霧島市議会 > 2010-03-30 >
平成22年第1回定例会(第7日目 3月30日)

ツイート シェア
  1. 霧島市議会 2010-03-30
    平成22年第1回定例会(第7日目 3月30日)


    取得元: 霧島市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-02-05
    平成22年第1回定例会(第7日目 3月30日)              平成22年第1回霧島市議会定例会会議録   1.議事日程は次のとおりである。                        平成22年3月30日(第7日目)午前10時開議 ┌──┬──┬────────────────────────────┬──────┐ │日程│議案│   件                  名     │ 備  考 │ │番号│番号│                            │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 1│ 1│霧島市新川防災センターの設置及び管理に関する条例の一部改│総務常任委員│ │  │  │正について                       │長報告   │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 2│ 3│霧島市職員の勤務時間,休暇等に関する条例等の一部改正につ│      │ │  │  │いて                          │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 3│ 25│霧島市西郷公園の設置及び管理に関する条例の一部改正につい│      │ │  │  │て                           │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 4│ 28│霧島市多目的ホールの設置及び管理に関する条例の一部改正に│      │ │  │  │ついて                         │      │
    ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 5│ 46│霧島市消防団横川方面隊拠点施設の設置及び管理に関する条例│      │ │  │  │の全部改正について                   │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 6│ 52│辺地に係る公共的施設の総合整備計画について       │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 7│ 17│霧島市総合福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部改│環境福祉常任│ │  │  │正について                       │委員長報告 │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 8│ 18│霧島市老人福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部改│      │ │  │  │正について                       │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 9│ 19│霧島市霧島保健福祉センターの設置及び管理に関する条例の一│      │ │  │  │部改正について                     │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 10│ 37│霧島市温泉センターの設置及び管理に関する条例の一部改正に│      │ │  │  │ついて                         │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 11│ 43│霧島市ごみ処理手数料徴収条例の全部改正について     │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 12│ 4│霧島市非常勤の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改│産業教育常任│ │  │  │正について                       │委員長報告 │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 13│ 5│霧島市立学校施設使用条例の一部改正について       │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 14│ 6│霧島市立公民館の設置及び管理に関する条例の一部改正につい│      │ │  │  │て                           │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 15│ 7│霧島市青少年の家設置及び管理に関する条例の一部改正につい│      │ │  │  │て                           │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 16│ 8│霧島市いきいき国分交流センターの設置及び管理に関する条例│      │ │  │  │の一部改正について                   │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 17│ 9│霧島市営体育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正につ│      │ │  │  │いて                          │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 18│ 10│霧島市営プールの設置及び管理に関する条例の一部改正につい│      │ │  │  │て                           │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 19│ 11│霧島市国分児童体育館の設置及び管理に関する条例の一部改正│      │ │  │  │について                        │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 20│ 12│霧島市牧園B&G海洋センターの設置及び管理に関する条例の│      │ │  │  │一部改正について                    │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 21│ 13│霧島市牧園町地区運動場の設置及び管理に関する条例の一部改│      │ │  │  │正について                       │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 22│ 14│サン・あもりの設置及び管理に関する条例の一部改正について│      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 23│ 15│霧島市福山町地区体育館の設置及び管理に関する条例の一部改│      │ │  │  │正について                       │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 24│ 16│霧島市立郷土館等の設置及び管理に関する条例の一部改正につ│      │ │  │  │いて                          │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 25│ 21│霧島市民会館の設置及び管理に関する条例の一部改正について│      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 26│ 22│霧島市国分中央地区共同利用施設の設置及び管理に関する条例│      │ │  │  │の一部改正について                   │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 27│ 23│霧島市隼人地区共同利用施設の設置及び管理に関する条例の一│産業教育常任│ │  │  │部改正について                     │委員長報告 │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 28│ 24│霧島市溝辺コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例│      │ │  │  │の一部改正について                   │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 29│ 26│霧島市丸岡会館の設置及び管理に関する条例の一部改正につい│      │ │  │  │て                           │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 30│ 27│霧島市働く婦人の家の設置及び管理に関する条例の一部改正に│      │ │  │  │ついて                         │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 31│ 29│霧島市溝辺多目的交流施設上床どーむの設置及び管理に関する│      │ │  │  │条例の一部改正について                 │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 32│ 30│霧島市福山中央地区多目的研修施設の設置及び管理に関する条│      │ │  │  │例の一部改正について                  │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 33│ 31│霧島市浜之市ふれあいセンターの設置及び管理に関する条例の│      │ │  │  │一部改正について                    │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 34│ 32│霧島市公設地方卸売市場の設置及び管理に関する条例の一部改│      │ │  │  │正について                       │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 35│ 33│霧島緑の村の設置及び管理に関する条例の一部改正について │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 36│ 34│霧島市国分川原地区加工貯蔵施設の設置及び管理に関する条例│      │ │  │  │の一部改正について                   │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 37│ 36│霧島市横川勤労者技術研修館の設置及び管理に関する条例の一│      │ │  │  │部改正について                     │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 38│ 38│霧島市隼人国民保養センターの設置及び管理に関する条例の一│      │ │  │  │部改正について                     │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 39│ 39│霧島市都市公園条例の一部改正について          │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 40│ 42│霧島市福山プールの設置及び管理に関する条例の一部改正につ│      │
    │  │  │いて                          │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 41│ 44│霧島市隼人農村環境改善センターの設置及び管理に関する条例│産業教育常任│ │  │  │の全部改正について                   │委員長報告 │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 42│ 45│霧島市工業開発促進条例の全部改正について        │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 43│ 48│霧島市農産物加工施設等の設置及び管理に関する条例の制定に│      │ │  │  │ついて                         │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 44│ 49│霧島市森林公園等の設置及び管理に関する条例の制定について│      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 45│ 50│霧島市塩浸温泉龍馬公園の設置及び管理に関する条例の制定に│      │ │  │  │ついて                         │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 46│ 40│霧島市営住宅の設置及び管理に関する条例及び霧島市営単独住│建設水道常任│ │  │  │宅の設置及び管理に関する条例の一部改正について     │委員長報告 │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 47│ 41│霧島市給水条例の一部改正について            │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 48│ 51│隼人都市計画事業隼人駅東地区土地区画整理事業施行に関する│      │ │  │  │条例の制定について                   │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 49│ 53│財産の取得について                   │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 50│ 60│平成22年度霧島市一般会計予算について          │予算特別委員│ ├──┼──┼────────────────────────────┤長報告   │ │ 51│ 61│平成22年度霧島市国民健康保険特別会計予算について    │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 52│ 62│平成22年度霧島市後期高齢者医療特別会計予算について   │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 53│ 63│平成22年度霧島市老人保健医療特別会計予算について    │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 54│ 64│平成22年度霧島市介護保険特別会計予算について      │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 55│ 65│平成22年度霧島市交通災害共済事業特別会計予算について  │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 56│ 66│平成22年度霧島市下水道事業特別会計予算について     │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 57│ 67│平成22年度霧島市温泉供給特別会計予算について      │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 58│ 68│平成22年度霧島市水道事業会計予算について        │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 59│ 69│平成22年度霧島市工業用水道事業会計予算について     │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┤      │ │ 60│ 70│平成22年度霧島市病院事業会計予算について        │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 61│ 72│土地の取得について                   │追  加  │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 62│議提│改正国籍法に関する意見書について            │      │ │  │ 3│                            │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 63│陳情│改正国籍法に関する陳情書                │みなし採決 │ │  │ 4│                            │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 64│議提│永住外国人地方参政権付与法案に反対する意見書について  │      │ │  │ 4│                            │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 65│陳情│永住外国人地方参政権付与法案に反対する陳情書      │みなし採決 │ │  │ 5│                            │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 66│議提│350 万人のウイルス性肝炎患者の救済に関する意見書について│      │ │  │ 5│                            │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 67│陳情│350 万人のウイルス性肝炎患者の救済に関する意見書採択の陳│みなし採決 │ │  │ 3│情                           │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 68│陳情│陳情書(私立幼稚園の新入園児保護者への入園料補助の支給に│産業教育常任│ │  │ 1│関する件)                       │委員長報告 │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 69│陳情│農道の市道昇格を求める陳情書              │建設水道常任│ │  │ 6│                            │委員長報告 │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 70│陳情│川内原発3号機増設に係る陳情書             │      │ │  │ 22│                            │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 71│陳情│陳情書(九州電力の川内原発3号機増設反対に関する決議につ│      │ │  │ 25│いて)                         │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 72│陳情│霧島地区湯之宮地域に建設予定の養豚場建設中止を求める陳情│      │ │  │ 2│書                           │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 73│陳情│選択的夫婦別姓制度法制化に反対する意見書の提出を求める陳│      │ │  │ 7│情書                          │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 74│陳情│人権擁護法案の成立に反対する意見書の提出を求める陳情書 │      │ │  │ 8│                            │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 75│  │所管事務調査の閉会中の継続調査申出書について      │      │ ├──┼──┼────────────────────────────┼──────┤ │ 76│  │所管事務調査について                  │      │ └──┴──┴────────────────────────────┴──────┘ 2.本日の出席議員は次のとおりである。     1番  宮 本 明 彦 君      2番  前 島 広 紀 君     3番  有 村 隆 志 君      4番  志 摩 浩 志 君     5番  中 村 正 人 君      6番  脇 元   敬 君     7番  松 元   深 君      8番  秋 広 眞 司 君     9番  池 田 綱 雄 君     10番  徳 田 拡 志 君    11番  山 浦 安 生 君     12番  厚 地   覺 君
       13番  新 橋   実 君     14番  仮 屋 国 治 君    15番  常 盤 信 一 君     16番  脇 元   操 君    17番  植 山 利 博 君     18番  上 鍋 正 光 君    19番  塩井川 幸 生 君     20番  久 保 史 郎 君    21番  岡 村 一二三 君     22番  木野田 恵美子 君    23番  池 田   守 君     24番  下深迫 孝 二 君    25番  吉 永 民 治 君     26番  今 吉 歳 晴 君    27番  細山田 為 重 君     28番  蔵 原   勇 君    29番  田 代 昇 子 君     30番  前川原 正 人 君    32番  西 村 新一郎 君     33番  宮 内   博 君    34番  徳 田 和 昭 君 3.本日の欠席議員は次のとおりである。    31番  時 任 英 寛 君 4.会議に出席した議会事務局の職員は次のとおりである。  議会事務局長    上 原 勝 己 君   議事調査課長   満 留   寛 君  議事調査課主幹兼  新 窪 政 博 君   書    記   有 村 真 一 君  議事グループ長  書    記    吉 村 祐 樹 君 5.地方自治法第121条の規定による出席者は次のとおりである。  市     長   前 田 終 止 君   副  市  長  南 田 吉 文 君  副  市  長   大 塚 行 則 君   総 務 部 長  今 村 恭 一 君  企画部長兼     山 口   剛 君   生活環境部長   川 畑   巧 君  行政改革推進監兼  大学跡地利用対策監  保健福祉部長    平 野 貴 志 君   農林水産部長   萬 德 茂 樹 君  商工観光部長    柳 田 秀 徳 君   建 設 部 長  篠 原 明 博 君  工事監査部長    大 井   正 君   消 防 局 長  後 庵 博 文 君  会計管理部長    東   邦 雄 君   水 道 部 長  迫 間   勇 君  溝辺総合支所長兼  岩 切 正 信 君   横川総合支所長兼 福 原   平 君  地域振興課長                地域振興課長  牧園総合支所長兼  間手原   修 君   福山総合支所長兼 福 盛 安 美 君  地域振興課長                地域振興課長  企画部次長兼    川 村 直 人 君   総 務 課 長  宗 像 成 昭 君  企画政策課長  財 政 課 長   塩 川   剛 君   林務水産課長   山 下   晃 君  教  育  長   髙 田 肥 文 君   教 育 部 長  阿 多 己 清 君 6.会議のてん末は次のとおりである。               「開 議  午前10時00分」 ○議長(池田 守君)  これより本日の会議を開きます。お手元に配付いたしました議事日程に基づき会議を進めてまいります。これより議事に入ります。   △ 日程第1 議案第1号 霧島市新川防災センターの設置及び管理に関する条例の                一部改正についてから     日程第6 議案第52号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画についてまで一括                上程 ○議長(池田 守君)  日程第1,議案第1号,霧島市新川防災センターの設置及び管理に関する条例の一部改正についてから,日程第6,議案第52号,辺地に係る公共的施設の総合整備計画についてまで,以上6件を一括し議題とします。この議案6件については,総務常任委員会に付託となっておりましたので,委員長の報告を求めます。 ○総務常任委員長(下深迫孝二君)  去る3月2日の本会議で,総務常任委員会に付託になりました議案6件についての審査が終了しましたので,その経過と結果を報告いたします。まず,議案第1号,霧島市新川防災センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について報告いたします。執行部の説明では,今回の改正は,全市的な使用料及び手数料の見直しに伴い,本条例の所要の改正をしようとするものである。改正内容は,1つ,使用料は現行の時間区分を廃止し1時間当たりとしている。2つ目に,1時間当たりの単価が,待機室は公民館会議室と同一単価で,控室は公民館和室と同じ単価とした。ただし,厨房については最低限の炊事ができる施設であり,加工施設や公民館調理施設と同列に扱うことは適当でないことから,コスト計算に基づく独自の時間単価とした。3つ目に,冷暖房使用料は廃止した。施行期日については半年間の周知期間を置き,平成22年10月1日からとするとの説明でした。質疑の中で,「新川防災センターは公民館や集会所的な施設と理解してよいのか」の質疑に,「あくまでも避難所としての役割を持つものであるが,新川自治会や新川子ども会,あるいは選挙のときの投票所などに使用している」との答弁。「改正前には夜10時まで使用できるとあるが,改正後にはどうなるのか」の質疑には,「午後5時から10時まで使用できるが,後片付けなども含めてのその時間である」との答弁。「使用料について,誰がどこに納めるのか」との質疑には,「隼人地域振興課で納付書を作成して,指定金融機関の窓口で市民に納めてもらう」との答弁でした。そのほかにも質疑応答がありましたが,討論はなく,採決の結果,議案第1号は全会一致で可決すべきものと決定いたしました。次に,議案第3号,霧島市職員の勤務時間,休暇等に関する条例等の一部改正について報告いたします。執行部の説明では,国家公務員が平成21年7月1日から1週間の勤務時間が40時間から38時間45分に短縮されて,これに伴い,本市でも同様に38時間45分にすること及び,現在8時15分から8時30分までと12時から12時15分までの計30分ある有給の休息時間を廃止並びに1か月60時間を超える時間外勤務手当の割り増し率を改正しようとするものであるとの説明がありました。質疑の中で,「時間外勤務が月60時間を超えた場合の割り増し率を改正するとのことであるが,60時間を超える人がどのぐらいいるのか」の質疑には,1つ目に,「平成20年度の実績で月60時間を超える職員が延べ99名で実数61人である」との答弁。2つ目に,「100分の150に上げて,該当の25%を代休に振り替えることができるとあるが,代休に振り替えずに時間外手当としてもらうことができるのか」の質疑には,「基本的には代休をとってもらうが,もし代休がとれなかった場合には,時間外勤務手当の60時間を超えた分に100分の150で支払うことになる」との答弁。3つ目に,「今回賃金の単価が上がるわけだが,喫煙をする人も効率的な仕事をしないといけないのではないか」との質疑には,「時間単価も職員の給与単価も上がった。職員にはたばこを吸うなとは言えないが,常識の範囲内で行ってほしい。今後職員には通知をしておきたい」との答弁でした。このほかにも質疑はありましたが,討論はなく,採決の結果,議案第3号は全会一致で可決すべきものと決定いたしました。次に,議案第25号,霧島市西郷公園の設置及び管理に関する条例の一部改正について報告いたします。執行部の説明では,全市的な使用料の見直しに伴い,霧島市西郷公園の使用料の見直し並びに指定管理者の管理に関する規定を整備するため,本条例の所要の改正をしようとするものであるとのことでした。改正の概要としては,1つに,現行の使用区分を細分化し,単価は1時間当たりとしたこと。2つ目に,使用料については,コスト計算に基づいて単価を算出し,10m2当たり1時間当たりの単価としている。3つ目に,指定管理者の管理規定を加えている。4つ目に,平成22年10月1日付以後の使用に係る使用料について適用することとした。5つ目に,その他用語の整理をしたということでした。質疑の中で,「この敷地と展示の面積はどのぐらいか」には,「5,294m2で,和室が162m2,事務所が20m2,展示場が360m2である」との答弁。2つ目に,「物産館を造った経緯,設置目的は何だったのか」には,昭和63年に旧溝辺町で購入し,西郷公園を整備して10年程度町直営で運営していたが思わしくなかったため,平成8年に10年契約で昭和製菓に民間委託していたが,平成18年で契約が切れた後は1年ごとに契約をしていて,平成21年度実績で731万7,070円の売上げである」との答弁。「今回見直しをしたのは,指定管理者を念頭に入れてのことだと思うが」の質疑には,「今回の条例改正は指定管理者のためではなく,議論の中で指定管理者をしようとなったときのために追加したものである」との答弁でした。そのほかにいろいろと質疑が出されましたが,討論はなく,採決の結果,議案第25号は全会一致で可決すべきものと決定いたしました。次に,議案第28号,霧島市多目的ホールの設置及び管理に関する条例の一部改正について報告いたします。執行部の説明では,全市的な使用料の見直しに伴い条例を改正しようとするものであり,改正の概要は,1つ,時間の区分は変えずに1時間当たりの単価を2,200円としたこと。2つ目に,休日等の区分をなくしたこと。3つ目に,使用者が入場料を取る場合の区分と入場料の額が1,000円以下と1,000円を超える場合で分けたこと。4つ目に,平成22年10月1日以降の使用に係る使用料について適用することにしたこと。5つ目に,その他用語の整理をしたことであるとのことで,補足として,平成20年度の実績で使用した団体数が237団体,人数は2万5,107人で,収入の実績として基本料金と設備使用料を合わせて353万円であり,使用目的はピアノリサイタルや発表会,映画祭,研修会等に使っているとの説明でした。質疑の中で,1つ,「準備する時間は料金に加算されていないのか」の質疑には,「時間設定の中には,準備の時間,片付けの時間を含めたものを使用時間として利用者にはお願いしている」との答弁。2つ目に,「改正前には基本セットがあるが,改正後にはないがよいのか」との質疑には,「基本セットとは通常ついている照明関係のことで,ついてしかるべきもので,使用料の中に含むとしている」との答弁。3つ目に,「時間区分で12時から13時,17時から18時と1時間抜けているが」との質疑には,「片付けの時間や場合によっては延びるときもあるので,そのときのために予備時間を設けている」との答弁でした。そのほかにもいろいろな質疑が出されましたが,討論はなく,採決の結果,議案第28号は全会一致で可決すべきものと決定いたしました。次に,議案第46号,霧島市消防団横川方面隊拠点施設の設置及び管理に関する条例の全部改正について報告いたします。執行部の説明では,全市的な使用料の見直しが提案されたのを受け改正を行うもので,この3施設は,合併前に旧横川町が消防団詰所の建て替えを行うとき,地域住民が利用できる公民館的施設と併用できるように国庫補助を受け建設した建物である。施設は集会施設に隣接して消防団車両車庫も建設している。使用状況としては,消防団が優先的に活用している。何もないときは,地域住民の行事を入れ,施設の利用申請は横川総合支所地域振興課が窓口で受付を行っているとの説明でした。質疑の中で,1つ,「利用状況はどうか」との質疑には,「過去3年間の利用状況として,佐々木分団の赤水地区で利用件数11件のうち7件が免除で4件は使用料をとっている。横伏敷は利用件数8件のうち4件が免除である」との答弁。「利用件数と利用目的はどのようになっているか」との質疑には,「子ども会,親子会,敬老会,PTAなどがほとんど使用している。利用件数としては,山ヶ野の施設で平成19年度5件,平成20年度,佐々木分団で14件で免除9件,横伏敷地区で4件で免除件数3件,山ヶ野5件で免除がゼロ件である。