霧島市議会 > 2015-11-27 >
平成27年第4回定例会(第1日目11月27日)

ツイート シェア
  1. 霧島市議会 2015-11-27
    平成27年第4回定例会(第1日目11月27日)


    取得元: 霧島市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-07
    平成27年第4回定例会(第1日目11月27日)             平成27年第4回霧島市議会定例会会議録   1.議事日程は次のとおりである。                       平成27年11月27日(第1日目)午前10時開議 ┌──┬──┬───────────────────────────┬──────┐ │日程│事件│    件                 名    │ 備  考 │ │番号│番号│                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │1 │  │25番 時 任 英 寛 議員              │      │ │  │  │会議録署名議員の指名について             │      │ │  │  │26番 宮 内   博 議員              │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │2 │  │会期の決定について  11月27日~12月25日(29日間)  │      │ │  │  │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │3 │議案│平成26年度霧島市一般会計歳入歳出決算認定について   │決算特別  │ │  │79 │                           │委員長報告 │ ├──┼──┼───────────────────────────┤      │ │4 │議案│平成26年度霧島市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定に│      │
    │  │80 │ついて                        │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┤      │ │5 │議案│平成26年度霧島市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定│      │ │  │81 │について                       │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┤      │ │6 │議案│平成26年度霧島市介護保険特別会計歳入歳出決算認定につい│      │ │  │82 │て                          │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┤      │ │7 │議案│平成26年度霧島市交通災害共済事業特別会計歳入歳出決算認│      │ │  │83 │定について                      │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┤      │ │8 │議案│平成26年度霧島市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ│      │ │  │84 │いて                         │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┤      │ │9 │議案│平成26年度霧島市温泉供給特別会計歳入歳出決算認定につい│      │ │  │85 │て                          │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┤      │ │10 │議案│平成26年度霧島市水道事業会計決算認定について     │      │ │  │86 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │11 │議案│平成26年度霧島市水道事業会計剰余金の処分について   │決算特別  │ │  │87 │                           │委員長報告 │ ├──┼──┼───────────────────────────┤      │ │12 │議案│平成26年度霧島市工業用水道事業会計決算認定について  │      │ │  │88 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┤      │ │13 │議案│平成26年度霧島市工業用水道事業会計剰余金の処分について│      │ │  │89 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┤      │ │14 │議案│平成26年度霧島市病院事業会計決算認定について     │      │ │  │90 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┤      │ │15 │議案│平成26年度霧島市病院事業会計剰余金の処分について   │      │ │  │91 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │16 │議案│霧島市職員の勤務時間,休暇等に関する条例及び霧島市人事│      │ │  │94 │行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部改正について│      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │17 │議案│霧島市障害児就学指導委員会条例の一部改正について   │      │ │  │95 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │18 │議案│霧島市立保育所の設置及び管理に関する条例の一部改正につ│      │ │  │96 │いて                         │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │19 │議案│霧島市立養護老人ホームの設置及び管理に関する条例の一部│      │ │  │97 │改正について                     │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │20 │議案│霧島市税条例等の一部を改正する条例の一部改正について │      │ │  │98 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │21 │議案│指定管理者の指定について(霧島市国分府中地区共同利用施│      │ │  │99 │設)                         │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │22 │議案│指定管理者の指定について(霧島市国分木原地区集会所) │      │ │  │100 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │23 │議案│指定管理者の指定について(霧島市国分上之段地区集会所)│      │ │  │101 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │24 │議案│指定管理者の指定について(霧島市国分郡山地区集会所) │      │ │  │102 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │25 │議案│指定管理者の指定について(霧島市国分上小川地区集会所)│      │ │  │103 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │26 │議案│指定管理者の指定について(霧島市国分下井地区集会所) │      │ │  │104 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │27 │議案│指定管理者の指定について(霧島市国分平山地区集会所) │      │ │  │105 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │28 │議案│指定管理者の指定について(霧島市国分向花地区コミュニテ│      │ │  │106 │ィセンター)                     │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │29 │議案│指定管理者の指定について(霧島市国分川内地区コミュニテ│      │ │  │107 │ィセンター)                     │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │30 │議案│指定管理者の指定について(国分福島地区コミュニティ供用│      │ │  │108 │施設)                        │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │31 │議案│指定管理者の指定について(国分湊多目的集会施設)   │      │ │  │109 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │32 │議案│指定管理者の指定について(国分上井多目的集会施設)  │      │ │  │110 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │33 │議案│指定管理者の指定について(国分清水多目的集会施設)  │      │ │  │111 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │34 │議案│指定管理者の指定について(国分川原多目的集会施設)  │      │ │  │112 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │35 │議案│指定管理者の指定について(国分塚脇多目的集会施設)  │      │ │  │113 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │36 │議案│指定管理者の指定について(霧島市国分ふれあいの郷)  │      │ │  │114 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │37 │議案│指定管理者の指定について(霧島市国分南地区老人集会所)│      │ │  │115 │                           │      │
    ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │38 │議案│指定管理者の指定について(霧島市国分北地区老人集会所)│      │ │  │116 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │39 │議案│指定管理者の指定について(霧島市国分野口生活改善センタ│      │ │  │117 │ー)                         │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │40 │議案│指定管理者の指定について(霧島市国分新町生活改善センタ│      │ │  │118 │ー)                         │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │41 │議案│指定管理者の指定について(霧島市国分広瀬生活改善センタ│      │ │  │119 │ー)                         │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │42 │議案│指定管理者の指定について(霧島市国分広報研修施設)  │      │ │  │120 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │43 │議案│指定管理者の指定について(霧島市国分本戸営農研修施設)│      │ │  │121 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │44 │議案│指定管理者の指定について(霧島市国分松木営農研修施設)│      │ │  │122 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │45 │議案│指定管理者の指定について(霧島市浜之市ふれあいセンター)│      │ │  │123 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │46 │議案│指定管理者の指定について(霧島市溝辺麓地区共同利用施設)│      │ │  │124 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │47 │議案│指定管理者の指定について(霧島市溝辺竹子集会センター)│      │ │  │125 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │48 │議案│指定管理者の指定について(横川床波活性化センター)  │      │ │  │126 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │49 │議案│指定管理者の指定について(横川紫尾田活性化センター) │      │ │  │127 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │50 │議案│指定管理者の指定について(横川正牟田活性化センター) │      │ │  │128 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │51 │議案│指定管理者の指定について(横川上小脇活性化センター) │      │ │  │129 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │52 │議案│指定管理者の指定について(霧島市横川山ヶ野ふれあい交流│      │ │  │130 │館)                         │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │53 │議案│指定管理者の指定について(糸走地区共同利用施設)   │      │ │  │131 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │54 │議案│指定管理者の指定について(霧島市隼人真孝西集会所)  │      │ │  │132 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │55 │議案│指定管理者の指定について(霧島市神話の里公園)    │      │ │  │133 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │56 │議案│指定管理者の指定について(霧島市立医師会医療センター)│      │ │  │134 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │57 │議案│指定管理者の指定について(隼人駅前公園,町後公園,大津│      │ │  │135 │公園,辻公園,見次公園,小路公園,小浜公園,日当山温泉│      │ │  │  │公園,三田坪公園,姫城中央公園,姫城公園,西瓜川原公園│      │ │  │  │,稲荷山公園,住吉運動公園,垂水公園,中姫城公園,天降│      │ │  │  │川運動公園,武安公園,嘉例川駅前公園,真孝公園,空港公│      │ │  │  │園,川尻公園,新川公園,隼人塚北公園,隼人塚南公園,隼│      │ │  │  │人塚東公園,八幡公園,くまの公園,下馬場公園,あさひ公│      │ │  │  │園,竜石ゾーンポケットパーク,牧之原近隣公園,鉄道記念│      │ │  │  │公園,亀割公園)                   │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │58 │議案│指定管理者の指定について(霧島市国分児童体育館,霧島市│      │ │  │136 │国分キャンプ海水浴場,南公園,国分海浜公園,北公園,霧│      │ │  │  │島市春山緑地公園)                  │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │59 │議案│字の区域の変更について                │      │ │  │137 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │60 │議案│字の区域の変更について                │      │ │  │138 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │61 │議案│字の区域の変更について                │      │ │  │139 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │62 │議案│財産の処分について                  │      │ │  │140 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │63 │議案│財産の処分について                  │      │ │  │141 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │64 │議案│財産の処分について                  │      │ │  │142 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │65 │議案│財産の処分について                  │      │ │  │143 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │66 │議案│市道路線の認定について                │      │ │  │144 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │67 │議案│鹿児島県市町村総合事務組合の共同処理する事務の変更及び│      │ │  │145 │同組合規約の一部変更について             │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │68 │議案│平成27年度霧島市一般会計補正予算(第4号)について  │      │
    │  │146 │                           │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │69 │議案│平成27年度霧島市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)│      │ │  │147 │について                       │      │ ├──┼──┼───────────────────────────┼──────┤ │70 │議案│平成27年度霧島市病院事業会計補正予算(第1号)について│      │ │  │148 │                           │      │ └──┴──┴───────────────────────────┴──────┘ 2.本日の出席議員は次のとおりである。      1番  德 田 修 和 君      2番  平 原 志 保 君      3番  阿 多 己 清 君      4番  木野田   誠 君      5番  中 馬 幹 雄 君      6番  中 村 満 雄 君      7番  宮 本 明 彦 君      8番  前 島 広 紀 君      9番  有 村 隆 志 君     11番  中 村 正 人 君     12番  松 元   深 君     13番  池 田 綱 雄 君     14番  厚 地   覺 君     15番  新 橋   実 君     16番  常 盤 信 一 君     17番  植 山 利 博 君     18番  塩井川 幸 生 君     19番  岡 村 一二三 君     20番  池 田   守 君     21番  下深迫 孝 二 君     22番  今 吉 歳 晴 君     23番  蔵 原   勇 君     24番  前川原 正 人 君     25番  時 任 英 寛 君     26番  宮 内   博 君 3.本日の欠席議員は次のとおりである。    な し 4.会議に出席した議会事務局の職員は次のとおりである。  議会事務局長     久 保 隆 義 君   議事調査課長   新 町   貴 君  議事グループ長    宮 永 幸 一 君   書    記   藤 本 陽 子 君  書    記     原 田 美 朗 君 5.地方自治法第121条の規定による出席者は次のとおりである。  市     長    前 田 終 止 君   副  市  長  平 野 貴 志 君  副  市  長    中 村   孝 君   総 務 部 長  川 村 直 人 君  企 画 部 長    塩 川   剛 君   生活環境部長   小 野 博 生 君  保健福祉部長     花 堂   誠 君   農林水産部長   馬 場 勝 芳 君  商工観光部長     池 田 洋 一 君   建 設 部 長  川 東 千 尋 君  消 防 局 長    木佐貫   誠 君   水 道 部 長  上脇田   寛 君  総務部参事兼総務課長 満 留   寛 君   財 政 課 長  山 口 昌 樹 君  企画政策課長     堀 切   昇 君  教  育  長    髙 田 肥 文 君   教 育 部 長  越 口 哲 也 君 6.会議のてん末は次のとおりである。             「開 会  午前10時00分」 ○議長(常盤信一君)  ただいまから平成27年第4回霧島市議会定例会を開会します。直ちに本日の会議を開きます。   △ 諸般の報告 ○議長(常盤信一君)  議事に入ります前に諸般の報告をします。お手元に「議長等が出席した主な行事について」,「地方自治法第180条第1項の規定により専決処分した事件の報告2件」,「商工会に対する平成28年度補助金等に関する要望書」及び「沖縄の米軍普天間飛行場の代替施設建設の早期実現,沖縄米軍基地の整理縮小及び負担軽減を求める意見書の採択を求める陳情」を配付しておりますので,後ほど御覧ください。以上で諸般の報告を終わります。それでは,お手元に配付しました議事日程に基づき会議を進めてまいります。これより議事に入ります。   △ 日程第1 会議録署名議員の指名について ○議長(常盤信一君)  日程第1,会議録署名議員の指名についてを議題とします。25番,時任英寛議員,26番,宮内博議員,以上2名を指名します。   △ 日程第2 会期の決定について ○議長(常盤信一君)  次に,日程第2,会期の決定についてを議題とします。お諮りします。今定例会の会期は,本日から平成27年12月25日までの29日間としたいと思いますが,これに御異議ありませんか。              [「異議なし」と言う声あり]  御異議なしと認めます。したがって,会期は,本日から平成27年12月25日までの29日間と決定しました。   △ 日程第3 議案第79号 平成26年度霧島市一般会計歳入歳出決算認定についてから     日程第15 議案第91号 平成26年度霧島市病院事業会計剰余金の処分についてまで                一括上程 ○議長(常盤信一君)  次に,日程第3,議案第79号,平成26年度霧島市一般会計歳入歳出決算認定についてから日程第15,議案第91号,平成26年度霧島市病院事業会計剰余金の処分についてまで,以上13件を一括し,議題とします。この議案13件については,決算特別委員会に付託となっておりましたので,委員長の報告を求めます。 ○決算特別委員長(塩井川幸生君)  去る平成27年10月2日の本会議におきまして,決算特別委員会に付託になりました議案第79号から議案第91号までの,議案13件の審査が終了しましたので,その経過と結果について報告します。まず,議案第79号,平成26年度霧島市一般会計歳入歳出決算認定について報告します。執行部からの総括説明では,平成26年度は,地方交付税の合併特例措置の終了を見据え,「霧島市経営健全化計画(第2次)」を改定し,財政の健全性の確保に努めながら財政運営を行った。歳入面では,滞納処分の強化に努め,市税徴収率を5年連続向上させたほか,寄附者に対するお礼制度の創設による「ふるさと納税」の増収確保を図るなど,自主財源の確保に積極的に取り組み,また,歳出面では,第一次霧島市総合計画の着実な実現に積極的に取り組み,社会保障社会資本の充実等に努めた結果,扶助費や普通建設事業費の伸び率が大きくなる一方,既存事務事業の見直しや徹底した経費節減を強力に進めた。その結果,平成26年度一般会計決算は,歳入総額624億8,137万1,000円,歳出総額602億3,292万2,000円となり,歳入総額から歳出総額を差し引いた形式収支は22億4,844万9,000円,さらに,翌年度へ繰り越すべき財源3億2,948万8,000円を差し引いた実質収支は,19億1,896万1,000円の黒字となった。また,平成26年度末の市債現在高は633億807万1,000円となり,経営健全化計画の目標値の657億円より約24億円少なくなる一方,財源調整に活用可能な財政調整,減債,特定建設の各基金の合計残高は148億1,615万5,000円となり,目標値112億円より約36億円多くなっている。このほか,「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」に基づく実質公債費比率は9.6%,将来負担比率は11.1%となっており,いずれも国の示す早期健全化基準を下回っていることから,おおむね経営健全化計画に沿った健全な財政運営がなされているものと認識している。今後も引き続き中長期的視点に立って,自主的・自律的に行財政改革を推進し,健全財政を堅持してまいりたいとの説明がありました。総括説明に対する主な質疑では,「市税滞納処分について,どのような滞納処分をされたのか」との質疑に,「滞納処分の強化として,財産調査に基づき,預貯金・不動産・生命保険・給与等差押えを行い,補えなかった分については滞納処分の停止の決議を行い,その分が不納欠損となる。1,148件の差押えを実施し,過去の分も含めて,差押えた財産を換価して税金に充当した分が約6,000万円,それ以外に,不動産の売買に伴って入金された分が約7,000万円,合わせて1億3,000万円くらいが滞納処分の強化による効果である」との答弁。「臨時財政対策債の残高が右肩上がりに推移しているが,これをどのように分析されているか」との質疑に,「臨時財政対策債は,地方交付税の中で後年度に100%措置をされるが,それぞれの年度でハード事業,普通建設事業の中身を吟味し,併せて持続可能な財政運営の中で発行していくことが肝要である」との答弁がありました。その後,各部署からの総括説明及び主要な施策の成果等の資料に基づき説明を受けて,それぞれ活発な質疑・答弁が行われました。その要旨は次のとおりです。まず,総務部関係では,「国分庁舎増築設計事務委託で,契約金額が2,592万円から3,239万2,000円に変更されているが,その理由は」との質疑に,「建築基準法の改正に基づく特定天井及びエレベーターの改修が必要と判明し,その分の設計が増えたことによるものである」との答弁。「安全灯設置事業について,16基が新設されているが,要望はどれくらいあったのか」との質疑に,「26年度は,市内各地から22基の要望があった」との答弁。「収納及び徴収業務について,口座振替及びコンビニ収納に係る手数料等は幾ら支払っているのか」との質疑に,「決算額で,口座振替が225万5,140円,コンビニエンス収納が1,109万9,991円の手数料であった」との答弁。次に,企画部関係では,「電算業務について,情報系プリンター150台を,リースではなくて購入された理由は何か」との質疑に,「備品購入で買ったほうが,利子分が安くなるためである」との答弁。「地上デジタル放送支援事業について,難視地区対策の事業進捗はどうなっているか」との質疑に,「事業自体は平成26年度で終了し,難視地区対策も完了している」との答弁。次に,教育部関係では,「奨学金貸付事業について,平成26年度の滞納の額と,その対応について伺う」との質疑に,「平成26年度末で,2,919万3,373円である。26年度は現年度分を2か月以上滞納している方に対して,平成27年1月に滞納通知を行い,反応のない場合は,2月に連帯保証人等に対して電話による督促を行っている。また,払い忘れと思われる方などにも,電話による案内等をその都度行っている」との答弁がありました。次に,保健福祉部関係では,「霧島市立保育園の運営について,延長保育の利用状況は」との質疑に,「26年度の延長保育児童が202名で,全体の37.3%の児童が延長保育を利用している」との答弁。「生活保護受給者について,全国的にも生活保護世帯は増加傾向にあるが,本市の状況を伺う」との質疑に,「過去の状況は,平成22年度が1,083世帯,平成23年度が1,130世帯,平成24年度が1,184世帯,平成25年度が1,206世帯,平成26年度が1,213世帯となっている」との答弁。「予防接種の委託料の不用額が3,682万4,449円と大きいが,この理由は」との質疑に,「平成26年度に新たに,1歳児から2歳児を対象とした水痘ワクチンを定期予防接種に導入した。同じ時期のMRワクチン予防接種率88.7%を見込んでいたが,62.3%の接種率と低かったためである。今まで任意接種だったので,先に積極的に個人で受けられたものと考える」との答弁。「軽度・中等度難聴児補聴器助成事業について,対象者に何回助成できるのか」との質疑に,「これは県の単独事業で,障がい者手帳を持たない方に対して1回のみの助成であるので,購入後の修理代等への助成はない」との答弁がありました。次に,生活環境部関係の審査では,「浄化槽設置整備事業補助金について,地域を限定して行っていた9万円の上乗せ補助を,26年度で終了する理由は何か」との質疑に,「重点地域の政策として,3年間の期限を定めていたこと,また,3年間に合併処理浄化槽に転換を図られた基数がかなりあり,水質等が改善されたためである」との答弁がありました。「10万本植林プロジェクトで,植林の本数,1万本が5,700本に減った理由を伺う」との質疑に,「土工事の高騰と苗代の高騰によるものである」との答弁がありました。次に,農業委員会事務局関係の審査では,「農地転用等の申請で不許可の件数が何件あったか」との質疑に,「合わせて12件で,内訳は転用が4件,除外が5件,あっせんが2件,非農地認定が1件であった」との答弁がありました。