609件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三豊市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年06月06日

最後に、生き生きと元気に活躍できる社会の構築とスポーツ振興についてですが、技やスピードや記録などを競い合うスポーツではなく、生涯にわたり一人一人が年齢、体力、運動能力などに応じて暮らしの中に溶け込んだ生涯スポーツ環境を整備し、健康の保持増進、体力向上に寄与する生涯スポーツの奨励は、これからの長寿社会において必要なことだと思っております。  

東かがわ市議会 2019-06-06 令和元年度予算審査特別委員会 本文 開催日:2019年06月06日

75 ◯植田グループリーダー 今回の個別計画は、施設ごとの今の現状であったり、長寿命化するには幾ら掛かったりというようなんを個別ごとに策定するものですので、何年計画というものはございません。最終的には個別のその施設の重要性とか耐用年数とかを加味しまして今後の方向性を決定したいと、その施設自身の今後の方向性を決定していきたいというふうに考えております。  

東かがわ市議会 2019-06-04 令和元年第3回定例会(第1日目) 本文 開催日:2019年06月04日

このため、財政の健全化の維持を大前提に中長期的な視点で必要な対策を実行できるよう、東かがわ市公共施設等総合管理計画や各種の長寿命化計画などに基づき、ライフサイクルコストの観点からインフラの適正な維持修繕や更新に努めることに加え、現在、内部で実施している事務事業のPDCAサイクルの手法を活用しながら、第三者を交えた行政評価制度を導入し、事務事業の再検証を行ってまいります。

東かがわ市議会 2019-03-07 平成31年予算審査常任委員会 本文 開催日:2019年03月07日

県営排水機場整備事業でありますが、これにつきましては本年度12月の補正予算時に説明しましたとおり、農林水産課所管の4か所の排水機場の長寿命化整備について、県営事業での採択が決定され、本年度機能診断が実施されているところでございます。来年度は、まず西村排水機場の整備に着手するということで、負担金等を656万8,000円を計上しております。  

東かがわ市議会 2018-12-18 平成30年第5回定例会(第2日目) 本文 開催日:2018年12月18日

この肺炎球菌ワクチンは、尊い市民健康長寿を守るためにも必要な予防接種であることは言うまでもありません。また、厚生科学審議会感染分科会の予防接種部会ワクチン評価に関する小委員会の報告では、高齢者肺炎球菌ワクチンを毎年65歳以上の方に接種した場合、1年当たり5,115億円の医療費が削減できると試算されています。  

高松市議会 2018-12-14 平成30年第5回(12月)定例会-12月14日−06号

一方、計画では、施設長寿命化による整備だけでは今後の財政に対応できないことから、さらなる整備コストの縮減に加えて、配置や規模・運営面・活用面等に及ぶ多面的な見直しが必要であるとしたところでございます。  このようなことから、児童生徒数の動向に応じた施設の統廃合によるプールの廃止や共有化は、今後実施する施設の改築や改修等の整備に際し、検討すべき課題であると存じます。  

三豊市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月10日

さらに計画的な改修により、公共施設長寿命化を図るとあります。そんな中で、今、私自身としても非常に気がかりな計画の一つに、ことし3月、定例議会の議案の中で、今後の三豊市再配置計画を進めていく中で非常に重要な施策の今後の基本ともなり得る、高瀬給食センターの無償譲渡及びに豊中給食センターの減額譲渡の問題が起こりました。

高松市議会 2018-12-10 平成30年第5回(12月)定例会-12月10日−02号

我が国は、超高齢社会の到来により、年金受給年齢を引き上げざるを得ないという長寿社会の影響で、働き方改革を早急に実現しなくてはなりません。それに加え、消費税増税、子供の養育費負担や親の介護費用なども考えると、現役世代は、より長く働ける環境を得ることが非常に大切になります。

高松市議会 2018-12-01 平成30年第5回(12月)定例会-目次

──   質  疑(代表質問) 20番 大浦議員 〈高松市議会同志会〉…………………………………56    政治姿勢(市長選出馬の考え、安倍新内閣への期待、全世代社会保障改革の所見、自治体の枠を超えた圏域連携)、行財政問題(財政健全化、消費税率引き上げの対応、市債と基金の状況等、ふるさと納税寄附者が応援団となる取り組み、生涯現役を応援する考え、都市計画マスタープランを踏まえた公共施設再編)、健康長寿日本

東かがわ市議会 2018-09-19 平成30年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2018年09月19日

168 ◯石川財務課長 今現在、各省庁からガイドラインが出ておりますが、それに沿った東かがわ市でできているもんといたしましては、厚生労働省が出しております水道事業ビジョン、また農林水産省が出しております農業水利施設国土交通省が出しております公営住宅長寿命化計画、またスポーツ庁が出しておりますスポーツ施設のストック計画、これは東かがわ市社会体育施設等マネジメント基本計画、このものが各省庁

高松市議会 2018-09-18 平成30年第4回( 9月)定例会-09月18日−05号

現代長寿社会において、地域や身の回りでも、高齢者の方々が元気にボランティア活動をしている姿に接する機会も多々あり、定年を65歳とする時代は熟してきた感じがございます。  この制度の改革は、人々の平均寿命が延伸した現代社会の実態や、一般的に社会情勢が、より安定した方向にある時点で実施されるべきでありますが、同時に、初段階には多少のリスクも考えられるかもしれません。  そこでお伺いします。  

高松市議会 2018-09-14 平成30年第4回( 9月)定例会-09月14日−04号

この計画では、国の公営住宅長寿命化計画策定指針に基づき、本市の将来世帯数の推計などから算出した、目標年度の平成33年度に確保すべき戸数を供給必要戸数として定めております。  今後、この戸数の計画的な確保に努めるとともに、住宅需要の動向等も勘案しながら、市営住宅の更新や改修等に取り組んでまいりたいと存じます。  

高松市議会 2018-06-19 平成30年第3回( 6月)定例会-06月19日−05号

また、国におきましては、SDGs実施指針に基づき、平成29年12月にはSDGsアクションプラン2018を定め、あらゆる人々の活躍の推進、健康長寿の達成などの八つの優先課題を解決するため、経済社会環境の3分野を統合的に向上させる事業を支援する、地方創生に向けた自治体SDGs推進事業などにも取り組んでいるところでございます。  

三豊市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年06月13日

遊具、早急な長寿命化対策が必要だと思いますが、これら遊具に関しては計画的な予防修繕、劣化の小さいうちに小規模の修繕を取り入れること、これが効果的であるということです。これをすることで長寿命化を図り、都市公園などの安全性の確保とともに、トータルコストの縮減と平準化が図られるというものです。