平成21年度2月26日現在で,佐々木分団4件で免除4件,横伏敷5件で免除が2件,山ヶ野が2件で免除2件である。また,営利目的の利用はお断りしている」との答弁。3つ目に,「駐車場はあるのか」との質疑には,「20台前後は駐車できるように確保している」との答弁。4つ目に,「お金を取る場合の利用はどのようなものか」との質疑には,「地域の花見など飲酒を伴うものは使用料を取っている」との答弁でした。そのほかにもいろいろな質疑が出されましたが,討論はなく,採決の結果,議案第46号については全会一致で可決すべきものと決定しました。次に,議案第52号,辺地に係る公共的施設の総合整備計画について報告いたします。執行部の説明では,この議案は辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律第3条第1項の規定に基づき,国分川内の口輪野・永迫辺地において,市道・橋梁の整備をするため,公共的施設の総合的な整備に関する財政上の計画,いわゆる総合整備計画を定めることについて議会の議決を得ようとするものであり,この総合整備計画が議決されると,元利償還金の80%が普通交付税の基準財政需用額に算入される。辺地対策事業の起債が可能となり,計画の具体的内容として,全体的計画のうち長期総合整備計画として平成17年度から平成21年度までの5年間で測量設計や2級河川検校川に架かる(仮称)黒塚第二橋の整備を行っている。今回定めようとする第2期総合整備計画は,平成22年度から平成26年度までの5年間で,(仮称)黒塚第二橋の取付道路の整備や,市道瀬谷~岩崎山下線及び口輪野~永迫線の道路拡幅改良舗装工事を行う計画であり,延長2,000m,幅員7m,事業費2億7,110万円を予定しているとの説明でした。質疑の中で,「現在土台ができている橋梁は,どれぐらいで開通させる予定か」の質疑には,「橋梁については早期完成を目指し,現在発注している。上部(ケタ)については,12月中に完成させ,議案の承認があれば取付道路も年内の完成を目指す」との答弁。2つ目に,「辺地対策事業の対象地域は本市に何箇所あるか」の質疑には,「25か所ある」との答弁。「過疎債との違いは何か」との質疑には,「過疎債の場合は,事前に県と協議し,同意してはじめて議会に提案できるシステムになっている」との答弁。「この辺地度数の119点というのは低いのか,高いのか」との質疑には,「辺地度数が100点以上の場合が辺地となるので,一番高いのは265点で,場所は横川の十三谷という場所である」との答弁でした。そのほかにもいろいろな質疑が出されましたが,討論はなく,採決の結果,議案第52号は原案のとおり全会一致で可決すべきものと決定いたしました。以上で,議案第1号,議案第3号,議案第25号,議案第28号,議案第46号,議案第52号の6件の報告を終わります。 ○議長(池田 守君)  ただいま委員長の報告が終わりました。ただいまの委員長報告に対し,一括して質疑に入ります。質疑はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  質疑なしと認めます。これより議案処理に入ります。   △ 日程第1 議案第1号 霧島市新川防災センターの設置及び管理に関する条例の                一部改正について ○議長(池田 守君)  まず,議案第1号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第1号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第1号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第2 議案第3号 霧島市職員の勤務時間,休暇等に関する条例等の一部改                正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第3号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第3号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第3号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第3 議案第25号 霧島市西郷公園の設置及び管理に関する条例の一部改正                について ○議長(池田 守君)  次に,議案第25号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第25号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第25号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第4 議案第28号 霧島市多目的ホールの設置及び管理に関する条例の一部                改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第28号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第28号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第28号は原案のとおり可決されました。
      △ 日程第5 議案第46号 霧島市消防団横川方面隊拠点施設の設置及び管理に関す                る条例の全部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第46号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第46号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第46号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第6 議案第52号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画について ○議長(池田 守君)  次に,議案第52号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第52号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第52号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第7 議案第17号 霧島市総合福祉センターの設置及び管理に関する条例の                一部改正についてから     日程第11 議案第43号 霧島市ごみ処理手数料徴収条例の全部改正についてまで                一括上程 ○議長(池田 守君)  次に,日程第7,議案第17号,霧島市総合福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部改正についてから,日程第11,議案第43号,霧島市ごみ処理手数料徴収条例の全部改正についてまで,以上5件を一括し議題とします。この議案5件については,環境福祉常任委員会に付託となっておりましたので,委員長の報告を求めます。 ○環境福祉常任委員長(岡村一二三君)  去る3月2日の本会議で,当委員会に付託された議案第17号から議案第19号,議案第37号及び議案第43号の5件について審査が終了しましたので,その経過と結果について報告します。執行部から,今回の一連の改正については,昨年12月の定例市議会全員協議会で財政課から説明があったとおり,1番目に受益者負担の原則,2番目に類似施設の使用料の調整,3番目に算定方法の明確化,4番目に減額・免除制度の基準の統一,5番目に急激な負担増または減への配慮,6番目に定期的な見直しという基本的な考えに立ち,利用者の利便性に合致した時間設定による使用料設定に配慮することに伴う改正及び一部施設の開館時間の改正,併せて文言の整理などを行うものである。まず,議案第17号,霧島市総合福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部改正については,1点目が,国分総合福祉センターの使用料は,これまで使用時間当たりの使用料金設定をしていたが,1時間当たりの使用料とすること並びに無料であった浴室の使用料を市営の類似施設に準じ100円とすること。2点目が,隼人総合福祉センターの使用料の冷暖房装置使用料を廃止すること。3点目が,本則第6条第4項において規定していた市民以外の使用者の使用料に関する事項を削り,別表の備考に規定する改正である。なお,今回の改正で,国分総合福祉センターは食品加工室及び浴室を除き使用料は引き下げとなり,隼人総合福祉センターは全室使用料の引き下げになるとの説明。審査の中で出た主な質疑・答弁の要旨は,「保健福祉部所管に係る4件の使用料等の改正があるが,今回の使用料改正に伴う使用料収入の変化は」との質疑には,「平成19年度の使用実績から今回の改正された場合の使用料についてのシミュレーションは,国分総合福祉センターはおおむね約7万6,000円の年間使用料の減,隼人総合福祉センターは使用件数が少ないため約1,000円の減,霧島保健福祉センターは約2万円の減,牧園老人福祉センターは約5万1,000円の増,霧島の通称神乃湯は約202万2,000円の増,溝辺ふれあい温泉センターは約221万3,000円の増,横川健康温泉センターは約182万7,000円の増と,人件費,年間の光熱水費等をもろもろコスト計算した後の結果である」との答弁。そのほか質疑がありました。採決の結果,議案第17号については,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定しました。次に,議案第18号,霧島市老人福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について報告します。執行部より,今回の改正の内容は,牧園老人福祉センターの開館時間を現行の午前9時から午後10時までを市の総合福祉センター等の開館時間に合わせ,午前8時30分から午後5時までに改正すること,集会室などの使用料金の改正及び字句の改正である。なお,改正により,高齢者など以外の集会室の使用料及び浴室使用料が引き上げ,和室及びその他の部屋使用料は引き下げ及び同額になるとの説明。審査の中で出た主な質疑・答弁の要旨は,「午後5時から午後10時までのこれまでの利用者件数は」との質疑には,「21年度夜間の集会室利用者は1団体20名,会議室は使われていない。20年度夜間の集会室利用者数は1,385名,会議室利用者数は17名」との答弁。「今回の改正で浴室使用料は高齢者などが引き上げになり,大人も子どももそれぞれ引き上げになっているが,ほかの施設と整合性を図るために改正したのか」との質疑には,「高齢者の100円については国分総合プール内にあるふれあい温泉センターの100円というのを目安に100円とした。大人・子ども料金はこれまで150円と80円だったが,お湯の温度が低いということで,ガスボイラーによる加温を行うので,加温料金を見込んで今回の料金設定をした」との答弁。そのほか質疑がありました。採決の結果,議案第18号については,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定しました。次に,議案第19号,霧島市霧島保健福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について報告します。執行部より,今回の改正の内容は,これまで霧島保健福祉センターは,使用する部屋を特定せずに,使用時間帯当たりの使用料設定をしていたが,今回使用する部屋ごとに1時間当たりの使用料設定をすること及び1時間当たりの冷暖房費を廃止することである。なお,今回の改正により栄養指導室ほかすべての部屋の使用料が引き下げになるとの説明。審査の中で出た主な質疑・答弁の要旨は,「施設利用時間の変更は」との質疑に,「利用時間の変更はない。改正案は午前・午後に関係なく基本使用料1時間と設定した」との答弁。採決の結果,議案第19号については,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定しました。次に,議案第37号,霧島市温泉センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について報告します。執行部より,今回の改正の内容は,溝辺,横川及び霧島の温泉センターの使用料を徴収する施設のうち浴室を除く施設について別表の順番に並べ替え,まとめて一つの号に規定すること及び各温泉センターの浴室などの使用料の改正である。今回の改正により,全温泉センターの一般浴室の1回当たり使用料は20%引き上げ,家族浴室の1時間当たりの使用料は20%引き下げになる。改正案の別表3のとおり,市民をはじめ,より多くの人に利用してもらうために大人の場合,溝辺ふれあい温泉センターは,これまで12枚つづりの回数券2,000円のみであったが,今回12枚つづり回数券2,400円,25枚つづり回数券を4,800円に,横川温泉センターは,これまで11枚つづり回数券2,000円と24枚つづり回数券4,000円であったが,改正で12枚つづり回数券2,400円,25枚つづり回数券を4,800円に,霧島温泉健康増進交流センターは,これまで11枚つづり回数券3,000円のみであったが,改正で12枚つづり回数券3,600円,25枚つづり回数券7,200円にそれぞれお得な使用料金設定としたとの説明。審査の中で出た主な質疑・答弁の要旨は,「今回の改正案は一般浴室の1回当たりの使用料を20%引き上げ,家族浴室の使用料を20%引き下げ,年間約200万円くらいずつそれぞれ使用料負担増益を見込んでいるとのこと,家族湯を下げるというのが,どういう発想からそのようになったのか」との質疑に,「財政課で今回計算した各部屋ごとの面積,維持管理に係る費用などを計算して算出した使用料に基づくものであり,一般浴室をいくらに,家族湯をその分引き下げるという発想でしたものではない」との答弁。「溝辺,横川の家族湯は140円安くなっている。神乃湯は160円安くなっている。溝辺,横川の大人1回当たりの料金は240円,神乃湯は360円ということだが,その理由は」との質疑には,「霧島の神乃湯については近隣に民間の温泉施設があるということから,民業圧迫ということも考慮され,当初300円という料金設定が行われたと聞いている。その際の基準になったのは,各都道府県の公衆浴場料金の上限,当時300円だったと聞いている。溝辺,横川は近隣に民間の温泉施設がない関係で200円という料金設定がなされたのではないかと思われる」との答弁。「20%引き上げについては,不景気の中で時期的に見てどうだったのか,負担増になった部分を市民へ還元しようと考えているのか」との質疑に,「コスト計算に基づく使用料については,確かに1回の浴室使用料は20%各施設とも上がったが,それに対応する形で新たに3施設とも回数券を12枚つづりと25枚つづりを,よりお得な利用料金設定とし,回数券25枚の場合は20%割引ということになり,実質的には従前の料金と変わらないという考えもあり,複数の回数券を購入することで,温泉の利用促進につながるのではと考え,算定した」との答弁。「試算されたのは,回数券を利用しないで1回当たりの負担利用者が多いと見込んでのプラス増収となっていると思われるが,増収分は従来の人数が確保されてのことと考えるが,引き上げによる入浴客の減少など,どのようにとらえているのか」との質疑には,「19年度の数字を使い1つのルールに基づき試算したので,今後実績などを見ながら予算などの検討あるいは見直しをしていかなければならない場合も出てくるのではと思っている」との答弁。そのほか質疑がありました。質疑が終わり,討論に入ったところ,本件条例について,委員会の質疑・答弁の中で幾つかのことが明らかになった。まず第一に,温泉センターの一般入浴料金について一律20%の引き上げが行われるという点について,溝辺ふれあい温泉センター,横川健康温泉センター,霧島温泉健康増進交流センターの3施設合計で,平成19年度の決算の実績をもとにした試算でも,執行部の回答では606万2,000円の負担増となる回答がなされた。本件一部改正案に反対の大きな理由は,一律に値上げを行っているという点であり,特に溝辺,横川のセンターよりも一般入浴料が5割も高い霧島温泉健康増進交流センター神乃湯の料金についても,近隣に民間の温泉浴場があるということが理由にされているが,それであっても一律に20%を付加させるという点については納得できない。今回の改定で,溝辺,横川のセンターでは,240円で入れる温泉入浴料金が360円と1.5倍も高くなることになり,価格差が地域の実情を加味したとしても大きすぎる。合併効果という意味では逆行するのではないかという点を指摘しておくとの原案に対する反対討論がありました。討論が終わり,採決したところ,議案第37号については,賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定しました。次に,議案第43号,霧島市ごみ処理手数料徴収条例の全部改正について報告します。執行部より,本案は,市民が霧島市敷根清掃センターへ直接ごみを持ち込む場合,これまで投入手数料を徴収していたが,今回全部改正し,伊佐北姶良環境管理組合へ搬入している牧園・横川地区の住民と同じ額の手数料に合わせるものであるとの説明。審査の中で出た主な質疑・答弁の要旨は,「事業系,個人持込,それぞれ高くなると理解するが,改正に伴う年間使用料の試算は」との質疑に,「21年10月の資料に基づくと,持ち込み30kg以下は47%,100kg以下は86%の方々,その差の39%の方々が今回の改正で徴収の対象になると考えている。今回の改正施行は10月1日としているので,6,000円から8,000円に引き上げたことにより,半年間で1,373万円の増額になると試算している」との答弁。「一般の家庭からごみを出す14%の人しか今までは使用料支払いはなかったということになるが,その人たちの39%が新たな負担ということにつながるが,全体の持込総量の100kg以下はどのようになっているのか」との質疑には,「平成20年度の実績で個人持込が3万642件あり,86%無料となる件数が2万6,350件ぐらいになる」との答弁。「伊佐北姶良の使用料に合わせるとの冒頭説明だが,合併で安いほうに調整するというのが基本方針だったが,この基本方針はいつ撤廃したのか。横暴すぎるのではと思う。主管課と管理者の協議の背景の説明を求める」との質疑に,「敷根清掃センターに搬入されるごみは3万6,000tくらい来る。その処理経費が10億4,100万円,10kg289円となり,ある程度負担をということから見直しとなった。管理者などにも相談し,公平・公正な負担をしてもらおうということになった。平成17年11月の合併当初から不公平感があると検討してきたが,それも社会情勢が悪いというようなことで先送りしてきた経緯もあるが,今回使用料金などの見直しがあることから,清掃センターも見直しということになった」との答弁。「合併前は安いところに調整するということが基本方針であった。その当時から調整をするということでしたと言えば,その原理原則を無視したことになる。ここまで努力をしてきたが,どうしてもこれだけ負担していただきたいということなら理解できるが,今回数多くの条例改正案が提案されているが,努力に努力を重ねたがここまでアップしなければならないという条例の提案なのか疑問」との質疑に,「通常の手数料はご指摘のとおりである。今一番悩んでいるのがごみの減量化である。この投入手数料を未来館と合わせること。これは自治法でも言っているが,他市と合わせること。これは原則。だけれども,私どもはまずごみを減らそうと。他方では生ごみの分別を去年からモデル地区でしてきた。本年から各地区6か所だから,去年にプラスして7か所をつくろうとしている。最終的に何を言おうかとしているかというと,今の個人の方々がコミュニティの中のステーションにごみを出されれば全くタダです。ここを私どもが手数料をそろえながら進めていくのが,ごみに対する役所の役割なのかなと考えています」との答弁。「先ほどの答弁で,一般ごみについてはステーションに出してもらうのはタダという説明。タダじゃない,それぞれ指定ごみの袋に入れて,あるいは資源ごみを出すにしても紙ひもとか買って出している。タダではないということを確認しておきたい。ごみを減らそうという発想からいくと,例えば指定ごみ袋はどれぐらいのごみになっているのかということも検討しないといけない話になってくるだろうし,スーパーなどのポリ袋の見直しもごみを減らすための対策ということになる。指定ごみ袋を使うために市民はいくらお金を出していて,その量はどれぐらいになっているのか」との質疑には,「可燃ごみ袋の平成20年度に売れた分の重さで144t,枚数にして522万7,620枚,ごみ袋の実際の販売価格は,大が21円,中が18円,小が13円で,1億294万2,610円ということになる」との答弁。そのほか数多くの質疑・答弁がありました。質疑終了後,議案第43号,霧島市ごみ処理手数料徴収条例の全部改正について,討論に入り,原案に対する2名の反対討論がありました。「今回,霧島市ごみ処理手数料徴収条例が全部改正されるという議案が提出されている。今回の手数料引き上げの最も大きな理由は,伊佐北姶良管理組合が運営する未来館への搬入手数料と料金の統一を図るということが大きな理由である。議論の中でも明らかにされたところであるが,不況の中で市民の暮らしを考えた対応ではないということを指摘する。これまで敷根清掃センターに搬入される一般ごみについては,100kgまで無料であったものを今回30kgまでに縮減して負担の強化を図ろうとするものである。既に市民はごみ処理に使う指定袋のために,年間1億294万円の費用を出していることも明らかになった。これ以上の負担の強化を今の経済情勢の厳しい中で求めるべきではない。」「現在の個人持込ごみは100kgまで無料であり,改正案で40kgから新たな料金が設定され,市民の負担が多くなる。この件で市民へ対する説明会などが開かれたのか,周知も十分でないまま条例改正が行われることには疑問がある。伊佐北姶良環境管理組合へ合わせて,同じ額の手数料にするということだけでは説明がつかない。個人持込の料金体系を現状どおり100kgまで無料とするべきである。事業系についてはこのような料金体系で,越境のごみ対策につながると思うのでこの件については賛成だが,総体として反対である」などの原案に対する反対討論がありました。討論が終わり,採決したところ,議案第43号については,賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定しました。以上で,議案5件の報告を終わります。 ○議長(池田 守君)  ただいま委員長の報告が終わりました。ただいまの委員長報告に対し,一括して質疑に入ります。質疑はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  質疑なしと認めます。これより議案処理に入ります。   △ 日程第7 議案第17号 霧島市総合福祉センターの設置及び管理に関する条例の                一部改正について ○議長(池田 守君)  まず,議案第17号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第17号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第17号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第8 議案第18号 霧島市老人福祉センターの設置及び管理に関する条例の                一部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第18号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第18号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第18号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第9 議案第19号 霧島市霧島保健福祉センターの設置及び管理に関する条                例の一部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第19号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第19号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第19号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第10 議案第37号 霧島市温泉センターの設置及び管理に関する条例の一部                改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第37号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第37号について,委員長の報告のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。                   [賛成者起立]  総数32名,起立者28名,起立多数であります。したがって,議案第37号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第11 議案第43号 霧島市ごみ処理手数料徴収条例の全部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第43号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第43号について,委員長の報告のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。                   [賛成者起立]  総数32名,起立者28名,起立多数であります。したがって,議案第43号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第12 議案第4号 霧島市非常勤の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の                一部改正についてから     日程第45 議案第50号 霧島市塩浸温泉龍馬公園の設置及び管理に関する条例の                制定についてまで一括上程 ○議長(池田 守君)  次に,日程第12,議案第4号,霧島市非常勤の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてから,日程第45,議案第50号,霧島市塩浸温泉龍馬公園の設置及び管理に関する条例の制定についてまで,以上34件を一括し議題とします。この議案34件については,産業教育常任委員会に付託となっておりましたので,委員長の報告を求めます。 ○産業教育常任委員長(脇元 操君)  去る3月2日に当委員会に付託されました議案34件について審査が終了いたしましたので,その経過と結果について報告を申し上げます。まず,議案第32号から34号,48号及び49号について一括して審査し,農林水産部の説明では,議案第32号は,霧島市公設地方卸売市場の使用料の見直しを行うものである。近年の青果物の流通形態が市場経由から農産物直売所,大型スーパーの地場産コーナー及び生産農家との直接契約,インターネット販売などで多様化になっております。生産農家の市場への持込量の減少や大型店舗の進出により,小売業者の廃業による仲買人の減少など,市場を取り巻く環境は大きく変化した結果,取扱額が減少し,市場自体の存続が危惧される厳しい状況にある。そこで,平成21年度市場建設費償還が終了したことに伴い,使用料の大幅な見直しを行うことにより,市場の健全経営による市内農産物の流通安定を図るために本条例の所要の改正をするものである。また,議案第33号,34号,48号,49号については,全市的な使用料の見直しに伴い,所管の施設の使用料を改定し,類似施設に関する条例を統廃合することを目的とするものであるとの説明。主な質疑では,「市場の使用料については,使用料を設定すると同時に移転とか改修の話が合併前から出ていたが,そのような意見は出なかったか」との質疑に,「卸売業者のほうから,非常に運営が厳しいということで市場の使用料の減免,減額についての要望があり,それに対して検討したということである。移転や改修については,今回は検討していない」との答弁。「大幅な使用料の減免とあるが,今回改定したらいくらになるか」との質疑に,使用料は月額107万円であり,21年度は20%の減免をしており,減免額は約21万4,000円となる」との答弁。「市場の売上げはピーク時と比べてどうか」との質疑に,「ピーク時は21億を超える売上げがあったが,現状は14億円を確保できるかどうかということである」との答弁。「加工施設の備品の購入については,年次的な計画を立てて購入してもらいたいがどうか」との質疑に,「器具関係も大分老朽化しており,現在施設の備品調査を行っているので,計画を立てて買い替えていきたい」との答弁。その他質疑がありました。次に,議案第26号,27号,31号,36号,38号について一括して審査し,商工観光部の説明では,今回の改正は,公の施設に関する使用料の見直し方針及び改定基準に基づいたものであり,受益者負担の原則や原価に負担割合を乗じ減免率を乗じた計算方式による使用料の再計算,類似施設の使用料の調整などにより使用料の見直しをするものであると説明。主なる質疑では,「丸岡公園の利用者数はどのぐらいか」との質疑に,「平成19年度が2,937名,平成20年度が4,405名,平成21年度が1月末現在で3,234名である」との答弁。「丸岡会館と隣接している食堂は別か」との質疑に,「一緒である」との答弁。「国民保養センターの現在の利用者はいくらか」との質疑に,「20年度は1万5,326人の利用者がいて,ほとんどが近辺の方である」との答弁。その他質疑がありました。次に,議案第50号について審査し,商工観光部の説明では,自然環境及び歴史的風土を生かした公園施設を効率的に活用することにより,観光及び産業の振興並びに地域活性化を図るために,施設をする塩浸温泉龍馬公園について必要な事項を定めるため本条例を制定しようとするものであるとの説明。主なる質疑では,「資料館の額はどういう計算方法で設定されたのか」との質疑に,「いろいろなイベントや特別展等を考えており,最初のオープン時は『龍馬伝』で着た着物や資料を展示する予定であり,300円を考えている」との答弁。「塩浸温泉龍馬公園の名前は地域の方々と相談されて決めたのか」との質疑に,「まず商工観光部内で考え,市長からの意見をもらい,龍馬会や地域の代表者の方々に聞いた上で決めた」との答弁。「年末年始もお客さんは多いと思うが,年中無休は考えられないか」との質疑に,「来年の3月31日までは年中無休の方向である」との答弁。その他質疑がありました。次に,議案第45号について審査し,商工観光部の説明では,農村地域工業等導入促進法の規定に基づく固定資産税の課税免除に対する地方交付税の税収補てん措置の期限到来後も,市独自の減免措置を行うに当たり用語の整理を行うため,本条例の全部改正をするものであるとの説明。質疑では,「工業開発促進条例の農工法に基づき造成された工業団地の部分が適用を受けなくなるということで,市独自での固定資産税の減免の部分と試験研究設備に対する固定資産税の不均一課税の部分を市の単独でするということだが,市独自での固定資産税の減免の部分と試験研究設備に対する固定資産税の不均一課税の部分の対象業種は,農工法に基づき造成された工業団地の部分の対象業種からすれば非常に少ないが,対象業種自体は広げるのか」との質疑に,「農工法に基づき造成された工業団地の部分については,製造業,流通業施設,いわゆる道路貨物運送業,倉庫業,こん包業及び卸売業ということで,農工地区内のみの対象業種であったが,今回減収補てんが切れるということで,農工地区の適用地区以外でもこのような業種を独自でみるということである」との答弁。ほかに質疑はありませんでした。次に,議案第4号から16号,議案第21号から24号,29号,30号,39号,42号及び44号までの以上22点について一括して審査し,教育部の説明では,公の施設の設置管理条例の一部改正議案を22件提案しており,そのほとんどは使用料の額改定によるものである。それ以外については,まず議案第4号は,隼人地域各地区の条例公民館の館長のみを非常勤職員として規定していたものをほかの地区の条例公民館と整合性を図るため,非常勤職員としての位置付けを廃止しようとするものである。次に,議案第7号は,牧園青少年の家が一定の目的を達成し終えたとの理由から,その機能を廃止するため,当該条例から同施設の名称を除こうとするものであるとの説明。主なる質疑では,「永水小学校の照明料は100分の50を乗じて得た額とすることとなっているが根拠は何か」との質疑に,「既存の小学校の夜間照明の基数により半分程度の照明しか設置されていないので,料金設定も半分という形をとっている」との答弁。「福山中央地区の多目的研修施設の利用者数はどの程度か」との質疑に,「多目的施設の会議室の利用はほとんどない。体育館のほうは利用している」との答弁。「今回は減免に対する変更はなかったのか」との質疑に,「教育部においては減免の規定の部分を規則にうたい込み,同じように,キャンセル等の部分についても規則の中でうたうようにしている」との答弁。「プールの水は,水道水か」との質疑に,「温水と真水のところがあり,施設によって異なる」との答弁。「隼人地区共同利用施設について,新たに窯に何ができたのか」との質疑に,「平成20年度に新たに陶芸用の窯を設置しており,それに伴う窯の使用料ということである」との答弁。「窯の使用について,陶芸教室などがあると思うが減免はあるのか」との質疑に,「平成21年度は公民館講座で使用しているということで使用料は発生していない。仕上げの乾燥時間が十五,六時間かかるが,使用料は最高10時間と設定した」との答弁。「郷土館のような施設が何か所あるか。また,それを統合する考えはないか」との質疑に,「霧島市に5館あり,郷土館等のあり方研究会で統合できないのか協議を行ったが,それぞれの地区にあっての郷土館であるという意見が強かったことから,当面はその5館で運営していこうと考えている」との答弁。以上,慎重に審査し,討論はなく,採決した結果,審査した議案34件については全会一致で原案のとおり可決するものと決定いたしました。最後に,委員長報告に付け加える点として,「施設の内容によって温泉の入浴料に差をつけるのはどうかと思うので,今後平準化ということを考え統一を図るようにしていただきたい」との意見や,「利用頻度の低い施設については,廃止も含めて今後検討すべきではないか」との意見,また,「市場においては経営改善計画の策定を業者に指示したということで,そこの委託業者は大同青果であるが,農協もその協議の中に入れて,それなりの責任をとって市場が安定するような経営に向かうサポートをすべきである」との意見がありましたことを申し上げ,以上で報告を終わります。 ○議長(池田 守君)  ただいま委員長の報告が終わりました。ただいまの委員長報告に対し,一括して質疑に入ります。質疑はありませんか。 ○33番(宮内 博君)  委員長に,2点についてお尋ねをしたいと思います。まず,議案第16号の関係でございます。これは,市立郷土館の設置及び管理に関する条例でございますけれども,今回改定をしようとしている部分を見させていただきますと,いわゆる小中学生,高校生の入館料について20%の引き上げがなされるということになっております。旧条例を見てみますと,一般の普通入館料100円でございますけれども,今回改定の対象の比較表の中にはございませんけれども,その点についてはどのような議論がなされたのかという点について,まず1つお尋ねをしておきたいというふうに思います。次に,議案第45号の工業開発促進条例の全部改正の件についてでございますけれども,この中に減免規定が盛り込まれてございます。その中で,いわゆる固定資産税などの減免措置になる財産等の取得金額,償却資産等の取得金額が2,500万円を超えるもの,あるいは3,000万円を超えるものという規定がございます。同時に,新規に雇用される方の雇用者の数が16人以上でなければ対象にならないと,こういう規定がなされているわけです。いわゆる5人でも10人でも新規の雇用者がある場合には,一定額の助成をするなどの,いわゆる雇用促進のための支援という形でこれが議論がされなかったのかどうか。この点についてご回答をお願いしたいと思います。 ○産業教育常任委員長(脇元 操君)  1問目,2問目,宮内議員からのご質問でございますが,本委員会においては一切そのような意見も出ませんし,全会一致を決めたわけでございます。 ○33番(宮内 博君)  一切されてないというふうに報告されれば,それ以上本当なのかどうかという検証ができないんですが,少なくとも議事録などはそういう形で一切見当たらないという話ですかね。