次に,農林水産部関係の審査では,「現年単独農地農業用施設災害復旧事業について,施設・農地等修繕の申込みは何件くらいあったか」との質疑に,「約110件あって,うち56件を修繕し,残りは13万円以下でこの事業に該当しなかったため,自力復旧となった」との答弁。「木質バイオマスエネルギー導入促進事業の14億円と,木質バイオマス加工流通施設等整備事業の2億円の補助金の取扱いについて伺う」との質疑に,「14億円については返済義務があり,無利子の融資であるが,2億円については返済義務のないものである」との答弁。「有害鳥獣駆除について,被害状況を伺う」との質疑に,「全体をなかなか把握できないが,駆除申請が来た分で1,600万円,面積が227haである」との答弁がありました。次に,建設部関係では,「住宅使用料収納事務で現年度分の徴収率は99.61%,過年度分は5.99%であり,現年度分の収納がいいことは,過年度分を払わず現年度分を払っているということなのか,保証人に対してどのように催促しているか」との質疑に,「住宅使用料については,滞納分も個別訪問や電話を掛けて徴収している。過年度分で1,000万円程度徴収している。現年度分も過年度分も同じような考え方で徴収をしている。それと,滞納の通知をして,保証人からも説得の話を相談している状況である」との答弁。「土木費の平成26年度の繰越額が13億6,000万円程度となっているが,この内容について伺う」との質疑に,「平成25年度に前倒しできた住宅建設に係る交付金関係分の繰越しや,道路事業等の交付決定時期のずれなどで,用地交渉や工事などへのしわ寄せなどによる繰越事業の額である」との答弁。「新川北線道路整備事業のしらさぎ橋工事について,現在の進捗状況を伺う」との質疑に,「橋の全体事業費は33億円くらいになると考える。事業費ベースでの進捗率は54%である」との答弁がありました。次に,消防局関係では,「救急車が1年で5,786件出動しているが,119番通報から病院収容までの時間はどの程度掛かっているか」との質疑に,「平成26年度の平均時間が40.5分であった。なお,平成25年度は41.4分だったので短縮されている」との答弁。「消防救急デジタル無線設備等整備工事の約5億4,000万円の中には,債務負担行為もあるが,繰り越して完成するのはいつか」との質疑に,「今回の整備の完成は,28年3月31日である」との答弁。「平成26年度において,火災予防査察を実施された中で,指導・勧告をした施設があったか」との質疑に,「管内の対象物,4,639のうち,平成26年度は3,384件を実施し,不適切なものはなかった」との答弁がありました。次に,会計課関係では,「新財務会計システム導入により,どのような事務の軽減化が図られたか」との質疑に,「口座振替の支払い処理に係る時間短縮,日計表など帳票の自動処理,また決算書については自席のパソコンによる作成作業が可能となり,事務の効率化及び時間外勤務の短縮につながっている」との答弁がありました。次に,商工観光部関係では,「企業誘致推進について,平成26年度に立地協定を締結した4社の企業名と,新規雇用数は何名か」との質疑に,「福山黒酢株式会社,霧島木質燃料株式会社有限会社徳重製菓とらや,ソニーセミコンダクタ株式会社の4社で,立地協定時点での新規雇用予定者数は合計で85名である」との答弁。「立地企業に対する補助金について,26年度の支出実績は」との質疑に,「国分電機株式会社に641万円を補助している」との答弁。「妙見温泉バスの運行で1,177万円程度の支出があるが,ここの運行状況を伺う」との質疑に,「365日運行し,平成26年度の乗客数は6,497名である」との答弁。「関平鉱泉水及び関平温泉について,売上げの状況と,鉱泉水繁忙期の夏場に温泉のほうを止めることがあったか」との質疑に,「2億9,300円の売上げで,平成25年度比較では3,654万9,246円の減であった。平成26年の8月は天候不順で飲料水業界が低調であり,温泉は止めていない」との答弁がありました。議会事務局監査委員事務局選挙管理委員会事務局関係は割愛します。次に,議案第80号,平成26年度霧島市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について,報告いたします。執行部から,本市の国民健康保険事業については,65歳以上の占める構成割合は増加しつつ,加入世帯は年々減少していく傾向にあり,平成26年度の資格の状況は,前年度に比べ140世帯減の1万8,363世帯,加入者総数は402人減の3万441人となっている。また,高齢化の進展により,保険給付費や介護納付金及び後期高齢者支援金など,本市が負担しなければならない経費は127億9,103万8,828円と,前年度に比べ3.2%の増となっている。一方,歳入のうち,国民健康保険税については,被保険者の負担軽減を目的に平成22年度から特例措置を行っているが,現年度分及び滞納繰越分とも,収納率は前年度よりも若干上昇し,全体で3.31ポイント増の70.62%となっている。収入済額については,22億9,127万5,654円で,歳入総額の15.23%を占めている。このような状況の下,平成26年度決算額については,歳入総額が前年度比較で1.8%の増,また,歳出総額は前年度比較で3.1%の増であり,2億7,209万354円の赤字となり,決算上の赤字に対する措置として,平成27年度の歳入を平成26年度の不足に充てる,繰上充用を行ったところであるとの説明がありました。主な質疑では,「国保税の減免については,全体でどの程度の額になっているか」との質疑に,「市の条例による減免で約125万円,12歳から18歳の特別減免で約380万円,国の法律による7割,5割,2割軽減が約5億9,600万円,それから非自発的失業者の軽減が約4,400万円である」との答弁。「保険給付費内の療養諸費から高額療養費への流用6,771万3,000円について,最初の段階で予算を確保するか,または補正で対応すべきでないか」との質疑に,「その年の医療費というのが,非常に予測がしづらいところがある。毎月の支出の中で,変動が大きいところがあるため,保険給付費の各項に過不足を生じた場合における同一款内での経費の各項の流用はできるという地方自治法第220条第2項のただし書き規定に基づき,流用で対応させていただいている」との答弁。「高額療養資金貸付事業について,287件の貸付実績だが,申請の仕方はどうするのか」との質疑に,「貸付を受けようとする方は,市役所で貸付申請書等を受け取る。その書類に,病院からの医療費請求書と自己負担限度額まで納められた領収書を添付して,申請することとなる」との答弁。「人工透析をされている患者数と,その医療費はどのくらいか。また,このような高額医療に至らないための対策を伺う」との質疑に,「平成25年度の実績では,患者数が185名,そして医療費が一人当たり年に約500万円である。すこやか保健センターで保健指導を行っているが,その中で,糖尿病などにつながらないように動機付け及び積極的支援を実施している」との答弁がありました。次に,議案第81号,平成26年度霧島市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について報告します。執行部から,後期高齢者医療制度は,75歳以上の方,または65歳から74歳で一定の障害があり,加入認定を受けた方を対象とした制度である。保険者は県内の全市町村が加入する鹿児島県後期高齢者医療広域連合となり,保険料率もこの広域連合で規定されている。市町村では主に,被保険者の生活習慣病の早期発見を目的とした長寿健診や人間ドックの受診助成,重複・頻回者への訪問指導などの保健事業を行うことにより,当該医療制度の適正な運営に努めているところである。平成26年度決算額として,歳入総額12億4,580万8,735円,歳出総額12億4,329万7,403円で,実質収支は251万1,332円の黒字となっているとの説明がありました。主な質疑では,「後期高齢者医療保険料について,不納欠損額81万4,938円の主な要因は何か」との質疑に,「主に2年の時効によるものと,支払い能力による執行停止の部分と考える」との答弁。「訪問指導事業について,48人の頻回受診者を対象に行っているが,どのように対象者を絞り込むのか」との質疑に,「広域連合のほうで,4か月間の診療分のレセプトで,1か月当たりのレセプト4枚以上の保有者と,1か月当たり15日以上の受診を行っている者を抽出する。さらに,市町村において,その抽出された対象者の中から,過去の重複・頻回受診者訪問指導の経過や健康診査結果の情報,保健福祉介護担当からの情報などを基に,優先順位を踏まえて抽出し,約50人程度に絞り込んでいる。この状況を広域連合に報告し,その結果,一人当たりの医療費が4万800円程度下がっている」との答弁がありました。次に,議案第82号,平成26年度霧島市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について,報告します。平成26年度の第1号被保険者の保険料については,市の介護給付費準備基金を活用し,保険料の上昇を抑制するとともに,保険料第3段階及び第4段階を細分化して,保険料区分を実質的に8段階とすることにより,低所得者の保険料負担を軽減した。介護認定については,看護師等の資格を有する者を介護認定調査員として雇用し,認定調査し,地域支援事業では生活機能評価事業の啓発促進を図り,地域包括支援センターの本所・支所の連携・強化や総合相談,ケアマネジャーへの支援を進めた。地域密着型介護サービス事業者の指定・指導・監査については,3事業者を新たに指定し,19事業者に対して実地指導等を実施した。歳入から歳出を差引いた形式収支は,3億1,489万5,353円となり,歳出では,歳出総額の90.9%を占める介護保険サービスの利用に係る保険給付費は,91億328万7,722円で,対前年度比4.9%の伸びであった。平成26年度において,保険給付費に不足が生じ,これに不足する介護保険料は,介護給付費準備基金3億6,380万円を取り崩して補填した。また,決算剰余金を介護保険事業へ充当した残額については,将来の介護保険給付費の増嵩に備えて,介護給付費準備基金へ積み立てた結果,出納閉鎖日現在の介護給付費準備基金の積立金残高は3億3,777万3,000円となっているとの説明がありました。主な質疑では,「保険料区分を実質的に8段階に細分化したことによる軽減額及び対象人員が,どのように変化をしたのか」との質疑に,「特例措置を設けることによる減額ということで,トータルで5,000万円ほどになる。3段階の特例の方が4,329名。それから4段階の特例の方が3,235名である」との答弁。「決算に係る主要な施策の成果で,霧島市において,介護保険の限度額認定申請書の発行は,どれくらいの人たちが該当になったのか」との質疑に,「限度額認定の発行者数は,平成26年7月18日時点で1,281件である」との答弁。「1番高い保険料を負担される方は,幾ら以上になっているのか」との質疑に,「所得で区分している。平成26年度では,最高が190万円以上の人なら,保険料の年額が8万2,800円となっている」との答弁。「所得590万円以上というのは,基本的に法で定められていると認識してよいか」との質疑に,「平成26年までの部分では,特別の部分を,第5段階と第3段階の区分のところは,霧島市が定めたところである」との答弁。「190万円以上というのは,所得区分の上限の部分において,霧島市で190万円から200万円とか300万円以上とか,そういう設定ができるか」との質疑に,「市町村でやっている」との答弁。「介護保険事業計画の見込額と,現実の平成26年度の決算比較をしたときに,大枠でどのように分析をしているのか」との質疑に,「平成26年度の見込み,いわゆる標準給付費,介護保険給付費,これが計画段階では91億1,169万8,000円だった。93億円は地域支援事業費がそのほかに2億7,306万5,000円の合計額だと思うので,標準給付費の91億1,000万円に対しては,決算の歳出が91億328万7,722円ということで,ほぼ計画に収まっているという分析をしている」との答弁。「毎年,認定の審査があると思うが,平成26年度はどれくらい,要支援2から要支援1などの形で変更があったのか」との質疑に,「介護度が上がった方については3,259人で,介護度が下がった方については952人となっている」との答弁。「繰入金でその他一般会計からの繰入金,これは職員給与等ということだが,現実的には,これは法で定められて,繰入れをしていいということなのか。それとも,市単独の判断によって,この部分を繰り入れているのか」との質疑に,「定められた形で算出した額を総額から率で計算し,繰入れを致しているが,市単独の事業,保健事業等もあるので,一部は定められている以外の部分も少し含まれている」との答弁。「3段階から4段階層を細分化して,負担軽減で5,000万円くらいが軽減になったが,1割負担があるので,控えるという部分がある。限度額いっぱい使える人はどれくらいいるのか」との質疑に,「通常は限度額までいくのが普通。認定を取ってサービスをほとんど受けていないという方もいて,限度額を使ってない方の数字は,ここではお答えできる資料を持ち合わせていない」との答弁。「現在,霧島市で認知症患者はどれくらいいるのか」との質疑に,「認知症患者数については,今年3月31日現在で3,608人である」との答弁。「これは前年度と比較して,どれくらいの増減か」との質疑に,「平成26年3月31日で3,348名だったので,260名増えている」との答弁がありました。次に,議案第83号,平成26年度霧島市交通災害共済事業特別会計歳入歳出決算認定について,報告します。執行部から,本事業は,交通事故による負傷者等を救済し,見舞金を給付する市独自の相互扶助事業である。交通災害共済への加入状況は,一般分が2万5,805人,免除者が小・中学生で1万1,222人,75歳以上で1万6,716人となり,被保険者総数は5万3,743人で,前年度と比較すると,2,306人の減となっている。見舞金の給付状況は,死亡見舞金が4件の200万円,傷害見舞金が192件の1,099万5,000円,合計196件の1,299万5,000円の給付であり,前年度より死亡見舞金が2件の増,傷害見舞金が29件の減で,給付額総額は176万5,000円の減となっているとの説明がありました。主な質疑では,「監査委員の意見書において,基金の取崩しについては,収支状況を的確に把握した上で行われたい旨の意見が出ている。当年度の実質収支は,取崩し額を上回る1,462万9,071円の黒字になっていることから,一般会計からの繰入れを減らすことはできなかったのか」との質疑に,「平成26年度の収支状況を見ると,掛金の歳入1,253万5,000円に対し,給付額の歳出総額が1,299万5,000円で,46万円の不足となる。これに事務費を加算すると370万6,710円の不足となっている。繰入れの段階で,全体的な給付の数字等も確定できていないという状況があることから,当初予算上の一般会計の額を全て繰り入れたが,ここは27年度で調整を図っていきたい」との答弁。「この事業の継続の可否について,検討されていないのか」との質疑に,「この事業については廃止も検討しているところで,外部評価委員会でも審議していただいた。その中では,いい制度であるので,給付の額とか,運営が厳しいのであれば,現在免除している高齢者からも掛金を取るなどして,続けることはできないかという意見を頂いている。また,同じ外部評価の中でも廃止の部分での検討という意見も出たので,自治会長等とも相談をし,いろいろな意見を聴かせていただいて,今後の検討材料とさせていただきたい」との答弁がありました。次に,議案第84号,平成26年度霧島市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について,報告します。執行部から,本市の下水道事業は,国分隼人地区の公共下水道事業と牧園地区の特定環境保全公共下水道事業を実施しており,公共水域の保全及び生活環境の向上を図っている。歳入・歳出予算現額は16億709万2,000円で,歳入調定額は15億9,172万9,360円,収入済額は15億3,253万3,923円,不納欠損額は116万3,656円,収入未済額は5,803万1,781円,支出済額は14億9,024万2,988円,翌年度への繰越額は6,816万2,000円,不用額は4,868万7,012円となっているとの説明がありました。主な質疑では,「経費回収率に伴う一般会計からの繰入額というのは幾らになるか」との質疑に,「経費回収率はお答えができないが,基準外の3億1,151万4,000円について,赤字補填という形になっている」との答弁。