、農事組合法人村岡養鶏組合が設立され、鶏舎及び鶏ふん倉庫等を建設してブロイラーを生産してきましたが、補助事業の効果を十分に果たしてきていること、補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律に基づく処分期間を経過したこと、同組合が今後も養鶏業を継続されること等を考慮し、これらの施設無償で譲渡しようとするものであります。  次に、「議案第95号 西太良地区コミュニティセンター指定管理者指定について」、「議案第96号 羽月地区公民館指定管理者指定について」、「議案第97号 田中校区集会施設指定管理者指定について」、「議案第98号 湯之尾校区集会施設指定管理者指定について」、「議案第99号 本城校区集会施設指定管理者指定について」、「議案第100号 羽月西青少年センター指定管理者指定について」、「議案第101号 牛尾青少年センター指定管理者指定について」、「議案第102号 山野基幹集落センター指定管理者指定について」説明申し上げます。  これらの施設につきましては、各校区コミュニティ協議会の拠点として、主にそれぞれの校区の方々が利用される施設であり、その性格上、伊佐市公の施設に係る指定管理者指定手続等に関する条例施行規則第2条第2項第3号に規定する公募に適さない施設であると認めたため、公募は行わず指定管理者候補者として、各校区コミュニティ協議会を選定いたしました。  このことを伊佐市公の施設指定管理者選定審議会に諮問し、選定基準を満たしている旨の答申を得たため、令和2年4月1日から令和5年3月31日までの3年間を指定期間とし、各校区コミュニティ協議会指定管理者指定したいので、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会議決を求めるものであります。  次に、「議案第103号 菱刈菱泉センター指定管理者指定について」説明申し上げます。  当施設につきましては、菱刈鉱山温泉水公衆浴場等に供給するための施設であり、その性格上、伊佐市公の施設に係る指定管理者指定手続等に関する条例施行規則第2条第2項第3号に規定する公募に適さない施設であると認めたため、公募は行わず指定管理者候補者として菱刈泉熱開発有限会社を選定いたしました。  このことを伊佐市公の施設指定管理者選定審議会に諮問し、選定基準を満たしている旨の答申を得たため、令和2年4月1日から令和5年3月31日までの3年間を指定期間とし、菱刈泉熱開発有限会社指定管理者指定したいので、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会議決を求めるものであります。  次に、「議案第104号 楠本川渓流自然公園指定管理者指定について」説明申し上げます。  本件につきましては、指定管理者公募を行った結果、1社の応募があったため、伊佐市公の施設指定管理者選定審議会に諮問し、選定基準を満たしている旨の答申を得たところであります。  この答申に基づき、令和2年4月1日から令和5年3月31日までの3年間を指定期間とし、株式会社伊佐建設指定管理者指定したいので、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会議決を求めるものであります。  次に、「議案第105号 市道路線認定について」説明申し上げます。  認定路線目丸永尾線は、延長455メートル幅員2.6メートルから8.0メートルの路線で、起点、終点ともに国道268号に接続しており、地域住民の交通の利便性公益性を確保していることから、道路法第8条第2項の規定により、議会議決を求めるものであります。  次に、「議案第106号 教育長任命について」説明申し上げます。  本件につきましては、現在教育長であります森和範氏の任期が本年12月11日をもって満了となりますが、引き続き森氏を教育長として任命したいので、地方教育行政組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会同意を求めるものであります。  次に、「議案第107号 教育委員会委員任命について」説明申し上げます。  本件につきましては、現在教育委員会委員であります川原惟昭氏任期満了に伴い、新たに教育委員として長野吉泰氏を任命しようとするものであります。  長野氏には、伊佐ふるさと教育を進めるに当たり、これまでのPTA役員としての経験や長きにわたる消防団への関わり、農業従事者としての立場等から貴重な提言をいただけるものと期待しております。  人格識見ともに優れており、教育委員に適任であると考えておりますので、地方教育行政組織及び運営に関する法律第4条第2項の規定により、議会同意を求めるものでございます。  以上、議案22件について説明を終わります。よろしく御審議賜りますよう、お願い申し上げます。                                                                                                                 ◯議長緒方 重則議員)  ただいま市長提案理由説明が終わりました。 ◯議長緒方 重則議員)  以上で、本日の日程は全部終了しました。  本日はこれで散会します。                △散  会△(10時21分) このサイトの全ての著作権伊佐市議会が保有し、国内の法律または国際条約で保護されています。 Copyright (c) Isa City Council, All rights reserved....