177件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三豊市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年03月08日

◯13番(岩田秀樹君) 10連休における保育所、学童保育などの子育て環境の対応について質問をいたします。  2019年4月27日から5月6日までの国民の祝日に関する法律により、これまで最長の10連休が決定をいたしました。しかし、国内大手製造業においても10連休になっていない企業は数多くあります。業種によっては現行の休日のみで連休にならないところもあります。  

琴平町議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第3日 3月 6日)

また、職員は、夜だけでなく、休日の昼間でも出勤し、仕事をしていることも多くあります。役場の事務は、期限付きで処理しなければならないものも多く、そのため昼間の住民さんへの対応が終わってからも仕事をしなければならないケースも多々あることをご理解ください。  現在、庁舎の空調設備は5時15分になると電源を切っており、残業時には、夏は暑く、冬は寒い状態であります。

高松市議会 2018-12-13 平成30年第5回(12月)定例会-12月13日−05号

本市においても、大規模災害発生時における業務継続計画──BCPが策定されており、大規模災害に対応できる体制を整えつつありますが、それらの計画は、退庁時や休日など、本庁舎以外にいるときを中心に考えているように思います。本庁舎開庁時間内における大規模災害発生時の対応体制に不備はないのでしょうか。  

琴平町議会 2018-12-12 平成30年12月定例会(第2日12月12日)

本当に琴平町の子どもたちの未来のために、いろいろと今から教育施設等もまだ中学校だけでなくて、ほか小学校、幼稚園、保育所等もございますので、いろんな意味で、子どもたちのために、どうぞよろしくお願いいたします。  それでは、次に、2つ目に移らせていただきます。  2つ目は、町長に質問をしたいと思います。  

高松市議会 2018-12-11 平成30年第5回(12月)定例会-12月11日−03号

休日出勤も多く、幾つかの部署では、本当に人が足りないと聞きます。仕事の量や責任に応じた正規職員の採用や配置を進めなければ、やがて組織として限界が来るのではないでしょうか。  そこでお尋ねいたします。  業務量やその責任に応じた正規職員の採用や、人員配置の考えをお聞かせください。  次に、市有施設の維持管理について伺います。  平成25年、水銀に関する水俣条約という国際条約が採択されました。

高松市議会 2018-09-18 平成30年第4回( 9月)定例会-09月18日−05号

また、診療報酬加算の内容でございますが、質の高い在宅医療や訪問看護等を確保する観点から、緊急・休日・夜間・深夜の往診や在宅患者訪問診療を初め、在宅の緩和ケアやターミナルケア、みとりを行った場合に、診療報酬上の加算が算定されるものでございます。 ○議長(二川浩三君) 病院局長 鴨井厚二君。

高松市議会 2018-09-12 平成30年第4回( 9月)定例会-09月12日−02号

保育料の無償化などの経済的な支援に加え、保育施設の確保や父親の育児参加の促進による、母親が働きやすい環境の整備、また、育児に関する相談体制の充実など、総合的な子育て支援に取り組んでいく必要があります。  さらに、本市への移住・定住を促進する取り組みも強化していかなければなりません。

琴平町議会 2018-09-11 平成30年 9月定例会(第1日 9月11日)

行財政改革、産業振興、土木建設、人権・同和問 総務産業経済            題に関する調査                常任委員長  第 7 報   告 教育、福祉、保健、衛生、人権教育に関する調査 教育厚生                                   常任委員長  第 8 報   告 中学校の整備及び小学校の再編整備、幼稚園及び 公共施設整備調査            保育

三豊市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年09月07日

学校給食センターや保育所の民間委託、幼稚園の認定こども園化などについても、市民の意見反映の観点から質問してきました。今回は、具体的な問題について私の考えを述べますので、市長の市民の意見反映の方法を答弁いただけたらと思っています。  まず、永康病院の再建と耐震化、詫間支所の耐震化、讃岐造船所跡地の利用、保育所の民営化、幼稚園の認定こども園化、給食センター化についてお伺いをいたします。

高松市議会 2018-06-20 平成30年第3回( 6月)定例会-06月20日−06号

例えば、保育士に関する問題点で言えば、保護者対応へのストレスや児童に対する個別対応力の低下、保育士獲得競争の激化などが挙げられます。施設によっては、現場スタッフの頭数をそろえるために、現場に適した保育士の獲得に至らず、経験の浅い保育士を仕方なく雇うしかなく、その結果、幼児教育の質の低下につながる不安要素となっている可能性も否めません。  