「前納報奨金の必要性を伺う」との質疑に,「今までの方と不均衡にならないように,この前納報奨金は続けさせてほしいと考えている」との答弁。「国分・隼人地区で,総工事は幾ら掛かっているか」との質疑に,「国分・隼人地区では,26年度の繰越しまで含めて244億円掛かっている。今後広げる認可区域については,委託を発注したばかりで,概算等はまだ出ていない」との答弁。「前納報奨金の金額で,大体どれくらいの金額と件数になるか」との質疑に,「前納報奨金には,負担金と協力金というのがある。負担金については,26年度実績で215件の668万9,600円。国分・隼人地区の協力員については,地区外の分で38件の237万4,200円である。牧園地区については協力金はなし。負担金は,8件の19万3,600円である」との答弁。「林田が接続すれば,高千穂地区は100%つながっていると考えてよいか」との質疑に,「接続率については,71.3%である」との答弁がありました。次に,議案第85号,平成26年度霧島市温泉供給特別会計歳入歳出決算認定について,報告します。執行部から,霧島市営温泉供給事業は,平成26年度末現在,霧島地区では,旅館,ホテル及び病院などの営業用が21件,家庭用が276件,共同浴場が6件の計303件,また,牧園地区では,1件の病院を含め26件で,両地区で合計329件へ給湯を行っており,霧島の観光や住民の健康増進を図っている。歳入・歳出予算現額は7,743万円で,歳入調定額は9,853万5,638円,収入済額は7,654万1,098円,不納欠損額は0円,収入未済額は2,199万4,540円,支出済額は7,113万1,374円,翌年度への繰越額は0円,不用額は629万8,626円である。また,歳入歳出差引残額は540万9,724円となっているとの説明がありました。主な質疑では,「総務費の温泉施設費の委託料約259万4,000円は,牧園だけの単独か」との質疑に,「この委託料の中身は,牧園で温泉源泉の成分を1回だけしている」との答弁。「今後この供給事業を民間に売却するという考え方はないのか」との質疑に,「内部の検討委員会があり,今後運営ができるのかということも含めて,検討作業をやっているところだ」との答弁。「不用額調書の工事請負費で,設計の見直し及び入札残でおよそ379万円残っているわけだが,この設計の見直しはどのようなことをしたのか」との質疑に,「当初,混合槽を造るときに,既設のところに取り壊して新しいものを造る工事を行うのを,取り壊したときに新たに現場の見直しをした結果,安い方法で良い場所に設置できるということで変更した」との答弁。「営業用,家庭用,共同浴場の新規の契約金は」との質疑に,「営業用,家庭用があり,それぞれの浴槽の大きさにつき加入金がある。大きさにより違うが,一般的に営業用は1㎡当たり88万円。家庭用と共同浴場は,一般的な大きさで,大体0.6から0.9㎡の方が多く,60万円となっており,浴槽の大きさによっては90万円,120万円というふうに変わる」との答弁。「監査のほうで2,199万円の滞納の指摘があるが,徴収するために,どのような対応をしているのか」との質疑に,「霧島の大きなホテル関係が倒産で休止をしている。この3事業所で大体年間1,000万円程度の温泉使用料が発生するので,後の引継ぎがうまくいけば,解決していくと考える」との答弁。「これらが再開したならば,この2,199万円は新しく開設されたところが支払うのか」との質疑に,「1件は引継ぎが終り,滞納分の支払は終了している。残りの2件については現在,新たな会社が交渉中である。当局も今,裁判中で,その裁判の中で当然,温泉使用料を払わないと継続ができない」との答弁がありました。次に,議案第86号,平成26年度霧島市水道事業会計決算認定について,及び議案第87号,平成26年度霧島市水道事業会計剰余金の処分については,一括して報告します。執行部から,事業概要については,配水管等の新設及び増径・老朽管等の布設替工事として,国道504号北原地区配水管布設替工事ほか56件,延長1万8,167.9mの工事を実施した。また,設備更新工事につきましては,高千穂第1水源地電動弁取替工事,横川電気室計装盤改修工事等の整備を行い,安定した給水能力の維持に努め,おおむね計画どおりの事業実施ができていると考えている。業務実績については,年度末給水人口が12万2,682人で,前年度と比較して327人減少したが,年度末給水件数は5万7,847件で,509件増加した。年間総配水量は1,676万2,678m3で,一日平均配水量は4万5,925m3となり,前年度に比較して895m3減少した。なお,年間総有収水量は1,477万6,925m3,有収率は88.15%で,前年度に比較し0.36%低くなっている。次に,経営成績については,純利益が税抜きで4億2,417万3,331円,対前年度比6.1%の減。収支比率においては,総収支比率123.4%,経常収支比率125.2%だが,平成26年度決算は,新会計制度移行後最初の決算であり,単純に前年度との比較は出ず,ほぼ良好な経営状態が保たれているものと考えている。未処分利益剰余金の処分については,前年度からの繰越利益剰余金1億135万3,184円と当年度純利益4億2,417万3,331円の合計額5億2,552万6,515円に,新会計制度移行措置により生じた未処分利益剰余金24億9,556万1,351円と,当年度補填財源として使用した建設改良積立金取崩し額5,204万5,719円の合計額25億4,760万7,070円を加えた額30億7,313万3,585円のうち,2,200万円を減債積立金に,4億704万5,719円を建設改良積立金として処分,新会計制度移行措置により生じた未処分利益剰余金と当年度補填財源として使用した建設改良積立金取崩し額の合計25億4,760万7,070円を資本金に組入れ,残額9,648万796円を翌年度繰越利益剰余金としようとするものであるとの説明がありました。主な質疑では,「平成19年度から28年度までの霧島市水道事業基本計画を策定した。工事請負費100億円程度の執行状況は」との質疑に,「平成26年度,あと2年を残した現段階で62億7,000万円程度の工事請負費の執行である」との答弁。「300万円の予算計上があった永水地区水脈調査の執行状況は」との質疑に,「永水地区の水脈調査については,実施していない」との答弁。「各地区の有収率はどうなっているか」との質疑に,「上水道分では,国分地区が92.34%,隼人地区が85.38%,溝辺地区が95.64%である。また,簡易水道は,霧島地区が87.42%,牧園地区が92.15%,横川地区が84.08%,福山地区が67.04%である」との答弁。「福山,隼人,横川地区の有収率が,非常に低い原因は何か」との質疑に,「主に漏水がある。特に,福山地区の牧之原が簡易水道の地区で低いわけだが,牧之原台地の地層がボラ地層で,漏水した水が地表に上がって来ずに,地下のほうに浸透していって,なかなか漏水箇所を発見できないのが主な原因と考える」との答弁。「未収金が非常に26年度は増えている理由は」との質疑に,「収納率は,上水道が97.96%,簡易水道が97.29%で,二つの合計で97.85%だったが現在,26年度分は99.80%まで回収している」との答弁。「不納欠損に対する取扱いで,企業が無くなった場合などはどのような形で対応しているのか」との質疑に,「不納欠損については,上水道が149件で81万9,819円,簡易水道が11件で3万7,686円の合計160件で85万7,505円。理由は,無届,転出及び住民登録なしの不明が75件,転出後の転居先不明が60件,死亡が16件,その他事業所の倒産等が9件。市内居住者には催告を出している。市外転出者等は,電話等で逐次連絡を取って,催促を促している」との答弁。「簡易水道というと,損益会計の収益費用の明細書に,営業外と営業収益とあるわけだが,この営業外収益の中の他会計補助金の中に交付税が入っているが,補助金として入っているのか,交付税の中まで入れて計算してあるのか」との質疑に,「普通交付税については,一般会計のほうに収入されるもの。普通交付税は水道事業分として水道事業会計のほうに交付されるということはない」との答弁。「企業債の概況で,各種借入があり,今回も約2億8,000万円の償還がある。借入金利が非常に高いが,この金利を今後安い金利のところに換えることができるのか」との質疑に,「5%以下の企業債が残っているが,借り換え,一括返済をするにしても保証金を支払わなければならず,メリットがないので,一括償還をする考えは今のところない」との答弁。「決算剰余金は,資本金のほうに25億4,760万7,070円を組み入れたとなって,これの内容は,未処分剰余金と補填財源として使用した建設改良資金取崩しの合計ということで未処分利益剰余金は24億9,556万1,351円でよいか」との質疑に,「24億9,556万1,351円については,みなし償却廃止に伴う経過措置に伴う移行処理によって発生した未処分利益剰余金となっている」との答弁。「最終的には資本金は幾らになるのか」との質疑に,「資本金については,前年度末の資本金が118億7,171万9,299円,これに移行措置で発生した未処分利益剰余金,24億9,556万1,351円と,今年度補填財源と建設改良積立金の取崩し額を合計した額を積み立てて,資本金の残額は144億1,932万6,369円になる予定」との答弁がありました。次に,議案第88号,平成26年度霧島市工業用水道事業会計決算認定について,及び議案第89号,平成26年度霧島市工業用水道事業会計剰余金の処分について,一括して報告します。執行部から,工業用水道事業では,平成26年度は14社18事業所に給水し,契約水量は昨年度と比較し,1日当たり10m3増の200m3で,年間有収水量は前年度比2.6%減少,経営成績は総収益1,730万8,083円,総費用1,494万1,994円で,差引き236万6,089円の純利益となっているが,一般会計から446万3,000円の補助金を繰り入れていることを考慮すると,依然,厳しい経営状況である。資本的支出については,新たに進出した企業へ配水するための工事費として216万円,平成27年度実施の施設更新工事に係る設計委託料321万8,400円を支出している。剰余金の処分については,繰越利益剰余金175万8,376円と当年度純利益236万6,089円の合計額412万4,465円に,新会計制度移行措置により生じた未処分利益剰余金11万747円と当年度補填財源として使用した建設改良積立金取崩し額216万8,977円の合計額227万9,724円を加えた640万4,189円のうち,216万8,977円を建設改良積立金として処分,新会計制度移行措置により生じた未処分利益剰余金と当年度補填財源として使用した建設改良積立金取崩し額の合計227万9,724円を資本金に組み入れ,残額195万5,488円を翌年度繰越利益剰余金とするとの説明がありました。主な質疑として,「営業利益が1,101万524円の損失になったということで,損失が出れば当然それをどこかで賄うというのが一般的な考え方だが,この水道料金の値上げとか,料金の改定等についての議論はなかったのか」との質疑に,「料金の取扱いとしては,経済産業省が示した工業用水道料金算定要領に基づき算定した料金の範囲内としているため,現行の料金でも問題ないと考えている。平成27年4月1日現在の工業用水の全国平均は,税抜で1m3当たり22.62円。九州沖縄地区では税抜で1m3当たり22.74円となっている」との答弁がありました。次に,議案第90号,平成26年度霧島市病院事業会計決算認定について,及び議案第91号,平成26年度霧島市病院事業会計剰余金の処分について,一括して報告します。執行部から,実績については,年間の入院患者延数が6万7,902人,外来患者延べ数が6万5,781人で,前年度に比較し,入院患者が1,967人の減,外来患者が148人の増となった。病院事業の収入は,46億7,818万3,181円,支出は43億5,424万7,422円となり,税込みでの純利益は3億2,393万5,759円となった。前年度と比較しておおよそ2,500万円の減額となっている。入院患者数は減少したが,患者一人当たりの単価は増加しており,おおむね計画どおり事業を実施している。霧島市病院事業は,発足当初の平成12年度から「地方公営企業」として病院を経営しており,事業運営に必要な経費のほとんどを病院事業の収入で賄う「独立採算制」を取っている。この地方公営企業の会計制度が,約半世紀ぶりに改正され,「資本制度」と「会計基準」について大幅な見直しが行われた。民間企業の会計基準との整合性や公営企業の経営状況等の明確化といった観点から,見直しが進められたところである。このうち「資本制度」については,平成24年4月1日から既に施行されており,「会計基準」については平成26年度の予算から適用され,今回の決算が,適用後初めての決算になるとの説明がありました。主な質疑では,「平成26年度,平均で,患者一人につき,入院実数は何日か」との質疑に,「平成26年度の平均在院日数は15.41日。ちなみに平成25年度は15.7日ということで,前年度と比較して0.3日短くなっている」との答弁。「第2次医療機関なので,平成26年度の紹介状を持っての外来・入院,これについての紹介率はどうなっているか。また,逆紹介率はどのくらいか」との質疑に,「平成26年度の紹介率は67.2%で,平成25年度と比べて2.9%の増。逆紹介率については96.9%,平成25年度と比べて,3.0%の伸びとなっている」との答弁。「病院会計の場合は交付税措置が入っているが,これは病院の決算書の中の医業外収益の中に入っているという理解でよいか」との質疑に,「そのとおりで,医業外収益のうちの他会計負担金等と資本費繰入収益,これが一般会計からの繰入金であり,このうち交付税で措置されている分がこの中に入っている」との答弁。「1床当たりの交付税の算定金額が分かるか」との質疑に,「病床数は,今254床あり,1床当たりの単価が71万3,000円である。これが交付税の算入額となっている」との答弁。「1床当たり71万3,000円,これに病床を掛けての金額が交付税の金額というふうに理解をするが,この交付税の基礎というのは,ずっと変動なしか。増減や動向はこの間どうだったのか」との質疑に,「この病床数の考え方で,今,254床と申したが,平成27年度以降,これが稼働病床数に応じた単価という形に変わってきている」との答弁。「地方交付税で,霧島市に公立病院がある場合は,基準財政収入額部分を勘案して,旧隼人町の財政力指数相当の55%を負担しているというが,普通会計の場合だと75%程度という認識だが,病院の場合は,算定のパーセンテージというのは若干違うのか」との質疑に,「地方交付税措置分で,救急医療の確保に要する負担金もあると申したが,ここの部分だけの一般会計の負担割合は70%である。あとの55%の部分については,交付税で算定される額として本当は高いわけだが,病院について基準財政収入額,公立病院が運営されていれば,入ってくる収入の算定がはっきりしないため,交付税で丸々需要額だけで,出すほうの部分だけで算定する額よりも,当時の隼人町の財政力指数で負担している。100%というのは,交付税が丸々需要額だけしか見ないということはないという意味である」との答弁。「企業債の明細書がある。中には年に2%,1.8%,0.4%,0.3%というものもある。これについて利率の高いものについて,繰上償還,減債基金等を積んでいるわけだが,検討はなされたのか」との質疑に,「企業債については繰上償還ができるが,年の利率の2%というのは非常に低い数字で,これをまた繰上げすると,違約金等が発生するので今はしない」との答弁。「平成26年度決算だけを見るならば,一般会計からの繰入金の予算を全額投入しなくてもよいと認識しているが,次の展開を考えた上での一般会計からの繰入れなのか」との質疑に,「御指摘のとおり,一例を挙げると未償還残高約19億円程度,それに対して利益剰余金のうち減債積立金の合計が8億円,建設改良積立金が14億円,これはまだ現在,今年度の決算の処分剰余金の決定を頂かない前の数字である。つまりは貯金が合わせて22億円,借金が19億円という形で,これから例えば,病院が施設整備をすると,設置者である市,財政との関係もあり,病院としては黒字だが,そういった今後の施設整備等を考えれば,やはり交付税で措置している部分については,今後も繰り出していかないとならないだろうと思う」との答弁。