運営者 Bitlet 姉妹サービス
262件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 高松市議会 平成30年第5回(12月)定例会-12月11日−03号 最近、加熱たばこの使用者がふえています。加熱たばこの宣伝パンフレットには、一番小さい字で、リスクがないというわけではありません。たばこ関連の健康リスクを軽減させる一番の方法は、紙巻きたばこも加熱たばこも両方ともやめることですと記載されています。これは、加熱たばこであっても、ニコチンや発がん性物質は言うまでもなく含まれており、近くにいる人に受動喫煙の健康被害があるということを示しています。 もっと読む
2018-12-10 丸亀市議会 平成30年第5回12月定例会-12月10日−05号 これまで本市の選挙時の期日前投票立会人には、丸亀市明るい選挙推進協議会の会員を中心にお願いし、従事いただいておりますが、平成28年の参議院議員通常選挙及び平成29年の市長・市議会議員選挙において、若年層に向けた選挙啓発の一つとして、成人実行委員会のメンバーに御案内をし、従事いただいております。   もっと読む
2018-12-06 丸亀市議会 平成30年第5回12月定例会-12月06日−03号 丸亀城近代史の中で、あの西郷どんが活躍した明治6年、丸亀城は陸軍省の所管となり、射撃場などの軍事施設が設置されたり、大正期、村 茂氏の寄附によって国より払い下げを受け、公園化となり、そしてまた水道施設なども設置されました。 もっと読む
2018-12-01 丸亀市議会 平成30年第5回12月定例会-目次 .丸亀城石垣崩落に伴う復旧復興        2.大手町三丁目における市営住宅/富屋荘の再考        3.水害に関する防災、減災対策        4.民間住宅の減築支援策        5.空家等対策の推進に関する特別措置法       14番 横田議員 ……………………………………………………………3019        1.丸亀城石垣崩落        2.市民会館        3.成人 もっと読む
2018-09-14 善通寺市議会 平成30年 9月定例会-09月14日−02号 三柱ということも余り考えられませんが、主要構造材がレール材というのはどう考えても構造上の違法建築であるというふうに思いますが、構造計算等で安全性は確認されておられますでしょうか、お聞きをいたします。 もっと読む
2018-09-14 高松市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月14日−04号 このほか、成人のあり方や成人と未成年者が混在する学校現場での対応など、課題もありますが、関係省庁の連絡会議を設置し、解決策をしっかりと検討し、着実に取り組む体制を整えました。 もっと読む
2018-09-13 丸亀市議会 平成30年第4回 9月定例会-09月13日−04号 こういう紛争が起きたときに泥縄で慌てて整備するのではなく、将来を見据え、問題定義を行い、この際にしっかり準備して取りかかっていただきたい。それが意見でございます。そのことについて、理事者の所見をいただきたいと思います。 ○議長(大前誠治君) こども未来部長 石井克範君。               もっと読む
2018-09-12 高松市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月12日−02号 本市では、平成28年3月に策定した高松市スポーツ推進計画におきまして、成人の週1回以上のスポーツ実施率を35年度には70%まで引き上げる基本目標を掲げ、市民ニーズに即した、さまざまな施策を推進していくことといたしております。 もっと読む
2018-09-01 高松市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-目次 164    1 障害者雇用の水増し…………………………………………………………………………… 164     答  弁 大西市長……………………………………………………………………………… 165    2 ふるさと納税…………………………………………………………………………………… 166     答  弁 森近財政局長………………………………………………………………………… 168    3 成人 もっと読む
2018-06-20 東かがわ市議会 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018年06月20日 14 ◯久米議員 明治以来約140年ぶりに、大人の定義を変える歴史的な法改正が13日に成立をし、4年後の2022年4月1日より成人年齢が20歳から18歳に引き下げられます。成人年齢の引下げは、若者の社会参加の時期を早め、大人としての自覚を高めることにつながります。社会に新たな活力をもたらすことも期待できます。 もっと読む
