運営者 Bitlet 姉妹サービス
283件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-05 丸亀市議会 平成30年第5回12月定例会-12月05日−02号 自分自身の一部がなだれ、崩れ落ちたというような、生々しい痛みと喪失感の中にいるのは、私だけではないでしょう。こうした状況に至るまで、こんな状況があり得るとは考えもしなかった自分のうかつさをただただ悔やむばかりです。城をよく知る人は、こうしたことが起こることは予見していたと言います。文化財だから、現状変更はできない。これが、その結果でしょう。 もっと読む
2018-09-18 高松市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月18日−05号 この消費税の仕組みは、税を広く徴収する仕組みで、その折々で国民の反応が高まり、時の政権が力を失うほどの大きな痛みを伴いながら対処してきたのが実情です。  次なる目標としている10%への引き上げを何度も延期し、今度の引き上げは来年10月の予定です。この引き上げは、我が国の経済の立て直しと表裏一体にあると思われます。つまり、国民生活そのものに深くつながっているということです。   もっと読む
2018-09-14 善通寺市議会 平成30年 9月定例会-09月14日−02号 セアカゴケグモは、攻撃性が低く、素手でさわらない限りかまれることはございませんが、雌にかまれたときは針で刺されたような痛みを感じ、その後かまれた周りが赤く腫れますが、通常は数時間から数日で症状は軽減をいたします。ただし、乳幼児や高齢者、またアレルギー体質の方が悪化した場合には、重症化する可能性もあるようでございます。ちなみに、日本での死亡例は現在のところございません。   もっと読む
2018-09-13 高松市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月13日−03号 2010年のアメリカのカリフォルニア大学の研究者らの調査では、日本のランドセルに当たるバックパックの重さは、子供の背中の痛みの原因となり、腰椎・椎間板の変形等に影響する可能性があると指摘しています。また、2012年のスペインの研究者らの調査では、体重の10%以上の重さのバックパックを背負っている子供たちの4人に1人は、年に15日以上の腰痛を経験しているようです。 もっと読む
2018-09-12 丸亀市議会 平成30年第4回 9月定例会-09月12日−03号 市民に痛みをお願いするのなら、市もさらなる行財政改革を断行すべきと考えるが、その見解はとの質疑に対し、理事者より、今回の改正によって市民に痛みをお願いするのは申しわけないが、限られた財源を有効活用する観点から決断した。代替事業も含め、市民に丁寧な説明をしていきたい。また、当然、他の事業についても同様なスタンスで見直しを行っていくとの答弁がありました。  続いて、討論に入りました。   もっと読む
2018-09-05 丸亀市議会 平成30年第4回 9月定例会-09月05日−02号 今回の条例改正では、敬老祝い金を減額するという市民の皆様にとって大きな痛みを伴う改正となりますが、そこで削減された費用につきましては、今後この標語にうたわれているような安心と活力ある健康長寿社会を築くために、有効活用したいと考えております。 もっと読む
2018-06-21 坂出市議会 平成30年 6月定例会-06月21日−04号 第7期介護保険事業計画を策定する際に行いました介護予防・日常生活圏域ニーズ調査におきまして、外出を控えている理由としては、足腰などの痛みや外での楽しみがないなどの回答が多数挙げられているところであります。また、そのほか、交通手段がないという回答もございました。   もっと読む
2018-06-20 坂出市議会 平成30年 6月定例会-06月20日−03号 政府の狙いは、その痛みを国保加入者に実感させ、負担増を防ぐには医療を制限するしかないという意識づくりのもとで医療費の削減策を行うことにあるのではないでしょうか。そして、給付の増大が保険料の負担増にダイレクトにはね返る制度の仕組みにすることを考えていると思います。そして、それを実践する監督役を県に担わせるというのが、この制度の核心と言われております。 もっと読む
2018-06-14 高松市議会 平成30年第3回( 6月)定例会-06月14日−02号 これには、多くの痛みを伴う改革も迫られるでしょう。しかし、この道から逃れるわけにはいかないのです。  日本より人口規模が小さくとも、豊かな国は幾つもあります。国家の改造を成功に導くには、社会の変化を先取りし、まずもって人口減少社会の実態を正しく知らなければなりません。  ここから我々が目指すべき目標は、人口減少後を見据えたコンパクトで効率的な国・地方へのつくりかえであります。 もっと読む
2018-06-14 観音寺市議会 平成30年第2回 6月定例会-06月14日−02号 国会の場において、介護保険の現状をわかりやすく国民に開示し、当然に痛みを伴う国民に負担を強いる見直し議論を真剣に議論していただけるよう、観音寺の地から切望する次第であります。  以上で終わります。ありがとうございました。 ○立石隆男議長 次に、2番白川雅仁議員の質問を許可します。    2番白川雅仁議員。 ◆2番(白川雅仁議員) 2番、公明党の白川雅仁でございます。 もっと読む