「病院事業費用の中で,交付金20億5,517万8,608円は人件費相当分ということだが,これは病院で働かれる医師及び看護師,その他の方々の人件費と考えてよいか」との質疑に,「そのとおりである」との答弁がありました。このほか,関係部署それぞれ活発な質疑・答弁が行われ,その議案処理に入りました。まず,議案第79号,平成26年度霧島市一般会計歳入歳出決算認定について,反対討論として,まず,一つに,国分庁舎別館建設事業建設業務委託及び地籍調査業務委託の合計で3,563万2,000円が市民の意見が反映をされていないこと,二つ目に,人権啓発センターへの105万1,000円が支出をされていること,三つ目に,木質バイオ発電に係る補助金は,昨年度に県補助として9億円が支出され,霧島市が2億円を支出していること,四つ目に,株式会社京セラに対して15億2,645万円も要した上小川水田を13億5,935万円,面積が10万6,235㎡,坪当たり4万2,000円で売却したことを指摘するとの討論があり。また,賛成討論として,霧島市経営健全化計画(第2次)を改定し,そして財政の健全性の確保に努めながら財政運営を行い,歳入面では,5年連続で市税徴収率を向上させたほか,ふるさと納税の徴収確保にも努めて,自主財源の確保に努めた。歳出面では,扶助費や普通建設事業が大きく伸びたが,既存の事務事業の見直しや徹底した経費削減を進めており,特に企業誘致は本市の大きな課題であり,新たな雇用の確保という観点からも評価できると判断するとの討論がありました。採決の結果,起立者7人の賛成多数で,議案第79号は認定すべきものと決定しました。次に,議案第80号,平成26年度霧島市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について,討論はなく,採決の結果,議案第80号は全会一致で認定すべきものと決定しました。次に,議案第81号,平成26年度霧島市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について,反対討論として,本制度は,国の政策として従わざるを得ない制度ではあるが,年齢を重ねているという理由だけで,社会保障制度である医療に年齢で区分していることに問題があることを指摘するとの討論がありました。採決の結果,起立者8人の賛成多数で,議案第81号は認定すべきものと決定しました。次に,議案第82号,平成26年度霧島市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について,反対討論として,保険料の負担軽減と,利用しやすい制度に改善,介護が必要な方たちが安心して利用できる制度に,国の責任で改善すべきであることを指摘するとの討論があり,また,賛成討論として,保険料の上昇を抑制するとともに,保険料第3段階及び第4段階を細分化し,保険料区分を実質的に8段階にすることにより,低所得者の保険料負担を軽減したことを高く評価する。また,基金の取崩しを行い,基金残高が3億7,777万3,000円に,月々の介護給付費の額が7億円,多くの基金がなければならない状況の中で,これだけの基金を確保したことは評価できるとの討論がありました。採決の結果,起立者8人の賛成多数で,議案第82号は認定すべきものと決定しました。次に,議案第83号,平成26年度霧島市交通災害共済事業特別会計歳入歳出決算認定について,自由討議では,一つ目に,高齢者の減免措置で,会計自体が非常に厳しい運営状況である中,この事業の廃止も含めて検討することを提言する意見,二つ目に,見舞金制度という性格上,保険とはまた違う部分があるので,もっと深い議論,また時間を掛けて,議会でも議論をしていくべきものとの意見がありました。討論はなく,採決の結果,議案第83号については,全会一致で認定すべきものと決定しました。次に,議案第84号,平成26年度霧島市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について,自由討議では,水洗化率は出ているが,接続率が今後,会計運営上では必要になる数値であると思うので,今後は接続率を数値化するように求めたいとの意見がありました。その後,反対討論として,20%の前納報奨金を廃止して,その分,負担を下げたほうが効率のいい結果になるとの討論があり,また,賛成討論として,不採算な事業であるが,環境浄化・水質浄化という目的があり,公費での事業を推進する必要あるとの討論がありました。採決の結果,起立者8人の賛成多数で,議案第84号は認定すべきものと決定しました。次に,議案第85号,平成26年度霧島市温泉供給特別会計歳入歳出決算認定について,反対討論として,歳入調定額は9,853万円,収入未済額2,199万円と,22%もの未収がある。健全な霧島市の温泉供給事業に関して懸念があるとの討論があり,また,賛成討論として,霧島は温泉なしでは,長年培った文化でもあり,努力を重ねて,この文化を継続してすることが大切であるとの討論がありました。採決の結果,起立者8人の賛成多数で,議案第85号は認定すべきものと決定しました。次に,議案第86号,平成26年度霧島市水道事業会計決算認定について,討論はなく,採決の結果,議案第86号については全会一致で認定すべきものと決定しました。次に,議案第87号,平成26年度霧島市水道事業会計剰余金の処分について,討論はなく,採決の結果,議案第87号については全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定しました。次に,議案第88号,平成26年度霧島市工業用水道事業会計決算認定について,反対討論として,一般の上水道から見ても,安い価格で,工業用の水道料金として設定されている。利潤を追求する企業から,応分の負担の水道料金を徴収することは,企業の社会的責任もあり,本決算に反映されていないことを指摘するとの討論があり,また,賛成討論として,本事業は,県が工業団地を造成する際に,附属設備整備した事業であり,霧島市が受け継いでいる。一般会計からの繰入れが生じても,企業誘致を進める本市としては重要なものであり,また上野原工業団地が霧島市の主要工業団地であるとの討論ありました。採決の結果,起立者8人の賛成多数で,議案第88号は認定すべきものと決定しました。次に,議案第89号,平成26年度霧島市工業用水道事業会計剰余金の処分について,討論はなく,採決の結果,起立者8人の賛成多数で,議案第89号は原案のとおり可決すべきものと決定しました。次に,議案第90号,平成26年度霧島市病院事業会計決算認定について,討論はなく,採決の結果,議案第90号については全会一致で認定すべきものと決定しました。次に,議案第91号,平成26年度霧島市病院事業会計剰余金の処分について,討論はなく,採決の結果,議案第91号については全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定しました。以上で,議案13件に係る審査報告を終わります。 ○議長(常盤信一君)  ただいま委員長の報告が終わりました。ただいまの委員長報告に対し,一括して質疑に入ります。質疑はありませんか。 ○26番(宮内 博君)  委員長報告に3点お尋ねしたいと思います。まず,一般会計の関係でありますけれども,財政調整に可能な3基金の合計額が148億1,615万5,000円ということになって,目標値を約36億円上回ったと。このように報告をされているわけです。平成24年の4月に改定をされました霧島市経営健全化計画(第2次)では,平成26年度の3基金残高は53億円としております。その差額では,95億円を上回る基金残高ということになるわけです。委員長報告では約36億円上回っているという,これは,その後の改定によるものだと思いますが,多額の基金を計画以上に積み立てる結果となった理由について,決算特別委員会ではどのように説明がなされているかについて,報告を頂きたいと思います。次に,介護保険の関係について,2点お尋ねします。まず,平成26年度の保険料について,第3段階と第4段階を細分化して,低所得者層の保険料負担を軽減したというふうに委員長は報告をしているわけでありますが,平成26年度に保険料の細分化をしたということは事実なのかどうなのか,確認をしておきます。2点目には,介護保険の利用限度額につきまして,介護度5では,在宅介護限度額35万8,300円ということになるわけです。その1割は自己負担ということになるわけですが,委員長報告では,通常は限度額までいくのが普通との執行部答弁を紹介しておりますけれども,その詳細について,資料を持ち合わせていないという報告でありました。決算特別委員会では資料を持ち合わせていないのであれば,その報告を求めるべきでありますが,なぜこのままで報告をしたのか,その関係についてお示しください。 ○決算特別委員長(塩井川幸生君)  休憩をお願いします。 ○議長(常盤信一君)  ここでしばらく休憩します。             「休 憩  午後11時39分」             ―――――――――――――――             「再 開  午前11時43分」 ○議長(常盤信一君)  休憩前に引き続き会議を開きます。今の質疑に対して整理をしておられますので,しばらく休憩をします。             「休 憩  午前11時44分」             ―――――――――――――――             「再 開  午後 1時00分」 ○議長(常盤信一君)  休憩前に引き続き会議を開きます。宮内議員の質疑に対する塩井川決算特別委員長の答弁を求めます。 ○決算特別委員長(塩井川幸生君)  宮内議員からの1問目の基金を36億円増額している件について,多額の基金の必要性についての質疑はなかったということについては,質疑はありませんでした。2問目についてでございますが,私が報告いたしました介護保険の最初の部分の1号被保険者等の保険料についての説明のところで,説明が不十分でございましたので,お詫び申し上げます。その点につきましては,平成26年度は,平成24年度から平成26年度までの第5期介護保険事業計画の3年目とするということでございましたので訂正いたします。3問目の件でございますが,3段階から4段階を細分化して負担軽減で5,000万円くらいが軽減になったが,1割負担になるので控えるという部分がある。限度額いっぱい使える人はどのくらいいるのかとの質疑に,通常は限度額までいくのが普通で,認定を取ってされてサービスをほとんど受けていないという方もいて,限度額までいっていない方の数字は,ここではお答えできる資料を持ち合わせていないとの答弁と御報告申し上げましたけれども,その件につきまして,委員会終了前に,限度額認定の発行者数は平成26年7月18日時点で1,281件でございますとの答弁を頂きました。この質疑に対しての答弁になっていないと思いますが,これ以上の答弁はございませんでした。 ○26番(宮内 博君)  議論されていないという部分については分かりましたが,先ほどの委員長報告の介護保険の件についてでありますが,委員長報告は,通常は限度額までいくのが普通というふうに回答した部分だけあるわけです。それで,限度額の発行者数が後ほど追加で答弁をされたということでありますけれども,それは限度額まで使っているかどうかを,そこで推計することはできない数字になっているということでありまして,わざわざ委員長報告で,通常は限度額までいくのが普通だという報告を,そのままするのが適当なのかどうなのかということについて,再度,委員会で議論の上で正確なところを報告する必要があるのではないかと思いますけれど,いかがですか。 ○議長(常盤信一君)  ここでしばらく休憩します。             「休 憩  午後 1時04分」
                ―――――――――――――――             「再 開  午後 1時06分」 ○議長(常盤信一君)  休憩前に引き続き会議を開きます。塩井川委員長の答弁を求めます。 ○決算特別委員長(塩井川幸生君)  このような質疑に対して,このような答弁がありましたので報告しております。御理解願いたいと思います。 ○26番(宮内 博君)  正確ではない部分を,しっかり検証した上で報告をするということが,大変大事だろうというふうに思います。当然,委員長報告は議事録にも残るものでありまして,市民にもそれがそのまま伝えられるという性格のものであるわけです。ですから,そこを言っているわけでありますので,これは議長のほうに求めておきたいと思いますけれど,検証の上,正確な報告になるように,後ほど配慮方をお願いできないかということ要請しておきたいと思います。 ○議長(常盤信一君)  宮内議員の意見につきましては,私のほうで処理をさせていただきたいと思います。ほかにありませんか。               [「なし」と言う声あり]  以上で質疑を終結します。これより議案処理に入ります。   △ 日程第3 議案第79号 平成26年度霧島市一般会計歳入歳出決算認定について ○議長(常盤信一君)  まず,議案第79号について討論に入ります。本件について,26番,宮内博議員から通告されております。したがって,発言を許可します ○26番(宮内 博君)  私は,日本共産党市議団を代表して,2014年度霧島市一般会計決算について,反対の立場から討論に参加するものであります。2014年度一般会計は,歳入総額624億8,137万1,000円に対し,歳出総額は602億3,292万2,000円であり,繰越明許費を除く実質収支を19億1,896万1,000円の黒字として報告されています。私が本決算に反対する第1の理由は,地方交付税予算の未計上についてであります。2014年度の地方交付税は予算現額156億6,572万9,000円に対し,収入済額は164億9,308万6,000円と報告されています。予算計上額に対し,8億2,735万7,000円を未計上のまま報告しているのであります。この地方交付税については,本年3月26日に議員全員に対し,3月20日付けにおいて,特別交付税等,総額15億7,735万7,000円を交付されたことが文書で示された経過があります。地方自治法210条に,「一会計年度における一切の収入及び支出は,すべてこれを歳入歳出予算に編入しなければならない」と明記する「総計予算主義」を原則としており,これに反する事務処理を行っていることを指摘するものであります。第2の理由は,2014年4月からの隼人保育園の民営化であります。本決算は,その民営化後,初めて報告されたものであります。隼人保育園の民営化の結果,公立保育園運営事業費は,2013年度の3億3,784万3,000円が,2014年度は2億7,295万5,200円と,6,488万7,800円の減額の一方,私立保育所運営事業費は,21億7,434万5,000円が24億9,685万9,840円へと3億2,251万4,840円の増額となっているのであります。保育所や養護老人ホームの民営化は,「住民の福祉増進を基本」とする地方公共団体の役割に逆行するものであり,認めることができません。また,保育園で働く保育士や調理員は,本年の当初予算の議論でも87人であり,その中で59人が資格を保有する保育士であると報告されております。資格を持ちながら非正規で働かざるを得ない状況は早急に改善し,同一労働,同一賃金に改善すべきであることを指摘するものであります。第3に,木質バイオマス関連の事業費についてであります。霧島永水地区で稼働している木質バイオマス発電事業は,5,700kwの発電量を確保するために,年間6万tから7万tのチップが必要とされ,間伐材でトン当たり2,000円,一般材には1,000円を,霧島市が5年間助成するとして,4億800万円の債務負担行為として計上された経過があり,2014年度決算において約8,400万円が補助されたと報告されております。木質バイオマス発電事業は,その検討段階から素材生産者であり,当時は,現職の市議会議員であった人が木質系バイオマスエネルギー検討委員会において,補助金支出を強く求めた経過があり,その後,木質発電事業者の取締役に就任している問題がありました。私ども市議団は,「政治家の地位に基づく影響力の行使に当たり,政治倫理上の問題がある」と指摘した経過があり,同意できないのであります。第4に,国分上小川に霧島市が造成した工業団地の10万6,235㎡を,13億5,935万2,800円,坪当たり単価4万2,300円で京セラに売却した問題であります。