246件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高松市議会 2023-09-10 09月10日-03号

本市では、これまで天守復元に向けて継続的な資料調査や発掘調査などを行い、その成果をもとに天守復元案を作成したほか、内部構造を確定できる資料を募る懸賞事業などの取り組みを行ってまいりましたが、資料不足を理由に、文化庁に復元が認められていない状況にございます。 

丸亀市議会 2021-09-12 09月12日-03号

指定を受けるための資料として、遺跡の範囲を示す測量図を作成し、文献資料、遺構の内容を把握する発掘調査を行い、成果をまとめた総合調査報告書を提出する必要があります。合併前には、西長尾城の主要部分の測量調査を実施しており、加えて昨年度は、石垣の測量を行うことで申請に必要な測量図の作成に努めておりますが、全ての測量を終えるにはまだしばらくかかります。

丸亀市議会 2021-06-14 06月14日-04号

3点目、保存活用計画に書かれている発掘調査があります。今回やるんでしょう。この発掘調査は、どういう目的で、またどういう中身なのかを答弁いただきたいと思いますし、昭和25年に割と大がかりな発掘調査が行われました。そのこととの関係性はどうなっているのかを答弁いただきたいと思います。それにあわせて、当然現地での説明会はやると思いますが、これについての回答もお願いしたいと思います。 

坂出市議会 2020-12-11 12月11日-03号

先日見たテレビで、香川県埋蔵文化財センターの西岡達哉所長は、空海・菅原道真・藤原純友、そして崇徳上皇と、当時のビッグネームが讃岐国府にかかわっており、実際にそれを裏づける当時の遺構が発掘調査で見つかっています。したがって、まずは時代ごとの変遷が目で見て体現できるバーチャルのような仕掛けをすればよいのではと述べ、最後に、歴史の道は讃岐国府に通ずるとまで断言されています。

高松市議会 2020-09-09 09月09日-02号

本市では、これまで、天守復元に向けて継続的な資料調査や発掘調査などを行い、その成果をもとに天守復元案を作成したほか、内部構造を確定できる資料を募る懸賞事業などの取り組みを行ってまいりましたが、資料不足を理由に、文化庁に復元が認められていない状況にございます。 

高松市議会 2020-07-03 07月03日-06号

高松市では、勝賀城跡の国史跡指定を目指すため、平成28年度から30年度まで3年にわたり発掘調査を行いました。この発掘調査では、食い違い虎口の遺構などが確認されており、これは、織田・豊臣家臣団が築いた織豊系城郭の特徴を示しているものであると報じられております。

高松市議会 2020-06-27 06月27日-02号

本市では、これまで、天守復元に向けて継続的な資料調査や発掘調査などを行い、その成果をもとに天守復元案を作成したほか、内部構造を確定できる資料を募る懸賞事業などの取り組みを行ってまいりました。 また、昨年6月には、NPO法人 高松城の復元を進める市民の会から本市に対し、10万人分の署名とともに、天守復元に向け、さらなる支援を求める陳情書が提出されたところでございます。 

東かがわ市議会 2020-03-17 令和2年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:2020年03月17日

令和2年度におきましても、引き続き用地の取得に努めていくほか、取得できた事業用地では埋蔵文化財発掘調査を実施するとともに、施工可能な区間において工事を行う予定であると聞いております。  なお、国道11号バイパスと国道318号の交差点部分につきましては、交差点内の東側に横断歩道橋を整備することとなっております。

丸亀市議会 2020-02-28 02月28日-02号

快天山古墳保存活用計画がつくられ、これからそれに基づき石棺の発掘調査、整備計画へと進んでいきます。一体どういう事業展開になるのか、その中身を答弁いただきたいと思います。   また、綾歌三山にある綾歌森林公園の整備についてお伺いします。   城山、猫山、高見峰という綾歌三山に登る方は年々ふえております。さらにはキャンプ場、湯舟道への利用客もふえております。