    ○産業教育常任委員長(脇元 操君)  ただいま報告したとおり,慎重審議いたしました。したがって,返すようですが,全会一致をいたしたわけでございます。 ○議長(池田 守君)  よろしいですか。ほかにありませんか。 ○17番(植山利博君)  それでは,私も委員長に議案第4号について3点ほどお尋ねをしたいと思っております。議案第4号は,条例公民館の自治会長を非常勤の職員として条例公民館長として位置付けているわけですが,今回それを廃止して,他の旧1市5町,霧島市のほかの条例公民館との整合性をとるということで主管課長を館長とするという条例改正であるわけですけれども。この改正の目的といいますか,この改正によって187万2,000円ほどの報酬の支出が削減されるわけですけれども,そういうための措置であったのか,そういう議論はなされなかったのかがまず1点。それから,この条例改正に至るに当たって,公民館運営審議会や,もしくは地域審議会などでこの条例改正について議論がなされたものなのか,委員会の中で議論がなされたかお尋ねします。最後に,霧島市全体の整合性をとるということで条例改正をしようとするわけですけれども,この条例改正をして今後霧島市の公民館活動のビジョンといいますか,どのような方向に住民自治それから社会教育の観点からどういう形に持っていこうとしているのか。そういうような議論があったのか。この3点をお尋ねしたいと思います。 ○産業教育常任委員長(脇元 操君)  植山議員から3点についてお尋ねがございました。当委員会としては,それこそ慎重審議に至りまして,全市的な総合性と整合性を持ってやるということでございますので,それ以外何ら意見もございませんでした。 ○議長(池田 守君)  よろしいですか。ほかに。 ○21番(岡村一二三君)  私は議案第50号,霧島市塩浸温泉龍馬公園の設置及び管理に関する条例の制定の件について委員長にお尋ねしたいわけですが,この龍馬公園は民間の畑を市が借り受けて駐車場としているわけですが,委員会で駐車料金と畑の借り上げ料金などの取り扱いについての議論はなかったものなのかどうか,お尋ねしておきます。 ○産業教育常任委員長(脇元 操君)  今のご意見には,当委員会としてはそのような意見は出ませんでした。 ○30番(前川原正人君)  1点だけお聞きをしておきたいと思います。議案第42号の霧島市福山プールの設置及び管理に関する条例の一部改正について,この新旧対照表を見てみますと,専用使用料が1時間当たり15人以上の団体に限るとして,これが大幅に,大体率にして43.75%の値上げ,そして一部の専用使用で1時間当たりの使用料が210円,5名以上の団体に限るというものが,これも大幅に52.5%の値上げになっているわけですけれども,このような大幅な値上げにするという一番の大きな理由について議論はなかったのか,お聞きをしておきたいと思います。 ○産業教育常任委員長(脇元 操君)  ただいまの質疑でございますが,当委員会としてはそのような意見も全くございませんでした。いろいろ検討いたしましたけど,いろんな議論がありました。しかし,採決の結果,全会一致ということでございます。 ○議長(池田 守君)  ほかにありませんか。 ○7番(松元 深君)  議案第5号,霧島市立学校施設使用条例の一部改正についてお伺いいたします。減免についての議論があったのか,また,なされたとしたらその内容はどうであったか,それと議案第10号,霧島市営プールの設置及び管理に関する条例の一部改正についても,減免についての議論がなされたか,またなされたとしたらどのような議論がなされたか質問いたします。 ○産業教育常任委員長(脇元 操君)  ただいまの質疑にお答えいたします。当委員会といたしましては,最善の審議をいたしました。したがって,そのようなことはございませんで,全会一致で見たわけでございます。 ○14番(仮屋国治君)  しばらくご休憩をいただきたいと思います。質疑に対する答弁がかみ合ってないように存じますので,討論部分のところの委員会としての採決のところだけ答弁がなされておるようでございますので,よろしくお取り計らいを願いたいと思います。 ○議長(池田 守君)  しばらく休憩いたします。                「休憩  午前11時21分」                ──────────────                「再開  午後 1時00分」 ○議長(池田 守君)  休憩前に引き続き会議を開きます。 ○産業教育常任委員長(脇元 操君)  先ほどの各議員の質疑に対して,本当に失礼申し上げました。委員会を開きまして,議事録を精査しまして,各議員の質疑にお答えいたします。初めに,岡村議員の龍馬公園の畑の借上料と駐車場については,今回は議論はありませんでした。引き続きまして,前川原議員の議案第42号の専用使用について,今回議論はありませんでした。松元議員の議案第5号,第10号についての減免については,今まで減免申請書を書いてもらっていたが,この部分を省くものであるとのことでした。引き続きまして,宮内議員の議案第16号,霧島市立郷土館等の設置及び管理に関する条例の一部改正については,当局の説明では,新旧対照表55ページで入館料の見直しについて市内に5館ある施設の入館料を,これまでの区分ごとに小中高生50円を60円に,大学生,一般100円を120円に引き上げ,12以上の団体については40円を50円に,80円を100円にそれぞれ引き上げたとの説明でありました。議案第45号,霧島市工業開発促進条例の全部改正の16人以下についての助成については,議論がありませんでした。 ○議長(池田 守君)  ほかに質疑はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  質疑なしと認めます。これより議案処理に入ります。   △ 日程第12 議案第4号 霧島市非常勤の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の                一部改正について ○議長(池田 守君)  まず,議案第4号について討論に入ります。討論はありませんか。 ○17番(植山利博君)  私は,議案第4号,霧島市非常勤の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について,反対の立場で討論をいたします。本案は隼人の8地区の公民館長を非常勤の住民代表として自治館長を館長としていたものでありますが,これを主管課長を館長としようとする条例改正であります。この条例改正について公民館運営協議会,もしくは地域審議会等などで,または公民館連絡協議会などで深く議論がなされた経緯が伺われないこと,このことはまさに住民自治の根幹にかかわるものであり,容認できるものではありません。公民館の設置及び運営に関する基準の第7条で,公民館の設置は社会教育法第29条第1項に規定する公民館運営審議会を置くなどの方法により,地域の実情に応じ,地域住民の意向を適切に反映した公民館の運営がなされるべきであるとうたっております。今回の条例改正は,まさに,このことに逆行するものであります。今回の条例改正で,月額1万9,500円の報酬のカット,12か月で23万4,000円,8公民館で年間187万2,000円の財政支出が減額されることになりますけれども,これで得る財政健全化のメリットよりも,これで失う住民自治の理念のほうが私は大きいと思っております。今後は,地方分権,地方主権を実現するためには,地域住民の自主的な活動に裏打ちされた公民館活動が求められております。社会教育法第20条の目的を達成するために,第24条の規定で設置をされている条例公民館は,住民自治のシンボルと言うべきものであると考えております。この2点の理由で,今回の条例改正には反対をするものであります。市長がマニフェストに掲げられています「開かれた市政」,「市民とともに共生共働,共助の社会を形成する」といううたい文句が,まさに形骸化すると言わざるを得ません。以上で,私の本案に対する反対理由を述べて,反対討論といたします。議員諸兄のご協賛を心からお願いいたします。 ○議長(池田 守君)  ほかにありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  これで討論を終わります。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第4号について,委員長の報告のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。                   [賛成者起立]  総数32名,起立者25名,起立多数であります。したがって,議案第4号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第13 議案第5号 霧島市立学校施設使用条例の一部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第5号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第5号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第5号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第14 議案第6号 霧島市立公民館の設置及び管理に関する条例の一部改正                について ○議長(池田 守君)  次に,議案第6号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第6号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第6号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第15 議案第7号 霧島市青少年の家設置及び管理に関する条例の一部改正                について ○議長(池田 守君)  次に,議案第7号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第7号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第7号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第16 議案第8号 霧島市いきいき国分交流センターの設置及び管理に関す                る条例の一部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第8号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第8号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第8号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第17 議案第9号 霧島市営体育施設の設置及び管理に関する条例の一部改                正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第9号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第9号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。
                   [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第9号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第18 議案第10号 霧島市営プールの設置及び管理に関する条例の一部改正                について ○議長(池田 守君)  次に,議案第10号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第10号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第10号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第19 議案第11号 霧島市国分児童体育館の設置及び管理に関する条例の一                部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第11号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第11号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第11号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第20 議案第12号 霧島市牧園B&G海洋センターの設置及び管理に関する                条例の一部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第12号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第12号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第12号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第21 議案第13号 霧島市牧園町地区運動場の設置及び管理に関する条例の                一部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第13号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第13号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第13号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第22 議案第14号 サン・あもりの設置及び管理に関する条例の一部改正に                ついて ○議長(池田 守君)  次に,議案第14号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第14号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第14号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第23 議案第15号 霧島市福山町地区体育館の設置及び管理に関する条例の                一部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第15号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第15号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第15号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第24 議案第16号 霧島市立郷土館等の設置及び管理に関する条例の一部改                正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第16号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第16号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議あり」と言う声あり]  異議がありますので,賛成の方の起立を求めます。                   [賛成者起立]  総数32名,起立者30名,起立多数であります。したがって,議案第16号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第25 議案第21号 霧島市民会館の設置及び管理に関する条例の一部改正に                ついて ○議長(池田 守君)  次に,議案第21号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第21号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第21号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第26 議案第22号 霧島市国分中央地区共同利用施設の設置及び管理に関す                る条例の一部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第22号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第22号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第22号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第27 議案第23号 霧島市隼人地区共同利用施設の設置及び管理に関する条                例の一部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第23号について討論に入ります。討論はありませんか。
                    [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第23号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第23号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第28 議案第24号 霧島市溝辺コミュニティセンターの設置及び管理に関す                る条例の一部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第24号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第24号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第24号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第29 議案第26号 霧島市丸岡会館の設置及び管理に関する条例の一部改正                について ○議長(池田 守君)  次に,議案第26号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第26号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第26号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第30 議案第27号 霧島市働く婦人の家の設置及び管理に関する条例の一部                改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第27号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第27号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第27号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第31 議案第29号 霧島市溝辺多目的交流施設上床どーむの設置及び管理に                関する条例の一部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第29号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第29号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第29号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第32 議案第30号 霧島市福山中央地区多目的研修施設の設置及び管理に関                する条例の一部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第30号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第30号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第30号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第33 議案第31号 霧島市浜之市ふれあいセンターの設置及び管理に関する                条例の一部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第31号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第31号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第31号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第34 議案第32号 霧島市公設地方卸売市場の設置及び管理に関する条例の                一部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第32号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第32号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第32号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第35 議案第33号 霧島緑の村の設置及び管理に関する条例の一部改正につ                いて ○議長(池田 守君)  次に,議案第33号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第33号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議あり」と言う声あり]  異議がありますので,賛成の方の起立を求めます。                   [賛成者起立]  総数31名,起立者28名,起立多数であります。したがって,議案第33号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第36 議案第34号 霧島市国分川原地区加工貯蔵施設の設置及び管理に関す                る条例の一部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第34号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第34号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第34号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第37 議案第36号 霧島市横川勤労者技術研修館の設置及び管理に関する条                例の一部改正について
    ○議長(池田 守君)  次に,議案第36号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第36号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第36号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第38 議案第38号 霧島市隼人国民保養センターの設置及び管理に関する条                例の一部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第38号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第38号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議あり」と言う声あり]  異議がありますので,賛成の方の起立を求めます。                   [賛成者起立]  総数32名,起立者30名,起立多数であります。したがって,議案第38号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第39 議案第39号 霧島市都市公園条例の一部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第39号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第39号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第39号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第40 議案第42号 霧島市福山プールの設置及び管理に関する条例の一部改                正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第42号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第42号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議あり」と言う声あり]  異議がありますので,賛成の方の起立を求めます。                   [賛成者起立]  総数32名,起立者30名,起立多数であります。したがって,議案第42号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第41 議案第44号 霧島市隼人農村環境改善センターの設置及び管理に関す                る条例の全部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第44号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第44号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第44号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第42 議案第45号 霧島市工業開発促進条例の全部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第45号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第45号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議あり」と言う声あり]  異議がありますので,賛成の方の起立を求めます。                   [賛成者起立]  総数32名,起立者30名,起立多数であります。したがって,議案第45号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第43 議案第48号 霧島市農産物加工施設等の設置及び管理に関する条例の                制定について ○議長(池田 守君)  次に,議案第48号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第48号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第48号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第44 議案第49号 霧島市森林公園等の設置及び管理に関する条例の制定に                ついて ○議長(池田 守君)  次に,議案第49号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第49号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第49号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第45 議案第50号 霧島市塩浸温泉龍馬公園の設置及び管理に関する条例の                制定について ○議長(池田 守君)  次に,議案第50号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第50号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議あり」と言う声あり]  異議がありますので,賛成の方の起立を求めます。                   [賛成者起立]  総数32名,起立者29名,起立多数であります。したがって,議案第50号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第46 議案第40号 霧島市営住宅の設置及び管理に関する条例及び霧島市営                単独住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正につい                てから     日程第49 議案第53号 財産の取得についてまで一括上程 ○議長(池田 守君)  次に,日程第46,議案第40号,霧島市営住宅の設置及び管理に関する条例及び霧島市営単独住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正についてから,日程第49,議案第53号,財産の取得についてまで,以上4件を一括し議題といたします。この議案4件については,建設水道常任委員会に付託になっておりましたので,委員長の報告を求めます。