本工業団地は,2010年2月15日に,京セラから「弊社工場に隣接する用地11万1,588㎡について,将来利用地も含め取得をお願い」するとの「用地取得に関する」文書が提出され,用地取得と造成が行われた経過があります。この用地取得と造成に要した経費について,用地費として12億2,170万2,500円,設計費1,575万円,造成工事費2億8,900万円で,計15億2,645万2,500円が積算価格として示されておりますが,それ以外にも職員の事務費,湛水防除補助金返還などの総計金額は18億3,050万5,500円となり,売却価格13億5,935万2,800円からして4億7,115万2,700円の開きがあることを,私ども市議団は指摘した経過があります。負担能力のある大企業には,それらの価格の負担を求めるべきであります。以上,本決算に反対する主なる理由を申し上げ,討論とします。 ○議長(常盤信一君)  これで通告による討論を終わります。ほかにありませんか。 ○17番(植山利博君)  私は,議案第79号,平成26年度霧島市一般会計歳入歳出決算認定について,賛成の立場で討論を致します。平成26年度一般会計決算は,歳入総額624億8,137万1,000円,歳出総額602億3,292万2,000円で,形式収支は22億4,844万9,000円であり,翌年度へ繰り越すべき財源の3億2,948万円を差し引いた実質収支は19億1,896万1,000円となっています。市債残高は前年度末において,633億807万1,000円で,前年度末と比較して25億4,014万3,000円(3.9%)減少し,霧島市経営健全化計画(第2次)より大幅に改善されているものの,類似団体と比較すると依然として高い状態にあることから,今後とも計画的な市債管理が求められています。なお,財源調整に活用できる3基金の合計残高は148億1,615万5,000円で,計画値より36億円多くなっています。これらのことは,持続可能な財政運営の観点から高く評価するものであります。自主財源の根幹を成す市税の徴収率は,現年度分は0.2ポイント,滞納繰り越し分は0.5ポイント高くなり,全体では1.1ポイント高い94.3%となっております。また,市税以外の住宅使用料,保育料なども,徴収率は前年度を上回っており,収納担当課の徴収率向上への様々な取組の成果の現れであり,評価をするものであります。今後とも,納付者の不公平感を抱かぬよう,更なる徴収率向上への取組を求めるものであります。また,平成26年度のそれぞれの事業は,予算で議決されたことに基づき,適切に執行されているもので,評価をするものであります。また,予算の流用は,予算執行上,やむを得ないものであると認めますが,必要なものには的確な予算措置を講ずることを求めるものであります。今後の財政運営に当たっては,来年度から予想される地方交付税の合併特例措置の段階的な削減,社会保障経費の増大などなど,財政状況はますます厳しいことが想定されます。今後とも,最小の経費で最大の効果を得られるような取組を求めるものであります。さらには,適切な霧島市公共施設管理計画は,合併効果の一丁目一番地であり,行政サービスの低下を招かぬようにしつつ,財政健全化を図ることは大変困難なことでありますが,市民の理解を得つつ積極的な推進を求めるものであります。市長以下,全職員の奮起と努力を求め,議員諸兄の御協賛をお願いし,私の賛成討論と致します。 ○議長(常盤信一君)  ほかにありませんか。               [「なし」と言う声あり]  以上で討論を終結します。採決します。委員長報告は,賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告でありますので,電子及び起立により採決を行います。議案第79号について,委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は賛成ボタンを,反対の方は反対ボタンを押してください。                [電子ボタン押下]  ボタンの押し忘れはありませんか。               [「なし」と言う声あり]  押し忘れなしと認めます。確定します。賛成の方の起立を求めます。                 [賛成者起立]  起立者20名,賛成多数であります。したがって,議案第79号は認定することに決定しました。   △ 日程第4 議案第80号 平成26年度霧島市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認                定について ○議長(常盤信一君)  次に,議案第80号について討論に入ります。討論はありませんか。               [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第80号について,委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。              [「異議なし」と言う声あり]  御異議なしと認めます,したがって,議案第80号は認定することに決定しました。   △ 日程第5 議案第81号 平成26年度霧島市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算                認定について ○議長(常盤信一君)  次に,議案第81号について討論に入ります。討論はありませんか。               [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告でありますので,電子及び起立により採決を行います。議案第81号について,委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は賛成ボタンを,反対の方は反対ボタンを押してください。                [電子ボタン押下]  ボタンの押し忘れはありませんか。               [「なし」と言う声あり]  押し忘れなしと認めます。確定します。賛成の方の起立を求めます。                 [賛成者起立]  起立者22名,賛成多数であります。したがって,議案第81号は認定することに決定しました。   △ 日程第6 議案第82号 平成26年度霧島市介護保険特別会計歳入歳出決算認定に                ついて ○議長(常盤信一君)  次に,議案第82号について討論に入ります。本件について,26番,宮内博議員から通告されております。したがって,発言を許可します ○26番(宮内 博君)  私は,日本共産党市議団を代表して,2014年度介護保険特別会計決算に反対の立場から討論に参加するものであります。2014年度における霧島市の介護保険決算の実質収支は,歳入総額の103億216万5,000円に対し,歳出総額は99億8,726万9,000円であり,その実質収支は3億1,489万6,000円の黒字,介護給付費準備基金は1億1,100万9,000円と報告されています。これまでの議論の中で,2015年5月現在における介護給付準備基金は3億3,777万3,000円と報告され,9月補正における1億9,409万2,000円の積立によって,年度末には4億8,200万円の基金となるとの見通しも示されている経過があります。2014年度の介護保険は,第5期介護保険事業の最終年度であり,その決算の結果は,2015年度から始まった第6期介護保険事業の3年間の保険料にも大きく影響するものであります。第6期介護保険事業における保険料は,住民税非課税,本人課税の基準額で,第5期事業では年額5万5,200円が,6万6,000円へと19.56%,1万800円もの引上げがなされております。その結果,市民税非課税で老齢年金のみの受給者である第1段階の保険料も,2万7,600円から2万9,700円へと引き上げられたのであります。霧島市は,この介護保険料改定に当たり,1億5,400万円を介護給付準備基金から取り崩すとして試算しておりましたが,2015年度末の介護給付準備基金は4億8,200万円との報告であり,年金の引下げや消費税率引上げによる負担増が高齢者の重い負担となっている中で,多額の基金を保有しての保険料引上げが行われたことには,大きな問題があると指摘するものであります。厚生労働省は,2008年8月に「第4期介護保険事業の保険料設定について」の通達において,「介護給付準備基金は,各保険者において最低限必要と認める額を除き,基本的には次期計画において歳入として繰り入れるべきものであると考える」としています。多額の基金を残したまま,保険料負担を引き上げるべきではなかったことを指摘するものであります。新たな介護保険事業では,要支援者に対する訪問介護・通所介護を保険給付費から外し,市町村が実施している地域支援事業に移すことが決定しており,霧島市では2017年4月から,それが実施されようとしています。また,本年度から特別養護老人ホームに入所できる高齢者は,「要介護3以上」とされ,霧島市の現在の特養ホームの待機者502人中,150人が「要介護3以下」であることも示されております。特養ホームを「要介護3以上」に限定することで,所得が少なく,他の施設に入れない方が「介護難民」となる可能性を厚生労働省も認めており,特養の増設や入院患者追い出しの中止,在宅や居宅系サービスを含めた低所得者の利用料減免こそ進めるべきであります。さらに,本年8月からは,介護保険に初めて利用料の2割負担が導入されることになったのであります。高齢化社会が進む中にあって,「負担あって介護なし」と言われる事態は改善すべきであることを指摘し,本決算の討論とします。 ○議長(常盤信一君)  これで通告による討論を終わります。ほかにありませんか。 ○17番(植山利博君)  私は,議案第82号,平成26年度霧島市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について,賛成の立場で討論を行います。歳入は103億216万4,000円,歳出は99億8,726万9,000円であり,実質収支及び形式収支とも3億1,489万5,000円であります。その90.9%を占める介護保険サービスの保険給付費が91億328万7,000円で,対前年度4.9%の伸びとなっています。介護保険料の徴収率は97.1%で,前年度より0.2ポイント高くなっており,また,不納欠損額は,前年度より138万9,127円,14.9%減となっています。収入未済額は,前年度より現年度分で106万8,644円,6.2%の減,滞納繰越分は28万8,065円,1.5%増となっていますが,これらのことは積極的な収納対策が講じられた結果であり,評価をするものであります。今後も負担の公平性や財源の確保の観点から,引き続き効果的な収納対策を求めるものであります。基金残高は,前年度末で3億605万円で,当年度3億6,380万円の取崩しを行い,基金積立てを1億6,875万9,000円を行い,年度末残高は1億1,100万9,000円となっております。また,低所得者の負担軽減を図ることを目的に,平成24年度から実質的な所得階層を8段階にすることによって,約5,000万円程度の負担軽減がなされていることも評価できるところであります。介護保険制度は,高齢者の生活を国民みんなで支える制度であることを,十分理解できるような啓発に努めることを求め,また,制度の安定的で持続可能な運営を求め,私の賛成討論と致します。 ○議長(常盤信一君)  ほかにありませんか。               [「なし」と言う声あり]  以上で討論を終結します。採決します。委員長報告は,賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告でありますので,電子及び起立により採決を行います。議案第82号について,委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は賛成ボタンを,反対の方は反対ボタンを押してください。                [電子ボタン押下]  ボタンの押し忘れはありませんか。               [「なし」と言う声あり]  押し忘れなしと認めます。確定します。賛成の方の起立を求めます。                 [賛成者起立]  起立者21名,賛成多数であります。したがって,議案第82号は認定することに決定しました。   △ 日程第7 議案第83号 平成26年度霧島市交通災害共済事業特別会計歳入歳出決                算認定について ○議長(常盤信一君)  次に,議案第83号について討論に入ります。討論はありませんか。               [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第83号について,委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。              [「異議なし」と言う声あり]  御異議なしと認めます,したがって,議案第83号は認定することに決定しました。   △ 日程第8 議案第84号 平成26年度霧島市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定                について ○議長(常盤信一君)  次に,議案第84号について討論に入ります。討論はありませんか。               [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告でありますので,電子及び起立により採決を行います。議案第84号について,委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は賛成ボタンを,反対の方は反対ボタンを押してください。                [電子ボタン押下]  ボタンの押し忘れはありませんか。               [「なし」と言う声あり]
