22件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

高松市議会 2018-03-15 平成30年 3月15日 教育民生常任委員会-03月15日−01号

右側説明欄の下段、上から5行目の不登校対策事業費1億373万2,000円でございますが、保護者教員を対象とした不登校を考える会の開催や適応指導教室 ──新塩屋町虹の部屋と香川町みなみの管理運営に要する経費のほか、現在、香川町に設置しております適応指導教室──香川町みなみを、利便性にすぐれ落ちついた環境にある高松市消防署仏生山出張所跡に移転し、拡充整備を行う工事に着手するための経費でございます。

高松市議会 2017-10-10 平成29年10月10日 決算審査特別委員会-10月10日−01号

次に、33の不登校対策事業でございますが、不登校問題の解決に向け、適応指導教室として新塩屋町虹の部屋と香川町みなみの運営や、各学校における親の会への指導者の派遣、ICTを活用して自宅で学べる学習支援システムの提供、フレンドシップ事業における体験活動などを実施し、不登校児童生徒の社会的自立や学校復帰に向けた取り組みを支援しました。

高松市議会 2017-03-14 平成29年 3月14日 教育民生常任委員会-03月14日−01号

まず、87ページの説明欄3行目の不登校対策事業費についてですが、不登校児童生徒一人一人に応じた学校や、集団への適応支援や教育相談活動を実施しております適応指導教室──新塩屋町虹の部屋と香川町みなみの2カ所の管理・運営に要する経費のほか、29年度は、現在、香川町に設置している適応指導教室──香川町みなみを、利便性にすぐれ、落ちついた環境にある高松市消防署仏生山出張所跡に移転し、拡充整備を行う工事

高松市議会 2016-12-08 平成28年第5回(12月)定例会-12月08日−02号

また、本市では、新塩屋町虹の部屋、香川町みなみと二つの適応指導教室を開設するとともに、集団行動を通して人間関係を深めるフレンドシップ事業を開催するなど、児童生徒が自分を見詰め、未来を切り開くことができ、学校復帰や社会的自立が図られるよう取り組んでいるところでございます。  

高松市議会 2016-11-04 平成28年11月 4日 決算審査特別委員会-11月04日−01号

2段目、7の不登校対策事業でございますが、不登校問題の解決に向け、新塩屋町にある適応指導教室虹の部屋と香川町にある、みなみの二カ所の運営や各学校における親の会への指導者の派遣、ICTを活用して自宅で学べる学習支援システムの提供、フレンドシップ事業における体験活動などを実施し、不登校児童生徒の社会的自立や学校復帰に向けた取り組みを支援しております。

高松市議会 2016-03-23 平成28年 3月23日 教育民生常任委員会-03月23日−01号

次に、その下の総合教育センター整備事業費でございますが、総合教育センター敷地内にあります旧新塩屋小学校北棟解体工事に係る地元関係者との協議に日時を要したことなどにより、年度内に事業の完了が不可能となったため、工事請負費等1億2,530万円を繰り越し措置するものでございます。  

高松市議会 2016-03-15 平成28年 3月15日 教育民生常任委員会-03月15日−01号

まず、87ページの説明欄、就学奨励費の4行目、不登校対策事業費についてでございますが、不登校傾向にある児童生徒一人一人に応じ、学校復帰や社会的自立に向けた支援・相談活動を実施しております適応指導教室、新塩屋町「虹の部屋」と香川町「みなみ」の2カ所の管理運営に要する経費のほか、不登校を考える会や親の会の実施、ICTを利用した家庭学習システムの運用などにより、心理的支援や学習支援を実施するための経費でございます

東かがわ市議会 2016-03-08 平成28年予算審査常任委員会 本文 開催日:2016年03月08日

市道駅前支線、本路線は、国道11号と市道塩屋臨港線を結ぶ生活道であり、道路幅員が大変狭く危険であるため道路改良を実施するもので、測量設計委託料を計上しております。  市道西下西線、本改良箇所は、白鳥幼稚園周辺整備予定があり、道路幅員が狭く大変危険であることから道路改良事業を実施するもので、来年度は測量設計委託料と用地補償費、工事費を計上しております。  

高松市議会 2015-10-05 平成27年10月 5日 決算審査特別委員会-10月05日−01号

2段目の不登校対策事業は、不登校問題の解決に向け、適応指導教室──新塩屋町「虹の部屋」と香川町「みなみ」の運営や各学校における親の会への指導者の派遣、ICTを活用して自宅で学べる学習支援システムの提供、フレンドシップ事業における体験活動などを実施し、不登校児童生徒の社会的自立や学校復帰に向けた取り組みを支援しております。