    ○建設水道常任委員長(塩井川幸生君)  建設水道委員会の報告を行います。先の本会議において,当委員会に付託になりました議案第40号,議案第41号,議案第51号,議案第53号について,3月12日に建設部長をはじめ部局14名,水道部長をはじめ部局4名の出席をいただき,審査が終わりましたので,その経過と結果についてご報告申し上げます。当日は,議案第40号,霧島市営住宅の設置及び管理に関する条例及び霧島市営単独住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正について,午前9時より国分の新重久団地,牧園の高千穂団地の現地調査を行いました。午前11時10分より,第2委員会室で引き続き会議を開き,議案第41号,霧島市給水条例の一部改正についてを議題とし,執行部の説明を求めました。水道部長より,水道事業は合併に伴い旧1市6町の水道事業及び簡易水道事業を再編し引き継いでおり,水道料金も旧市町の料金体系のままで運用している。合併協定項目の取り扱いにおいて,「上水道・簡易水道料金については,新市において5年間で統一する」とされているとの説明の後,詳細については管理課長より説明があり,水道料金について,基本料金はメーター口径13mmから200mmまでの10段階であり,口径別に13mmが490円,20mmが890円,25mmが1,300円,30mmが1,920円,40mmが3,260円,50mmが5,400円,75mmが1万2,100円,100mmが2万1,510円,150mmが5万30円,200mmが9万7,120円であるとのこと。次に,従量料金だが,総括単価で1m3当たり101円平均となり,水量区分を設けないことも考えられるが,それでは小口使用者の負担額が大きくなることから,水量区分により段階措置を設けたとのこと。区分は,旧市町の状況や県内の他市町状況等を参考にして,使用水量1m3から10m3部分までを1m3当たり85円,11m3から30m3までの部分を105円,30m3を超える部分を110円の3段階としてその説明を受けました。質疑に入り,「総括原価を20億4,400万円にし,当初の22億7,000万円から,相当,原価とか必要な費用を切り込んだと思うが,単純に22億7,000万円で12億8,000万円入れると7年で12億だから,1年でどれぐらい入れる計算になるか」との質問に,「年平均1億8,000万円ほどを崩す予定」との答弁。「量に応じて,10tまでと30t,それぞれの料金の1t当たりの単価が85円,105円,110円と違うわけは」との質疑に,「13mmと20mmの割合は大体90%以上が13mmの口径の方で,10tまでと11tから30tまで,そこに20円の差を設けてできるだけ小口の方の優遇に努めた」との答弁。「大口利用者の一つの例として,京セラの年間使用水量・金額は」との質問に,「京セラには150mmの口径が3個ついており,そのうちの1個が平成21年度,今年の2月までの水量で月平均1万7,547t,料金は年間2,146万2,920円ほど使用している」との答弁。「大口需用者は市全体でどれぐらいの業者がいるのか。また,月平均の使用水量の多いところは」との質問に,「1位が京セラ国分で月平均3万6,000tぐらい,次に多いのがホテル霧島キャッスルで1万1,300t,第3位が鹿児島空港ビルディング1万1,000tぐらい,4位が陸上自衛隊国分駐屯地,約1万t。月に1,000t以上使われる方々が60社ほどある」との答弁。「旧市町で一般的な平均的な水道料金の月当たりの金額はどれぐらいになるのか」の質問に,「口径13mmの場合で,霧島市の平均が月平均15tで新料金では1,958円になり,旧国分市では1,730円,旧溝辺町では1,470円,旧横川町では1,790円,旧牧園町では1,470円,旧霧島町では1,740円,旧隼人町では2,140円,旧福山町では1,680円」との答弁。「減価償却率は各施設によって違うが,償却率をどの程度見ているのか,金額で出れば一番分かりやすいので教えてほしい」との質疑に,「上水道の減価償却は22年度で上水6億,簡水が1億8,000万,23年度で上水が6億1,600万,簡水が1億9,200万,24年度で上水が6億2,400万,簡水が1億9,700万,25年度で上水が6億2,700万,簡水が1億9,900万,26年度で上水が6億2,800万,簡水が2億500万,27年度で上水が6億4,400万,簡水が2億800万,28年度で上水が6億4,800万,簡水が2億1,000万」との答弁。「市内には大型の畜産農家も多いが,大型畜産農家に対して料金設定について話し合いを持ったのか」との質疑に,「本日まではやっていない」との答弁。その他いくつかの質疑が出ましたが,採決に入り,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。続いて,議案第40号,霧島市営住宅の設置及び管理に関する条例及び霧島市営単独住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正について,及び議案第53号,財産の取得についての2件を一括して議題として,執行部の説明を求めました。質疑に入り,「国分重久宿舎には駐車場が確保されているが,広げる考えはないか」の質疑に,「国分重久宿舎については,80戸に対して今駐車場は106台あるが,第3重久団地とあわせて整備を考えていきたい」との答弁。「指定管理者制度を導入するということだが,どのような業者を考えているのか」の質疑に,「まだ詳しく考えていない」との答弁。「駐車場使用料として1台500円の根拠は」との質疑に,「国分で名波ハイタウン,霧島で駅前団地サンビレッジ,牧園がグリーンビレッジ,溝辺が空港南タウンというところで合併協議会で話をして,500円ということになった」との答弁。「料金徴収方法だが,家賃に組み込めないか,また指定管理者が行うのか」との質疑に,「家賃に組み込むことが本当は一番いいのだが,現実難しいので自治会にお願いしたい」との答弁。「1台目は最低限500円でいいが,2台目は1,000円とか1,500円など,今後は議論し理論武装をしながら2台目以降の駐車場の価格設定をするべきではないか」との質疑に,「私どもも1台目は必ず準備しないといけないと考えているが,2台目は土地に余裕があれば,3台目となると行政のほうで準備は難しい」との答弁。「今回,高千穂団地と新重久団地の建設年度が20年以上経っているが,耐震診断はどのように考えているか」との質疑に,「耐震診断は牧園宿舎のほうが昭和54年より前にできたということで必要になるのだが,雇用開発機構のほうで抽出して耐震診断を行っているので問題がないと回答をもらっており,また,国分重久については,建設年度が平成3年で問題ないと回答をもらっている」との答弁。「障がい者への減免配慮など検討はしなかったのか」との質疑に,「減免についてはまだそこまで検討はしていない」との答弁。「財産の取得で国分重久宿舎と牧園宿舎を購入するに当たり,修繕依頼として昨年の10月に要請して,相手の独立行政法人が約4,400万円かけて修繕をしたということだが,このとき,例えば地元の業者に分離発注はできなかったか」との質疑に,「それについては九州の雇用振興協会に,畳などは入居が決まってから入れる方法もあるので,地元の方にお願いできないかと依頼したが,今回の場合,一括して工事請負費でするからできないとのことだった」との答弁。その他いくつかの質問が出ましたが,議案第40号について討論に入ったところ,まず議案に対して反対の立場から,「指定管理となると個人情報の流出などが懸念される。また,駐車料金についてはしっかりと整備をされてからやるべき」などや,「1台につき500円ではなくて2台目から500円徴収するなどという柔軟な姿勢が必要だ」という討論がありました。その後,賛成の立場から,「駐車料金を設定することによって受益者負担が合理的な形で整備をされると思っており,かえって将来的に駐車場の整備をさらに拡充するとのことでありますので,2台目以降の駐車料金は同じ500円ということではなく,何がしらの加算をした料金を徴収すべきであり,2台使われる方はそれだけ利便性の確保,利益を受けられるわけでありますので,2台目以降については,いくらかの加算をした料金設定をすべき」との討論がありました。討論を終わり,採決に入り,採決の結果,賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定しました。次に,議案第53号について討論,採決に入ったところ,討論はなく,採決の結果,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。次に,議案第51号,隼人都市計画事業隼人駅東地区土地区画整理事業施行に関する条例の制定についてを議題とし,執行部より説明を求めました。質疑に入り,「隼人駅東地区の土地区画整理事業で,変更後の13.1haということですが,大口需用者,所有者の土地面積,それと地権者は何名か」との質疑に,「所有者並びにその利害関係者がおよそ100名程度であり,土地所有者が92名,借地権者とか利害関係者が8名の大体100名である。霧島市が持っている土地を含めて279筆である。中には,水路とか地番や面積のない公共用地もあり,一番広いのがヤマエ食品工業で36筆,2万1,700m2ぐらい,その他中越パルプ工業が9,600m2ぐらい,原口瓦工場が1万1,300m2,ニシムタが6,600m2が大きな土地」との答弁。「地権者,関係者の方々への説明会に六十数名の参加があり,来なかった方が39名いたと聞くが,周知徹底はなされていたのか」の質疑に,「地権者の方々に案内を差し上げるパンフレットを定期的に送って,説明の責任は十分果たしていくつもりである」との答弁。「本会議でも質疑があり,減歩率は引き下げないとの答弁であったが,融通をきかすとか便宜を図るという,そういう余裕は全くないということで理解してよろしいのか」との質疑に,「当初から地権者の方から要望があり,市として減歩率緩和はできないかということで検討してきた。いろいろ知恵を出し合い理解した中で,今回の23.14%という数字を出しているので,市としては地権者の方に十分説明ができる減歩緩和策だと思っている」との答弁。「通常の合理的な減歩率をさらに一般財源を投入して,減歩率緩和に充てたというふうに理解してよいのか」との質疑に,「区画整理設計の基準にのっとった合理的な積算があり,それにより減歩率は出している。それに加えて総額で1億8,800万円の金額の土地を投入している」との答弁。「説明会をするときには,地権者だけを集めてしたのか」の質問に,「都市計画決定の説明会なので地権者はもちろん出しますが,市民は誰でもその説明会には参加できる説明会なので,そういう形でできたというふうに認識している」との答弁。その他質疑がありましたが,討論に入り,まず議案に対して反対の立場から,現在の23.14%から減歩率の18.14%軽減にしてもらいたい。当然地権者の皆様と協議を進めた上で民意が反映できるよう施策をとるべきとの討論があり,その後賛成の立場から,受益者には減歩率は低いにこしたことはないので,この減歩率については執行当局も住民の方々に理解が得られる十分な説明を果たされた上で,合意形成を図りながら慎重に進めていくことを求めますとの賛成の討論がありました。採決に入り,採決の結果,議案第51号については,賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。以上で,議案第40号,議案第41号,議案第51号,議案第53号の報告を終わります。 ○議長(池田 守君)  ただいま委員長の報告が終わりました。ただいまの委員長報告に対し,一括して質疑に入ります。質疑はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  質疑なしと認めます。これより議案処理に入ります。   △ 日程第46 議案第40号 霧島市営住宅の設置及び管理に関する条例及び霧島市営                単独住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正につい                て ○議長(池田 守君)  まず,議案第40号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第40号について,委員長の報告のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。                   [賛成者起立]  総数32名,起立者30名,起立多数であります。したがって,議案第40号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第47 議案第41号 霧島市給水条例の一部改正について ○議長(池田 守君)  次に,議案第41号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第41号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議あり」と言う声あり]  異議がありますので,賛成の方の起立を求めます。                   [賛成者起立]  総数32名,起立者30名,起立多数であります。したがって,議案第41号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第48 議案第51号 隼人都市計画事業隼人駅東地区土地区画整理事業施行に                関する条例の制定について ○議長(池田 守君)  次に,議案第51号について討論に入ります。本件について,33番,宮内博議員から通告がされております。したがって,発言を許可します。 ○33番(宮内 博君)  私は,日本共産党市議団を代表して,隼人駅東地区土地区画整理事業施行に関する条例制定に,反対の立場から討論に参加をするものであります。本条例は,隼人駅東地区13.1haの区画整理を進めるために必要な条例の制定を行うというものであります。本地域の区画整理事業は,既設道路など公共用地が少ないことを理由として,計画当初から減歩率が高く設定をされてきた経過があります。この間の引き下げを求める住民要求を受けて,昨年の補正予算では減歩率の緩和が進められております。しかし,それを受けて示された減歩率は23.14%であります。先日26日に,隼人駅東地区区画整理を進める地権者住民の会は,減歩率は18.14%が妥当と考えるとの要望書を市長に提出し,50%以上に上る地域の高齢者が,その悩みを直接市長にぶつけております。本会議や委員会の質疑において,私ども市議団は地域住民が同じ町内で実施されてきた浜之市土地区画整備事業の減歩率19.14%の水準への引き下げを提案し,その最も大きな理由として多くの市民が集まる隼人駅を中心とした計画であることを挙げてまいりました。私が本案に反対をするのは,現計画で示されている高い減歩率について,その見直しは考えていないとした中で本条例が示されているということであります。減歩率は直接土地所有者の資産にかかわるものでありまして,条例が制定された後に,地域住民から減歩率の引き下げを求める要望書が提出されている経過から見ましても,市長の言う納得度を上げた協議がなされていない証であります。23.14%という高い減歩率を見直し,地域住民との再協議の上で本条例は提出すべきであるということを指摘して,本案に反対する討論といたします。 ○議長(池田 守君)  これで,通告による討論を終わります。ほかにありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  以上で討論を終わります。採決します。委員長報告は,賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第51号について,委員長の報告のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。                   [賛成者起立]  総数32名,起立者28名,起立多数であります。したがって,議案第51号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第49 議案第53号 財産の取得について ○議長(池田 守君)  次に,議案第53号について討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第53号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第53号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第50 議案第60号 平成22年度霧島市一般会計予算についてから     日程第60 議案第70号 平成22年度霧島市病院事業会計予算についてまで一括上程 ○議長(池田 守君)  次に,日程第50,議案第60号,平成22年度霧島市一般会計予算についてから,日程第60,議案第70号,平成22年度霧島市病院事業会計予算についてまで,以上11件を一括し議題とします。この議案11件については,予算特別委員会に付託となっておりましたので,委員長の報告を求めます。 ○予算特別委員長(植山利博君)  去る3月2日の本会議において,予算特別委員会に付託になりました議案11件の審査が終了いたしましたので,その経過と結果について報告をいたします。まず,議案第60号,平成22年度霧島市一般会計についてであります。はじめに,南田副市長から「平成22年度の当初予算は第一次霧島市総合計画の将来像である『人と自然が輝き,人が拓く,多機能都市』の実現に向け,7つの政策を着実に推進する内容とした。予算編成に際しては,行政評価システムを活用し,予算と総合計画が連動し,効果的・合理的なものとなるよう努めた。また,国の2次補正予算とも連動し,平成21年度一般会計補正予算(第6号)と一体的な予算とし,将来の霧島市を見据え,今取り組むべき施策を盛り込み,引き続き『霧島市・元気なふるさと再生予算』としており,『環境,子育て,健康,雇用,観光,環霧島,霧島茶,教育』の8つの『K』をキーワードに取り組む予算とした。その結果,平成22年度一般会計当初予算の総額を503億7,000万円とし,前年度比9億5,000万円(1.9%)増とした。平成22年度は,景気の後退により,市税や地方消費税交付金等が約3億6,500万円減と見込まれることから,一般財源の不足額10億2,000万円を財政調整基金の取り崩しで対応することとした。今後も,将来にわたり持続可能な健全財政を維持するため,引き続き財政健全化に努めていく」との総括説明がありました。次に,総務部,総務課関係では,一般管理費に市民運動推進事業,市制5周年記念式典事業に要する経費,人事管理費に職員の健康診断等の職員福利厚生費,人事評価導入のための経費,及び緊急経済対策の臨時職員雇用に伴う賃金など,職員研修費に各種の職員研修に要する経費,文書法制費に文書発送や無料法律相談に要する経費などを計上した。安心安全課では,交通防犯対策費に高齢者運転免許証自主返納支援や道路反射鏡や安全灯の設置に要する経費,水防防災費に防災行政無線整備事業や排水機場の維持管理費等の経費を計上した。秘書課では,秘書業務に係る諸経費,広報広聴課では,「広報きりしま」の発行に要する経費,管財課では,福山地区総合支所整備など,庁舎や公有財産及び公用車の管理に要する経費のほか,諸支出金に簡易水道,工業用水道事業への負担金等を計上した。財政課では,財政管理費に予算・決算等の業務に要する経費,財産管理費に財政調整基金,減債基金などへの積立金を計上したほか,公債費や予備費を計上した。税務課,収納課では,税務総務費に地籍関連の経費,賦課徴収費では,市民税,固定資産税,諸税の賦課に関する経費や収納対策に要する経費を計上した。以上の説明の後,質疑に入りました。質疑,法人市民税の22年度調定額の見通しについて説明を。答弁,法人市民税の平成21年4月から12月の調定額は7億700万程度である。対前年度比40%程度である。前年度比で調定実績は,平成21年6月26.5%,7月31.7%,11月35.5%,12月32.3%である。景気の状況は,一部持ち直しているとの報道があるが,まだまだ厳しいとの判断から,21年度の決算見込みをもとに予算計上した。質疑,個人市民税の22年度調定額はどの程度見込んでいるか。答弁,22年度調定見込み額は,43億7,200万円程度推計している。21年度の当初予算では,47億程度考えていた。質疑,固定資産税の対前年度比1億5,200万円増について,その根拠を示せ。答弁,農地から宅地への変更,新増築分のためである。土地に関しては,県の地価調査価格で,平均下落が住宅地で3.1%,商業地で4.3%の下落。国分隼人地区では住宅地で3.7%,商業地で2.8%の下落である。著しく均衡を失する状況にはないことから,評価の修正は行っていない。22年度予算に下落修正委託料を計上している。また,固定資産税の税額の算出は,負担調整措置を行う。過去の地価の高騰に,激減緩和対策により,評価額の7割程度で課税標準額を定め,毎年負担調整措置を設け,評価額に近付けているが,まだまだ追いついていない状況である。負担調整措置において,課税標準額が上昇し税額が上がる状況である。質疑,入湯税の330万円減の要因は何か。答弁,霧島市の入湯税は平成19年度に3つのゴルフ場に新たに課税した折,調定額ベースで10%以上増加した。22年度6つのゴルフ場の入湯税の影響が大きいものと考えている。近年,ゴルフ場の利用税が毎年減少しているので,入湯税が下がるのではと歳入欠陥が出ないように見込み,減額計上した。質疑,入湯税の課税,徴収について説明を。答弁,入湯税の申告は宿泊施設や食事の提供がある温泉事業者を特別徴収義務者に指定し,毎月月末締めで翌月の15日までに申告をしていただく。銭湯とか大衆浴場は課税対象外である。質疑,予算編成に行政評価システムを活用し,予算と総合計画が連動し,効果的・合理的なものとなるように努めたとのことだが,具体的に説明を。答弁,21年度の予算から裁量性のない義務的経費と21年度で終わる新規事業を除き,28施策ごとに事務事業評価を行い,一般財源ベースの10%カットで施策別のグループで評価をし合い,優先度の順位をつけ枠配分した。結果として21年度の一般財源ベースで45億3,129万3,000円が,22年度41億832万2,000円となった。4億2,000万程度の効果があった。質疑,経営健全化計画に比べ,市債残高で37億減,基金残高で52億増,合わせて89億の効果であるとしているが,何をもって国県同様に大変厳しい財政状況であると考えているのか。答弁,全国で約30の類似団体の中で,地方債残高は出雲,北海道の北見に次いで霧島市は3番目であり,義務的経費の割合が,霧島市は59.3%で5つの類似団体,木更津市が55.5%,藤枝市が47.5%,都城市が56.2%,薩摩川内市が51.6%,鹿屋市が61%で,本市の義務的経費が高く,決算ベースで毎年増加している状況である。このようなことから,大変厳しい財政状況であると考えている。質疑,一般職員研修事務について,積算根拠を示せ。答弁,研修旅費373万3,000円,庁内研修委託料93万円,自治大学等研修負担金183万6,000円,管理監督者職員研修事業122万9,000円,職員派遣研修事務1,057万4,000円である。質疑,無料法律相談事業76万8,000円について説明を。答弁,国分の公民館と溝辺のみそめ館で月1回ずつ開催,1回当たり6名が定員,1人30分程度,21年度の実績は126名うち36名が金銭トラブルの相談である。質疑,市制5周年記念式典事業450万円の具体的説明を。答弁,記念式典は11月7日市民会館で開催,報償費で7万6,000円,市歌・踊り等の謝金,消耗品8万6,000円,式典時の生花代等,食糧費23万1,000円,印刷製本費12万円,通信運搬費15万6,000円,講演の講師委託料330万円,看板制作費4万円,駐車場の整備7万5,600円,舞台関係の委託料17万円,使用料・賃借料24万円,バス借り上げ代である。質疑,臨時職員の一時金支給について夏2万円,冬3万円とのことだが,詳しく説明を。答弁,臨時職員への期末加給賃金は,1週間の勤務時間が30時間以上,基準日において雇用継続期間が6か月以上であること。在籍者が640名のうち支給対象者は515名と試算している。質疑,高齢者運転免許証自主返納支援事業120万円について説明を。答弁,高齢者の運転免許証自主返納者に対して,ふれあいバスや市内を運行する岩崎コーポレーション,南国交通など路線バスも利用できるプリペイドカード1万5,000円を市とバス会社2分の1ずつ負担するもので,160枚発行しようとするものである。7,500円の160枚分,120万円の予算計上である。質疑,タクシーでの利用については検討はなされなかったか。答弁,タクシーは昨年10月から県警察とタクシー業者との間で1割免除の協定がなされ既に実施されている。今回はタクシーでの利用については議論していない。ほかにも多くの質疑がありました。総務部への質疑を終結し,企画部の説明を受けました。企画政策課では,企画調整費に空港周辺地域環境整備事業,環霧島会議運営事業,霧島ジオパーク推進事業費など3,159万7,000円,霧島ふるさと元気再生事業費にコミュニティバス等運行事業,移住定住促進事業,路線バス支援事業など2億1,056万3,000円,男女共同参画推進事業費272万円,国際交流費1,848万円を計上した。行政改革推進課では,行政改革推進委員会運営事業,行政評価推進事業など,行政改革に関する経費や行政経営システム導入支援に関する経費525万9,000円を計上した。共生協働推進課では,地域まちづくり支援事業,地区活性化支援事業,有線放送施設等整備支援事業など2億5,482万9,000円,井戸端会議モデル事業,集落支援員事業など130万9,000円を計上した。情報政策課では,地上デジタル放送への全面移行に伴い,新たな難視聴地区に対する地上デジタル放送支援事業をはじめ,基幹系システム保守運用システム,溝辺地区ケーブルテレビ運営事業など3億5,905万6,000円,統計調査総務費に人件費など1,698万7,000円,基幹統計調査費に国勢調査を含め5つの基幹統計調査費など6,484万7,000円を計上した。以上の説明の後,質疑に入りました。質疑,財団法人霧島市しみん学習支援公社支援事業の1,382万3,000円の説明を。答弁,しみん学習支援公社事務局の運営に要する経費を補助するものである。質疑,コミュニティバスの運行委託費9,816万4,000円の地区別内訳を示せ。答弁,国分地区1,694万3,000円,溝辺地区1,659万3,000円,横川地区1,274万2,000円,牧園地区1,620万2,000円,霧島地区1,729万1,000円,福山地区1,539万3,000円,ほかに300万円計上している。質疑,おじゃんせ霧島移住定住の過去の実績を示せ。答弁,平成18年7月から実施した事業であり,平成18年度は8世帯17人,平成19年度12世帯23人,平成20年度28世帯68人,21年度2月までで56世帯132人,合計の104世帯240人である。これらは推進室に相談があった方のみ計上した。住民票の異動があったというものではない。質疑,移住者の年齢構成はどのようになっているか。答弁,世帯責任者,補助金を交付した人で21年度20歳代3世帯,30歳代12世帯,40歳代4世帯,50歳代15世帯,60歳代22世帯,70歳代1世帯である。質疑,移住の地区別はどうか。答弁,21年度で国分の補助対象地区外が9世帯,国分の対象地区1世帯,隼人の対象地区外3世帯,隼人の対象地区が3世帯,溝辺が8世帯,横川が7世帯,牧園が9世帯,霧島が12世帯,福山が4世帯,計56世帯である。質疑,霧島ジオパーク認定に向けての取り組みについて説明を。答弁,本年の申請締め切りが4月26日,5月23日プレゼンテーション,7月から9月にかけ現地調査,10月末ごろに決定の予定である。霧島ジオパーク推進連絡協議会は37団体で構成され,19の民間団体が参画している。2か月に1回「火山群通信」という広報誌を発行している。7つのガイド団体を対象にガイド養成講座を開催,座学2回,現地講座5回を行い,延べ参加人数が332名であった。2月14日に小林市においてフォーラムを開催,170名程度の参加であった。質疑,コミュニティバス運行事業の霧島牧園線バス,霧島高校通学対応について説明を。答弁,霧島神宮を起点に牧園地区の牧場を経由し,霧島温泉駅まで運行している。朝1往復,夕方牧園地区牧場から神宮駅まで運行している。20年4月から22年度まで3か年,国の実証実験の助成制度を活用して運行している。質疑,実証実験がうまくいけばその後も継続するのか。答弁,実証実験の結果を見て,今後どうするか対応を決める。質疑,霧島市立中央高校に対する通学のためのバス路線を検討したことはないか。今後検討する考えはないか。答弁,中央高校についてのバス路線は,特にこれまで検討はしていない。溝辺地域から隼人,国分への直通バスの要望は聞いている。バス会社とも断続的に協議はしている。今後も引き続き努力をする。質疑,男女共同参画推進懇話会について説明を。答弁,懇話会は旧1市6町の各団体,各機関の推薦が7名,学識を有するもの2名,一般公募5名,県姶良・伊佐地域振興局の職員1名,計15名で構成。男女共同参画社会の形成に関する諸問題を調査,研究,協議し,その結果を市長に提言するものである。ほかにも多くの質疑がありました。企画部に対する質疑を終結し,生活環境部の説明を受けました。生活環境部の歳入は,清掃センター投入手数料,合併処理浄化槽設置整備事業や国民年金事務費,国民健康保険医療助成費などに係る国県支出金及び3特別会計への繰出金の財源が主なものである。歳出においては,生活環境政策課では,自然公園ふれあい全国大会開催事業448万2,000円,ふるさとの木による霧島の森再生事業665万8,000円,環境エコプラザ検討事業99万3,000円を計上した。環境衛生課では,環境美化・河川環境保全推進事業311万6,000円,合併処理浄化槽設置整備事業2億4,099万7,000円で,特定財源は国庫補助金7,282万4,000円,県補助金3,914万5,000円,一般財源1億2,902万8,000円である。生活排水対策事業494万2,000円,海岸漂着物対策推進事業1,133万5,000円,天降川等河川景観保全推進事業6,300万円は,すべて県補助金,住宅用太陽光発電導入支援事業2,247万4,000円はすべて一般財源である。家庭系一般廃棄物収集運搬事業2億8,164万円の特定財源は,アルミ等売却益金5,500万円,再商品化合理化拠出金860万円,宝くじ交付金2,345万円などで,市内7地区民間業者に委託する。市民課では,戸籍住民基本台帳費9,408万9,000円のうち,市民サービスセンター運営費として3,383万8,000円を計上,そのほかの経費6,025万1,000に対する特定財源として国県支出金とその他財源のほか各種手数料5,037万3,000円を計上した。人権擁護推進費は人件費,人権啓発センター各種教室事業と管理運営事業,部落開放同盟隼人支部人権擁護推進事業など3,731万4,000円で,その特定財源は国県支出金,隣保館運営費補助金898万5,000円,地域人権啓発活動活性化事業委託金110万円などである。保険年金課では,国民健康保険特別会計繰出金は法定内の額として見込まれる8億8,529万2,000円を計上し,特定財源として国庫負担金4,460万円と県負担金3億6,130万6,000円を充てている。後期高齢者医療福祉費の後期高齢者医療事務16億9,022万円は人件費,保険者である県の広域連合への負担金,特別会計への繰出金である。国民年金事務費は人件費1億3,078万8,000円及び賃金・事務費455万7,000円であり,特定財源としての国の委託金2,370万円を計上した。衛生施設課の環境衛生総務費は3億3,956万円で,伊佐北姶良火葬場管理組合への負担金は632万5,000円である。火葬場費は4,665万円で,22年度から指定管理者として業務を行うため委託料に4,202万4,000円を計上した。清掃総務費は2億1,642万5,000円で,伊佐北姶良環境管理組合への負担金が主なものである。塵芥処理費は17億765万円で,ごみ処理場管理運営事業,旧敷根清掃工場解体・ストックヤード建設工事人件費などに要する経費である。し尿処理3億28万8,000円は,牧園・横川し尿処理場,南部し尿処理場の管理運営事業2億4,766万円,人件費5,262万8,000円である。以上の説明の後質疑に入りました。質疑,環境エコプラザ検討事業について説明を。答弁,霧島市環境基本計画の基本施策である「自然環境の保全」,「生活環境の向上」,「循環型社会の形成」を推進するために,従来の展示型から市民が集い・学び・交流できる環境学習の拠点施設として活用するために,市民や企業の皆さんで検討委員会を設置し,施設のあり方や管理運営の方法について検討する。委員のメンバーには企業の方,京セラ,ソニー,商工会議所をはじめ,各種経済団体,環境学習を推進しているNPO,団体,専門家の方々などを計画している。質疑,エコプラザは昨年提案され,議会で修正されたという背景がある。その後,どのような論議がなされて今回提案されたのか。答弁,修正の指摘の中で,展示型のローカルエネルギー館の改修との視点でないか,果たして環境という施設でいいのか,事務事業評価がきっちりなされたのかなど,これらを踏まえて両副市長を中心に生活環境部,商工観光部,企画部で昨年度3回ほど事務事業評価の事前評価検討会を持ち,議会の指摘を踏まえ,展示型で飽きられる施設ではなく,市民が集い,学習し,交流し,ここから環境学習が進んでいくような施設を考えている。今回はじっくり1年間検討を重ね,基本設計,実施設計は次年度提案しようとしている。市民の意見を反映して進めていこうとの思いである。質疑,天降川等河川景観保全推進事業について具体的に説明を。答弁,県緊急雇用創出事業臨時特例基金事業を活用,天降川及び手篭川の河川敷のアシ,雑草,竹木等の草払いを実施し,河川景観の保全に寄与する。天降川が新川橋から湯田橋まで7.35km,手篭川が止上橋まで5.2km,霧島川が下小鹿野まで3.05km,トータル15.6kmの両岸である。質疑,生活排水対策事業の宮内原土地改良区,負担金について説明を。答弁,平成21年度はしゅんせつ補助金として,耕地課で80万円,生活排水対策事業で23万8,000円の予算を計上していた。本年度は統一して103万8,000円を計上した。質疑,土地改良区に通水負担金を支払っているので,年間通水を原則とすべきと思うがどうか。答弁,通水負担金を支払い,主要幹線水路へ耕作期以外の期間に通水することにより,生活環境の保全を図るとともに防火用水としても利用するため,極力年間通水の取り組みを求めていく。質疑,家庭系一般廃棄物収集運搬事業2億8,164万円について,過去の実績について説明を。答弁,旧1市6町の合併する前の業者と随意契約を行っている。19年度7地区,総額2億8,043万7,000円,20年度2億8,362万5,000円,21年度2億8,205万6,000円である。