     押し忘れなしと認めます。確定します。賛成の方の起立を求めます。                 [賛成者起立]  起立者21名,賛成多数であります。したがって,議案第84号は認定することに決定しました。   △ 日程第9 議案第85号 平成26年度霧島市温泉供給特別会計歳入歳出決算認定に                ついて ○議長(常盤信一君)  次に,議案第85号について討論に入ります。討論はありませんか。               [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告でありますので,電子及び起立により採決を行います。議案第85号について,委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は賛成ボタンを,反対の方は反対ボタンを押してください。                [電子ボタン押下]  ボタンの押し忘れはありませんか。               [「なし」と言う声あり]  押し忘れなしと認めます。確定します。賛成の方の起立を求めます。                 [賛成者起立]  起立者23名,賛成多数であります。したがって,議案第85号は認定することに決定しました。   △ 日程第10 議案第86号 平成26年度霧島市水道事業会計決算認定について ○議長(常盤信一君)  次に,議案第86号について討論に入ります。討論はありませんか。               [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第86号について,委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。              [「異議なし」と言う声あり]  御異議なしと認めます,したがって,議案第86号は認定することに決定しました。   △ 日程第11 議案第87号 平成26年度霧島市水道事業剰余金の処分について ○議長(常盤信一君)  次に,議案第87号について討論に入ります。討論はありませんか。               [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第87号について,委員長の報告のとおり可決することに御異議ありませんか。              [「異議なし」と言う声あり]  御異議なしと認めます,したがって,議案第87号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第12 議案第88号 平成26年度霧島市工業用水道事業会計決算認定について ○議長(常盤信一君)  次に,議案第88号について討論に入ります。討論はありませんか。               [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,賛成多数で認定すべきものと決定したとの報告でありますので,電子及び起立により採決を行います。議案第88号について,委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は賛成ボタンを,反対の方は反対ボタンを押してください。                [電子ボタン押下]  ボタンの押し忘れはありませんか。               [「なし」と言う声あり]  押し忘れなしと認めます。確定します。賛成の方の起立を求めます。                 [賛成者起立]  起立者22名,賛成多数であります。したがって,議案第88号は認定することに決定しました。   △ 日程第13 議案第89号 平成26年度霧島市工業用水道事業会計剰余金の処分につ                いて ○議長(常盤信一君)  次に,議案第89号について討論に入ります。討論はありませんか。               [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告でありますので,電子及び起立により採決を行います。議案第89号について,委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は賛成ボタンを,反対の方は反対ボタンを押してください。                [電子ボタン押下]  ボタンの押し忘れはありませんか。               [「なし」と言う声あり]  押し忘れなしと認めます。確定します。賛成の方の起立を求めます。                 [賛成者起立]  起立者22名,賛成多数であります。したがって,議案第89号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第14 議案第90号 平成26年度霧島市病院事業会計決算認定について ○議長(常盤信一君)  次に,議案第90号について討論に入ります。討論はありませんか。               [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で認定すべきものと決定したとの報告であります。議案第90号について,委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。              [「異議なし」と言う声あり]  御異議なしと認めます,したがって,議案第90号は認定することに決定しました。   △ 日程第15 議案第91号 平成26年度霧島市病院事業会計剰余金の処分について ○議長(常盤信一君)  次に,議案第91号について討論に入ります。討論はありませんか。               [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第91号について,委員長の報告のとおり可決することに御異議ありませんか。              [「異議なし」と言う声あり]  御異議なしと認めます,したがって,議案第91号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第16 議案第94号 霧島市職員の勤務時間,休暇等に関する条例及び霧島市                人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部改正                についてから     日程第70 議案第148号 平成27年度霧島市病院事業会計補正予算(第1号)につ                いてまで一括上程 ○議長(常盤信一君)  次に,日程第16,議案第94号,霧島市職員の勤務時間,休暇等に関する条例及び霧島市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部改正についてから日程第70,議案第148号,平成27年度霧島市病院事業会計補正予算(第1号)についてまで,以上55件を一括し,議題とします。提案者の説明を求めます。 ○市長(前田終止君)  はじめに,霧島市市制施行10周年を迎え,合併の日であります11月7日に記念式典を挙行いたしました。オープニングでは,霧島九面太鼓「和奏(わかな)」の皆様に,伝統と躍動感あふれる太鼓の演奏を披露していただくとともに,「霧島市10年のあゆみ」を上映し,自然災害など多くの困難を乗り越えながら,市民の皆様と共に霧島市の一体感の醸成に努め,併せて本市の魅力を国内外に発信してきた激動の10年であったと実感したところでございます。式典には,地元出身の国会議員を始め,多くの御来賓と市民の皆様に御参加いただき,長年,市政への貢献が特に顕著であった4人の方に市政功労者表彰を授与し,本市の魅力を情報発信され市政発展に貢献をされた2人の方に市政功労者の感謝状を贈呈いたしました。また,10周年記念の作文コンクールの最優秀者に表彰状を授与させていただいたところでございます。受賞されました方々に対し,改めてお祝いと感謝を申し上げ,今後とも市政発展のために御尽力いただけることを御期待申し上げます。式典の中では,今年10歳を迎える市内各小学校4年生の代表による市民憲章朗読のほか,市制施行日に生まれ,この日に10歳の誕生日を迎える児童を含む市内の10人の小・中・高校生による「未来へのメッセージ」の発表や,市歌を市少年少女合唱団の皆様に合唱いただくなど,多くの子供たちにも参加を頂きました。これらのメッセージに託されたそれぞれの想いや,はつらつとした子供たちの歌声を聴きながら,将来を担う子供たちのためにも,改めて市民の皆様と力を合わせ「日本一のふるさと霧島」を目指す新たな一歩を踏み出したのだと,強く感じた次第でございます。また,当日は,50人を超えるふるさと会会員の皆様にも遠方から自費で御出席いただきましたことから,ふるさと会の皆様との「市長とふれ愛トーキング」も実施させていただき,市政発展につながる貴重な御提言を頂いたところでございます。さらに,シビックセンター周辺では「霧島ふるさと祭2015」,「防災フェスタINきりしま」,国民文化祭の「食の祭典in霧島」,「霧島演劇祭」が合わせて開催され,市制施行10周年を盛大にお祝いすることができました。この記念すべき市制施行10周年目を迎えるに当たりまして,10月末を目標としていた霧島市の地方版総合戦略について,37人の「有識者会議」の皆様による意見交換や御提言,「パブリックコメント」などを経て,10月23日に「霧島市ふるさと創生総合戦略」及び「霧島市ふるさと創生人口ビジョン」をまとめました。市議会におかれましても「地方創生総合戦略調査特別委員会」を設置いただき,様々な見地から御議論を頂いた上,貴重な御意見を賜りましたことに改めて感謝申し上げます。本市におきましては,目標年次であります2060年の人口ビジョンにつきまして,将来推計を大幅な減少傾向に見据える自治体がある中で,現状に若干の上積みを目指す13万人に設定いたしました。国も地方も人口減が大きく予測されるなかで,大変高いハードルではございますが,県央に位置し,交通の要衝が整っている地の利,高校や大学等を有する人材の強みなどを生かすことで,決して実現不可能な目標ではないと結論付けたところでございます。戦略元年であるこの年,これまで私を含め関係職員が一丸となって二年数か月にも及ぶ努力が実を結び,日本郵便株式会社及び日本郵便輸送株式会社との立地協定を締結させていただき,いち早く雇用の確保と人口増につながる大きな一歩を踏み出すことができたと実感しているところでございます。平成28年度におきましては,これまで積み重ねてきた企業誘致による雇用確保や移住・定住,転出抑制,子育て環境の充実に関する施策を予算に反映をさせ,産業の育成や地域の活性化策など総合的政策について,霧島市の10年先,20年先を見据えた戦略を更に推進してまいります。総合戦略のサブタイトルに「新たなる挑戦!!」を付けさせていただきました。先細りの政策ではなく,市民の皆様と共に,将来に向かって「夢のある,希望の持てる」まちづくりに邁進してまいりたいと存じます。それでは,本日ここに,平成27年12月定例市議会の開会に当たり,9月議会以降これまでの市政運営の状況報告を申し述べますとともに,今回,提案いたしております議案等につきまして,その概要を御説明申し上げ,議員各位を始め,市民の皆様方の御理解と御協力を賜りたいと存じます。まず,市政運営の状況につきまして,総合計画の七つの政策体系に沿って御説明申し上げます。一つ目の「快適で魅力あるまちづくり」についてでございます。生活基盤の充実につきましては,市営住宅において昨年度から事業を着手しております「霧島地区田口団地建替事業」の第1期工事として,1号棟の建設を9月8日に着手し,来年3月末の完成を目指して工事を進めているところでございます。また,土地区画整理事業の隼人駅東地区においては,JR隼人駅の東口を新しい交通拠点とする市街地の形成に向け,幹線道路の工事を9月15日に着手いたしました。次に,空き家対策につきましては,11月24日に「鹿児島銀行」「南日本銀行」「あいら農業協同組合」「鹿児島信用金庫」「鹿児島相互信用金庫」の5金融機関と,本市が行う空き家対策事業の推進に関しまして,複数の金融機関との同時協定としては県内でも初となる業務連携協定等を締結させていただきました。今後も「霧島市空き家対策基本方針」に基づき,各般の施策事業等の推進を図ってまいります。安心・安全なまちづくりにつきましては,平成19年度からほかの自治体に先駆けて実施いたしております「霧島市あんしん・あんぜん検定」の第9回目を10月18日に開催し,212人の市民の方々が挑戦をされ,開始当初からの受験者総数は4,178人となりました。今後も引き続き,市民一人一人の防犯及び交通安全に対する意識の高揚を図ってまいりたいと存じます。防災対策の推進につきましては,災害のない明るい安心・安全なまちづくりを目指して,11月8日に消防局敷地内において「市制施行10周年記念防災フェスタINきりしま2015」を開催し,市民の皆様を始め,消防団,警察,自衛隊,海上保安庁及び各事業所等に参加を頂き,広く消防の知識・技術を普及し,防火・防災の意識の高揚を図るとともに,関係機関・団体相互の連携強化に努めたところであります。また,常備車両更新事業として高規格救急自動車2台,消防団車両更新事業として,消防小型動力ポンプ付普通積載車1台,消防小型動力ポンプ付軽積載車2台及び消防ポンプ自動車1台の合計6台をそれぞれ更新し,消防力の更なる強化に努めたところでございます。次に,二つ目の「自然にやさしいまちづくり」についてでございます。自然環境の保全につきましては,地球温暖化対策を推進するため,「太陽光,地熱,小水力,バイオマスなどの再生可能エネルギーの導入促進でエネルギー100%地産地消」を,私が3期目を迎えるに当たり市民の皆様にお約束をしました重要施策として掲げており,当該目標を実現するため,自然環境への影響等に対する配慮がなされ,地域住民の皆様を始め,関係機関の理解が得られたものについては,地域活性化の観点も踏まえながら積極的に支援しているところでございます。その結果,本市には,国が認定している5種類の再生可能エネルギー全ての発電施設が既に稼働しており,正に我が国トップレベルの「再生可能エネルギーの里」と呼ぶにふさわしいレベルにまで達してきたものだと自負いたしているところでございます。また,11月4日には市内の発電事業者等を構成員と致しました「霧島市再生可能エネルギー事業者協議会」を全国でも珍しいでしょうが,県内では初めて設立いたしました。今後は,当該協議会を中心に,再生可能エネルギーを通じた環境学習や観光等への活用による地域の活性化,施設周辺の環境整備などを推進してまいりたいと存じます。生活環境の向上につきましては,清潔できれいな住みよいまちづくりを推進するため,本市では霧島市生活環境美化条例等に基づき,市民の中から環境美化推進員及び生活排水対策推進員等を委嘱しているところであり,日頃から環境保全に積極的に御尽力いただいている皆様でございます。このような中,10月23日に開催いたしました推進員の研修会に私も出席させていただき,現状などについてのお話を直接伺いながら,今後の取組などについて,意見交換をさせていただいたところでございます。「環境共生宣言都市」にふさわしい,快適で良好な生活環境の実現のために,今後とも関係機関や関係者の皆様と連携を取りつつ,環境美化活動の促進に努めてまいります。次に,三つ目の「活力ある産業のまちづくり」についてであります。農林水産業の振興につきましては,「TPP環太平洋連携協定交渉」の大筋合意を受けまして,本市においても農業分野を中心に影響が及ぶことが予想されますことから,全庁的な情報共有を図るため,10月13日に臨時庁議を開催し,その場で「霧島市TPP農業分野等対策本部」を設置したところでございます。今後におきましても,当該対策本部を中心に,引き続き情報収集に努めるとともに,関係機関等と連携し,必要な対策を迅速に講じ,守りから攻めの農業への転換に努めてまいります。次に,11月12日に全日本竹産業連合会,鹿児島県竹産業振興会連合会の主催による第56回全国竹の大会鹿児島大会がみやまコンセールで開催されました。全国各地から竹産業関係者,竹林経営者の方々など529人が参加し,シンポジウムでは,竹やタケノコの魅力を世界に発信する必要性や,バイオマス素材としての新たな活用などについて熱心な意見交換がなされました。地元霧島市と致しましては,青葉の笛の紹介や竹パウダーの展示即売,情報交換会では,源平合戦で非業の死を遂げた名手平敦盛が愛用した「青葉の笛」発祥の地として,青葉小学校の児童を中心とした「青葉の笛同好会」による青葉の笛の演奏や舞いを披露していただき,大会に花を添えていただきました。また,長年,溝辺町でございますが,竹子小学校は緑の少年団の活動を続け,その地名に竹の子という漢字が入っておりまして,これを「たかぜ」と読みますが,竹子小学校に竹の株が贈呈され,早速校庭に植樹されたとのことであります。御協力いただきました皆様に感謝申し上げますとともに,大会の成功をお祝いし,更なる本市の竹産業の振興,発展につなげたいと存じます。雇用の促進につきましては,本市における工業の振興及び雇用の増大を図るため,隼人町小田地区に造成を致しました小田工業団地を,日本郵便株式会社及び日本郵便輸送株式会社に売却するための関係議案を,先の第3回定例市議会において可決いただき,10月29日には,日本郵便株式会社及び日本郵便輸送株式会社との間で立地協定を締結させていただきました。また,11月4日には,隼人町西光寺地区に立地を計画されております株式会社サンライトと立地協定を締結し,これによりまして市制施行後の立地協定件数は47件に達したところでございます。今後におきましても,引き続き関係機関との連携を図りながら,本市の地理的優位性や各種優遇制度のPRに努め,積極的な企業誘致を進めてまいります。観光業の振興につきましては,本市の魅力を生かした新たな外国人観光客誘客事業と致しまして,霧島神宮本殿造営300年記念事業に併せ,着物姿で神宮を参拝するなど,日本の和文化を体験していただく「和服で参拝,ぶらり霧島神宮」を10月1日から開始いたしました。また,官民共同で組織している「いざ霧島キャンペーン実行委員会」においては,霧島神宮周辺を中心にGPSを利用し,英語,中国語,韓国語及び日本語に対応した「自動音声ガイドサービス(通称聴き旅)」を11月11日から県内で初めて導入するなど,国内外の観光客の満足度を高める取組を展開しているところでございます。また,鹿児島空港国際線においては,大韓航空による釜山広域市の金海国際空港からのチャーター便が10月27日から週3便の運行を開始し,当初は12月末までの予定でありましたが,これまでの搭乗率が好調で鹿児島の観光需要が高いことから,更に1月30日まで延長されるとの発表がありました。