2018-06-19 高松市議会 平成30年第3回( 6月)定例会-06月19日−05号 また、乳幼児期から成人に至るまで、一貫した支援が引き継がれるよう、各関係機関が情報を共有できるサポートファイル──かけはしの積極的な利用を推進しておりますほか、本市独自で、幼保や小中学校など各校種間の入学時に、よりスムーズに移行を行うための移行支援シートを作成し、昨年度から活用を始めるなど、連携に努めているところでございます。   もっと読む
2018-06-18 琴平町議会 平成30年 6月定例会(第2日 6月18日) これは、子どもたちが成人したときに、待ち受けているであろうグローバルな世界を鑑みるに、必要になるということは、相手に自分の考えをきちんと伝え、相手の考えを正確に理解する、いわゆるコミュニケーション能力と自分で課題を見つけ解決していく思考力であろうと思われます。コミュニケーション能力とは、世界標準である英語力であり、思考力とは、まさに学力であります。 もっと読む
2018-03-20 高松市議会 平成30年 3月20日 教育民生常任委員会-03月20日−01号 次のページに移りまして、第3条の簡易宿泊の構造設備の基準では階層寝台を設ける場合の基準を、第5条の下宿の構造設備の基準では客室の基準を、それぞれ緩和するため、所要の規定整備を行うものでございます。   もっと読む
2018-03-16 高松市議会 平成30年 3月16日 総務消防常任委員会-03月16日−01号 最も多い理由は、いずれ実家に戻るつもりであるからというもので、次に、成人に参加できなくなる等の不都合が生じるから、さらに、親が移さなくてかまわないと言うから、移す際の手続が面倒だからと続きます。   もっと読む
2018-03-15 高松市議会 平成30年 3月15日 教育民生常任委員会-03月15日−01号 右側説明欄1行目の成人費507万6,000円は、新成人を祝い励ますため、成人・式典をとり行うための経費でございます。  その3行下の少年団体育成費180万円は、高松市子ども会育成連絡協議会に対する運営補助金でございます。   もっと読む
2018-03-07 坂出市議会 平成30年 3月定例会-03月07日−02号 昭和49年から成人や各種式典、市民大学、音楽コンサートなど、市民の皆様に大変親しまれた市民ホールですが、1年後には休館することとなり、市民にとっては大変残念なことかと思います。  そこでお伺いいたしますが、休館に至った経緯や1年間という猶予期間についての根拠をお示しください。また、成人など各種催し物の開催に当たっての影響をどのように考えておりますか。 もっと読む
2018-03-05 東かがわ市議会 平成30年予算審査常任委員会 本文 開催日:2018年03月05日 また、災害用仮設トイレにつきましては、マンホールトイレ用を8基、タンクのトイレ3基を購入予定であります。次に、J-ALERT受信機更新委託料につきましては、国、消防庁からの通知により、J-ALERTの受信機を更新するものであります。J-ALERTによる情報伝達機会や1回当たりの配信情報量の増加が見込まれますので、30年度末までに受信機の更新が必要とされているものであります。   もっと読む
2017-12-14 高松市議会 平成29年第5回(12月)定例会-12月14日−05号 卒業前に切れた電球を交換しても、入学には再び切れているという学校も見受けられます。  私が議員になったころ、屋内運動場の照明器具をLED電球に交換してはと提案いたしましたが、高価な上に製造会社も限られているのでと答弁されました。それから6年余り、時代は変わり、屋内運動場の電球を製造している会社は少なくなりました。 もっと読む
2017-12-13 高松市議会 平成29年第5回(12月)定例会-12月13日−04号 1,000人当たりの認知件数が97件と全国最多の京都府は、嫌な思いをしたことの具体例を児童生徒に選択で回答させるアンケートを年2回実施しています。記述に比べて、周囲に気づかれずに被害を伝えやすい工夫です。面談での聞き取りもあわせて行っております。参考にすべき工夫じゃないでしょうか。  2013年施行の、いじめ防止対策推進法は、子供が心身に大きな被害を受けるいじめを重大事態として定義しています。 もっと読む
2017-12-12 高松市議会 平成29年第5回(12月)定例会-12月12日−03号 世界的なソーシャル・ネットワーキング・サービスであるフェイスブックの創業者で、最高経営責任者──CEOのマーク・ザッカーバーグ氏33歳は、ことし5月、母校であるハーバード大学の卒業で名誉博士号を受け取ったとき、演説の中で、誰もが目的意識を持つ世界を創造する三つの方法について話したということです。 もっと読む