ほかにも多くの質疑がありました。生活環境部への質疑を終わり,保健福祉部の説明を受けました。保健福祉部では,社会福祉総務費に職員の人件費のほか民生委員・児童委員の活動に要する経費や各総合支所市民福祉課を含む事務局運営費や介護保険特別会計の繰出金など17億9,982万8,000円を計上した。障がい者福祉費は,障害の程度に応じたさまざまなサービスを提供するための事業や日常生活用具の給付,事業運営補助,重度心身障害者医療費助成や介護サービス給付に係る扶助費,発達障害に関する経費など17億5,954万4,000円を計上。老人福祉費は,老人クラブ,シルバー人材センターの運営補助,長寿祝い金の支給,独居老人や虚弱高齢者を支援するための各種在宅福祉サービスの提供に要する経費など1億7,439万2,000円を計上。社会福祉施設費は,総合福祉センター,温泉センター,老人憩いの家などの維持管理委託料,地域介護・福祉空間整備事業に要する補助金など1億3,892万6,000円を計上。養護老人ホーム費は3億2,610万7,000円計上。社会福祉費のうち保健福祉部に関する予算は,41億9,879万7,000円である。児童福祉総務費は,職員の人件費,児童虐待やDVの相談体制整備のため配置する家庭児童相談員4名の人件費や事務局費など7,131万7,000円を計上。子育て支援推進費は,乳児医療費助成事業,放課後児童クラブ,子育て支援センター,市民サービスセンター「コア・よか」での子育て一時預かり事業の経費など4億5,470万8,000円計上。児童措置費は,新たに創設される子ども手当,従来の母子家庭に加え,新たに父子家庭に児童扶養手当を支給することとしたほか,児童手当の経過措置に係る経費など31億545万1,000円を計上。母子福祉費は,ひとり親家庭医療費助成事業,母子家庭等自立支援教育・訓練給付金事業に9,101万9,000円を計上。保育所費は,私立保育園,公立保育園の運営,障がい児保育支援事業,延長保育事業など特別保育に取り組む経費29億1,461万1,000円を計上。児童福祉に関連する予算は66億3,710万6,000円である。生活保護総務費は,職員の人件費,福祉総合相談員2名の配置,新たに就労支援員の配置,生活保護の適正実施のセーフティネット支援対策事業など1億2,982万5,000円を計上。扶助費は,生活保護世帯が健康で文化的な最低限の生活を維持するために要する経費24億436万2,000円を計上。生活保護に関する予算は25億3,418万7,000円である。災害救助費は,法定及び法定外の自然災害時,援護費に要する経費3,598万円を見込み計上した。保健衛生費は,保健衛生総務費で人件費,各保健センター管理運営費,各総合支所の嘱託保健師の経費など5億415万円を計上。予防費は,感染予防対策,新型インフルエンザの蔓延防止,各種予防接種,結核,肺がん撮影などに要する経費1億4,452万6,000円を計上。母子保健費は,乳幼児,1歳6か月,3歳児健診,特定不妊治療,妊産婦・胎児の健康保持の支援,各種育児相談,発達障害に関する相談対応,各種支援,妊婦検診の公費負担助成事業などに要する経費1億6,598万6,000円を計上。健康増進費は,健康に関する意識の高揚,各種疾病の早期発見,早期治療を促すため,健康教室,各種がん検診等に要する経費1億5,319万9,000円を計上。地域医療対策費は,日曜,祝日及び夜間の救急診療を姶良伊佐圏域全体で確保するため,在宅当番医の確保,口腔保健センターの運営,病院輪番制の運営,夜間救急診療の運営に要する経費3,881万4,000円を計上。食育健康推進費は,新たに25地区のモデル地区で健康・生きがいづくり推進事業に1,794万1,000円を計上。以上保健衛生に関連する予算は10億2,461万6,000円である。病院事業費は,本年1月から市立医師会医療センターに脳神経外科を開設したが,新年度から医師2名体制で運営するための経費2億866万円を計上した。以上,保健福祉部に関する予算は,総額146億3,934万6,000円で,一般会計当初予算総額503億7,000万円の29.06%である。以上の説明の後,質疑に入りました。質疑,養護老人ホーム,市立保育園の民営化,指定管理の検討はなされているのか。その進捗状況はどうか。答弁,集中改革プランで,養護老人ホームは民営化の検討をすると掲げている。保健福祉部内で,民営化の取り組みをした自治体の研修を行った。その結果をそれぞれの立場で協議している。22年度の予算で民営化か,指定管理か,民間に譲渡かなどを含めて検討する,検討委員会の経費を予算計上している。庁内の検討委員会で検討し,外部の方々の組織,検討委員会も22年度中に立ち上げたいと考えている。質疑,災害時要援護者台帳整備事業について基本姿勢を問う。答弁,霧島市の災害時要援護者の情報収集の方法は,法律で守秘義務が定められている,民生委員・児童委員,ケアマネージャーにお願いして情報収集をする。また,この情報を消防,自治会の防災組織などに提供することに同意を得ることとしている。質疑,生活保護の就労支援員の配置で,就労の受け皿の調整,検討はなされているか。答弁,稼働能力のある世帯が178世帯ある。ハローワークのOBを就労支援員として予定している。ハローワークへの就労支援をケースワーカーや就労支援員と連携をとり進めていきたい。質疑,生活保護の対象世帯は現在どの程度か。答弁,22年3月1日現在で,保護世帯は1,047世帯,保護者数1,457名である。質疑,セーフティネット支援対策事業で住宅手当145万2,000円について説明を。答弁,新規事業で,失業で住まいのない方に住宅手当を支援するものであり,現在生活保護,扶助費で住宅扶助の上限が2万4,200円であり,その10人分を6か月予算計上した。質疑,民生委員の平均年齢は何歳か。またある程度の年齢制限はあるのか。答弁,平成21年12月1日現在,市内の民生委員・児童委員の平均年齢は65.8歳である。新任の方を選任する場合は,原則として65歳未満の者を選任すること。現在民生委員である者の中から選任する場合は,75歳未満の者を選任することとなっている。質疑,地域子育て創業事業でチャイルドシートの貸し出しについて説明を。答弁,チャイルドシート貸出事業は,新生児から4歳児まで用のチャイルドシート35台購入のための経費139万7,000円を計上。貸出期間は6か月と限定している。質疑,保育所の整備事業について説明を。答弁,溝辺地区の照明保育園を改築する経費1億2,000万円を計上した。本年度の改築はこの1園だけである。質疑,保育園関係の耐震強度の調査は終わっているか。問題はなかったか。答弁,保育園の耐震調査は21年度で済ませている。問題はなかった。質疑,母子家庭高等機能訓練促進事業について説明を。答弁,母子家庭の母の就職の際有利であり,生活の安定に資するため,看護師とか介護福祉士などの資格を取得するための支援をする経費1,692万円を計上した。非課税世帯は毎月14万1,000円,課税世帯は毎月7万500円支援するものである。質疑,今後新しい児童クラブの立ち上げについて,青葉小学校や富隈小学校のように土地の確保や施設の整備を市が行うのか。答弁,基本的にはそのような方法で進めている。ほかにも多くの質疑がありました。保健福祉部への質疑を終結し,農業委員会の説明を受けました。農業委員会の歳出予算額は1億205万6,000円,前年比4.6%,449万1,000円の増である。歳入は1,625万2,000円で,前年に比べ459万9,000円増である。昨年行われた農地法の改正により,「農地制度実施円滑化事業補助」が新設されたものに伴うものである。一般財源は8,580万4,000円計上している。歳出は委員の報酬,職員の給料,手当,共済費等の人件費など9,139万7,000円で,全体の89.6%を占め,残りが農業委員会の活動費である。以上の説明の後,質疑に入りました。質疑,農地制度実施円滑化事業について説明を。答弁,改正農地法の周知,農地の利用関係の調整,農地の利用状況の調査,農地基本台帳の整備を行い,新しい農地制度が円滑に実施できるようにするための経費527万3,000円を計上。農業委員,市のホームページ,広報等で周知を図りたい。ほかにも多くの質疑がありました。農業委員会への質疑を終結し,農林水産部の説明を受けました。農林水産部では,予算額は23億2,065万円,農業,農村の整備に関する予算13億2,249万円,林業に関する予算7億822万6,000円,水産業に関する予算1,568万1,000円,災害に関する予算1億7,219万7,000円,前年に比べ3億6,757万1,000円の増となっている。財源は国県支出金8億1,276万5,000円,地方債2億2,710万円,その他4,139万1,000円,一般財源は12億3,939万4,000円である。農業総務費は3億8,827万2,000円で,総合支所も含む職員の人件費3億4,028万8,000円,各種農業関連施設管理事業費4,022万6,000円などである。農業振興費は1億9,806万円で,国県支出金1億3,043万5,000円を充当。市内80集落で取り組む中山間地域等直接支払事業5,302万6,000円,うち3,866万9,000円が県補助金。農業関係資金利子補給事業767万7,000円,農業後継者等育成就農支援事業,市単独事業で新規独身分108万円を計上。野菜価格安定事業202万1,000円,農地流動化促進事業1,000万円を計上。新規事業の主なものは,活動火山周辺地域防災営農対策事業は,イチゴとブドウを対象に,降灰防止用ハウスを整備するもので7,301万4,000円,すべて県補助金である。大茶樹公園整備事業159万5,000円は実施設計委託料で,全国茶品評会出品準備補助950万円はともに市単独事業ですべて一般財源。霧島茶ブランド確立PR事業1,655万円は民間に委託する事業で,すべて県補助金である。畜産費は1億628万6,000円で,7,052万7,000円が国県支出金である。パドック付ドーム型牛舎整備事業850万円,家畜導入及び保留補助事業528万円,子牛出荷支援事業240万円,乳用牛優良精液導入事業50万円,畜産関係団体育成補助149万7,000円,県市畜産共進会開催事業627万3,000円,肥育素牛販売促進事業120万円,継続の市単独補助事業である。降灰地域飼料作物確保対策事業2,815万7,000円はすべて県補助金。養豚の生産基盤施設整備を行う高生産性農業用機械施設整備事業5,206万2,000円はすべて国庫補助である。地方卸売市場管理費は,卸売市場の管理運営に係る経費285万3,000円である。林業総務費は7,298万円で,人件費,姶良流域森林・林業活性化センターの負担金,黒石岳森林公園と丸岡公園内のバンガロー施設の委託,その他の施設の施設管理費の委託費976万5,000円を計上。林業振興費は2,997万5,000円,松くい虫対策景勝松林樹幹注入委託費174万2,000円,松くい虫伐倒・くん蒸の委託料581万2,000円,鳥獣被害防除・捕獲対策の報償費587万3,000円,シカ頭数調査委託費600万円,林道事業費は2億8,311万円で,林道11路線の改良・舗装整備,農道,林道の草払いなど,農林業基盤施設周辺景観保全事業の緊急雇用に要する経費を計上。治山事業費は2,260万5,000円で,県補助治山事業2,100万5,000円,県営事業2か所分の負担金160万円を計上。森林整備事業は3億7,435万2,000円で,緊急雇用創出事業臨時特例基金事業で,市有林の財産管理台帳を整備する委託料1,000万円,森林整備施設・機械導入等支援事業に2億2,500万円,水源林造成事業2,069万8,000円などである。水産業振興費は443万9,000円,漁港管理費は45万円。農地費4億6,459万2,000円は県営事業負担金,土地改良区に係る経費,排水機場などの農業用施設の管理に要する経費及び春山緑地公園整備に係る経費など計上。農道及び用排水路整備事業費は1億6,242万7,000円で,農道・集落道・用排水路の改良・修繕を含めた維持管理事業である。林業施設災害復旧費は2,611万5,000円で,災害発生を想定したもので,現年補助林業施設災害復旧事業2,000万円と,現年単独林業施設災害復旧事業611万5,000円を計上。公共施設災害復旧費は100万円で,大雨台風等時の災害対策として,重機等の借上料である。以上の説明の後,質疑に入りました。質疑,中山間地域等直接支払事業は,旧1市6町で隼人だけが該当がないようだが,その定義と理由を示せ。答弁,中山間事業の対象地域は,特定農山村法,山村振興法と地域振興の8法に指定された地域であること。知事が指定する,自然的,経済的,社会的条件が不利な地域となっている。農用地では,急傾斜の農用地が対象で,田で20分の1以上,畑,草地,採草放牧地で15度以上,自然条件により不整形な水田等が対象となる。隼人は該当しないということである。質疑,認定農業者は何名か。答弁,現在327名である。質疑,農業公社の設置について検討を進めたいとのことだが,どのような計画を持っているか。答弁,認定農業者と農業委員会と語る会の中で,認定農家からの要望などを踏まえ,農業委員会が農作業受委託,農地の流動化,新規就農者の育成支援等のために,農業公社の設立について検討してほしい旨の建議書を市長に提出した。これを受け,昨年から,農協,県地域振興局,農業委員会,農林水産部が一緒になって検討会を行っている。質疑,県補助金,緊急雇用創出事業臨時特例基金事業費5,340万円は何の事業に使われるか。答弁,林道事業費の林道境界整備事業2,740万円と,農林業基盤施設周辺景観保全事業2,600万円に予算計上した。ほかにも質疑がありました。農林水産部への質疑を終結し,選挙管理委員会の説明を受けました。選挙管理委員会では,選挙管理委員会費3,566万円は,選挙管理委員会運営,人件費を含む事務局費である。選挙啓発費55万2,000円は,選挙啓発ポスターの募集経費,新成人への選挙啓発等への経費である。土地改良区総代選挙費21万5,000円は,平成23年3月18日,任期満了に伴う霧島市十三塚原土地改良区総代選挙に要する費用である。参議院議員選挙費6,369万7,000円は,22年7月25日任期満了に伴う,参議院議員選挙に要する費用である。県議会議員選挙費977万3,000円は,23年4月29日任期満了に伴う選挙が,4月初旬に告示と予想されることから,平成22年度中の準備に必要とする費用である。以上の説明の後,質疑に入りました。質疑,昨年の市議会,市長選挙の地区別投票率はどのようになっているか。投票率向上の対策はどうか。答弁,市長選挙の投票率で,国分地区66.49%,溝辺地区65.46%,横川地区72.19%,牧園地区70.42%,霧島地区70.16%,隼人地区64.36%,福山地区70.35%,全体で66.69%である。投票率向上のために,有線放送や防災無線の活用,セスナ機による宣伝広報等を行っている。質疑,前々回の地区別投票率はどうか。答弁,市議選で国分地区70.32%,溝辺地区76.32%,横川地区78.65%,牧園地区80.89%,霧島地区79.34%,隼人地区67.83%,福山地区76.86%,全体で72.01%であった。ほかにも質疑がありました。質疑を終結し,教育部の説明を受けました。教育部関係では,50億6,823万3,000円を計上しており,前年度と比較して,11億6,334万5,000円の減となっている。これは,天降川小学校建設関係予算の減がその主な要因である。教育総務課では,奨学資金貸付事業に8,185万2,000円,スクールバス運行事業,小学校維持管理事業で4億579万2,000円を計上した。小学校施設整備費に4億6,500万6,000円を計上し,新規事業として小学校のテレビ共聴設備の改修事業,国分西小,国分小,国分南小の大規模な改修事業のほか,国分小のプール改築事業を計画している。中学校施設整備費には5億8,185万4,000円を計上し,牧園中学校の校舎改築事業を予定している。また,新規事業として,牧園中学校のプール・グラウンド整備,テレビ共聴設備の改修,耐震補強事業,横川中学校プール改築事業の実施設計委託料を計上した。学校教育課では,ALT外国青年招致事業に2,120万円,特別支援教育推進事業に2,100万円,要保護及び準要保護児童就学援助事業に2,119万円,学力検査等実施事業に1,348万9,000円,スクールカウンセラー配置事業に150万3,000円,子どものサポート体制事業に202万1,000円,要保護及び準要保護生徒就学援助事業に2,446万3,000円,幼稚園就園奨励事業として1億3,596万6,000円,市単独の幼稚園就園奨励事業に2,296万9,000円,要保護及び準要保護児童生徒就学援助事業として5,346万8,000円を計上。そのほかマイスクールプランニング事業,マイスクール緊急サポート事業,市小・中学校音楽の集い開催事業,ふるさと達人支援プランを計画している。国分中央高校では,教職員・非常勤講師等の人件費に係る経費6億7,153万3,000円のほか,新規高卒者の就職内定率向上を図るための就職支援員配置事業178万9,000円,学科再編に伴う生徒募集事業15万5,000円,校舎・屋内運動場の耐震補強実施設計委託料416万円などを予算計上した。生涯学習課では,各地区公民館管理運営事業に1億937万9,000円,国分公民館管理運営事業に900万2,000円,青少年の非行を未然に防止し,青少年の健全育成を図る「青少年健全育成センター」の嘱託員及び相談員の賃金と補導員の報償費等に640万8,000円,溝辺コミュニティセンター耐震診断委託料250万円,天降川地区共同利用施設指定管理委託料667万2,000円を計上。そのほか,いきいき国分交流センター,溝辺コミュニティセンター,サン・あもりなどの指定管理委託料,青少年自然体験事業,家庭教育学級運営事業,高齢者学級運営事業,人権教育総合推進事業,青少年海外派遣事業等の経費を計上。文化振興課では,国分郷土館・横川郷土館・隼人歴史民俗資料館・霧島歴史民俗資料館・隼人塚史跡館に要する管理並びに特別展等の開催に要する経費1,305万1,000円,霧島国際音楽祭の運営助成706万6,000円,霧島市民会館管理運営事業費4,251万円,大隅国分寺跡,大隅正八幡宮関連遺跡の発掘調査に501万円,新規事業として,大隅国建国1300周年事業に448万3,000円計上。国分図書館及びメディアセンターでは,それぞれ1億939万7,000円,1,905万7,000円の予算を計上。昨年度更新した電算システムを活用し,資料にあります図書館運営事業により,館内サービス,施設の管理・運営に努め,夏休み子ども教室・ブックスタートなどの読書推進事業,移動図書館運営事業等に引き続き取り組むほか,市民の方々を対象としたパソコン講座等開催のための研修事業を実施する。保健体育課では,新規事業として,全国高等学校総合体育大会登山大会受託事業で165万5,000円,全国ソフトバレー霧島市大会開催支援事業で100万円,また,20回記念及び市制施行5周年記念大会として開催する縄文の森駅伝大会開催事業で250万円,国分運動公園・国分武道館管理運営事業に係る経費で4,800万円,牧園B&G海洋センター管理運営事業で685万1,000円,福山運動公園管理運営事業で1,153万4,000円を計上。以上の説明の後,質疑に入りました。質疑,教職員住宅改修事業に関し,手直ししなければならない住宅の数,改修の内容はどうか。答弁,教職員住宅の築30年以上のものが14棟,20年以上30年未満のものが38棟,計52棟あり,屋根改修,水周り,台所周りの改善を計画。質疑,本年度は設計委託料で72万5,000円計上しているが,何棟の設計委託料なのか。答弁,初年度は,教職員住宅5棟の改修設計を予定,年次的には年に5棟ずつ改修する予定。質疑,マイスクールプランニング事業の取り組みの成果,今後の方向性を示せ。答弁,ジオパークの認定の関連として,山や川あるいは海といった自然環境を学習材料としての取り組みで,大田小学校の霧島山系の魚について研究を進めている。地域の講師を招へいして,小みかんを作ったり,あるいは酢作りについて研究したり,小規模学校が大きな集団での学習を展開する場も設けた「きずなふれあい集合学習」などである。質疑,要保護・準要保護の就学援助の状況はどうか。答弁,21年度の見込みまで含めた数字では,準要保護の対象児童が,小学校で1,004名,中学校で500名,合計1,504名。要保護まで含めると小中学校合わせて1,521名。質疑,プール改修の年次的な計画はどうなっているか。答弁,昭和30年代のプールが小中合わせて8校,40年代のプールが18校,50年代のプールが9校で,あとは比較的新しいプール。50年以上経ったプールは,年次的,計画的に改修を行いたい。質疑,国分小学校舎改築・大規模改修事業について,現状の生徒数と増加見込み人数はどうか。答弁,21年度の国分小学校の児童数は720名。実学級数で23,プラス特別支援学級2の計25学級。今後4年間で102名の自然増の見込み。25年度は実学級数が27,特別支援学級2を合計して29学級という予測。仮設教室を何教室造るかは,今後検討する。質疑,国分小学校校舎改築・大規模改修事業は,いつまでかかるのか。答弁,25年度で校舎の大規模改造,増築等が終了する計画で,26年度にグラウンド改修を予定している。質疑,国分西小学校大規模改修事業について,改装は全体をやるのか。答弁,校舎については,建物・付帯コンクリートの躯体を残してほとんど改造。屋内運動場については,耐震補強事業と大規模改造である。質疑,国分西小学校大規模改修事業はいつまでかかるのか。答弁,24年度までかかる。グラウンド整備工事については,最終年度に実施する。質疑,国分南小学校大規模改造事業はいつまでかかるのか。答弁,平成22年度で屋内運動場の耐震補強工事と改修事業を同時に行う。校舎等についていえば,予算の問題もあるが,年次的に進めていきたいと考えている。質疑,市単独で行う幼稚園就園奨励事業の内容の説明を。答弁,市単独の就園奨励費の助成額は,市民税非課税世帯へ3万1,000円,市民税所得割非課税世帯へ1万7,800円で,それ以外の世帯に1万4,000円の補助をしている。国の補助金の額はいくらか。答弁,1人就園されている場合,市民税非課税世帯で15万3,500円,所得割非課税世帯で11万6,300円,市民税所得割課税が3万4,500円以下の世帯へ8万8,400円,市民税所得割課税18万3,000円以下の世帯へ6万2,200円を支給している。質疑,1万円の入園補助をしてくれという陳情があるが,この件に対しての考えは。答弁,教育委員会に配分されている枠配分の中では非常に厳しい。質疑,小学校での特別支援教育推進事業,中学校での心の教室相談事業の特長と現状について説明を。答弁,特別支援教育に関する支援員の状況は,本年度は小学校に9名,中学校に4名配置しているが,来年度は小学校に10名,中学校に5名ということで,それぞれ1名ずつ増やす予定である。また,幼稚園に対しても,2名の支援員を配置するという計画である。質疑,国分中央高校の施設整備で,耐震補強設計の委託はどの施設,建物が対象になるのか。答弁,2号館の西側,3号館,3号館と4号館の間にある渡り廊下,4号館,それと屋内運動場になる。耐震工事については23年度からと考えている。質疑,スクールバス運行事業で,小学校3台,中学校6台の運行に伴う学校はどこか。答弁,小学校が牧園出張所1台,福山出張所2台,中学校スクールバスは横川出張所1台,牧園2台,霧島3台である。ほかにも多くの質疑がありました。教育部への質疑を終結し,商工観光部の説明を受けました。 ○議長(池田 守君)  ただいま植山予算特別委員長の議案第60号に対する報告中でございますが,ここでしばらく休憩いたします。                「休憩  午後 2時56分」                ──────────────                「再開  午後 3時13分」 ○議長(池田 守君)  休憩前に引き続き会議を開きます。植山予算特別委員長の報告を求めます。 ○予算特別委員長(植山利博君)  引き続き,委員長報告を行います。商工観光部の歳入は,行政財産使用料,関平温泉使用料,労働使用料,商工使用料,商工費県補助金,商工費委託金,関平鉱泉施設整備基金利子,地域総合整備資金貸付金,むらおこし資金貸付金,公園電気使用料,雇用保険料及び雑入を合わせて総額4億1,990万5,000円,歳出は,関平温泉施設費,働く女性の家事業費,商工総務費,商工業振興費,企業誘致推進費,観光費,施設管理費及び新エネルギー対策費を合わせて総額7億8,394万5,000円で,一般会計歳出予算に占める割合は1.6%である。前年度当初予算額7億7,524万1,000円に対し,870万4,000円の増で,対前年度比1.1%の増となっている。商工観光政策課の歳出予算は,働く女性の家事業費,商工総務費,商工業振興費及び新エネルギー対策費を合わせて2億7,446万6,000円で,前年度当初予算額2億5,755万7,000円に対し,1,690万9,000円の増で,前年度比6.6%の増である。主な事業は,部内の総合的企画調整,霧島ふるさと祭実行委員会活動支援事業,緊急雇用促進事業,消費生活相談事業,商工業資金利子補給事業及び商店街活性化支援事業である。企業振興費の歳出予算は,企業誘致推進費の408万2,000円で,前年度当初予算額6,061万に対し5,652万8,000円の減で,対前年度比93.3%の減である。厳しい経済・雇用情勢の中,今後も県をはじめ,関係機関と連携をとりながら,企業誘致に向けた取り組みを進める。観光課の歳出予算は,関平温泉施設費,観光費及び施設管理費を合わせて5億537万7,000円で,前年度当初予算額4億5,707万4,000円に対し,4,830万3,000円の増で,対前年度比10.6%の増。観光課の主な事業としては,NHK大河ドラマ「龍馬伝」誘致事業の391万4,000円,大河ドラマ「龍馬伝」観光宣伝広告事業563万5,000円,市制5周年記念霧島市花火大会開催支援事業1,200万円,塩浸温泉龍馬公園維持管理事業1,317万円,神話の里公園環境整備事業254万9,000円などである。関平鉱泉関係については,歳入が関平温泉使用料として2億7,098万5,000円,関平鉱泉施設整備基金利子193万9,000円,関平温泉入浴用品売上げ20万円,自動販売機設置料9万6,000円,鉱泉水宅配料6,000万円等。歳出については,職員の人件費881万3,000円,鉱泉水製造販売と温泉管理に伴う賃金5,869万1,000円,鉱泉水PR等の旅費18万1,000円,需用費1億5,718万9,000円,役務費7,359万4,000円,施設・設備の維持管理並びに各種リース代として,委託料1,036万6,000円,使用料及び賃借料342万6,000円,関平鉱泉所周辺の下水道供用開始に伴う配管敷設工事費として438万5,000円,施設の簡易補修に伴う原材料費30万円,老朽化した公用車の新規購入費用180万円などである。以上の説明の後,質疑に入りました。質疑,今回,市制5周年記念ということで,花火大会が開催されるが,総事業費の見込みはいくらか。答弁,総事業費1,600万円を予定している。質疑,花火大会の関連で,祭りは市民からの働きかけ,盛り上がりが大事で,市が予算を組むからこれでやってくれというのはいかがなものか。答弁,花火大会については,商工会議所,商工会,観光協会などが実行委員会をつくって,自ら花火大会を実施したいということで,総体は1,600万円の経費が必要であるが,400万円程度は実行委員会で手当てをする。不足額について市に補助を求めてきたものである。質疑,市観光協会に1,543万9,000円の予算が組んであるが,この積算根拠を示せ。答弁,観光協会が21年度に合併したが,そのとき,合併から3年間は,それぞれ観光協会の事業を引き継ぐ,また,補助金は3年間維持するということで,補助金はこの金額となっている。質疑,塩浸温泉龍馬公園資料館はいつオープンするのか。温泉はいつか。また,料金はいくらか。それぞれの歳入予算691万2,000円,226万8,000円の根拠を示せ。答弁,塩浸温泉龍馬温泉は5月1日オープンを予定している。資料館の入場料金は300円,温泉は360円で,子どもがその半額。資料館については300円×335日×69人から70人近くで690万くらい予算計上。温泉については360円×19人から20人くらい×339日で計算すると220万円から226万8,000円程度となる。質疑,商工会と商工会議所へ補助金を1,310万5,000円と711万5,000円出すが,それぞれの活動状況はどのように把握しているか。答弁,商工会の事業は,今年は農商工連携でやった「太刀鉾蒸」,地域では昔の祭り,木市,夏祭りなど。商工会議所の事業は商工業の活性化推進,中小企業対策など。商工業活性化については,各通り会,商店街イベント,姉妹都市交流等の事業などがある。質疑,市制5周年記念の霧島市花火大会実行委員会というのは,商工会議所が事務局となり,商工会議所を通じて実行委員会を立ち上げるから,1,200万円ほしいという申請が来たと理解してよいか。答弁,そのようなことで,計画書が上がってきたということである。質疑,国分物産館のじょうもん市場の管理運営事業で賃借料は予算的にはどこに出てくるのか。答弁,財産収入で建物が104万円,土地が136万円,合計240万円が平成20年度は入っている。質疑,観光資源情報発信事業で643万2,000円が組んであり,霧島市観光協会委託となっている。内容を示せ。答弁,この事業は観光協会に委託することにしているが,市内の観光資源の発掘と案内板,看板の設置事業,また,ホームページをつくったり,観光に役立つアンケート等をとり,次の観光施策に生かす事業である。ほかにも多くの質疑がありました。商工観光部への質疑を終結し,工事監査部の説明を受けました。工事監査部では,「入札・契約制度につきましては,関係法律等に基づく透明性の確保,公正な競争の促進,適正な施工の確保,不正行為の排除の徹底など,4つの基本原則に従い,発注や契約に関する事務を適正に実施していく。また,コスト縮減についても,「5%程度の目標」を掲げ,公共工事のコスト縮減対策に取り組んでいく。なお,地元建設業界が地域産業の中核として維持できるための具体策として,1つ目に,公共工事の前倒し及び早期発注による経営安定化対策と雇用対策,2つ目に,工事発注の平準化による品質確保と適正な工期の確保,3つ目に,中間前金払い制度の活用促進,4つ目に,電子入札による一般競争入札への完全移行,以上の4点を基本に今年度は取り組んでいく」。以上の説明の後,質疑に入りました。質疑,「中間前金払い制度の活用促進ということだが,以前は非常に事務的に煩雑であるということだったが,今現在の中間払い金をもらうときの制度がどのようになっているのか。答弁,今は工事の進捗が60%以上であれば,中間検査や事務的な手続きは,簡単な手続きで処理でき,数件そのような処理がなされ喜ばれているという話は聞いている。ほかにも質疑がありました。以上で工事監査部への質疑を終結し,会計管理部の説明を受けました。次に,会計管理部では,金融市場では,現在でも円高と株価低迷を続けており,今後もしばらくは低金利状態が続くものと思われる中,限られた財源をもとに最大限の効果が期待されているので,その資金管理運営に万全を期していきたいと考えている。また,公共料金の口座引き落し,封筒広告,コンビニ収納の推進など,今後とも積極的に事務改善を進めていく必要があると考えている。以上の説明の後,質疑に入りました。質疑,コンビニでの収納業務について,軽自動車税は前年度から始めたということだが,どれぐらいの利用状況か。また,収納手数料は1件当たりいくらを予定しているのか。答弁,前年度の実績は,件数割で28%である。また,収納手数料は1件当たり59円の委託料を想定している。ほかにも質疑がありました。以上で会計管理部への質疑を終結し,監査委員事務局の説明を受けました。次に,監査委員事務局では,公平委員会の64万6,000円はすべて一般財源で,内訳は公平委員会委員の3名の報酬,全国公平委員会連合会研究会等の旅費,一般消耗品費,全国及び県公平委員会連合会負担金及び出席負担金である。次に,監査委員費の4,135万3,000円は,すべて一般財源で,内訳は監査委員3名の報酬,職員4名の給料,職員手当,共済費,全国都市監査委員会定期総会及び事務研修会や西日本都市監査事務研修会,県下各市監査事務局長研修会等の旅費,決算審査意見書作成用の印刷製本費,全国都市監査委員会及び九州各市監査委員会等の負担金である。以上の説明の後,質疑に入りました。質疑,指定管理に対しての成果等は監査をされるのか。答弁,今月末までに事業計画を作り,どの程度今の人員で対応できるか,外部がどの程度できるかということを審議していく。質疑,22年度は,財政援助団体のいくつかを監査をしようという計画があるか。答弁,スタッフの関係,それと,年間を通じての各課,全課を監査する関係上,今までも難しい部分があり,3月中に委員並びに事務局職員との中で22年度の計画について話し合いをしていく予定である。県下の事務局でもなかなかやっていないというのが実情である。ほかにも質疑がありました。以上で監査委員事務局への質疑を終結し,議会事務局の説明を受けました。議会事務局では,議会費は議員34名と職員10名分の人件費,行政視察等の旅費及び政務調査費が主なるもので,総額3億4,129万5,000円を計上しており,財源は全部一般財源である。以上の説明の後,質疑に入りました。質疑,議会だよりが500部減で,17万4,000円減となっているが,議会だよりがいろんな公共施設のほうで出なかったのか。答弁,4万4,500部の印刷をしてきて,今回500部減らしているが,隼人庁舎や5つの各総合支所の窓口に配置し,余っている分をそれぞれ確認し,総体で500部減らした。質疑,職員の分が,196万8,000円増で計上してあり,賃金の2名分は分かるが,共済費のほうは増にならないのか。答弁,議会費で計上している事務補佐員2名の賃金に関しては共済費の計上はない。総務管理費のほうで計上している。ほかにも質疑がありました。以上で議会事務局への質疑を終結し,消防局の説明を受けました。消防局では消防費総額から水防防災費と災害対策費を除いた消防局関係分の総額が15億8,839万5,000円で,前年比1億9,258万9,000円減額の予算である。減額になった主な理由は,1,北消防署の庁舎建設工事が終了したこと。2,消防署のはしご車オーバーホールが昨年単年度事業で終了したこと。3,消防車両の購入台数が昨年に比べ少ないことなどである。歳入の財源内訳は,国庫支出金1,416万6,000円,県支出金376万5,000円,地方債6,160万円,そのほか4,530万5,000円,一般財源14億6,355万9,000円である。常備消防費は,人件費12億198万8,000円のほか,救急救命士育成事業,消防装備等整備事業,新規事業として,住宅用火災警報器普及啓発事業など12億9,138万6,000円で,前年度比2,133万7,000円の減である。