釜山広域市との間におきましては,これまで20年を超える「日韓親善子供大使友好の翼」事業による青少年の相互交流を始め,旅行エージェントを対象とした現地でのトップセールスや官民共同での誘客キャンペーンなどのインバウンド事業を重ねてきたところでございます。特に,「釜山広域市観光協会」とは長年に渡って公私共に深く交流を続けており,今月も同協会の李名誉会長以下10人の方々がその便で来訪され,親しく歓迎のおもてなしをさせていただきました。大韓民国では温暖な南九州でのゴルフやトレッキングの人気が高く,これを機会に多くの皆様が本市を訪れ,将来的には定期便の運行につながることを期待しているところでございます。さらに,昨年3月から香港線の定期便が就航しておりますことから,インバウンドセールスとして,11月24日から26日までにかけて,現地でのトップセールスを行い,香港かごしまクラブの会長や香港線のトップエージェントであるEGLツアーズの代表,香港ジオパークの関係者や地元ジャーナリストと会談するなど,精力的なセールス活動を行ったところでございます。次に,四つ目の「育み磨きあうまちづくり」についてでございます。はじめに,霧島市教育委員会が,キャリア教育優良教育委員会として,文部科学大臣表彰を受賞することが決定を致しました。第9回目を迎えるこの賞を受賞したのは全国で7団体,九州では唯一,本市が受賞することとなり,これまで教育委員会が取り組んできた小・中学校9年間の系統性・継続性を持たせた学習指導や,「きりしまっ子立志推進事業」「ふるさと達人支援プラン」「青少年による国際交流推進事業」など,地域の人材を活用した夢や目標を持たせる事業が高く評価されたとのことでございます。地方創生において,地域教育の充実は大変重要な取組の一つであり,子育ての環境づくりとしても大きな弾みがついたものと感じているところでございます。学校教育の充実につきましては,耐震化に伴う安心安全な教育環境の整備を行うため,昨年度から着手いたしております国分中央高等学校の昇降口棟が,9月30日に完成したところでございます。学習機会の充実につきましては,市制施行10周年を記念し,元気で活力ある霧島市の創造に向けて,これからの霧島市をどのようなまちにしていきたいのかを市民の皆様に考えていただくための講座,「霧島アカデミー『夢づくり講座』」を9月26日に開講いたしました。今回の学びの機会が,地域における主体的な活動のきっかけにつながることを期待しているところでございます。次に,大変喜ばしい話題と致しまして,第70回国民体育大会において,霧島高校2年の榮拓樹君が馬術競技少年二段階障害飛越で優勝され,公開競技のゲートボールにおいて,溝辺地区のフレンドスポーツチームから選抜されたメンバーの皆様が準優勝されました。また,国分中央高校2年の大上拓海君が,九州新人陸上大会男子高飛びで,2m3㎝を記録して見事に優勝され,同じく2年の岩切亨生君が日本ジュニアユース110m障害で,鹿児島県高校記録を7年ぶりに0秒16更新する14秒02の記録で3位入賞を果たされましたほか,11月15日に東京の馬事公苑で開催されました全日本障害馬術大会において,霧島高原乗馬クラブの村岡一孝さんが中障害飛越A決勝で初優勝を飾られました。このほか,かねてから地域のスポーツ推進に取り組んできた,霧島市スポーツ推進委員の活動が認められ,全国スポーツ推進委員研究協議会愛媛大会において,優良団体の表彰を受けられました。また,日頃から通学時に子供の保護,誘導をするなどの実践的なボランティア活動が認められ,国分上小川地区の「うぶすな会」が文部科学大臣表彰となる学校保健及び学校安全表彰を受賞されたとのことでございます。次に,「第30回国民文化祭かごしま2015」が,10月31日から11月15日までの16日間にわたり,県内各地で100を超える事業が開催をされました。本市におきましては,国民文化祭初日の10月31日に鹿児島空港において開催いたしました「そらの文化祭」を皮切りに,「少年少女合唱の祭典」「神楽フェスタ」,「NPO法人きりしま創造舞台」による「宇宙(そら)に願いを~沙羅(さら)と星たちの物語~」のタイトルのミュージカル公演,「食の祭典in霧島」「霧島ダンスの祭典」「霧島ジオツアー」の7事業と県主催によるシンポジウム「国際音楽祭と現代アート」を開催をし,近代文化から神話の世界,食や自然,そして青少年による文化芸術の披露など,県内外からの参加者の皆様と共に,市民の皆様が一体となり,霧島を舞台とした文化の発信に多大なる御尽力を頂いたところございます。期間中,全国各地から約1,000人を超える出演者の皆様,約100人を超える市民ボランティアの皆様に御協力いただき,50年に一度の文化の祭典を無事終了いたしました。この場をお借りいたまして,関係者の方々に改めて感謝申し上げたいと存じます。次に,五つ目の「たすけあい支えあうまちづくり」についてでございます。「長寿祝金支給事業」につきまして,市内に住所を有する御高齢者の皆様に対し,長寿を祝福し,敬老の意を表するため,今年度に満88歳,95歳を迎えられる方及び100歳以上になられる方の1,018人に,総額2,490万円の御祝金を給付いたしました。地区別では国分地区380人,溝辺地区63人,横川地区59人,牧園地区101人,霧島地区58人,隼人地区278人,福山地区79人となっており,最高齢者及び今年度100歳を迎えられる方で,御在宅されている方を直接訪問し,御長寿をお祝いさせていただいところでございます。次に,六つ目の「共生・協働のまちづくり」についてでございます。市民参加によるまちづくりにつきまして,第9回となる「2015年霧島市民表彰式」を11月3日に開催し,長きにわたり市勢発展に御尽力いただいた方々や,スポーツ,文化振興など各分野で御活躍された方々など,208の個人及び団体に表彰状,特別表彰状及び感謝状を授与あるいは贈呈させていただきました。受賞された皆様に改めてお祝いと感謝を申し上げるとともに,今後も市勢発展のために御尽力いただきますよう御期待申し上げます。次に,大変有り難い話題と致しまして,ふるさと会の活動について御紹介いたしたいと思います。本市の出身者等で組織されているふるさと会は,首都圏と関西圏及び鹿児島市では既に設立されており,会員の交流,親睦を図りつつ,移住定住の促進やふるさと納税及び観光宣伝への協力,災害時の義援金活動など,本市の発展に寄与していただいております。このような中,9月には中部圏域に,10月には福岡圏域において新たにふるさと会が設立をされました。市民の皆様と共に,市外においても「ふるさと霧島」を応援していただく皆様の輪が広がっており,大変心強く思う次第でございます。国際交流につきましては,旧牧園町時代から「藤の花」の縁で交流を致しております中国上海市嘉定区の訪問団と,岡山県和気町の元町長である藤本道生様が,9月29日から30日にかけまして本市を訪問され,交流の絆を深めるとともに,今後の友好交流の促進などについて,意見交換を行いました。また,青少年交流を続けておりますマレーシアマラッカ市のセントフランシス学院のラマチャンドラン教頭を始めとする教職員4人が,10月19日に本市を訪問され,さらに,同学院の学生8人と学院関係者3人の計11人が,今月25日から本市を訪問し,学校交流やホームステイを中心として相互交流を深めているところでございます。人権の尊重につきましては,11月6日に「第10回特定失踪者に関する庁内連絡会議」を開催し,12月10日から16日までの「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」の取組の一環として,市民の皆様に北朝鮮当局による人権侵害問題についての関心と認識を深めていただくため,懸垂幕の掲示や署名活動・写真パネル展などを行うとともに,同問題についての啓発のぼり旗を掲示し,更なる啓発活動を実施することと致しております。次に,七つ目の「新たな行政経営によるまちづくり」についてでございます。平成17年の合併に伴い,業務や職員が集約され,手狭となった国分庁舎に別館を増築することにより,市民サービスの窓口等を確保し,利便性を向上させることを目的とする国分庁舎増築工事につきましては,9月定例会におきまして関係議案を可決いただきましたことを受け,早速10月に着工いたしたところでございます。工期は,平成29年2月末を予定しており,工事期間中は,近隣にお住いの方々を始め,市民の皆様にも何かと御迷惑をお掛けしますが,御理解と御協力を賜りますようよろしくお願いを致します。次に,本年3月に策定いたしました「霧島市公共施設管理計画」を推進するため,部長級以上の職員で組織する「霧島市公共施設マネジメント推進本部」,及び外部の有識者等で組織する「霧島市公共施設マネジメント推進委員会」を9月29日にそれぞれ設置したところでございます。最後に,広域的な施策の取組についてでございます。霧島ジオパークの推進につきましては,10月27日から29日までの3日間の日程で,「第6回日本ジオパーク全国大会霧島大会」が本市で開催され,全国各地のジオパークから734人の参加登録があり,過去最大規模の全国大会となりました。また,「霧ジオまつり」と銘打ち,トークショーや物産販売など,地域の皆様に楽しんでいただきながら,ジオパークについての認知度や理解を進めるイベントも同時に開催し,3日間を通じて,延べ9,000人近い方にお越しいただいたところでございます。本大会では,協議会会員やジオガイドの皆様が一体となって企画から運営に直接参加していただいており,課題でもありました霧島ジオパークの運営組織強化につながっていくものと確信を致しております。今後も協議会,地域が一体となり,ジオパークの活動を推進してまいりたいと存じます。次に,本日提案いたしております補正予算3件,条例等に係る議案52件につきまして,その概要を御説明いたします。まず,議案第146号,平成27年度霧島市一般会計補正予算(第4号)について御説明いたします。今回の補正予算は,国・県から事業採択等の通知があった各種事業費の計上や,年度末までの事業執行に不足が見込まれる経費の追加計上,集中豪雨に伴う被害等に対する災害復旧費の計上のほか,市有地の売払収入などの予算計上を主なものと致しております。歳入と致しましては,それぞれの事業に対する国・県支出金や市債等を特定財源とし,平成26年度からの決算剰余の一部及び土地売払収入等を一般財源と致しております。歳出の主なものと致しましては,総務費では,霧島市立東国分保育園,下井保育園及び国分舞鶴園の土地の売払収入を特定建設事業基金に積み立てる経費やふるさと納税寄附金額の増額見込みに対する答礼品及び「ふるさときばいやんせ基金」に積み立てる経費などを,民生費では,社会福祉法人が実施する私立保育園の改築に対する助成に要する経費などを,衛生費では,各種がん検診の受診者見込み増に対する経費を,労働費では,働く女性の家の台風被害による屋根修繕に対する経費を,農林水産業費では,農地中間管理機構へ集積された農地に対する助成に要する経費などを,土木費では,隼人駅東地区土地区画整理事業区域の用途地域の見直しに要する経費を,教育費では,平成28年度からの中学校教科書改訂に備え,デジタル教科書の購入に要する経費などを,災害復旧費では,土木施設の災害復旧に要する経費の相当額をそれぞれ計上いたしました。その結果,歳入歳出総額9億284万1,000円を追加計上し,補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ590億5,658万3,000円としようとするほか,第2表で繰越明許費の設定,第3表で債務負担行為の補正及び第4表で地方債の補正を行おうとするものでございます。次に,議案第147号,平成27年度霧島市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について御説明いたします。今回の補正予算は,歳入で平成26年度退職者医療交付金の確定による療養給付費等交付金の増額,歳出で後期高齢者支援金等の支援金,各種納付金の決定及び保険給付費の不足が見込まれる経費を追加しようとするもので,歳入歳出総額それぞれ8,727万2,000円を追加計上し,補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出176億7,790万8,000円としようとするものでございます。次に,議案第148号,平成27年度霧島市病院事業会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。この補正予算は,指定管理者の指定により複数年度にわたる管理費用の支払債務に伴う債務負担行為及び霧島市立医師会医療センター,プレハブ棟建設に伴う債務負担行為を設定するものでございます。議案第94号,霧島市職員の勤務時間,休暇等に関する条例及び霧島市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部改正については,地方公務員法の改正により,引用条項の繰上げ及び人事行政の運営状況の報告事項を変更するため,所要の改正をしようとするものでございます。議案第95号,霧島市障害児就学指導委員会条例の一部改正については,学校教育法施行令の改正により,障害のある子供の就学手続及び早期からの一貫した支援の充実を図るため,所要の改正をしようとするものでございます。議案第96号,霧島市立保育所の設置及び管理に関する条例の一部改正については,霧島市保健福祉施設民営化実施計画に基づき,東国分保育園及び下井保育園を民営化することに伴い,同園を廃止するため,所要の改正をしようとするものでございます。議案第97号,霧島市立養護老人ホームの設置及び管理に関する条例の一部改正については,霧島市保健福祉施設民営化実施計画に基づき,霧島市立養護老人ホーム国分舞鶴園を民営化することに伴い,同園を廃止するため,所要の改正をしようとするものでございます。議案第98号,霧島市税条例等の一部を改正する条例の一部改正については,地方税法施行規則等の改正により,番号制度,換価猶予及びたばこ税に係る手持品課税等の規定が改められたため,所要の改正をしようとするものでございます。次に,条例以外の議案について御説明いたします。議案第99号から議案第136号までは,国分府中地区共同利用施設ほか37の公の施設について,直接指定又は公募により,当該施設の指定管理者を指定するため,地方自治法の規定により,議会の議決を求めるものでございます。議案第137号から議案第139号までは,土地改良事業の施行に伴い,字界の不整形が生じたので,これを整理するため,霧島西部地区下有川換地区,霧島西部地区宮原・久留味川換地区及び福山地区野谷換地区の字の区域の変更をしようとするものでございます。議案第140号は,議案第96号と関連し,民営化を予定する東国分保育園の建物638.55㎡を霧島市霧島川北246番地,社会福祉法人大川福祉会理事長下登千吉へ無償譲渡しようとするものでございます。議案第141号は,議案第96号と関連し,民営化を予定する下井保育園の建物360.36㎡を霧島市横川町上ノ4503番地1,社会福祉法人至宝福祉会理事長前原寛へ無償譲渡しようとするものでございます。議案第142号は,議案第97号と関連し,民営化を予定する養護老人ホーム国分舞鶴園の建物等2,867㎡を霧島市国分清水五丁目1番49号,社会福祉法人政典会理事長鎌田善政へ無償譲渡しようとするものでございます。議案第143号は,議案第97号と関連し,民営化を予定する養護老人ホーム国分舞鶴園の土地8,776.85㎡を1億3,400万円で霧島市国分清水五丁目1番49号,社会福祉法人政典会理事長鎌田善政へ有償譲渡しようとするものでございます。議案第144号は,県道伊集院蒲生溝辺線の一部供用開始に伴い,新設された取付道路を市道として維持管理するため,市道路線の認定について,議会の議決を求めるものでございます。議案第145号は,鹿児島県市町村総合事務組合が共同処理する事務の一部に係る組合市町村の変更に伴い,同組合規約の一部を変更することについて協議したいので,地方自治法の規定により,議会の議決を求めるものでございます。以上,提案いたしております議案等につきまして,一括してその概要を御説明申し上げましたが,よろしく御審議いただきますようお願い申し上げまして,提案理由の説明と致します。 ○議長(常盤信一君)  ただいま提案者の説明が終わりました。この55件の議案等に対する質疑は,12月7日の本会議で行います。以上で,本日の日程は全て終了しました。次の本会議は12月2日であります。本日はこれで散会します。             「散 会  午後 2時25分」...