1429件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東かがわ市議会 2019-06-19 令和元年第3回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019年06月19日

御提案のQRコードシールやGPS端末等については、介護保険外のサービスとして情報提供をしていくとともに、今後の認知症高齢者の相談状況を踏まえつつ、支援策についても様々な観点から調査、研究していきたいと考えております。  以上、山口議員の御質問に対する答弁といたします。

三豊市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年06月10日

この温室効果ガスがなければ、地球の平均気温はマイナス19度にもなるという研究があるようであります。温室効果ガスは二酸化炭素や水蒸気、メタンガスなどがあるそうでありますけれども、観測の結果、ここ数十年の間に二酸化炭素が大幅にふえていると言われています。そのために地球の温暖化が進み、危機的になっているというふうに私は思っています。  

三豊市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年06月07日

先週、庁内の職員対象の研究会が開催されたそうですが、市行政全般において制度なりの理解と対応が大変大事であることは言うまでもありません。それこそ、多様化する社会に機敏に対応するための体制を整えておくことが求められます。時代に対応できるかどうかは自治体のレベルが問われることであり、対応がおくれれば、時代から取り残されていくと思います。21世紀は人権の世紀と言われます。

三豊市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年06月06日

東京で開催された全国子育て支援者研究会に参加したときに、とても驚かれ、うらやましがられた記憶が残っています。仮の施設としてのキッズルームはもちろん、どんなにきれいな新しい施設が完成しても、以前の高瀬地域子育て支援センターにはかなわないでしょう。  とても残念で悲しいことですが、悲しんでばかりもいられません。子供たちは大人の都合など何も知らずに、日々すくすくと成長しています。

三豊市議会 2019-06-03 令和元年第2回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年06月03日

4月14日、財田庁舎内に東京大学大学院松尾豊教授のサテライト研究室として、みとよAI社会推進機構MAiZMがオープンいたしました。オープニングイベントには、広域連携協定を結んだ中西讃3市3町の市長・町長様を初め、企業関係者など約100人の皆様に御出席いただき、松尾豊教授の記念講演や香川高専詫間キャンパスの学生によるAIディープラーニングを用いた事例発表などが開催されました。

東かがわ市議会 2019-05-14 令和元年第2回臨時会(第1日目) 本文 開催日:2019年05月14日

予算審査に当たり、住民福祉の向上、適正な配分がなされているか、また最少の経費で最大の効果につながる予算であるかなど審査することを目的として、任期2年、議長を除く全議員で17人の委員をもって構成する予算審査特別委員会を設置し、継続して審査、調査、研究いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。            

三豊市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年03月08日

今回、私が調査研究した例は、パソコンからの情報と、あとはもう1社の方から話を聞いただけですので、もっといろんなところから話を聞いて、その利便性であったりとか、あとはコストパフォーマンスですね、そういうところでの検討は必要だと思うんですけれども、これからそのような検討していくのはどうかということをお尋ねいたします。

三豊市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年03月06日

大手自動車メーカーでは、既にAIによる自動運転技術研究を独自に進めております。このほかにもAIの研究と生産への導入は多くの企業で既に始まっているというふうに認識しております。この施策にも産業界にAIを導入しようとする多くの企業が、そして本気で参加してこそ施策の目的に近づくのだろうと思います。最初に、企業参画に対する策について、市長の御説明を願いたいと思います。

三豊市議会 2018-12-21 平成30年第4回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年12月21日

また、東京大学大学院松尾研究室と香川高専の合意書により、財田庁舎にサテライトオフィスを設置することは、三豊市がAI分野において、三豊市のみならず多くの人々に可能性と夢を追求できる環境づくりの第一歩を踏み出すことができると思っております。  その三豊市の向こう10年の将来ビジョンを描く三豊市第2次総合計画基本構想及び前期基本計画は、今議会において議決いただきました。

東かがわ市議会 2018-12-18 平成30年第5回定例会(第2日目) 本文 開催日:2018年12月18日

これらの協議や研究の中には、道の駅の可能性に期待する御意見もあった一方、施設建設方法や運営に関して慎重な御意見もあったと認識をしております。  現在、市内では、御承知のように国道11号バイパスの建設が進んでおり、仮に道の駅を設置するとしたら、バイパス沿線が望ましいのではないかという意見もありました。

高松市議会 2018-12-14 平成30年第5回(12月)定例会-12月14日−06号

また、当時の農林水産課の担当は、ムクドリの習性を研究してみて、どうすれば被害が軽減できるか、考えていく必要がある。高松市としては、景観を保ちながら、鳥と共存しながら生活していくと話していました。  来年は、4回目の瀬戸内国際芸術祭2019が開催されます。県都高松市としても、多くの観光客を迎えるのに、中央通りがこのような状況でよいのでしょうか。  そこでお伺いいたします。  

高松市議会 2018-12-13 平成30年第5回(12月)定例会-12月13日−05号

また、本市の小中学校におきましては、校内研修の授業研究において、附属学校教員指導者として招き、日ごろの研究や実践に基づいた助言を受けたり、附属学校・園舎が毎年度開催する研究発表会には、多くの教員参加し、授業参観や研究協議を通して研究内容の理解を深め、みずからの学校教育の充実・発展に生かしているところでございます。

三豊市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月11日

また、AI研究の拠点というのはなかなか一般市民には見えてこない、見えづらい部分だと思いますので、きのうの答弁にもありましたけれども、学生がAIに触れる機会をつくるというのと同じく、一般の方がAIの研究技術に触れるということで、受け付けなどに研究中とか実験中と書いて、市民の方にも研究に、実験に御協力くださいと、どんどん利用を促せばデータも集まりますし、AI実験拠点としての、研究拠点としての機運の醸成

高松市議会 2018-12-11 平成30年第5回(12月)定例会-12月11日−03号

NPO法人 環境防災総合政策研究機構が、西日本豪雨で被災した岡山・広島・愛媛3県の住民にした調査によれば、避難勧告が発令されても、災害危険性がない所に住んでいるからとの理由で、避難行動をとらなかった人の割合が、高齢者ほど高い結果となっており、住民みずからの意思避難開始できる取り組み支援が大きな課題です。