非常備消防費は消防団の運営,施設管理,車両管理等に要する経費及び女性防火クラブ運営事業など2億697万4,000円で,前年度比358万4,000円の減である。消防施設費は,消防水利整備事業,消防団車両更新事業,高規格救急自動車更新事業,消防緊急通信指令施設整備事業など9,003万5,000円で,前年度比1億6,766万8,000円の減である。以上の説明の後,質疑に入りました。質疑,救急救命士の育成について,最低必要な資格取得者の人数と毎年どの程度養成していくのか。答弁,勤務の交代の関係で,救急隊1隊につき4名の救急救命士が必要で,来年度から9隊となり36名が必要となるが,現在29名で今月に受験した2名が合格すれば31名となる,毎年2名程度ずつ養成していく計画である。質疑,消防緊急通信指令施設設備事業について,携帯電話からの発信地等が迅速に把握できるとのことだが,個人情報で情報をなかなか教えてもらえないということはないか。答弁,事件や火事等で119番をかけてきて,消防に助けを求めている人については教えてもらえる。しかし,行方不明等の場合で,119番をかけていない人については,これまで同様情報はもらえない。質疑,救急救助資機材整備事業で,テロ災害の備品等はどのようなものか。答弁,特殊な防護服や汚染したときの除洗機である。ほかにも多くの質疑がありました。消防局への質疑を終結し,建設部の説明を受けました。建設部関係の歳入歳出予算額は,土木費の47億8,094万円で,前年度と比較して6億1,094万円の減で,対前年度比で約89%である。内訳は,土木管理費4億7,310万1,000円,道路橋梁費13億2,839万9,000円,河川費8,789万4,000円,港湾費1,352万8,000円,都市計画費21億3,994万5,000円,住宅費7億3,807万3,000円。また,災害復旧費は公共土木施設災害復旧費として,前年度と同額の7,200万円を計上したものである。第2表,債務負担行為は,木之房団地建替事業で,計画戸数70戸のうち,1期工事分の1棟32戸に係る平成23年度の工事分として3億3,052万5,000円,また,霧島市土地開発公社の公共用地先行取得分で,(仮称)新川北線外4路線などの公共用地について,平成23年度までに取得依頼をするための用地費として2億3,600万円,並びに景観計画策定業務委託の平成23年度の委託費分として600万円をそれぞれ限度額として計上したものである。第3表,地方債は各種事業の地方債のそれぞれの限度額を設定したものである。以上の説明の後,質疑に入りました。質疑,建設部では,国や県の雇用対策事業を活用しての事業を取り組まなかったのか。答弁,今回予算には計上できなかったが,県の緊急雇用創出事業の基金を活用するために,高所木を伐採する計画を立てている。各総合支所からの路線の抽出も済んでいるが,今後まだ調整すべきものがあり,今後の補正予算で計上していく予定である。質疑,市営住宅への住宅火災警報器設置について,団地ごとに設置業者を決めるのか。答弁,実際取り付けに行く際に,不在の場合でも,地区でまとめてあれば,ほかの団地にすぐ行けるため,ある程度まとめて地区ごとに選定する予定である。質疑,景観計画策定事業と条例制定の関係はどうなっているか。答弁,景観計画策定については,今後の景観にかかわる部分の良好な取り組みをしていくために,市民,事業者の合意を得ながら,地域の特性に基づき,対象とする区域や景観計画区域,あるいは景観の形成に関する方針,それから景観の形成のための行為の制限に関する事項,景観重要建造物や景観重要樹木の指定の方針等を定めるものとされている。本市では,平成22年度から23年度にかけて景観計画を策定し,最終的には条例の制定をしたい。以上で建設部への質疑を終結し,議案60号の審査を終了しました。討論では,本案に対する討論が2名からありました。まず,4点について,要旨,次のような反対討論がありました。「都市計画税は都市計画事業に充当する目的税である。都市計画税は,下水道や都市公園整備,区画整理事業など,計画のある地域に限定すべきであり,その税率についても,姶良町や加治木町並みに引き下げるべきである。第2に,市立保育園で働く保育士は正規職員と全く同じ労働であり,保育士の資格を取得しているにもかかわらず,受け取る賃金は,働く貧困層と指摘される水準にある。今年から少しばかりの一時金支給が行われるようだが,通勤手当も支払われない賃金のあり方は早急に改善して,同一労働,同一賃金の原則とした賃金体系に改善すべきである。第3に,部落解放同盟隼人支部に対する補助金について,同和事業は既に一般事業に移行して数年が経過している。その中で同和問題も人権問題の一つとして進めるべきであって,特定団体への補助についても見直しの対象とすべきである。第4に,隼人駅東土地区画整理事業の計画において,減歩率23.14%で,これ以上の引き下げはないとのこと。同計画地域は,公益性の高い駅を中心に行われる事業であり,隼人地区で実施されている浜之市土地区画整理事業や,姫城地区の減歩率と同程度の住民負担にすべきである」との反対討論。次に,2点について,要旨,次のような反対討論がありました。「林業振興費で,シカ頭数調査事業,生態系調査の予算では,コンサルタントに委託するという調査区域の設定や調査面積が明確でない。シカのふんで個体数の確認ができるとのことだったので,審査後,シカの生息地に出向き,シカのふんなどを確認したが,ふんにシカ1頭ごとの識別できる色素は確認できなかった。調査区をメッシュで切ってシカのふんで頭数を割り出しても,夜行性で群れを持って移動する習性を持った野生動物であるシカについて,調査費を使い,調査結果をもらっても,その調査結果を担保することはできない。一夜で20km,30kmと移動するシカの生息調査は,事業の成果も期待薄で,客観的に霧島市民の生活環境の利益につながる調査とは到底考えられない。2点目として,市制5周年記念事業のイベント等の開催に伴う予算が関係部課に振り分けられ設定されているが,経済不況の中,明日の生活に困窮して生活相談などされている市民がいることを考えると,合併記念式典や花火大会参加は特定の市民に限定され,山間部の市民は恩恵を受けられない。平等性に欠けるイベントと言わざるを得ない。花火大会は市の依頼,いわゆる委託を受けての事業計画であり,補助金ではない。よって,委託料が妥当と判断する。以上,反対の主なる理由とする」との反対討論がありました。採決の結果,議案第60号については,賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定しました。次に,議案第61号,平成22年度霧島市国民健康保険特別会計予算について,執行部から,「平成22年度予算は国民健康保険事業の安定した財政運営を図るため,昨年に引き続き,生活習慣病対策としての特定健診・特定保健指導にかかる経費,疾病の早期発見・早期治療のための人間ドックの受診助成費及び新規事業として脳ドックの助成費など,医療費抑制対策を前提に編成し,歳入歳出の総額をそれぞれ135億9,966万円とするものである」との説明。歳入では,国民健康保険税は一般被保険者,退職被保険者など,合わせて25億9,979万2,000円で,前年度比3億2,039万9,000円の減である。国庫支出金の療養給付費等負担金は,医療費の伸びなどを勘案して見込んでいる。前期高齢者交付金は,社会保険診療報酬支払基金からの交付基準により算定した。繰入金は一般会計繰入金で,国保税軽減分などに係る保険基盤安定繰入金や出産育児一時金繰入金,職員給与繰入金など,国が示している国保特別会計繰り出しの考え方に基づいた額を算出し計上している。歳出では,療養給付費は一般被保険者と退職被保険者等それぞれの医療費に係る保険者負担分であり,21年度医療費見込みの3%の伸びと診療報酬改定に伴う0.2%を考慮している。高額療養費も一般被保険者と退職被保険者等で,21年度の支給額見込みの3%の伸びを見込んでいる。後期高齢者支援金は,後期高齢者医療制度の運営に対し,各保険者が現役世代からの支援金として,必要な分を社会保険診療報酬支払基金へ拠出する拠出金である。高額医療費拠出金,その他共同事業拠出金,保険財政共同安定化事業拠出金の3事業の事業費は,高額な医療費が国保財政に与える影響の緩和のために国保連が行う共同事業に対して,各保険者がその応分を拠出するものである。以上のような説明のほか,その他の計上経費について説明がありました。主な質疑として,質疑,資格者証の発行については,悪質な滞納と払えない人を分けて考える必要があるのではないか。答弁,5回以上連絡を取っても相談に応じていただけない方に資格者証を出しているが,滞納している方と会う機会をつくっているのが実情である。相談があれば,柔軟に対応・運用している。質疑,国保の歳出のほとんどを占めるのが,療養給付費,拠出金などである。療養給付費抑制のための政策的な取り組みは検診だと思うが,受診率を引き上げるための対策はとるのか。答弁,特定検診は目標を設定しているので,検診を受ける人を増やしていきたい。人間ドックについては,脳ドックを新たに加えた。ジェネリック薬品の普及の取り組みも続けていきたい。質疑,人間ドックは今年は何人ぐらいを見込んでいるのか。答弁,一般コースで610名,女性コースで255名,脳ドックで50名,合計885名である。討論では,要旨,「市長は2010年度の国保税について,市民の負担を軽減するための指示を出し,6月議会にその具体策を示した上で,4月にさかのぼった軽減措置をとるとしているが,今回上程されている予算は,2007年度から大幅に引き上げられた税率によって計画されている。高い税負担は1,883件の短期保険証の発行や,病院窓口で医療費の全額の支払いを求められる資格証明書が338世帯に発行されているなど,医療保険制度の最後の受け皿である国保の担わされている役割からしても,大きな問題がある」との反対討論がありました。賛成討論はありませんでした。採決の結果,賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定しました。次に議案第62号,平成22年度霧島市後期高齢者医療特別会計予算について,執行部から「昨年に引き続き,被保険者への制度の周知に努め,医療保険制度の健全化,保健事業による医療費適正化の充実,従来の人間ドックに加え,脳ドック,受診者への助成を行い,医療に対する被保険者の意識高揚など,積極的な推進を図ることを基本に置いて編成し,歳入歳出総額を10億8,314万円とするものである」との説明,歳入では,後期高齢者医療保険料については,特別徴収保険料,普通徴収保険料,合計6億8,679万2,000円を計上している。保険料算定の均等割と所得割は2年ごとに見直されるが,22年度と23年度は現在と同じである。一般会計繰入金のうち,保険基盤安定繰入金は,低所得者に対する保険料軽減分の公費補てん分である。保険料還付金,還付加算金は,どちらも所得更正等による保険料過誤納者への還付について,広域連合より交付されるものである。後期高齢者医療広域連合受託事業収入は,広域連合からの重複・頻回受診者への訪問指導に対する委託収入で,対象者100人を見込んでいる。歳出では,後期高齢者医療広域連合納付金で,歳出のほとんどを占めている。被保険者の納付分の保険料,延滞金,低所得者への保険料軽減分を公費で補てんした分を,広域連合に納入する納付金である。健康審査事業は,生活習慣病の早期発見,予防を目的とした長寿健診に関する経費が主なもので,2,840人の受診を見込んでいる。以上のような説明のほか,その他の計上経費について説明がありました。主な質疑として,質疑,74%の方が軽減を受けるということだが,具体的にどれぐらいの人数か。答弁,9割軽減6,567名,8.5割軽減3,794名,5割軽減490名,2割軽減992名,合計1万1,843名を予算上は見込んでいる。質疑,高齢者に対する資格証明書の発行について,高齢者に対して病院に行けないような措置をとるべきではないと思うが,市の対応はどうなっているか。答弁,払う資力があり,納税相談に応じてくださらない方には交付する。資格者証を出すことによって病院にかかる機会が損われるようなことがない場合のみ出していいということになっている。討論では,要旨,「後期高齢者医療制度を賄う特別会計は,75歳以上の高齢者を別枠の医療保険制度に囲い込み,差別医療を進め,『平成の姥捨山』政策と言われ,本制度は民主党と共産党などが協力して廃止法案を提出した経過がある。先の総選挙で即廃止を掲げた公約に反して存続していることが問題であり,国政の失政のつけを市町村が担わされているという制度である。主には,国政にその大きな問題があることは承知しているが,制度の持つ差別医療を行う制度の問題点については,地方議会でも反対の態度を明確にするものである」との反対討論がありました。賛成討論はありませんでした。採決の結果,賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定しました。なお,委員長報告に付け加える点として,「一般ドック,女性ドックに加え,今回から脳ドックを受診しやすい環境ができた。これらの件について,広報活動をしっかりしてもらい,人間ドックの助成の活用を広げていただきたい」との意見がありました。次に,議案第63号,平成22年度霧島市老人保健医療特別会計予算について,執行部から,「平成20年4月からの後期高齢者医療制度の開始に伴い,老人保健医療制度は,平成20年度で終了しているが,制度廃止後,3年間は特別会計を残すことになっており,平成20年3月診療分以前の保険給付があることを踏まえ,歳入歳出総額213万1,000円とするものである。老人保健医療制度は,平成22年度が最終年度となる」との説明。歳入では,医療費交付金は,現年度分,平成20年3月診療分までの医療に要する社会保険診療報酬支払基金からの交付金で,一般会計繰入金は,平成20年3月診療分までの医療に要する費用の市の負担分である。歳出では,医療給付費は,月遅れ請求分に係る医療費の保険者負担分,医療費支給費はコルセットの治療用装具や入院時の食事代差額,はり・灸などの施術を受診したときに係る医療費のうち,保険者負担分に係る経費である。以上のような説明のほか,その他の計上経費について説明がありました。主な質疑として,質疑,制度が廃止され,2年を過ぎてまだ未給付が残っているが,通常の場合もこういうことがあるのか。答弁,医療機関で受診されたレセプトが出されるが,再審査にかかったりして,それで,時間がかかることがある。これは,国民健康保険でも同じようなことが起きる。討論はなく,採決の結果,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定しました。次に,議案第64号,平成22年度霧島市介護保険特別会計予算について,執行部から,「平成22年度は,介護保険ボランティアポイント制度や通所による介護予防事業,物忘れ外来等の受診助成事業などを引き続き推進していくほか,認知症の予防教室を新たに開設するなど,介護保険事業全般にわたり,充実・強化を図るための経費を計上した。保険料については,平成18年度以降5年間据え置いているが,年々介護保険サービスの増加に伴い,保険給付費等が増加し,財源不足を生じることから,基金を取り崩し補てん財源とした。この結果,歳入歳出予算の総額を平成21年度に比較して2億7,230万円(3,4%)増の82億3,350万円とした」との説明。歳入では,特定財源として,介護保険料,国県支出金,社会保険診療報酬支払基金支出金,一般会計繰入金等をそれぞれ法律の定めに基づく負担割合により所要額を計上した。保険料区分の多段階化や保険料据え置きに伴う保険料の不足分を介護従事者処遇改善臨時特例基金,介護給付費準備基金から繰り入れることとした。歳出では,総務費に介護保険制度運営に要する職員の人件費,認定調査員の賃金及び事務経費,姶良・伊佐地区介護保険組合への負担金を計上した。保険給付費では,要介護・要支援者への介護給付費として,27事業それぞれの介護サービスの種別ごとに,総額76億7,382万4,000円を計上した。そのほか地域支援事業費,保健福祉事業費,基金積立金,公債費の各事業に要する経費を計上した旨の説明があった。以上のような説明のほか,その他の計上経費について説明がありました。主な質疑として,質疑,給付費が介護保険の歳出の93%を占め,介護保険会計に大変影響する。当初予算は,前年度より約5億円の増だが,どういう伸びがあると予測しているのか。答弁,給付費は毎年度三,四%程度の自然増がある。介護保険施設の20年度建設が21年度にずれ込んだ分の影響もある。また,21年度に介護保険報酬改定があり,改定部分を4%と見込んだ。質疑,基金が決算見込みで9億円を超えると思うが,介護保険料の再点検をする準備があるのか。答弁,保険給付費が伸びているので,財源確保という観点から基金の取り崩しにつながってきている。基金を確保して,保険料の軽減等に充てるという考えは望ましいのではないかと考えている。討論では,要旨,「2010年度の保険給付費は76億7,982万4,000円で,対前年度比2億5,711万3,000円の増が計上されている。2009年度の保険給付費の決算見込みは70億7,000万円との試算であり,同時に介護給付準備基金の残高は,8億6,551万5,000円とのことである。本年度の給付費の伸び率は8.6%であり,過去3年間の伸び率から見て,65歳以上の第1号被保険者が負担する保険料を積み立てている介護保険給付準備基金はその一部を取り崩し,保険料値下げに充てるべきである。霧島市における2009年度の介護保険の認定率は16.9%であり,65歳以上の多くの高齢者が介護保険を利用していない現状からも,この結果を受けて,保険料の抑制をすべきである」との反対討論がありました。賛成討論はありませんでした。採決の結果,賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定しました。次に,議案第65号,平成22年度霧島市交通災害共済事業特別会計について,執行部から「交通災害共済管理事務費は,交通災害共済事業に係る事務経費等で,財源は基金利子と一般財源である。交通災害見舞金は,交通事故による死傷者に給付する見舞金で,財源は基金からの繰入金と一般財源である。予備費は,全額一般財源である。以上,交通災害共済事業費に総額3,161万円を計上した。以上のような説明のほか,その他の計上経費について説明がありました。主な質疑として,質疑,掛け金の免除者の比率が高い。本年度の新しい取り組みなどがあれば説明いただきたい。答弁,事業開始から4年が経過し,加入者増も図られず,また,減免制度により,基金も低減しており,平成23年度以降は掛け金のみでは運用ができない状況になっている。22年度に交通災害共済運営をどのように運営していくのか,行政評価,55人委員会等に諮りながら,方針を決めていきたい。討論はなく,採決の結果,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定しました。次に,議案第66号,平成22年度下水道事業特別会計予算について,執行部から,「本市の下水道事業は,『国分隼人地区』の公共下水道事業と,『牧園地区』の特定環境保全公共下水道事業の大きく分けて2つの区域の整備を行っている。国分・隼人の公共下水道事業計画区域は,2,097haを全体計画として,国分地区576ha,隼人地区326ha,合計902haについて,事業認可を受け,牧園特環公共下水道区域は,140haの全体計画として128haについて事業認可を受け,それぞれの区域で年次的な計画に基づき事業を進めている。平成22年度霧島市下水道特別会計予算は,歳入歳出予算の総額をそれぞれ15億5,817万円とするものである」との説明。下水道管理費は,処理場・ポンプ場の適正な維持管理及び受益者負担金,下水道使用料の適正な収納事務に要する経費である。公共下水道整備費は,使用開始区域の拡大により,下水道普及率の向上に努め,生活環境の改善と公共用水域の改善を図るための経費である。公債費は,元金と利子,合計6億6,791万2,000円を計上している。なお,県緊急雇用創出事業臨時特例基金事業は,整備面積の拡大に伴い増加が見込まれる滞納に対し,徴収専門の嘱託員2名を設置することで,徴収率向上・財源確保を図るもので,平成22年度も引き続き2名配置する。事業費はすべて県補助金である。以上のような説明のほか,その他の計上経費及び事業の詳細について説明がありました。主な質疑として,質疑,全体計画2,097haで事業認可が902haということだが,完成年度の平成28年度までの総費用はどれぐらいになるか。答弁,平成元年度からの事業費が259億1,690万1,000円で,処理人口が3万5,600人なので,1人当たり72万8,000円となる。質疑,公共下水道に接続している方はどれくらいの割合か。答弁,平成21年3月末の現在で,国分が74.1%,隼人が70.6%,合わせて73%の接続率である。牧園は,2月末現在で,70.3%となっている」。討論では,要旨,「下水道の受益者負担金は一括して支払った場合,20%値引きできる報奨金制度があり,約83%の市民がこの制度を利用している。しかし,一括で納入できない残り17%の市民にもっと目を向け,前納報奨金制度を見直し,報奨金の一部が受益者負担金の軽減に充てるべきである」との反対討論がありました。賛成討論はありませんでした。採決の結果,賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定しました。次に,議案第67号,平成22年度霧島市温泉供給特別会計予算について,執行部から,「温泉使用料及び温泉供給事業基金からの繰入金等を計上し,歳出は,通常の施設維持管理費のほか,温泉事業の総合計画策定業務委託や,蒸気井替え掘り工事を計画しております。歳入歳出予算の総額をそれぞれ9,974万1,000円とするものである」との説明。「一般管理費は,職員の人件費及び温泉使用料収納事務等の温泉事業の一般管理に係る経費である。温泉施設費は,施設の設置・維持管理,修繕,工事請負に係る経費である。委託料は,温泉事業総合計画策定業務,導水管敷設替設計,温泉収納システム切り替え策定などを予定している。工事請負費は,蒸気井替え掘り工事などである」。以上のような説明がありました。主な質疑として,質疑,加入金が92万円減となっているが,この主な理由は何か。答弁,172万円の加入金を2年間にわたって分納することになっており,そのうち,92万円が平成21年度分の分納金として加算されていたためである。質疑,事業収入の200万円の減額の主な理由は何か。答弁,月当たり20万円の使用料をいただいていた加入者が解約され,年間200万円という減収になった。討論はなく,採決の結果,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定しました。次に,議案第68号,平成22年度霧島市水道事業会計予算について,執行部から,「平成22年度の予算編成にあたっては,経済性と公共性の発揮とともに,独立採算制の原則を堅持し,水道ライフラインの機能を果たすため,清浄で豊富な水の安定供給,公衆衛生向上及び生活環境改善に寄与することを基本理念に予算の編成をした」との説明。収益勘定の収入の部においては,給水収益及び加入金を含め,総額20億8,621万5,000円とし,支出の部においては,営業費用,営業外費用を含め,18億6,907万4,000円とした。資本勘定の収入の部において,資本的収入の総額を6,896万5,000円とし,支出の部においては,配水管網や水源池等の整備及び企業債償還に必要な資本的支出の総額を15億8,854万4,000円とした。資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額15億1,957万9,000円は,当年度分損益勘定留保資金等で補てんするものととし,収支の均衡を図った。業務の予定量として給水戸数は水道事業4万3,100戸,簡易水道事業1万2,000戸,計5万5,100戸。年間総給水量は,水道事業1,310万m3,簡易水道事業340万m3,計1,650万m3。1日平均給水量は,水道事業が3万5,890m3,簡易水道9,315m3である。以上のような説明のほか,その他の計上経費について説明がありました。主な質疑として,質疑,現金預金が17億円余りあるが,単年度収支を見ると,2億円余りの計画になっている。最低限,収益に対して基金をいくらぐらい持っていなければならないという基準等があるのか。答弁,現金預金をどれぐらい確保すればいいか,どれぐらいが適当であるかということは,はっきりしたことは分からない。もちろん多いほど余裕があるということだけは申し上げられる。質疑,大津浄水場を廃止するとのことだが,水利権はもちろん消滅することになる。この関係で経費の削減があるか。水利権を得るために払っていたものがあれば当然出てくると思うが,どうか。答弁,権利だけの話であり,特に削減につながるようなものはない。質疑,企業債利息が4,673万6,000円計上されているが,起債残はどれぐらいか。答弁,企業債残高が44億5,470万9,890円である。討論はなく,採決の結果,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定しました。次に,議案第69号,平成22年度霧島市工業用水道事業会計予算について,執行部から,「平成22年度霧島市工業用水道事業会計予算は,国分上野原テクノパークに立地している工業群への工業用水道の安定供給を目的として予算編成した」との説明。収益勘定の収入の部においては,給水収益及び営業外収益を含め,総額679万8,000円とした。支出の部においては,営業費用,予備費を合わせて収入額と同額の679万8,000円とした。資本勘定の支出の部においては,量水器の更新を計画し,それらに必要な資本的支出の総額を12万5,000円とした。資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額12万5,000円は過年度分損益勘定留保資金で補てんするものとし,収支の均衡を図った。業務の予定量は給水事業所数17事業所,年間総給水量6万9,350m3,1日平均給水量190m3である。以上のような説明がありました。主な質疑として,質疑,新しい水道料金と工業用水道料金を単純にトン当たりで比較すると2倍以上の開きがあり,企業誘致の観点を考慮しても,価格差が大きい。以前から指摘されていたことだが,今回の予算計上にあたってどのような協議がなされたか。答弁,工業用水道事業のトン当たりの単価は従来どおりで,特段予算をつくるときに考えなかった。質疑,年間配水量は3万8,359m3,年間湧水量が3万7,868m3ということだが,この工業用水道で新しく企業が来たら足りなくなるということか。答弁,工業用水道の取水計画では,1日2,500tまでの能力を持っているので,全く足りないということではない。十分に余裕がある。討論では,要旨,「工業用水道の水道収益が1m3当たり51円に過ぎない。本年度統一される上水道料金(13ミリ口径30t使用の場合で,1m3当たり120円)に比べ,余りにも価格が抑制されており,一般会計から315万円の持ち出しも行っている。この料金格差の改定を見直すことを求める」との反対討論がありました。賛成討論はありませんでした。採決の結果,賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定しました。次に,議案第70号,平成22年度霧島市病院事業会計予算について,執行部から,「業務の予定量としては,病床数は254床で,前年度同数(一般病棟250床,感染症病床4床),年間患者数は,入院6万5,653人,外来6万2,308人と想定している。入院は,前年度比180人の減,外来は4,881人の増と見込んでいる。1日平均患者数は入院患者180名,外来患者210名と見込んでいる。主な建設改良事業としては,器械備品整備費で,脳神経外科開設に伴う医療機器などを含め5億円,施設改良費として中央手術棟建設に伴う経費などを含め,6億4,130万円を計上した」との説明。病院事業収益は,医業収益を37億459万2,000円,医業外収益を2億1,811万2,000円とし,脳神経外科開設による収益等を見込み,39億2,270万4,000円とした。昨年度より2億8,000万円増加している。病院事業費用については,医療費用を39億4,250万6,000円,医業外費用を9,066万9,000円,特別損失を2,000万円とし,合計40億5,317万5,000円を計上した。資本的収入は10億円の企業債を計上,資本的支出は建設改良費に11億4,130万円,企業債償還金に1億9,467万4,000円を計上し,合わせて13億3,597万4,000円としている。資本的収入額が資本的支出額に対して不足する3億3,597万4,000円は,当年度消費税及び地方消費税資本的収支調整額85万4,000円と過年度分損益勘定留保資金1億7,912万円,建設改良積立金1億5,600万円で補てんするものである。以上のような説明のほか,その他の計上経費について説明がありました。主な質疑としては,質疑,医療機器の購入について,購入方法は脳外科医に任せるのか,あるいは入札形式をとるのか。答弁,病院の医療機器等は医療機器機種選定委員会を庁内で開き,そちらである程度の機種を選定して,それから,一般の指名競争入札を行う予定である。質疑,他会計負担金の中に医師人件費があるが,いつまで一般会計から繰り出ししていくのか。答弁,脳神経外科が本格的に稼動するのが23年度からになると思っている。さまざまな経費も必要だが,当然に収益も上がって採算がとれてくるのではないかと思っているので,ここ数年という見方をしている。討論はなく,採決の結果,全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定しました。なお,平成23年度病院の指定管理期間5年が切れるが,霧島市の医療体制充実を図る上でも,民間病院を含めた公募という形で指定管理者の選定にあたってほしいとの意見がありました。以上で予算特別委員会に付託になりました予算議案11件の審査の経過と結果について報告を終わります。 ○議長(池田 守君)  ただいま委員長の報告が終わりました。ただいまの委員長の報告に対して一括して質疑に入ります。質疑はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  質疑なしと認めます。これより議案処理に入ります。   △ 日程第50 議案第60号 平成22年度霧島市一般会計予算について ○議長(池田 守君)  まず,議案第60号について討論に入ります。本件について,2名の議員から討論の通告がされておりますので,順次発言を許可します。まず,原案に反対の立場から,30番,前川原正人議員。 ○30番(前川原正人君)  私は日本共産党市議団を代表いたしまして,議案第60号,平成22年度霧島市一般会計予算に対して反対の立場から討論に参加をいたします。本案に反対する第1の理由は,歳入部分の都市計画税についてであります。霧島市が誕生をいたしまして5年目に入りましたが,都市計画税について,5年間の不均一課税の対象とはならないとして,本年度の22年度も従来の課税が行われているのであります。特に,隼人地区の都市計画区域は全体面積の約81%を占めており,霧島市全体の約31%という状況で,その課税面積も全体面積に対して国分地区が7.6%に対して,隼人地区は16.7%という広い地域に課税をされているのであります。都市計画税は目的税であり,下水道整備や都市公園整備,区画整理事業など,計画のある地域に限定をすべきであり,その税率についても,旧姶良町や旧加治木町並みの100分の0.1に引き下げを行うべきであります。反対する第2の理由は,本年度,ごみ処理手数料徴収条例の改定による敷根清掃センターへの搬入ごみを,30キロ以上を有料化することで,1,373万円の負担強化,温泉センター入浴料の一律20%値上げで,約606万円の負担増が見込まれているのであります。景気低迷が続く中,市民の暮らしは悲鳴を上げている中で,このような負担強化には賛成できないのであります。反対する第3の理由は,霧島市立保育園で働く保育士など,非正規職員126名の賃金2億1,956万3,000円が計上をされております。正規職員と同じ仕事をし,保育士の資格を取得されているにもかかわらず,年額174万2,000円の賃金であり,働く貧困層と指摘される水準であります。本年度からは,わずかな一時金が支給されることを予定しておりますが,通勤手当も支払わない賃金のあり方は早急に改善し,同一賃金,同一労働を原則として改善を図ることは当然であります。反対する第4の理由は,隼人駅東土地区画整理事業に,6,225万6,000円が計上をされております。この計画の対象地域の減歩率は23.14%で行われ,これ以上の負担減歩率の引き下げはないという方針で現在進められております。計画地域は,公共性の高い隼人駅を中心に行われる事業であり,地域の住民もこの高い減歩率には納得をしていらっしゃらない。少なくとも,隼人地区で実施をされているこれまでの浜之市土地区画整理事業の減歩率19.14%,姫城地区の減歩率19.07%と同程度の住民負担に下げるべきであります。反対する第5の理由は,福山町宝瀬地区に計画をされている一般廃棄物管理型最終処分場の調査予算として3,499万円が計上をされていることであります。この事業は平成20年度から継続されてきた経過がありますが,現在でも地域住民は最終処分場建設に対して賛成していないのであります。そういう中で,立地可能性調査は着々と進められ,行政のあり方に不満も出ていることも事実であり,住民合意の得られない中で進められていることを指摘するものであります。以上,反対する主なる理由を述べまして,私の反対討論を終わります。 ○議長(池田 守君)  次に,原案の反対の立場から,21番,岡村一二三議員。 ○21番(岡村一二三君)  私は,議案第60号,平成22年度霧島市一般会計予算について,反対の立場で討論を行います。本件予算については,予算審査を行った結果,大半が22年度の市民生活に直結する必要な予算計上であることは認めますが,反対する主な理由として,まず一つには,緊急雇用創出事業臨時特例基金事業を活用する事業に関係する予算審査での質疑に対する答弁で,予算額決定に至る根拠説明も自信を持っての説明ができず,あいまいで的を得ていない説明で終わったものもあり,特定財源であり,一般財源であり,国民の血税を1円足りとも大切に使おうとする姿勢に欠けていた。特に林業振興費で,シカ頭数調査事業,生態系調査600万円の予算計上についての質疑に,調査区域や調査面積も明確に答弁が行われなかった。