131件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三豊市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年06月06日

新たな取り組みとしては、四国学院大学とのコラボ企画として親子体操教室を初め、近くの上高瀬幼稚園での園庭遊びなど、親子が楽しく過ごせ、少しでも多くの方々に御利用いただけるような取り組みを計画しているところです。  また、新しい子育て支援センターの整備については、グランドデザイン基本として、子育て支援機能を集約した多機能型子ども支援拠点施設として整備を進めてまいりたいと考えております。  

東かがわ市議会 2018-12-18 平成30年第5回定例会(第2日目) 本文 開催日:2018年12月18日

また、そういった場所において高齢者が週1回程度、体操などの軽運動に取り組めるような支援をすべきと考えます。高齢者にとって週1回の運動は大変効果があります。しかし、月に1回とか2回とか3回とかの運動は効果が薄いと言われています。市長のお考えを伺います。 270 ◯井上議長 それでは、市長、答弁願います。  

高松市議会 2018-12-12 平成30年第5回(12月)定例会-12月12日−04号

また、中学校自転車通学許可生徒が着用するヘルメットの選定に当たりましては、安全性が保証されており、耐久性にすぐれていることを優先した上で、必要とする生徒全員がすぐに購入できることなどを条件として、体操服等の選定と同様に、各学校ごとに、学校とPTAで組織する検討委員会などで協議の上、決定しているところでございますので、このような各学校の対応を尊重してまいりたいと存じます。  

三豊市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年12月07日

現在、校外部という形でクラブチームなどで練習している生徒、これを調査しますと、新体操男女サッカー、男子バドミントン、水泳柔道、空手など多岐にわたりまして、例えば在籍校に部活動がない場合はもちろん、あっても自身のスキルアップや向上心、以前からの指導者を慕うという理由などで、特にサッカーなどはクラブチームへ行く生徒、これは結構な人数がいるそうであります。  

高松市議会 2018-09-12 平成30年第4回( 9月)定例会-09月12日−02号

また、高齢者の居場所において、医師会等と連携した健康講座を開催するとともに、本市オリジナルの、のびのび元気体操の普及など、介護や支援を必要としない高齢者の割合である、自立高齢者率の向上などにも努めてまいりたいと存じます。さらには、来年7月に、本市において開催される健康都市連合の全国大会を契機といたしまして、市民健康づくりの機運のさらなる醸成を図ってまいりたいと存じます。  

東かがわ市議会 2018-06-20 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018年06月20日

今年度においても、介護予防教室輝きクラブでは、市管理栄養士による食生活講座を設けたり、地域ふれあい教室元笑気では、一部の会場でスポーツ推進委員の方々の協力をいただきながら、元笑気体操やストレッチ体操を実施しております。また、老人クラブへ講師を派遣し、介護予防講座を行っております。  

三豊市議会 2018-06-15 平成30年第2回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年06月15日

まず、現在の三豊市スポーツ少年団の状況でありますが、平成30年度、ソフトボール、野球バスケットボール、バレーボール、新体操を初めとする12種目40団体、団員数684人となっております。また、指導者167人で構成され、地域や県の大会などに向け、日々の練習に励んでいます。  その中でも、ジュニアリーダースクールが開催され、昨年は四国ロック香川県での開催に、サッカー、拳法など8名が参加しています。

三豊市議会 2018-03-14 平成30年第1回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年03月14日

本市の場合ですと、小中学校の受け皿となるスポーツクラブ、例えば体操水泳サッカー、こういうのは中学校でも学校外のところで活動してございますが、でもその数というのは不足をしてございますので、早急に学校から切り離した形態への移行というのは難しい状況でございます。ですので、各学校においては地域密着型教育を通しまして、部活動を支援する体制づくりを模索しているところです。

高松市議会 2018-02-23 平成30年 2月23日 新病院等整備特別委員会-02月23日−01号

また、新病院と連携した健康教室を初め、専門相談のほか、休日にはキッズヨガや健康体操などでの使用を検討してまいります。また、高齢者を対象とした総合相談支援・権利擁護・介護予防ケアマネジメント等を行い、総合センターと連携し、総合的な窓口機能の充実を図ってまいります。  

高松市議会 2017-12-15 平成29年第5回(12月)定例会-12月15日−06号

ここでは、参加者同士の交流や専門職への相談、ミニ講座や体操などが行われており、参加された家族からは、認知症の本人と一緒に出かけ、気軽に話せる場所ができたなどの声が聞かれ、認知症カフェが認知症の本人の外出のきっかけとなるだけではなく、介護者の負担軽減にもつながっているものと存じております。  

東かがわ市議会 2017-09-20 平成29年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2017年09月20日

6点目、介護予防の取り組みにつきましては、事業終了6か月後に、習得した認知症予防運動、タオル運動、健口体操栄養改善など、何らかのトレーニングを継続している方は82.9パーセントでありました。ほかには、一般の介護予防事業である地域ふれあい教室ボランティア、料理教室への参加などを行っております。また、取り組みの実態把握は、介護予防支援員が事業終了後3か月後、6か月後に確認しております。