高松市議会 2015-09-16 平成27年 9月16日 教育民生常任委員会-09月16日−01号

その内容でございますが、旧新塩屋小学校北棟等解体の工事請負費として1億2,000万円、監理業務委託料として280万円を措置するものでございます。  総合教育センターにつきましては、平成21年3月に策定されました学校跡地・跡施設利用基本計画において、旧新塩屋小学校北棟は平成25年度に解体し、緑地等が整備されることとなっておりました。

高松市議会 2015-09-04 平成27年第4回( 9月)定例会-09月04日−01号

次に、教育費の教育総務費におきましては、学校跡地・跡施設利用基本計画に基づきまして、旧新塩屋小学校北棟校舎を撤去するため、総合教育センター整備事業費を措置するものでございます。  また、小学校費では、老朽化した栗林小学校の校舎等を改築するため、栗林小学校校舎等建設事業費を補正するものでございます。  

高松市議会 2015-03-16 平成27年 3月16日 教育民生常任委員会-03月16日−01号

まず、85ページの不登校対策事業費でございますが、不登校児童生徒一人一人に応じた学校や、集団への適応支援や相談活動を実施しております適応指導教室──新塩屋町虹の部屋と香川町みなみの2カ所の管理運営に要する経費のほか、不登校を考える会や親の会の実施、ICTを利用した家庭学習システムの運用などにより、心理的支援や学習支援を実施するための経費でございます。  

高松市議会 2014-10-28 平成26年10月28日 決算審査特別委員会-10月28日−01号

2段目の不登校対策事業は、不登校問題の解決に向け、適応指導教室──新塩屋町「虹の部屋」、香川町「みなみ」の運営や各学校における親の会への指導者の派遣、ICTを活用して自宅で学べる学習支援システムの提供、フレンドシップ事業における体験活動の実施など、不登校児童生徒の自立支援や関係保護者との連携を図るとともに、小中校長代表者やPTA関係者・臨床心理士医療関係代表者などで構成された不登校に関する援助推進委員会

高松市議会 2014-03-18 平成26年 3月18日 教育民生常任委員会-03月18日−01号

83ページにお戻りいただいて、不登校対策事業費についてでございますが、不登校児童生徒一人一人に応じた学校や集団への適応支援や相談活動を実施いたしております適応指導教室──「新塩屋町 虹の部屋」と「香川町 みなみ」の2カ所の管理運営に要する経費のほか、不登校を考える会や親の会の実施、ICTを利用した家庭学習システムの運用などにより、不登校児童生徒の心理的支援や学習支援を実施するための経費でございます

高松市議会 2014-02-17 平成26年 2月17日 総合防災対策特別委員会-02月17日−01号

ハザードマップ編の新塩屋町・築地松島地域のページでございます。  掲載している道路は、主な国道・県道・市道で避難所への避難路になるものと考えております。また、道路の両端を赤い線でなぞっているものは緊急輸送路で、災害時に最優先で復旧されていくものでございます。

高松市議会 2013-10-15 平成25年10月15日 決算審査特別委員会-10月15日−01号

2段目の不登校対策事業でございますが、不登校問題の解決に向け、適応指導教室──新塩屋町の「虹の部屋」、香川町「みなみ」の運営や各学校における親の会への指導者の派遣、ICTを活用して自宅で学べる学習支援システムの提供、フレンドシップ事業における体験活動の実施など不登校児童生徒の自立支援や関係保護者との連携を図るとともに、小中校長代表者やPTA関係者・臨床心理士医療関係代表者などで構成された不登校

高松市議会 2013-03-15 平成25年 3月15日 総務消防常任委員会-03月15日−01号

次の、ゆめづくり推進事業費2,226万9,000円は、地域コミュニティ議会として、地域の課題解決に対応する契機をつくるとともに、取り組みの過程において、地域コミュニティ議会の、さらなる活性化と基盤強化に資するため、地域の自主性・主体性を生かし、地域課題の解決等につながる事業に対して助成するもので、25年度は、新塩屋町地区のほか、23のコミュニティ協議会で取り組む予定でございます。  

東かがわ市議会 2007-03-01 平成19年第2回定例会(第1日目) 本文 開催日:2007年03月01日

次に、議案第39号の塩屋小海線は、国道11号及び四国旅客鉄道の踏切と平面交差を解消するため、県施工により改良後、供用された区間を含む一連の県道区域の路線であり、市民の日常生活に欠かすことのできない重要な連絡道路でありますので、市道と位置づけるものであります。  いずれも、香川県より本市へ移管されることから、今回、市道路線の認定をお願いするものであります。  

東かがわ市議会 2006-03-22 平成18年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:2006年03月22日

そこで、今現在、駅南塩屋迯田地区の土地改良事業が計画されておりますが、それが実現した場合、土地有効利用に大きなメリットが生じるのではないかと思います。なぜかいいますと、今現在、土地改良で県の方との協議の中で、現在の土地高さを上げないと、極力上げないというようなことで計画されているように聞いております。

  • 1
  • 2