また,シカのふんで個体数の確認ができるという答弁もあったが,審査後,私はシカの生息地に出向き,シカのふんなどを確認したが,ふんにシカ1頭ごとの識別できる色素は確認できなかった。例えば,調査区をメッシュで割り振り,シカのふんで頭数を予測したとしても,夜行性で群れを持って移動する習性を持った野生動物であるシカについて,調査費を使い,予測でしかない調査結果を受け取っても,その調査結果を担保することはできないと考えること。なお,鹿児島県においては,シカを含む鳥獣生息調査は,毎年狩猟免許交付に伴い,鳥獣生息調査表を狩猟免許所持者に配布し,免許所持者は,狩猟者登録証及び鳥獣捕獲報告書で,出会い数なども提出していることから,鹿児島県において,メッシュ番号で区域ごとに掌握済みであること。なお,また,県境を越えた広大な範囲の狩猟ができない。鳥獣保護区域を抱えた国立公園の鳥獣生息調査は,国有林であることから,林野庁の所管であること。よって,一夜で20km,30kmと群れで移動し,国立公園へ帰っていく野生のシカの生息調査をしようとしていることは,事業の成果も期待できず,客観的に霧島市民生活の利益につながる調査とは考えられないこと。よって,市独自のシカ頭数調査事業は,国民から強制的に徴収した税金の無駄遣いの最たるものであると言っても過言ではなく,将来的に残る無駄遣いの象徴として禍根を残す調査と指摘しておきたいということであります。2点目として,市民みんなで市制5周年を祝うとともに,市民の融和と一体感を醸成するため,記念式典,講演会などを開催し,合併した1市6町の市民のふれあいと文化の交流を図るという,市制5周年記念事業並びに市制5周年記念霧島市花火大会の開催を支援するなどとして,5周年記念事業のイベントなどの開催に伴う予算が関係部課に振り分けられ,予算が計上されていることについてであります。今,市民が市政に求めているものは,働く人を大事にし,多くの市民が小さな希望を形にする,堅実な行政運営であり,霧島市誕生前の合併協議会での決定事項に基づき,合併調印が行われたはずの新市まちづくり計画,実施計画なども合併前に各地域の住民へ合併3年間の事業名と財源を冊子により説明し,巧みな言葉で住民に夢と期待を抱かせ,合併したはずの実施計画事業であったにもかかわらず,合併後は,ローリングという巧みな言葉で多くの事業が先送りされております。予算審査でその事業名も把握されていない現状も明らかになりました。開かれた活力ある公正で公平な市政推進が重要と,市民の融和と一体感を醸成しようとするなら,合併5周年記念イベント事業どころか,まず,事業先送りになった事業を住民へ説明責任を果たし,事業の完成を図ることなど,責任を持って政策を実現するため,市民とともにがんばる,それが政治であり,霧島市のあるべき姿であります。明日の生活に困窮して生活相談などの市民が多くいる現状での合併記念式典や花火大会は,平成22年度の2月末の国保税調定額に対する滞納額は6億7,099万6,000円で,前年同月と比べ7,000万円増となっており,滞納繰越分も1億1,810万円増となっております。このことは,いかに市民の方々の生活が困窮しているかをあらわしております。当初予算で市制5周年記念と冠をつけた事業費は,市長をはじめ,ごく限られた人の自己満足度を高めるためのイベント行事であり,市民の方々は一夜の夢より,霧島市で生活していく中での生活の安定を強く望んでいると思います。一夜の夢より,実施計画に掲げた事業の推進,霧島市に住んでよかったという市民の声が大きくなる施策を推進するべきであると指摘し,以上,主なる反対の理由を述べ,反対討論といたします。 ○議長(池田 守君)  これで通告による討論を終わります。ほかにありませんか。 ○6番(脇元 敬君)  私は,議案第60号,平成22年度霧島市一般会計予算に賛成の立場で討論に参加をいたします。本予算は,景気後退の社会情勢の中,行財政改革の推進,選択と集中の考え方のもと,総合計画に沿ったものとはいえ,基金の取り崩しなど,厳しい予算編成となっていますが,霧島市議会において,初めて予算特別委員会を設置し,連日長時間をかけて審査をしてまいりました。私はその委員会の結果を重く受けとめ尊重し,賛成いたします。その中で,反対討論がありました,シカの頭数調査の事業についてです。近年問題になっているシカの食害対策の第一歩であると考えます。この事業はシカの分布密度を糞粒法を用いて頭数把握をしようとするものです。さらにスポットライトセンサスという,簡単にいえば,夜間に見回り調査をする調査も加えて行い,モニタリング,分布パターンを解析すると聞いております。この事業は把握した解析をもとに,狩猟圧に対する個体密度変動を情報化し,狩猟圧に対する個体密度変動や被害状況をあわせて解析することで,効果的に狩猟保護管理の方針を探ろうというものであります。また,植物被害及び野生植物生育影響についても調査を行うとしています。植生の状況を解析することで,シカの食害進行の状況を把握するものでもあります。この糞粒法を用いた生息数の推定は,最も一般的な手法であり,学問的にも確立されています。県も用いている手法でありますが,県は鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律に基づく,ニホンジカの特定鳥獣保護管理計画を作成しており,同計画の中で,分布面積,推定生息数等を調査しています。しかし,霧島市のエリアは,八重山・国見・霧島山地という広いくくりの中で調査をされており,当市にある調査地点は6か所のみと私は聞いています。もちろん,国や県が行っている調査結果のデータを使えるところは使いながら,それ以外の調査を行い,より正確な頭数や被害実態調査を行うことは,今後のシカ対策にとって必要なことでありますので,行っていただきたいと思いますけれども,林野庁のものは,国有林の中のみ,環境省のものは,国立公園の中のみの調査です。シカの食害はもはや国有林,国立公園の中だけの話ではありません。屋久島においては,このような調査結果を報告会などで直接地元に公表して対応を進めたと聞いています。また,細かな調査をすることで,じわじわと増えていく屋久島のシカの現状と対処の遅れが,より事態を悪化させることを実感したと聞いています。ヤクシカの増加という事実の共有と合意形成が容易になり,島民の中からも問題を対処しようとする視点が生まれたそうです。先日,市内でありましたバイオマスフェアにおいて,北海道大学大学院の立澤助教が,「農林業への被害について,個体数や密度を長く調査することで,順応的に管理するべきと提言,数の増減や被害の情報を可視化,共有し,国,市町村,住民が連携することが大事と訴えた」と新聞報道もありました。何にしても,まず精度の高い基礎情報が必要だということです。農林業にとっても,里山保存にとっても,希少植物にとっても,今のシカは単なる厄介者です。しかし,問題の根本は,我々人間の生産活動による森林の利用によるものと言われています。その上で,人間のみの観点で有害鳥獣とされ駆除されているのです。一つの命である我々が一つの命を奪っていくのです。その意味をしっかりと噛みしめるためにも,将来にこの豊かな自然を受け継いでいくためにも,多くの市民に今の状況を知ってもらうことは大事なことであり,その理解の上に適正頭数管理をする必要があると考えます。このような趣旨から,この事業が根本的な解決策へ向けた第一歩として必ず行われるべきだと考えます。以上,申し上げ,議員諸兄の賛同をお願いしまして,私の賛成討論といたします。 ○議長(池田 守君)  ほかに討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  以上で討論を終わります。採決します。委員長報告は賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第60号について,委員長の報告のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。                   [賛成者起立]  総数32名,起立者29名,起立多数であります。したがって,議案第60号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第51 議案第61号 平成22年度霧島市国民健康保険特別会計予算について ○議長(池田 守君)  次に,議案第61号について,討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第61号について,委員長の報告のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。
                      [賛成者起立]  総数32名,起立者29名,起立多数であります。したがって,議案第61号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第52 議案第62号 平成22年度霧島市後期高齢者医療特別会計予算について ○議長(池田 守君)  次に,議案第62号について,討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第62号について,委員長の報告のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。                   [賛成者起立]  総数32名,起立者28名,起立多数であります。したがって,議案第62号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第53 議案第63号 平成22年度霧島市老人保健医療特別会計予算について ○議長(池田 守君)  次に,議案第63号について,討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第63号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第63号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第54 議案第64号 平成22年度霧島市介護保険特別会計予算について ○議長(池田 守君)  次に,議案第64号について,討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第64号について,委員長の報告のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。                   [賛成者起立]  総数32名,起立者29名,起立多数であります。したがって,議案第64号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第55 議案第65号 平成22年度霧島市交通災害共済事業特別会計予算について ○議長(池田 守君)  次に,議案第65号について,討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第65号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第65号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第56 議案第66号 平成22年度霧島市下水道事業特別会計予算について ○議長(池田 守君)  次に,議案第66号について,討論に入ります。本件について,33番,宮内博議員から通告がされております。したがって,発言を許可します。 ○33番(宮内 博君)  私は,日本共産党市議団を代表して,2010年度霧島市下水道事業会計予算について,反対の立場から討論に参加をするものであります。私が本案に反対するのは,本年度当初予算に計上されている受益者負担金4,533万8,000円,前納報奨金685万円の中で,国分隼人地区における土地所有者に係る分についてであります。国分隼人地区における受益者負担金は1m2当たり430円で,100坪の宅地では14万1,900円の負担となります。この負担金は,20回に分割をして,5年間で支払うことが可能でありますが,一括して支払った場合,20%値引きできる報奨金制度があります。これまでの議論で,2009年度実績で見ても,約83%の市民が一括納入し,前納報奨金を受け取っているとのことであります。私は,今,暮らしが大変厳しい中で,一括で納入できない困難を抱えている残り17%の市民にもっと目を向けなくていいのかと指摘をしたいのであります。合併前に,旧隼人町では,町民税や固定資産税などの前納報奨金制度を廃止して,旧1市6町でも,合併と同時に,この制度を廃止した経過があります。旧隼人町では,その理由について,報奨金が年利で計算すると約8%の利息になり,低金利時代において存続は限界にあるとし,合併協議会の協議でも,低金利時代に入り,早期に納入された税額に対する利息収入が確保できなくなった納税者に不公平感があるなどとその理由を示しております。市の指定機関でありますJAの金利を見てみますと,300万円未満の2年間の定期預金金利は,現在0.08%であります。20%の報奨金は,年利4.5%に相当するとの委員会答弁がなされた経過があります。この低金利の時代であって,本制度が活用されているということは,下水道整備に要する受益者負担金は,1m2当たり430円の約8割,345円の負担でできるということであります。であるなら,この前納報奨金を活用して,受益者負担金の引き下げを行い,所得の少ない人にも軽減を図ることこそ進めるべきであります。前納報奨金制度を見直し,報奨金の一部を受益者負担金の引き下げに充てるべきであるということを指摘して,本案に反対する討論といたします。 ○議長(池田 守君)  これで通告による討論を終わります。ほかにありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  以上で討論を終わります。採決します。委員長報告は賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第66号について,委員長の報告のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。                   [賛成者起立]  総数32名,起立者28名,起立多数であります。したがって,議案第66号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第57 議案第67号 平成22年度霧島市温泉供給特別会計予算について ○議長(池田 守君)  次に,議案第67号について,討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第67号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第67号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第58 議案第68号 平成22年度霧島市水道事業会計予算について ○議長(池田 守君)  次に,議案第68号について,討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第68号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第68号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第59 議案第69号 平成22年度霧島市工業用水道事業会計予算について ○議長(池田 守君)  次に,議案第69号について,討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第69号について,委員長の報告のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。                   [賛成者起立]  総数32名,起立者26名,起立多数であります。したがって,議案第69号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第60 議案第70号 平成22年度霧島市病院事業会計予算について ○議長(池田 守君)  次に,議案第70号について,討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定したとの報告であります。議案第70号について,委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第70号は原案のとおり可決されました。   △ 日程第61 議案第72号 土地の取得について ○議長(池田 守君)  次に,追加議案が提出されております。日程第61,議案第72号,土地の取得についてを議題とします。提案者の説明を求めます。 ○市長(前田終止君)  本日追加提案をいたしました議案第72号,土地の取得について,ご説明を申し上げます。本案は,霧島市土地開発公社経営健全化計画に基づき,同公社が保有する山林53筆7万3,587平方メートルを水源涵養,災害の防備など,公益的機能の確保を図るため,2億8,241万2,709円で取得しようとするものであります。以上,ご説明を申し上げましたが,よろしくご審議賜りますようお願いを申し上げまして,提案理由の説明といたします。 ○議長(池田 守君)  ただいま提案者の説明が終わりました。お諮りします。本件については,会議規則第38条第3項の規定により委員会付託を省略し審議したいと思いますが,これにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。 ○10番(徳田拡志君)  2点ほどお聞きします。取得金額についてですが,2億8,241万2,709円の取得費の根拠をお示しいただきたい。それが,まず第1点です。それと,今回ここに出された開発公社からの筆数の中で,筆界未定の部分はないのか,あるいは名義が変わらないという所はないのか,この2点だけ質問いたします。
    ○農林水産部長(萬德茂樹君)  取得価格の根拠でございますけれども,これにつきましては,岩坂特定住宅用地の今現在の保有面積,保有額,これが保有額でいきますと3億7,843万7,404円というふうに伺っております。それで,このうち,今後処分する予定の金額が約9,500万円,それと,あとまだ未登記等でまだ登記のなおってない部分が102万4,695円ということで,残りの金額が2億8,241万2,709円という形で,簿価に対しまして,今後一般分譲を予定している価格から差し引いた金額が今回の取得価格になっております。平米単価にいたしますと3,838円,平米当たりという単価になっているようでございます。それと,2点目の筆界未定でございますけれども,今回購入する分について,1か所ほど筆界未定がございますけれども,これにつきましては,両方とも2筆あるわけですけれども,2筆とも今回買収ができますので,それにつきましては,筆界未定であっても取得ができます。名義もなおりますので取得をするということでございます。それと,名義のなおっていないものはないかということでございますけど,名義のなおっていないものはございません。 ○10番(徳田拡志君)  ただいま回答いただきましたが,平米当たり3,838円というのが根拠で,この2億8,000の金額が出たということでありますが,これ根拠では,今の簿価,開発公社の簿価としてこの評価が出てるということですが,固定資産評価,現在の評価,評価額についての根拠というのはどのようになっているか。また,この売買について不動産鑑定士等を入れての評価をされたのか。なぜこういう追加議案として急いでやらなきゃいけないのか,その根拠は示していただきたいと思います。 ○農林水産部長(萬德茂樹君)  この土地についての鑑定評価は出しておりません。ただ,この周辺を含めた形での固定資産評価額を見てみますと,26円台ということでございます。これを実勢価格に直しますと大体38円ぐらいになるようでございます。ただ,今回の場合は,先の土地開発公社健全計画の中で,行財政改革調査特別委員会の報告の中で,21年の3月議会で最終報告の中で,土地開発公社につきましては,所期の目的を達成したと考えられ,公社自体の解散も視野に検討を進める必要があると議論がなされたと。解散ということになると,公社の資産,負債等について市が引き継ぐことになる。財政的な状況を考慮し,一日も早い健全化に努めるべきである。そのためには,開発公社の所有するすべての土地を公表し,公募,競争入札などの手法で簿価を無視してでも処分できるものはすべて処分し,残った土地について一般財源を計画的に投入し,健全化を急ぐべきだという指摘を受けております。この指摘を受けまして,今回,緊急ではございましたけれども,3月の補正の時期にその経営健全化計画に基づきまして,この岩坂特定住宅用地を買い戻しをするという形でといたしたところでございます。今ご提案申し上げましたとおり,計画的にやはりこの開発公社の経営健全化計画を進めていく中で,市の財源的に少し余裕があった段階で購入するということでございますので,3月決算を見据えた段階で,財源的に少し余裕があるということで,今回3月のこの時期に買い戻しをするということでございます。 ○10番(徳田拡志君)  開発公社の経営健全化計画というのはよく分かるんです。それから,行財政改革のほうから言われたと。それは,開発公社の簿価よりも安くてもいいから売りなさいよというのなら話は分かるんです。市民の方も。実勢価格で38円しかしないものを3,800円で買い戻すというのは100倍の損なんです。これは,経営健全化では私はないと思います。そして,もう一つは,市が急ぐ理由という形で経営健全化をおっしゃいました。簿価を下げるんだと。そうじゃないんですよ。ここの提案理由は,涵養林をつくるんだと,森林の保全なんだということだったら,今のまんまでもいいわけですよね。市が取得するための目的は何なのかというのははっきりさせないと,この議案を今提出されて,今採択してくださいと言ったって,私たちも研究調査する機会もないんです。だから,もう少し丁寧に説明していただかないと,2億8,000万円の市民の税金ですから。しかも,それ100倍の価格で買い戻そうとするわけですから,もう少しそれの丁寧な説明ないですか。 ○副市長(南田吉文君)  今の件でございますけれども,補正予算で予算措置をしていただきまして,そして,その後,予算措置がなったものにつきまして,今回こういった再取得の議案を提出させていただいたところでございます。また,補正予算の中でもいろいろ質疑があったというふうにお聞きいたしておりますけれども,議員がおっしゃられます簿価も含めた買い戻しというのはいかがかということでございますけれども,いずれにいたしましても,最終的には,簿価に乗った金額というものは残っていくわけですよね。実勢価格で買い取ろうが,いずれは,公社の会計の中に残っていくわけでございます。それで,目標といたします5年先,あるいは6年先か分かりませんけれども,一定の精算が終わった中で,どうしても,土地はないけれども,簿価だけ残ってしまうと。これいずれ精算しなくてはならないというふうなことは,将来起きることは予想されるわけでございます。そういった中で,先ほど萬德部長も答弁しましたけれども,毎年度,これからもそうだと思いますが,予算的に,決算を見越しながら余裕がある場合には,その範囲内で,剰余の範囲内でやはりこれからも簿価を含めた形で再取得していきたいと思っております。また,もちろん簿価によります取得ばかりではなく,場合によっては,民間等との引き合い等ございましたら,その都度その都度個々具体的に検討を加えながら入札を行ったり,さまざまな手法を用いて処分していきたいと,そういうふうに公社としては考えております。 ○議長(池田 守君)  ほかにありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  以上で質疑を終わります。これより議案処理に入ります。議案第72号について,討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。議案第72号について,原案のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議案第72号は,原案のとおり可決されました。   △ 日程第62 議提第3号 改正国籍法に関する意見書について ○議長(池田 守君)  次に,日程第62,議提第3号,改正国籍法に関する意見書についてを議題とします。提出者の趣旨説明を求めます。 ○総務常任委員長(下深迫孝二君)  総務常任委員会から提出いたしました議提第3号,改正国籍法に関する意見書について,趣旨説明をいたします。お手元に配付しております意見書を読み上げて趣旨説明といたします。「改正国籍法に関する意見書」国籍法の一部を改正する法案が成立し,平成21年1月1日より施行されている。本改正は,これまで出生後日本国民である父に認知された場合,日本国民の父と外国籍の母の間に婚姻関係が存在することが,国籍を取得する要件であったものを,婚姻関係が存在しない場合も,日本国籍の取得を可能するというものである。この改正によって偽装認知等の違法行為並びに不正行為を懸念する声がある。よって,改正法案に対し,父子関係の化学的な確認方法を導入することの要否について検証を行うなど,虚偽の届け出を防止するために必要な制度運用に万全を期されるよう強く要請するものである。以上,地方自治法第99条の規定により,意見書を提出する。平成22年3月30日,鹿児島県霧島市議会。提出先は,内閣総理大臣,法務大臣,総務大臣,外務大臣,衆議院議長,参議院議長です。以上,会議規則第14条第2項の規定により,総務常任委員会,下深迫孝二,松元深,宮本明彦,脇元敬,徳田拡志,仮屋国治,吉永民治,田代昇子,以上,8名で提出するものです。よろしくご審議の上,議決いただきますようお願いを申し上げ,趣旨説明といたします。 ○議長(池田 守君)  ただいま提出者の趣旨説明が終わりました。お諮りします。本件については,会議規則第38条第3項の規定により,委員会付託を省略し審議したいと思いますが,これにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,そのように決定しました。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。 ○33番(宮内 博君)  総務委員長に1点だけお聞きをしておきたいと思います。これは,陳情書が提出をされて,今回意見書を提出するという形になっているわけですが,この陳情書の提出に当たって,委員会での議論がなされているはずです。そこでお尋ねしたいんですけれども,意見書の中にございます父子関係の化学的な確認方法を導入するということのその要否について検討を行うという記述がございます。これは,多額の費用がかかる,また,人権上も大きな問題があるというふうに指摘をされているこのDNA鑑定などの大きなハードルを設けなさいというそういう内容になっているわけです。そこで,委員会では,これらの件について,執行部も呼んで当然議論をしたと思いますけれども,どのような議論になったのか,その辺をぜひともご紹介いただきたいと思います。 ○総務常任委員長(下深迫孝二君)  このDNAにつきましては,例えば,外国の方だけをDNA鑑定をするといったようなことは,法の下の平等に反するということでできないということの答弁であったと思います。 ○33番(宮内 博君)  法の下の平等に反するという答弁がされて,なぜこういう記述をそのまま意見書に導入するというふうになったんですか。 ○議長(池田 守君)  しばらく休憩いたします。                「休憩  午後 4時56分」                ──────────────                「再開  午後 4時58分」 ○議長(池田 守君)  休憩前に引き続き会議を開きます。皆様にお知らせいたします。まもなく午後5時を迎えますけれども,本日の会議は終了するまで続けたいと思いますのでよろしくお願いいたします。 ○総務常任委員長(下深迫孝二君)  当初,12月議会でこの陳情が出ておりまして,その中に陳情事項として,DNA鑑定の審査時における推奨,2つ目に,申請者や外国人の親の日本における居住実態や,日本人の親による扶養実態等の綿密な調査と,そして,3点目が,審査情報の開示というようなことで出ておりましたけれども,これはちょっと12月の中で審査をしたときに答弁をいただいたのが,要するにこの文言ではちょっとまずいんじゃないかということで,3月議会で再提出をされて,化学的なということで出されたんだというふうに理解しております。 ○議長(池田 守君)  ほかにありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  以上で質疑を終わります。これより議案処理に入ります。議提第3号について討論に入ります。本件について,2名の議員から討論の通告がされておりますので,順次発言を許可します。まず,原案に反対の立場から,33番,宮内博議員。 ○33番(宮内 博君)  私は日本共産党市議団を代表して,改正国籍法に関する陳情について,また,意見書の提出について反対の立場から討論に参加をするものであります。改正国籍法は,2008年12月の国会で,日本共産党を含む賛成多数で可決成立しております。それは,同年6月日本人の父親とフィリピン人の母親との間に生まれた8歳から14歳の子ども10人が日本国籍を求めていた裁判で,最高裁判決が出され,現行の国籍法の規定が,憲法第14条の法の下の平等の原則に反するという違憲判決を下し,原告全員の日本国籍を認めたことを受けて,政府が国籍法の改正案を提出したものであります。最高裁判決は,児童が出生によっていかなる差別も受けないという,国際人権規約や児童の権利に関する条約に沿ったものであります。今回の国籍法改正によって,父母の婚姻要件が削除され,日本人の父親から出世後に認知されれば,法務局に届けることで,日本国籍を取得できます。これまで日本国籍を取得できないために,戸籍や住民票,健康保険がないという差別を受け,基本的人権の保障の上で重大な不利益を被っていた方が,この国籍法改正によって救済できる内容ともなっております。陳情書に添えられた意見書案でも,また本日提出されております意見書案におきましても,父子関係の化学的な確認方法を導入することの要否について検討を行うこととあり,ここに陳情者の陳情書提出のねらいがあることがうかがえるのであります。制度の悪用による偽装認知は犯罪行為であり,その防止は当然のことであります。これは,法改正後の運用で防止できるものであり,多額の費用がかかり,人権上も大きな問題があるDNA鑑定など,新たなハードルを設けることによって,真実の認知が排除されることがあってはなりません。真実の父子関係が確認できる人には,国籍を与えるべきであり,子どもの権利や利益が最優先されるという考えで運用されるべきであることを指摘して,本意見書案に反対する討論を終わります。 ○議長(池田 守君)  次に,原案に賛成の立場から10番,徳田拡志議員。 ○10番(徳田拡志君)  改正国籍法に関する意見書の提出について,賛成の立場から討論に参加いたします。この国籍法は,平成21年1月1日から施行されております。しかし,皆様ご承知のとおり,改正後わずか1年余りに,多くの事件が起こっております。改正によりその要件が変わったことが原因であります。今までは,国籍を取得しようとするものの要件の一つであった父母の婚姻,父母が婚姻をしなければ子どもの国籍として認めることができないと。これが,本改正によりまして,父母の婚姻がなくても,どちらか一方の認知により国籍を取得することができる,このような簡易化が行われた結果,日本中でどのようなことが起こったか,皆様ご承知のとおりであります。日本国籍を得るために,例えば,フィリピン女性25歳が,自分の子ども2歳に日本国籍を取得させるために,日本人男性19歳の少年に偽装認知を求め,その少年が偽装認知を認め,そして,法務局に届け出をするだけで国籍が認められるようになった。このような犯罪が多様化しております。我が国の日本の家族形態の崩壊を招くとともに,社会秩序の乱れを起こしかねないのであります。このことが懸念されるものであります。私たちはこのような事件が多発することを危惧し,親子関係を明確にするためにも,DNA鑑定による化学的な根拠を示し,そして,その確認方法を導入することで,虚偽の届け出を防止するために必要な制度運用を万全に期されるように要請するものであります。国におかれましては,厳正な審査をされますように,意見書を提出することに賛成するものであります。以上,議提第3号,改正国籍法に関する意見書提出について,賛成討論をいたします。 ○議長(池田 守君)  これで通告による討論を終わります。ほかにありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  以上で討論を終わります。採決します。議提第3号について,原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。                   [賛成者起立]  総数30名,起立者27名,起立多数であります。したがって,議提第3号は原案のとおり可決されました。ただいま可決されました意見書の字句の訂正,提出手続などにつきましては,議長にご一任願います。   △ 日程第63 陳情第4号 改正国籍法に関する陳情書 ○議長(池田 守君)  次に,日程第63,陳情第4号,改正国籍法に関する陳情書を議題とします。本件については,先ほど同じ内容の意見書が可決されましたので,みなし採択とすることにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,陳情第4号は,みなし採択と決定いたしました。ここでしばらく休憩いたします。                「休憩  午後 5時10分」                ──────────────                「再開  午後 5時20分」 ○議長(池田 守君)  休憩前に引き続き会議を開きます。   △ 日程第64 議提第4号 永住外国人地方参政権付与法案に反対する意見書について ○議長(池田 守君)  次に,日程第64,議提第4号,永住外国人地方参政権付与法案に反対する意見書についてを議題とします。提出者の趣旨説明を求めます。 ○総務常任委員長(下深迫孝二君)  総務常任委員会から提出いたしました議提第4号,永住外国人地方参政権付与法案に反対する意見書について,趣旨説明いたします。お手元に配付しております意見書を読み上げて趣旨説明といたします。「永住外国人地方参政権付与法案に反対する意見書」我が国には,永住権を持つ外国人が91万人生活しているが,永住外国人は地域に密接な関係を持つに至っており,地方公共団体の意見決定に参加させるべきであるとして,これまでもしばしば永住外国人に対する地方参政権付与について議論がなされてきたところである。しかしながら,日本国憲法において,第15条には,公務員を選定し,及びこれを罷免することは国民固有の権利であると規定され,また,第93条第2項では,地方公共団体の長その議会の議員及び法律の定めるその他の議員は,その地方公共団体の住民が直接これを選挙すると規定されている。この住民の解釈として,平成7年2月28日の最高裁判所判例は,地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味するものと解するのが相当であるとしている。したがって,日本国民でない永住外国人に対して,地方公共団体の長及び議会の議員の選挙権を付与することは憲法上問題があると言わざるを得ない。一方,国籍法第4条では,外国人は帰化によって日本の国籍を取得することができると規定され,永住外国人が憲法に基づく参政権を取得するためには,この国籍法の定める帰化によるべきものと考える。よって,国におかれては,永住外国人に対する地方参政権付与に関する法律を制定することのないよう強く要望する。以上,地方自治法第99条の規定により,意見書を提出する。平成22年3月30日,鹿児島県霧島市議会。提出先は,内閣総理大臣,法務大臣,総務大臣,外務大臣,衆議院議長,参議院議長です。以上,会議規則第14条第2項の規定により,総務常任委員会,下深迫孝二,松元深,宮本明彦,脇元敬,徳田拡志,仮屋国治,吉永民治,田代昇子,以上,8名で提出するものです。よろしくご審議の上,議決いただきますようお願いを申し上げ,趣旨説明といたします。 ○議長(池田 守君)  ただいま提出者の趣旨説明が終わりました。お諮りします。本件については,会議規則第38条第3項の規定により,委員会付託を省略し,審議したいと思いますが,これにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。 ○30番(前川原正人君)  委員長に1点だけお聞きをしておきたいと思います。今回の陳情第5号,永住外国人地方参政権付与法案の反対する陳情ということで,この議提として出されているわけですが,永住外国人であっても,日本にいることで地方自治体と密接に関係をし,住民の不利益を与えないということが地方自治法の本旨であるというふうに考えるわけですが,この委員会の中ではそのような議論はなかったのかお聞きをしておきたいと思います。 ○総務常任委員長(下深迫孝二君)  先ほど今前川原議員のほうに説明したときに,乗っ取られるとか,そういうことをおっしゃってましたけど,その件でよろしいんですか。そういう質疑はされておりません。 ○議長(池田 守君)  ほかにありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  以上で質疑を終わります。これより議案処理に入ります。議提第4号について討論に入ります。本件について,2名の議員から討論の通告がされておりますので,順次発言を許可いたします。まず,原案に反対の立場から,30番,前川原正人議員。 ○30番(前川原正人君)  私は,日本共産党市議団を代表いたしまして,陳情第5号,永住外国人地方参政権付与法に反対する陳情書の採択と意見書提出に対しまして,反対の立場から討論に参加をいたします。今回提出をされている永住外国人地方参政権付与法に反対する陳情書の要旨は,外国人に参政権を与えることは,日本国の内政干渉や国が乗っ取られることや,国籍法により外国人を帰化すべきであるとの内容で,永住外国人に地方参政権を与えてはならないというものであります。現在,日本には60万人を超える永住外国人,出入国管理及び難民認定法による永住者及び日本国との平和条約に基づき,日本国籍を離脱したものなどの出入国管理に関する特例法による特別永住者がいると言われております。これらの人々はさまざまな問題を通じて,地方政治と密接な関係を持ち,日本国民と同じように,地方自治体に対して多くの意見や切実な要求を持っているのであります。地方政治は本来すべての住民の要求に応え,住民に奉仕するために,住民自身の参加によって進められることが前提であり,外国籍であっても,日本の地方自治体で住民として生活をし,納税をはじめとする一定の義務を負っている人々が住民自治の担い手となっていることは,憲法も保障する地方自治の根本とも合致をし,1995年2月の最高裁判決でも,永住外国人に地方参政権を保障することは憲法上禁止されているものではないとの判決も下しているのであります。同時に,日本にとって,かつて侵略戦争や植民地支配とも深くかかわっている問題であり,この問題の解決には過去の清算を未来の和解と強力につなげていくための努力とより豊かな地域社会を築くための不可欠の課題であると考えます。日本共産党は,戦前から侵略戦争と植民地支配に反対をし,主権在民,住民こそ主人公の旗を掲げてきた唯一の政党であります。以上,申し述べ,本陳情書の採択と本意見書案に反対する私の討論を終わります。 ○議長(池田 守君)  次に,原案に賛成の立場から,8番,秋広眞司議員。 ○8番(秋広眞司君)  私は,国分地区の秋広眞司であります。議提第4号,永住外国人地方参政権付与法案に反対する意見書について,賛成の立場から討論に参加します。この外国人参政権付与法案に反対する根拠の一つとして,意見書にもありますように,これは憲法違反の疑いがあるということであります。日本国憲法第15条1項と第93条2項をあわせ読めば,意見は薄明の理であります。つまり国政はもちろん,たとえ地方レベルであっても,外国人への参政権は認められないとし,憲法に禁止されているわけであります。判例的には平成2年,先ほど前川原議員もおっしゃいましたが,私は平成で呼びます。平成2年2月28日最高裁判決において,その本論部分で,憲法上,我が国に在留する外国人に対し,選挙の権利を保障したものではないとした一審判決を支持し,在日韓国人である原告の請求を棄却いたしました。しかし,その判決の傍論部分で,先ほど前川原議員もおっしゃいましたが,定住外国人への地方参政権付与は禁止しないと。全く論理的に本論と傍論で矛盾した判断を示しました。外国人参政権推進派は,この傍論の言葉だけを引き合いに出して,最高裁も地方参政権を容認したと言い出し,傍論部分だけが一人歩きしていったわけであります。しかし,この奇妙な傍論部分を作成指導されました裁判官である最高裁の元判事園部逸夫氏が,つい先日,2月28日に産経新聞社に対し,この傍論の部分は,在日韓国人,朝鮮人をなだめる意味があり,当時政治的配慮をしたと述べておられます。また,この傍論部分だけを重視するのは判例法の世界から離れた俗論であると。これはきっぱりと否定されました。すなわち傍論部分は,判例法的に何の拘束もないと断言されたわけであります。また,この園部元裁判官は,民主党などが一般永住者にも地方参政権を与えようと検討していることを「あり得ない」と真っ向から批判しておられます。次に,学説的な面から考察してみますと,憲法学者等で構成する憲法学会における通説は,外国人参政権全面禁止説をとっております。これは,ジュリエストの憲法判例集第5版に明記されております。しかし,少数意見として,部分的許容説もあります。昭和63年,我が国で最初にこの外国人参政権に部分的許容説を論文にして提唱されたのは,中央大学の憲法学者長尾一紘教授であります。しかし,本年1月この長尾教授でさえも,民主党の出そうとしている外国人地方参政権付与法案について,「違憲だと思う。国家解体に向かう危険な法案です」と警告され,近々反対論文を出す予定であるとのことであります。以上,憲法上,判例法上,学説面から考察をいたしましたが,いずれも,この法案の根拠が崩れたと言えるわけであります。また,賛成論者の中には,外国人地方参政権付与は世界の潮流などと言った主張も見られますが,北欧諸国やEU圏諸国などの同じ経済言語,歴史文化圏に限定をされておりますし,韓国では,永住権自体を取得するのに大変厳しい制限があり,法人参政権では何百人単位の少人数であり,日本とは比較になりません。日本における外国人永住権は,5年そこらの就労で簡単に取得できます。また,その配偶者は最低1年で,またその子どもは最低5年で取得でき,韓国あたりとはその環境条件が全然違うわけであります。また,言論の自由のない共産党1党独裁の中国は,自国民による参政権などもないに等しく,論外であります。しかるに,決して世界の潮流などではありません。それでは,地方参政権が与えられたとするとどうなるのか。具体的に,例えば,日本最南端にある与那国町は人口1,617人です。国境の島であります。議員定数6人,最低得票はわずか139票であります。もし,中国が国策によってこの与那国島に1,000人の中国人を移住させたとすれば,簡単に町政を操ることができるわけであります。このように,地方議会では,単純計算で,全国で1,000名以上の外国人の推す地方議員が誕生することになり,地方行政に多大な影響を与える恐れがあります。壱岐,対馬,石垣島,三宅島等々,同環境の離島,国境の島々は数多く存在し,もし外国人参政権が許されたなら,残念ながらこれらの島々は合法的に日本の領土ではなくなってしまう危険性があるというのが実態であります。現在,日本で生活する外国人のうち,永住資格者は約91万人になります。この中で,中国人は14万5,000人であり,あと10年で40万人以上に達すると言われております。まさに,鳩山総理が公言している日本列島は日本人だけのものではないとする宇宙人的発想,言葉が現実となっていくのであります。3月19日現在,全国の都道府県議会で採択された外国人参政権反対決議は,28都道府県に上りました。愛媛県議会では,税金を支払う納税は公共サービスインフラに対する対価であり,それ自体をもって参政権付与を結びつけるべきでないとした決議も出されました。納税を理由に参政権付与を求める推進派の市長にきっぱり反論しております。また,先ほど述べました壱岐,対馬,石垣島,三宅島等々も相次いで参政権反対の決議は採択をされております。私は,本年も初午祭で訴えました。「北朝鮮にさらわれた横田恵さんや市川修一さん,増本るみ子さんたちを取り戻しましょう。署名活動にご協力をお願いします」と,4時間以上声をからしました。おかげさまで多くの賛同と署名をいただきました。貧しく寒い北朝鮮の異国の地での生死も判明していない子どもたちの無事の帰りを,30年以上も待ち続ける高齢のお母さんたちの心情や子どもの帰国を待ちながら,残念ながら亡くなった方々の無念さを思うと,同胞として,拉致に関与したとされる朝鮮総連の方々に日本国の参政権を与えることなど私には到底考えられないわけであります。また,40,50万人いる在日韓国人の方々は,母国である韓国大統領選挙にも投票できるようになりました。日本の参政権付与になると,母国韓国の大統領の意向が日本の地方議会の条例等に大きく反映していくことは,目に見えているわけであります。以上の観点から,本意見書に対する賛成討論といたします。議員各位の高いご見識に基づくご判断を心からお願いをいたします。 ○議長(池田 守君)  これで通告による討論を終わります。ほかにありませんか。                 [「なし」と言う声あり]
     以上で討論を終わります。採決します。議提第4号について,原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。                   [賛成者起立]  総数30名,起立者28名,起立多数であります。したがって,議提第4号は原案のとおり可決されました。ただいま可決されました意見書の字句の訂正,提出手続などにつきましては,議長にご一任願います。   △ 日程第65 陳情第5号 永住外国人地方参政権付与法案に反対する陳情書 ○議長(池田 守君)  次に,日程第65,陳情第5号,永住外国人地方参政権付与法案に反対する陳情書を議題といたします。本件については,先ほど同じ内容の意見書が可決されましたので,みなし採択とすることにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,陳情第5号は,みなし採択と決定いたしました。   △ 日程第66 議提第5号 350万人のウイルス性肝炎患者の救済に関する意見書に                ついて ○議長(池田 守君)  次に,日程第66,議提第5号,350万人のウイルス性肝炎患者の救済に関する意見書についてを議題とします。提出者の趣旨説明を求めます。 ○環境福祉常任委員長(岡村一二三君)  環境福祉常任委員会から提出いたしました議提第5号,350万人のウイルス性肝炎患者の救済に関する意見書について,お手元に配付しました意見書を読み上げて趣旨説明といたします。文面が長いですので,しばらく時間をいただきたいと思います。「350万人のウイルス性肝炎患者の救済に関する意見書」我が国には,B型,C型肝炎感染者患者が350万人もおり,その大半は血液製剤の投与,輸血,集団予防接種における針,筒の使いまわしなどの医療行為による感染,国の責任による医原病とされる。ウイルス性肝炎は慢性肝炎から高い確率で肝硬変,肝臓ガンに進行し,命が危険となる重大な病気である。肝炎患者の大半はインターフェロン治療の助成以外は何の救済策もないままであり,病気の進行,高い治療費負担,生活困難にあえぎ,毎日120人ほどの患者が命を奪われている。感染に気付かず,治療しないまま肝炎が進行している人も少なくない。肝炎患者のうち,フィブリノゲンなど,特定血液製剤を投与して感染したことがカルテなどで証明できた薬害C型肝炎被害者のみ裁判手続を経て,国が給付金を支払う薬害肝炎救済特別措置法(以下,救済特措法)が平成20年1月に制定された。しかし,C型肝炎患者の多くは感染してから長い年月を経て発症するので,気付いたときにはカルテの保存義務の5年が過ぎており,ほとんどの患者はカルテなどによる血液製剤投与の証明が難しく,救済特措法による対象から除外されている。救済特措法制定の際の衆参両議員の附帯決議にあるように,1つ,手術記録,母子手帳などの書面,2つ,医師などの投与事実の証明,3つ,本人,家族などによる証言によって特定血液製剤による感染の可能性のある患者は薬害肝炎被害者として認め,特措法を適用し,広く救済する枠組みにしなければ救済されない。また,集団予防接種の際の注射器の連続使用によって,B型肝炎感染被害を出した予防接種禍事件では,最終の司法判断が下され,国の責任が確定しているにもかかわらず,今なお係争が続いており,B型肝炎患者救済のために,早期の解決が求められている。以上のような,B型,C型肝炎感染の経緯を踏まえて,国内最大の感染症被害をもたらしたことに対する国の責任が明記され,すべての肝炎患者を救済することを国の責務と定めた肝炎対策基本法が,平成21年11月に制定された。しかしながら,患者救済の根拠となる基本法はできたが,国の肝炎対策基本指針の策定,必要な個別法の制定,予算措置がなければ患者の救済は進まない。よって,国会及び政府におかれては,これらの患者を救済するため,下記の事項について速やかに必要な措置を行うよう強く要望する。1つ,肝炎対策基本法をもとに,患者救済に必要な法整備,予算化を進め,全患者の救済策を実行すること。2つ,救済特措法による救済の枠組みを広げ,カルテ以外の記録,患者,医師らの記憶,証言などをもとに,特定血液製剤使用可能性のあるC型肝炎患者も救済すること。3つ,集団予防接種が原因とされるB型肝炎患者の救済策を講じること。4つ,可否後,薬・検査費用,通院費への助成を初め,肝炎治療費への支援,生活保障を行うこと,基本法が定めた肝硬変,肝がん患者への支援策を進めること。5つ,ウイルス性肝炎の治療体制,治療環境の整備,治療薬,治療法の開発促進,治験の迅速化などを図ること。6つ,医原病であるウイルス性肝炎の発症者に,一時金もしくは健康管理手当などを支給する法制度を確立すること。7つ,肝炎ウイルス未検査者,ウイルス陽性者の未治療者の実態を調査し,早期発見,早期治療につなげる施策を講じるとともに,ウイルス性肝炎への偏見差別の解消,薬害の根絶を図ること。以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。平成22年3月30日,鹿児島県霧島市議会。提出先は,衆議院議長,参議院議長内閣総理大臣,法務大臣,財務大臣,総務大臣,厚生労働大臣あてであります。以上,会議規則第14条第2項の規定により,霧島市議会環境福祉常任委員,岡村一二三,有村隆志,中村正人,秋広眞司,常盤信一,木野田恵美子,西村新一郎,宮内博の8名で提出しますので,よろしくご審議の上,議決いただきますようにお願いし,趣旨説明といたします。 ○議長(池田 守君)  ただいま提出者の趣旨説明が終わりました。お諮りします。本件については,会議規則第38条第3項の規定により,委員会付託を省略し審議したいと思いますが,これにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。これより質疑に入ります。質疑はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  質疑なしと認めます。議案処理に入ります。議提第5号について,討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。議提第5号について,原案のとおり可決することにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,議提第5号は原案のとおり可決されました。ただいま可決されました意見書の字句の訂正,提出手続などにつきましては,議長にご一任願います。   △ 日程第67 陳情第3号 350万人のウイルス性肝炎患者の救済に関する意見書採                択の陳情 ○議長(池田 守君)  次に,日程第67,陳情第3号,350万人のウイルス性肝炎患者の救済に関する意見書採択の陳情を議題とします。本件については,先ほど同じ内容の意見書が可決されましたので,みなし採択とすることにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,陳情第3号は,みなし採択と決定いたしました。   △ 日程第68 陳情第1号 陳情書(私立幼稚園の新入園児保護者への入園料補助の                支給に関する件) ○議長(池田 守君)  次に,日程第68,陳情第1号,陳情書(私立幼稚園の新入園児保護者への入園料補助の支給に関する件)を議題とします。この陳情第1号については,産業教育常任委員会に付託になっておりましたので,委員長の報告を求めます。 ○産業教育常任委員長(脇元 操君)  去る3月2日の本会議で付託となりました陳情第1号,陳情書(私立幼稚園の新入園児保護者への入園料補助の支給に関する件)について,審査が終了いたしましたので,その経過と結果についてご報告申し上げます。まず,陳情者の説明では,霧島市の私立幼稚園は,現在11園あり,そのうち10園が定員割れで,人数にすると236名であり,特に隼人地区において厳しい状況である。幼稚園離れの理由の一つに入園料が挙げられ,霧島市の私立幼稚園では4万5,000円から5万円をいただいている。現在,鹿児島市では補助金を出して就園率を上げており,その代わり,今年から幼稚園も入園料を下げている。幼稚園でも2歳児を預かることができるようになり,霧島市の私立幼稚園でも9名預かっていたが,それに対する補助金はなく,保育所においては,2歳児がいれば措置費として9万6,030円が出るので,保育園と幼稚園との格差,また公立幼稚園と私立幼稚園の格差が非常にある。現在,公立幼稚園の保育料は4,000円くらいだが,私立幼稚園は約3万円であり,また,公立保育園の保育料の未納が約5,000万円ある。さらに,公立幼稚園には,予算が9,000万円ほどかかっている。私たちの願いは,保育ではなく教育だと信じているので,そのようなことから,入園料に対する補助金を鹿児島市並みにお願いしたいとの説明がありました。主な質疑では,「公立幼稚園において,陵南幼稚園の入園率は高いが,残り5園の入園率は低く,私立幼稚園と比較すると相当低い。私立幼稚園は努力をされていると思うが,預かり保育をしているところは何園あるか」との質疑に,「公立幼稚園は預かり保育はなく,私立幼稚園は全園行っていると思う。また,午後6時半まで無料で行っているところもある」との答弁。「春休み,夏休み,冬休み期間も預かり保育をしているのか」との質疑に,「パート等就労されている保護者もおり,平日だけの預かり保育では子育て支援にならないので,保育園並みに行っている」との答弁。「今年から入園料を2万円減額するとのことだが,入園料はいくらか」との質疑に,「今までは,各園最低限だけ決めて,3歳児が3万5,000円以上,4,5歳児が4万5,000円以上ということで,あとは各園独自で設定していたが,入園料を下げて入りやすくし,少しでも軽減しようということで,一律2万5,000円,3,4,5歳児とも2万5,000円に統一している」との答弁。「市が補助をした場合,入園料を2万5,000円から1万円引くのか,2万5,000円に1万円加算するのか」との質疑に,「既に幼稚園のほうでは減免しているので,1万円については幼稚園に入ることになる」との答弁。その他質疑がありました。次に,教育部の説明では,「私立幼稚園に対しては,就園奨励費として国庫補助分と市単独分の補助をしており,市単独分は国庫補助分に上乗せする形で市民税非課税世帯には3万1,000円,市民税所得割非課税世帯には1万7,800円,その他の世帯には1万4,000円を補助している。この市単独分の補助金は県内18市の中でも,鹿児島市と霧島市のみが実施をしており,ほかの市は国庫補助分の就園奨励費のみである。平成22年度予算編成作業をするにあたって,教育費を含め,すべての事業で21年度より枠配分額が減額をされており大変厳しい状況である。今回の陳情のとおり,私立幼稚園の新入園児保護者への一律1万円の補助を行うとなると,昨年9月の時点での試算で,私立幼稚園への新入園児が3歳児で430名,4歳児で134名,5歳児で20名の合計584名ということになり,新たに584万円の財源が必要となる。財政事情が厳しい中,新たに新入園児保護者に一律1万円補助をすることは困難である」との説明がありました。教育部に対する質疑はありませんでした。討論に入り,陳情に賛成の立場で,「幼稚園も自ら2万円の入園料の減額をするなど保護者の方々を援助してきている。霧島市は市単独の就園奨励費など手厚い援助をしているが,それでも,公立幼稚園と比較するとまだかなりの差がある。幼稚園側は大変重要な役割を担って教育をしており,その幼児教育をすべての子どもたちに平等に受けさせる機会を確保するためにも,この陳情の実現を急がなければならないと考え,賛成するものである」との討論があり,次に陳情に賛成の立場で,「教育内容については,公立も私立もないと認識している。私立幼稚園は営業努力で幼稚園を維持しているという状況であり,仮にこの11園がすべて公立幼稚園になったらどれだけの経費がかかるかということを考えると,保護者の負担軽減をして,幼稚園の経営安定を図るという補助金の種類ではないかと思う。また,5万円という入園料では,私立の幼稚園を敬遠する事案が発生してきているということで,下げたということであり,さらに本来幼稚園がしていなかった預かり保育も実施しており,営業努力もされているということを聞くと,陳情の趣旨はよく理解でき賛成するものである」との討論があり,最後に陳情に反対の立場で,「霧島市として,現在,入園奨励費を2,296万9,000円ほど組んでおり,それに1万円の入園料補助ということであるが,この1万円を補助しても入園希望者の減少に歯どめをかけることはできないと思う。今後は,保護者が保育園に入れたがる理由を十分検証する必要がある。そのようなことから入園料の補助をしても,解決ができないと思うので,反対するものである」との討論があり,採決の結果,賛成4,反対3の賛成多数で採択すべきものと決定いたしました。以上で報告を終わります。 ○議長(池田 守君)  ただいま委員長の報告が終わりました。ただいまの委員長報告に対し質疑に入ります。質疑はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  質疑なしと認めます。議案処理に入ります。陳情第1号について,討論に入ります。討論はありませんか。 ○26番(今吉歳晴君)  私は,陳情第1号,私立幼稚園への入園料補助について反対の立場で討論します。22年度予算に私立幼稚園就園奨励費として2,296万9,000円が計上されています。奨励費内訳は市民税非課税世帯3万1,000円,市民税所得割非課税世帯1万7,800円,その他世帯に1万4,000円を補助するものであります。この私立幼稚園就園奨励費は,合併当初から国庫補助分の就園奨励費とは別に,市単独事業として実施しており,今回の審査時点では,県内18市の中で,単独事業を実施しているのは,鹿児島市と霧島市のみであります。陳情者は社会環境,生活環境の変化により,一段と保育所志向が強まり,私立幼稚園への入園希望者が減少することに危機感をお持ちのようですが,さらに補助金を上乗せすることで,陳情者の目的が解決することにはならないと思います。保護者負担の軽減を考えるなら,公立幼稚園の定員が確保されるはずですが,どの公立幼稚園も著しく定員割れしている状況であります。本年1月27日の参議院予算委員会で鳩山首相は,子どもに関する施策を一本化し,質の高い保育環境を整備するために,2011年の通常国会までに幼保一元化関連法案を提出する考えを明らかにし,待機児童解消には,認可保育所の増設を進める考えを示しています。保護者はなぜ保育園を選択するのか,学童保育,幼保一元化など国の動向を見ながら,私立幼稚園協会で十分議論していただきたいと思います。私は,入園料補助を増やすことで,入園希望者が増加するとは考えられないところであります。以上,反対討論とします。 ○議長(池田 守君)  ほかにありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  これで討論を終わります。採決します。委員長報告は賛成多数で採択すべきものと決定したとの報告であります。陳情第1号について,委員長の報告のとおり採択することに賛成の方の起立を求めます。                   [賛成者起立]  総数30名,起立者19名,起立多数であります。したがって,陳情第1号は採択することに決定いたしました。   △ 日程第69 陳情第6号 農道の市道昇格を求める陳情書 ○議長(池田 守君)  次に,日程第69,陳情第6号,農道の市道昇格を求める陳情書を議題とします。この陳情第6号については,建設水道常任委員会に付託となっておりましたので,委員長の報告を求めます。 ○建設水道常任委員長(塩井川幸生君)  建設水道常任委員会の報告を行います。先の本会議において当委員会に付託されました陳情第6号について,3月12日に審査が終了しましたので,その経過と結果についてご報告申し上げます。当日は,陳情第6号,農道の市道昇格を求める陳情書について,牧園町持松の現地調査を行い,陳情者の説明を受け,少子高齢化による維持管理の難しさを説明をいただき,現地調査終了後,第2委員会室で会議を開き,執行部の説明を求めました。その後,質疑に入り,「農道とかこういった箇所が何箇所ぐらいあるのか」の質疑に,「今回のような陳情案件はかなりあると考えている」との答弁。「農道として管理するのと,市道に移管して管理するのと維持管理のコストの面で差があるのか」との質疑に,「市道の維持管理に含んだ地方交付税は,延長1km当たり67万円」とのこと。「農道等についても,一定要件農道というので交付があり,起点,終点が,国道,県道についている農道等については,延長のみの交付税がつき,1km当たり約11万5,000円であるが,やはりその差がある」とのこと。「市道につきましては,幅員とかその他もろもろ管理費も含めた形でプラスされ,メリットは大変あると思う」とのこと。「しかし,市道認定した場合に,道路台帳を作成する費用がかかり,最低年1回ないし2回は伐採をすることになる。それから,施設の修理等もかさみ,それが余計にかかってくる」との答弁。「市道のやぶ払いは,メーター当たりの単価はどれぐらいか」の質疑に,「両側1m当たり58円ぐらいで,シルバー人材に委託している」との答弁。「車の通行量が他の路線と比べ多いので,事故があってからでは取り返しのつかないことになる。高齢化が進む山間地域でのやぶ払い等,危険が伴う現状を考慮してもらいたい」との質疑に,「今後,各関係部署と臨機応変に対応させていただきたい」との答弁。ここで質疑を終わり,討論はなく,採決に入り,陳情第6号については,全会一致で原案のとおり採択すべきものと決定いたしました。採決の後,委員長報告に付け加える点として,農道から市道に昇格する際は,農林水産部と十分に協議をし,その他の道路との整合性を図りながら,進めてもらいとの意見がありました。以上で陳情第6号の報告を終わります。 ○議長(池田 守君)  ただいま委員長の報告が終わりました。ただいまの委員長報告に対し,質疑に入ります。質疑はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  質疑なしと認めます。これより議案処理に入ります。陳情第6号について,討論に入ります。討論はありませんか。                 [「なし」と言う声あり]  討論なしと認めます。採決します。委員長報告は全会一致で採択すべきものと決定したとの報告であります。陳情第6号について,委員長の報告のとおり採択することにご異議ありませんか。                [「異議あり」と言う声あり]  異議ありと声がありましたので,賛成の方の起立を求めます。                   [賛成者起立]  総数30名,起立者27名,起立多数であります。したがって,陳情第6号は,採択することに決定しました。   △ 日程第70 陳情第22号 川内原発3号機増設に係る陳情書及び     日程第71 陳情第25号 陳情書(九州電力の川内原発3号機増設反対に関する決                議について)一括上程 ○議長(池田 守君)  次に,日程第70,陳情第22号,川内原発3号機増設に係る陳情書及び日程第71,陳情第25号,陳情書(九州電力の川内原発3号機増設反対に関する決議について),以上2件を一括し議題とします。この陳情2件については,総務常任委員会に付託となっておりましたが,委員長から会議規則第104条の規定により,お手元に配付しました申出書のとおり,閉会中の継続審査の申し出がなされております。お諮りします。この陳情2件については,委員長からの申出書のとおり,閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,この陳情2件については,閉会中の継続審査とすることに決定しました。   △ 日程第72 陳情第2号 霧島市地区湯之宮地域に建設予定の養豚場建設中止を求                める陳情書 ○議長(池田 守君)  次に,日程第72,陳情第2号,霧島市地区湯之宮地域に建設予定の養豚場建設中止を求める陳情書を議題とします。陳情第2号については,環境福祉常任委員会に付託となっておりましたが,委員長から会議規則第104条の規定により,お手元に配付しました申出書のとおり,閉会中の継続審査の申し出がなされております。お諮りします。陳情第2号については,委員長からの申出書のとおり,閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,この陳情第2号については,閉会中の継続審査とすることに決定しました。   △ 日程第73 陳情第7号 選択的夫婦別姓制度法制化に反対する意見書の提出を求                める陳情書及び     日程第74 陳情第8号 人権擁護法案の成立に反対する意見書の提出を求める陳                情書一括上程 ○議長(池田 守君)  次に,日程第73,陳情第7号,選択的夫婦別姓制度法制化に反対する意見書の提出を求める陳情書及び日程第74,陳情第8号,人権擁護法案の成立に反対する意見書の提出を求める陳情書,以上,2件を一括し議題とします。陳情第7号及び陳情第8号については,総務常任委員会に付託し,閉会中の継続審査とすることとしたいと思いますが,これにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,この陳情第7号及び陳情第8号については,閉会中の継続審査とすることに決定しました。
      △ 日程第75 所管事務調査の閉会中の継続調査申出書について ○議長(池田 守君)  次に,日程第75,所管事務調査の閉会中の継続調査申出書についてを議題とします。それぞれ常任委員長,議会運営委員長,議会だより編集特別委員長及び予算特別委員長から,お手元に配付しました申出書のとおり,閉会中の継続審査の申し出がありました。お諮りします。それぞれの委員長の申出書のとおり,閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,閉会中の継続調査とすることに決定しました。   △ 日程第76 所管事務調査について ○議長(池田 守君)  次に,日程第76,所管事務調査についてを議題とします。平成22年度所管事務調査,各常任委員会,議会運営委員会,議会だより編集特別委員会及び予算特別委員会の行政視察については,議長において後日これを指示し,これを行うこととしたいと思いますが,これにご異議ありませんか。                [「異議なし」と言う声あり]  ご異議なしと認めます。したがって,所管事務調査については,閉会中の議員の活動として具体的に執行していきたいと思います。これで,本定例会に付議されました案件のすべてを終了しました。したがって,平成22年第1回霧島市議会定例会を以上で閉会します。               「閉 会  午後 6時15分」  地方自治法第123条第2項の規定により,ここに署名する。               霧島市議会議長  池 田   守               霧島市議会議員  中 村 正 人               霧島市議会議員  脇 元   敬...