1119件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三豊市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第5日) 本文 開催日:2019年03月26日

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(詫間政司君) 御異議なしと認めます。  よって、委員長報告は省略することに決しました。  お諮りいたします。  委員長報告に対する質疑については、議長を除く21名の委員で審査いただいておりますので、省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。              

琴平町議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会(第4日 3月20日)

議長(山神 猛君)  以上で、諸般の報告を終わります。 ○議長(山神 猛君)  日程第1 会議録署名議員の指名  を行います。  会議録署名議員は、     4番、吉田 親司君及び     9番、山下 康二君  を指名いたします。 ○議長(山神 猛君)  日程第2 議会運営や議長から諮問された事項に関する調査研究  を議題といたします。  

琴平町議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第3日 3月 6日)

(「はい、議長」と呼ぶ) ○議長(山神 猛君)  町長。 ○町長(片岡 英樹君)  総務課長から。 ○議長(山神 猛君)  総務課長。 ○総務課長(佐藤 任司君)  議長のお許しをいただきまして、補足説明をさせていただきます。  

東かがわ市議会 2019-03-04 平成31年民生文教常任委員会 本文 開催日:2019年03月04日

続きまして、議長よりごあいさつをお願いいたします。 5 ◯井上議長 どうも皆さん、こんにちは。午前中とは比べ、先ほど外に出ますと大変冷え込んでおります。  そういった中、民生文教常任委員会、2議案であります。委員各位それぞれの立場で、付託された案件について御審議をお願いしたいと思います。  

琴平町議会 2019-03-04 平成31年 3月定例会(第1日 3月 4日)

議長(山神 猛君)  以上で、諸般の報告を終わります。 ○議長(山神 猛君)  日程第1 会議録署名議員の指名  を行います。  会議録署名議員は、  5番、豊嶋 浩三君及び  7番、渡辺 信枝君  を指名いたします。 ○議長(山神 猛君)  日程第2 議会運営や議長から諮問された事項に関する調査研究  を議題といたします。  

三豊市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第1日) 名簿 開催日:2019年02月27日

  平成31年度三豊市港湾整備事業特別会計予算    議案第21号  平成31年度三豊市病院事業会計予算             ────────────────   本日の会議に付した事件 第1 会期の決定 第2 議席の変更の件 第3 会議録署名議員の指名 第4 諸般の報告 第5 議案第1号から議案第11号まで、議案第22号から議案第46号まで 第6 議案第12号から議案第21号まで 日程追加 副議長辞職

三豊市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年02月27日

~~~~~~~~~~~~~~~   ☆日程追加 副議長辞職の件 ◯議長(詫間政司君) ただいま、副議長、込山文吉君から副議長の辞職願が提出されております。  お諮りいたします。  この際、副議長辞職の件を日程に追加し、直ちに議題とすることに御異議ありませんか。              

三豊市議会 2018-12-21 平成30年第4回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年12月21日

議長(詫間政司君) ただいま議題となっております決議案第1号は、先例に従い、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(詫間政司君) 御異議なしと認めます。  

琴平町議会 2018-12-21 平成30年12月定例会(第4日12月21日)

議長(山神 猛君)  日程第1 会議録署名議員の指名 を行います。  会議録署名議員は、     4番 吉田 親司君及び     8番 今田 勝幸君 を指名いたします。 ○議長(山神 猛君)  日程第2 報告 議会運営や議長から諮問された事項に関する調査研究 を議題といたします。  

高松市議会 2018-12-20 平成30年第5回(12月)定例会-12月20日−07号

そのような中、本市議会としては、会計年度任用職員制度導入に係る財政措置について、香川県市議会議長会総会において決議し、国に対して要望したほか、同要望を四国市議会議長会理事会、さらに、全国市議会議長会評議員会にも提案し、全会一致で決議され、総務大臣を初め、関係機関に対する要望活動も行われていることから、同趣旨の意見書を本市議会から、あえて提出する必要はなく、本陳情に反対であるとの発言がありました。