295件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三豊市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年06月10日

まさに地方弱者対策などが問題となっている中で、施政方針にもあるその拠点を結ぶ移動手段の確保や離島航路など、本市にある地域交通政策と課題を洗い出し、その解決に向けた取り組みを進めます、そのため国が行っている新たなモビリティーサービスのあり方についても、民間企業と連携して協議を開始しますという部分について、どのような民間企業との連携をした施策が進んでいるかをお聞きいたします。

三豊市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年06月07日

国内で海水淡水化事業を行っている地域もありますが、大規模な水道用水確保のための事業、もしくは離島等で生活飲料水確保のためのやむを得ない事業に限られており、工業用水として海水淡水化事業を行っている事例はまだありません。  しかし、議員御指摘のとおり、海水淡水化によって水をつくり出すことは、長期安定取水が可能となる有効な手段となります。

三豊市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年03月06日

三豊市離島振興計画の具体的施策においても、離島への観光及び交流の促進を目的とした公衆トイレの洋式化対応の必要性もある中、外国人を初め、人々に利用しやすいバリアフリートイレについて、特定財源の活用や費用対効果を見据えながら、適正な配置につきまして検討してまいりたいと考えております。  

三豊市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年02月27日

また、多極分散型のネットワーク構造によるまちづくりと広域自治体連携に向け、その拠点を結ぶ移動手段の確保や離島航路など、本市にある地域交通政策の現状と課題を洗い出し、その解決に向けた取り組みを進めます。そのため、国が行っている新たなモビリティーサービスのあり方についても、民間企業と連携し、協議を開始します。  

高松市議会 2018-06-18 平成30年第3回( 6月)定例会-06月18日−04号

また、離島地区を除き、65歳以上の高齢化率は市内地区で高順位となっています。さらに、20歳以下の居住率は、鶴尾地区が最低順位となっています。  そこでお伺いいたします。  鶴尾小学校学校選択制採用は、地域の活性化が図れる大きな要因の一つと考えますが、それに対する考えをお聞かせください。  大項目2の質問は、以上でございます。 ○議長(二川浩三君) ただいまの項目2に対する当局の答弁を求めます。

三豊市議会 2018-06-15 平成30年第2回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年06月15日

粟島、志々島で離島航路の発着基地の整備を行うこととしております。  これは、港整備につきましては、いろんな省庁にまたがる事業を行うというのがもう大前提でございます。例えば、漁港については農林水産省港湾につきましては国土交通省というようなもので、双方をセットでやるというのが、その整備交付金の趣旨でございます。  それと、先ほどの道路の関係でございます。

三豊市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年06月13日

ただ、粟島や志々島という離島を抱えています詫間町ですけれども、その離島を同様にというのなかなか難しいのは確かですよね。本当に緊急のときはドクターヘリということになるんでしょうから、それはさておき、せめて救急車が走る範囲ぐらいは、ぜひ、とてつもないところをどうするかというのは議論をぜひお願いしたいんです。  

高松市議会 2018-03-19 平成30年 3月19日 総務消防常任委員会-03月19日−01号

地域振興課では、過疎・離島対策などの地域振興事務、コミュニティセンター・総合センター・支所・出張所などに関する事務を所管いたしております。  まず、当課関係の30年度当初予算を総括的に申し上げますと、歳出合計は6億9,739万9,000円で、対前年度比62.3%、金額にして2億6,766万7,000円の増でございます。  

高松市議会 2018-03-16 平成30年 3月16日 経済環境常任委員会-03月16日−01号

次の離島し尿収集費837万4,000円でございますが、男木町及び女木町のし尿等収集については、島の特殊事情により収集費用が割高になりますことから、住民負担の軽減を図るため、収集業者に対し補助を行うものでございます。  次の災害時し尿処理費280万9,000円でございますが、災害発生時に避難所使用する、し尿凝固剤等の備蓄などに要する経費でございます。  

高松市議会 2018-03-14 平成30年 3月14日 総合防災対策特別委員会-03月14日−01号

本市では、女木島・男木島・大島等の離島を有しております。島嶼部の災害では、地勢的要因によりまして被害が急激かつ拡大のおそれが大きく、海により隔てられていることから、速やかな災害対応が困難となることが懸念されているところでございます。そればかりでなく、ライフラインの切断や道路損壊、港湾機能の低下等による孤立化が想定されるため、平時から初動体制の効率化を図る必要性がございます。  

高松市議会 2018-03-14 平成30年 3月14日 総合交通対策特別委員会-03月14日−01号

その内訳でございますが、右側下段の1行目の生活交通路線補助金1億236万1,000円、その2行下のコミュニティバス施設等管理費57万2,000円と、その2行下の離島航路振興費813万9,000円でございます。  A3の資料に戻っていただきまして、資料1ページの右側下段の3生活交通路線補助金1億236万1,000円でございます。  

高松市議会 2018-03-12 平成30年第1回( 3月)定例会-03月12日−04号

瀬戸内国際芸術祭離島に光が当たっているにもかかわらず、それでも島に行ったことのない市民は、まだ多くおります。高松城跡も、昭和20年の高松大空襲で焼失した桜御門復元が決まり、天守も復元に向け大きく踏み出しております。観光・MICE、アフターコンベンションユニークベニューとして活用の中心施設であります。  

三豊市議会 2018-03-09 平成30年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年03月09日

臨海部の玄関口として、離島航路の発着場を有し、マリンウエーブ、シーマックス、詫間支所、図書館など公共施設も集中する地域であるために、海岸沿いにはボードウオークを設置するなど、一連の景観整備には努めてまいりました。にぎわい創出に関する企業を初めとした取り組みに御理解をいただければと思います。  

高松市議会 2018-03-05 平成30年第1回( 3月)定例会-03月05日−01号

次に、「離島の振興」につきましては、大島港の改修計画を策定するほか、大島振興方策に基づき、大島関係者のネットワークを維持するため、大島情報を発信するとともに、島民との交流のためのワークショップを開催するなど、交流・定住人口の拡大に努めてまいりたいと存じます。  第2は、「相互の特長をいかした多様な連携の推進」でございます。  

高松市議会 2017-12-15 平成29年第5回(12月)定例会-12月15日−06号

教育委員会といたしましては、遠隔合同授業は、経費面も含め、さまざまな課題もありますが、離島や山間部などの小規模校における教育の質の維持・向上を図る上で、意義あるものと受けとめております。  項目2の答弁は、以上でございます。 ○議長(森川輝男君) 以上で当局の答弁は終わりました。  再質問はありませんか。──御発言がないようでありますので、次に、項目3について発言を許します。

高松市議会 2017-12-12 平成29年第5回(12月)定例会-12月12日−03号

当日は、私も審査員として参加をいたしましたが、中高生向けの起業支援制度を初め、離島の活用や都市交通の整備、ドローンを活用したインスタグラムに関するものなど、若者らしい、夢や希望のある政策が提案されたことに大変頼もしく存じております。  また、全体の半数を占めた中学生チームの発想の豊かさと課題認識の的確さ、プレゼンテーションの元気のよさと説得力には、驚かされるものがございました。  

三豊市議会 2017-12-05 平成29年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2017年12月05日

本事業は、学校の小規模化に伴う教育課題がこれまで以上に顕在することが懸念されておりまして、国の積極的な支援・協力のもと、学校統合による魅力ある学校づくりのモデルや、離島や山間部、豪雪地帯などの地理的な要因によりまして学校統合が困難な地域等において、小規模校のメリットを最大化し、デメリットを最小化させるすぐれたモデルを創出する調査研究が実施されております。