丸亀市議会 2020-02-19 02月26日-01号

また、石材の割れやすき間が見られます三の丸石垣の安全性を確保するため、新年度では、地盤の安定度を調査する弾性波探査を初め、レーザー測量や排水路発掘調査などを実施し、保護措置を講じてまいります。   長寿命化工事のために、1年を超えて休館をいたしました猪熊弦一郎現代美術館は、本年4月にリニューアルオープンいたします。   

高松市議会 2019-03-25 03月25日-08号

その主な内容は、まず、中部総合センター(仮称)等の整備に伴う実施設計等において、工程調整に日時を要したことなどにより総合センター等整備事業費3,260万7,000円を、また、関係機関との協議に日時を要したことなどにより、仏生山円座線及び農業試験場跡地北側エリアの埋蔵文化財発掘調査において出土した遺物の写真撮影業務委託に係る道路新設改良国庫補助事業費52万円を、それぞれ繰越明許の措置を講ずるものなどでありまして

高松市議会 2019-03-22 03月22日-07号

年度高松市一般会計予算中、関係部分、すなわち、歳出では、高松市地域行政組織再編計画及び香川県農業試験場跡地北側エリア整備基本計画に基づく、交流広場の実施設計などに係る総合センター等整備事業費1,197万7,000円、及び中部総合センター(仮称)等の建設工事、同センター内に設置予定の保健センターの整備などに係る総合センター等整備事業費、債務負担行為15億6,036万5,000円のほか、北側エリアの維持管理、埋蔵文化財発掘調査

高松市議会 2019-03-13 03月13日-06号

また、その進捗状況についてでございますが、これまでに沿線関係者との協議・調整を行いながら、取得済み用地の埋蔵文化財発掘調査や無電柱化を含めた道路施設計を行ってまいり、現在、一部区間の無電柱工事契約手続を進めているところでございます。 今後におきましても、無電柱工事を先行しながら、暫定整備を着実に進めてまいりたいと存じます。 

坂出市議会 2019-03-12 03月12日-03号

発掘調査で、ことしも新たに印鑑が見つかったと報道されました。今回は現地説明会には行けなかったんですけれども、17日の報告会では実物も展示されるそうなので、私も楽しみにしております。 讃岐国府跡での発掘調査も進んで、国の史跡指定も近いと言われております。

高松市議会 2019-03-07 03月07日-02号

そして、中世の城として、屋島から五色台の線上に位置し、現在、国史跡指定に向けて、鋭意、発掘調査が進められております、香西氏18代360年の歴史を持つ出城であり、住み城である勝賀城跡。そして、天守復元に対して、10万人もの署名が寄せられた近世の城──高松城跡。このシーフロントゾーンにある三つの城は、全国で高松市岡山市古代中世近世の城が存在していると言われております。

坂出市議会 2019-03-05 03月05日-01号

讃岐国府跡の史跡指定に向けた取り組みについては、引き続き遺物整理事業及び発掘調査事業を継続するとともに、新年度は、開法寺の伽藍北端の大型礎石建物に関する報告書を刊行し、讃岐国府跡の重要地区の一つとして意見具申を進めてまいります。 

高松市議会 2018-12-10 12月10日-02号

本市では、これまで天守復元に向けて継続的な資料調査や発掘調査を行い、天守復元案を作成したほか、内部構造を確定できる資料を募る懸賞事業などの取り組みを行ってきたところでございます。 

丸亀市議会 2018-12-06 12月06日-03号

これを生かすためには、排水口付近の発掘調査によって排水施設の構造を調査し、なぜ機能していないかを探る必要があります。もし、これが活用できないのであれば、今後新たな雨水排水計画を立て、計画的に整備をしていく必要があると考えています。 以上、答弁といたします。 ◆14番(横田隼人君) 議長、14番。 ○議長(大前誠治君) 14番 横田隼人君。