2018-03-08 観音寺市議会 平成30年第1回 3月定例会-03月08日−02号 このような環境の中、人口減少社会に対応した定住促進事業への取り組み、人口オーナスによる生じる問題への対策、市民サービスを低下させない対応や市民にとって痛みを伴う改革、思い切った未来への投資など、市政運営も複雑かつ難しい重要な局面を迎えています。  そこで、観音寺市政のかじ取り役である白川市長さんにお伺いをいたします。   もっと読む
2018-03-06 琴平町議会 平成30年 3月定例会(第2日 3月 6日) 痛みが過ぎて絆創膏はるというようなもんで、これはやっぱり効き目がない。温かみもない。せっかく、よそができて町ができないということはないと思います。私の言葉がまちごうとるかもわかりません。調べ直していただいて、ぜひ足並みをそろえていただきたい。強く申し上げておきたいと思います。  それ以上、ここでもう一ぺん答弁もらおうもんならうん言うかもわからんけど、名誉のためにそうしときたいと思います。   もっと読む
2017-12-14 琴平町議会 平成29年12月定例会(第3日12月14日) 亡くなる5カ月前ぐらいに背中の痛みを訴え、腹部のエコー検査を偶然受けました。そのときに膵臓部の異常が発見し、その後しましたけども、残念ながら遅い段階でありました。  人間ドックには、腹部超音波検査項目がありますが、通常の健康診断には含まれておりません。 もっと読む
2017-12-12 観音寺市議会 平成29年第5回12月定例会-12月12日−03号 ◆5番(篠原重寿議員) 議長──5番 ○立石隆男議長 5番 ◆5番(篠原重寿議員) この問題というのは、うち観音寺がどうこうということでは当然ないんですけども、制度といいますか地方間の分捕り合い、消費税の分け前、それを変えるだけの話で、国は何ら痛みを伴わないと私は思います。 もっと読む
2017-12-11 高松市議会 平成29年第5回(12月)定例会-12月11日−02号 財源をどこに求めるのか、どこまで痛みを求めるのかを十分に検討した上で、財源に裏打ちされた展望を国民に示し、将来的な不安を解消させることが大変重要であると考えます。  また、自治体レベルでも、人生100年時代の到来を見据えた取り組みがなされているようであります。  ちなみに、福岡市では、保健・医療分野における新戦略──福岡100をスタートさせております。 もっと読む
2017-09-13 坂出市議会 平成29年 9月定例会-09月13日−03号 強い毒を持ち、刺されるとやけどのような強い痛みを伴い、うみが出ます。また、じんま疹が出たり、アレルギー反応で呼吸困難になり死亡したりすることもあります。女王アリは1日に1,000個の卵を産む能力があると言われています。  国内では5月20日に神戸港に到着し、25日まで保管されていたコンテナの内部で初めて発見され、26日に尼崎市内で積み荷を出す際にその存在が確認されました。   もっと読む
2017-03-08 坂出市議会 平成29年 3月定例会-03月08日−02号 いずれにいたしましても、予算配分はドラスチックに痛みを伴う選択と集中を強力に推進しなければならないと思いますが、当局の見解はいかがでしょうか。  また財政調整基金についてですが、平成26年度末には29億円あった財政調整基金が平成37年度末には10億円にまで減少する予想ですが、財政調整基金というものは、年度末または年初には、その自治体の財政規模に見合う適切な金額を留保しておくべきではないでしょうか。 もっと読む
2016-12-19 丸亀市議会 平成28年第5回12月定例会-12月19日−07号 なお、今後も安倍政権においては厳しい財政事情を正視し、それを国民に対し誠実に説明を尽くし、痛みを伴う改革に正面から取り組んでいくことを切に願うものであります。  社会面では、4月には熊本地方で最大震度7の地震が2回続けて発生し、多数の死傷者、住宅被害がで出ました。また、10月には鳥取中部、11月には福島県沖を震源とする地震があるなど、改めて地震の脅威を思い知らされました。 もっと読む
2016-12-09 高松市議会 平成28年第5回(12月)定例会-12月09日−03号 議論の中では、特に、いじめの未然防止・早期発見として、人の痛みがわかる感性を育む、具体的な事例を通した実践的な取り組みの重要性や、児童生徒の協力を得ることが不可欠である。また、性的マイノリティーへの理解促進などが挙げられていました。  今後、これまで以上に、未然防止や相談体制の充実に全力を挙げていく必要があると考えます。  そこでお伺いいたします。   もっと読む
2016-09-14 丸亀市議会 平成28年第4回 9月定例会-09月14日−05号 組み体操を推奨する人たちは、下になる子はそれを成功させるために痛みを我慢し、上に乗る子は下の子を信頼してすばらしいものをつくり上げるという一体感を強調します。保護者は運動会でそれを見て感動し、さらに学校に来年もぜひと要望する一体感、感動の中で組み体操のリスクが隠されてしまってきたのです。   もっと読む