高松市議会 2018-06-19 平成30年第3回( 6月)定例会-06月19日−05号

また、ICカードを活用した勤務時間管理システムの導入により、勤務時間の客観的な把握を図るとともに、平日の夜間や休日の留守番電話対応の導入を検討しているところでございます。  さらには、本年度より本格的に実施しております高松型コミュニティ・スクールの仕組みを活用し、登下校時の見守り活動や放課後等の校区内の見守り活動などに、地域人材等の積極的な協力を求めてまいりたいと存じます。  

高松市議会 2018-06-15 平成30年第3回( 6月)定例会-06月15日−03号

ある民間の調査によれば、年代別の転職理由として、20代では、ほかにやりたい仕事があるが最も多く、次いで、給与に不満がある、残業が多い、休日が少ないとなっております。これらは、学生が希望する就業ニーズと企業の求める雇用ニーズの乖離による雇用のアンマッチから生じることが多いことを示しているとも言えます。  

高松市議会 2018-03-20 平成30年 3月20日 教育民生常任委員会-03月20日−01号

◎多田健康福祉局長寿福祉部長長寿福祉課長事務取扱 老人いこいの家の一つに、城東保育所南側に飛雲荘という建物がございまして、来年度において、その建物を解体する経費を計上しております。 ◆太田委員 いこいの家の管理は本市がしているのですか。また、ホームページでは、いこいの家とつどいの家がありますが、同じものですか。

高松市議会 2018-03-19 平成30年 3月19日 教育民生常任委員会-03月19日−01号

その運営費を初め、特別支援保育事業や在宅の子育て家庭を対象にした育児相談・援助、子育て親子の交流の場の提供や育児講座を実施する地域子育て支援拠点事業、育児相談や子育て情報を提供する地域子育て推進事業、また、休日保育事業や夜間保育事業、病児保育事業などの特別保育事業を、私立保育所に委託して実施いたしますほか、開所時間の11時間を超えて30分以上の延長保育を行う延長保育促進事業や、保護者の急病や育児疲れの

高松市議会 2018-03-13 平成30年第1回( 3月)定例会-03月13日−05号

新任保育士への精神的なサポート体制についてお伺いいたします。  全国的に、保育士不足が問題になっており、潜在保育士の掘り起こしに努めております。保育士養成学校を卒業しても、保育士になる夢を持って学校に入学したにもかかわらず、一般企業への就職を希望し、就活をする学生もいると聞いております。  

高松市議会 2018-03-12 平成30年第1回( 3月)定例会-03月12日−04号

このうち、30年度におきましては、特に、保育士が不足傾向にある私立保育所等に再就職する保育士を対象に、県が実施する潜在保育士の再就職支援のための就職準備金貸付事業に本市が上乗せして助成するほか、在学中の県外学生が本市で保育実習を行う際の旅費支援などを行うものでございます。  

高松市議会 2018-03-09 平成30年第1回( 3月)定例会-03月09日−03号

調査では、国民生活基礎調査で貧困ラインとされる年収122万円以下の家庭の児童と、それ以外を比較して、低所得の家庭の子供は、朝食の欠食率が高く、休日には特に高くなることがわかりました。また、野菜を食べる頻度が少ない反面、魚・肉の加工品やインスタント麺を食べる頻度が多いことも明らかになりました。

東かがわ市議会 2018-03-05 平成30年予算審査常任委員会 本文 開催日:2018年03月05日

あと、幼稚園教諭、保育所、こちらのほうは3名募集のところを3人採用という形になっています。あと、図書館司書、こちらのほう1名募集のところを1名採用という形で、合計7名の採用という形になっております。保健師の採用に関しましては、3名募集のところ、今年度に関しましてはゼロ名という形になっております。

高松市議会 2018-02-23 平成30年 2月23日 新病院等整備特別委員会-02月23日−01号

また、新病院と連携した健康教室を初め、専門相談のほか、休日にはキッズヨガや健康体操などでの使用を検討してまいります。また、高齢者を対象とした総合相談支援・権利擁護・介護予防ケアマネジメント等を行い、総合センターと連携し、総合的な窓口機能の充実を図ってまいります。