168件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三豊市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年06月10日

そこで環境省は、全ての地方公共団体に対し、地方公共団体実行計画事務事業編を大胆に強化・拡充し、地球温暖化対策組織を挙げて不断に実施するよう促しています。  地方公共団体カーボンマネジメント強化事業は、このような取り組みを行うモデル自治体を支援するため、環境省が新たに設置した補助事業であります。

三豊市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年06月07日

日本食品廃棄物は、農林水産省環境省の推計では、平成28年度で約2,759万トン。このうち、まだ食べられるのに捨てられてしまう、いわゆる食品ロスが643万トンとしています。その643万トンの約半分は事業者の流通・販売の中で規格外品や売れ残り、外食などでの食べ残しなどで起き、もう半分は家庭での食べ残し、過剰除去や直接廃棄などで食品ロスが起きています。

東かがわ市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019年03月18日

まず初めに、本市の食品ロス削減への取り組みについてでありますが、本来食べられるのに廃棄される食品ロスについては、国では消費者庁を中心に農林水産省環境省厚生労働省等で様々な対策の取り組みを進めているところであります。  本市においては、食品ロスを多くの人々に知っていただくために、平成29年12月号の広報紙で1ページ全面を使いまして食品ロスについての紹介をいたしました。  

三豊市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年03月06日

先日、この問題について会派として環境省を訪れ、担当課長及び担当官と協議をいたしました。環境省としては簡便な調査方法もあることから、直接相談していただければ協議をさせていただくとのことでありました。現在どのような状況か、今後どう対策をとられるのかお伺いをいたします。  

東かがわ市議会 2019-03-05 平成31年予算審査常任委員会 本文 開催日:2019年03月05日

今回、我々が行おうとするのは、土壌対策法のものではございませんが、国が行いました調査機関というのが、環境省が指定する調査機関いうことで受注をしとると聞いております。それで、市のほうも土壌対策の調査ではないんですが、同じく指定調査機関の中から業者を選定したいと考えております。  

高松市議会 2018-12-12 平成30年第5回(12月)定例会-12月12日−04号

広域でこのような取り組みができるんだなあと私は非常に驚きましたし、環境省も非常に驚いていました。とても画期的だということですが、せっかく高松市も広域自治体でいろいろなことをやっている中で、なぜこれができないのかと。  国がレジ袋を削減に向けて取り組もうとしているときに、国の動向を注視するのではなく、地方自治体としてできることから私はやればいいのではないかと思っています。

三豊市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月11日

そこで環境省は、全ての地方公共団体に対し地方公共団体実行計画事務事業編を大胆に強化・拡充し、地球温暖化対策組織を挙げて不断に実施することを促しています。  地方公共団体カーボンマネジメント強化事業は、このような取り組みを行うモデル自治体を支援するため環境省が新設した補助事業であります。

高松市議会 2018-12-11 平成30年第5回(12月)定例会-12月11日−03号

環境省では、レジ袋の有料化義務化を含むプラスチック資源循環戦略の素案を提示し、年内に最終案として取りまとめた上で、政府は、来年6月のG20首脳会談までに正式決定し、新たな国際合意の形成を目指すとしています。  素案では、2030年までにストローやペットボトル・レジ袋など、使い捨てプラスチックの排出量を2030年までに25%減らす目標を設定。具体策として、レジ袋有料化義務化などを明記。

三豊市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月10日

昨年の環境省の資料によると、海の漂流ごみ、漂着ごみは推計で31から58万トンとされ、残念ながら、アジア各国の国々が大量に海にプラスチックごみを流出されております。それが黒潮などの海流に乗って、日本を含む東アジアの海は北太平洋の16倍、世界全体の海と比べても27倍、プラスチックで汚れております。

東かがわ市議会 2018-08-29 平成30年総務建設経済常任委員会 本文 開催日:2018年08月29日

54 ◯尾崎事業部長 まず1点目の水質基準でございますが、水質基準につきましては、環境省の生活環境の保全に関する環境基準というのがございまして、水素イオンとかCOD、7つの基準がございますので、それをクリアするような検査を現在やっておりますとともに、常時、機械である程度、水質等の検査、透明度とかを監視しておりますし、今、メンテナンス業者が週に2回入っておりますので、来たときには全部水質検査

高松市議会 2018-06-19 平成30年第3回( 6月)定例会-06月19日−05号

また、本市のため池群は、ガンカモ類ミコアイサの渡来地、淡水魚類ニッポンバラタナゴの生息地、爬虫両生類ナゴヤダルマガエル岡山型の生息地として、生物多様性の観点から重要度の高い湿地として、環境省に指定されています。しかし、生息環境の悪化から、ここ数年はナゴヤダルマガエルの生息確認はできていません。  

高松市議会 2018-06-18 平成30年第3回( 6月)定例会-06月18日−04号

出席省庁も幅広く、内閣官房に始まり、厚生労働省消費者庁総務省文部科学省農林水産省経済産業省国土交通省、そして、環境省と多彩であり、それぞれの省庁において健康生活を中心とした取り組みがなされていることに、ただただ驚きを感じました。  その後、私どもは別室に移動し、橋本議員介護予防等、新たな医療体系の構築について議論を深めました。

高松市議会 2018-06-14 平成30年第3回( 6月)定例会-06月14日−02号

この大会は、環境省と全国の自治体で構成する協議会により、平成元年から毎年、全国各地で開催されており、本年10月に、記念すべき30回目を本市で開催することが決定しております。大気環境の保全意識向上と郷土の環境を生かした地域おこしの推進を目的としており、自治体関係者や環境保全に関する功労者などが集まり、例年、高円宮妃殿下が御臨席されるなど、大変格調高いものであると聞いております。

高松市議会 2018-03-19 平成30年 3月19日 教育民生常任委員会-03月19日−01号

◎村上こども未来館長 剥製につきましては、開館以来、環境省へ届け出を出しておりますが、今のところ、まだ了承いただけていない状況でございます。香川大学博物館からも連絡をとっていただいていますが、処理いただいていない状態です。 ◆香川委員 多目的室で映画会等もやっていると思いますが、完全な暗幕になってないので、外光が入って見づらいという利用者の声がありました。

高松市議会 2018-03-13 平成30年第1回( 3月)定例会-03月13日−05号

経済産業省が進めてきた補助事業も、本年度から、環境省、また国土交通省が加わり、引き続き後押しを行う予定です。本市においても、このZEH住宅を広く市民に知っていただくことは、持続可能なまちづくりにもつながることであると考えます。  そこでお伺いします。  環境への取り組みとして、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス住宅を周知啓発するお考えをお聞かせください。  以上で大項目1を終わります。

高松市議会 2017-12-15 平成29年第5回(12月)定例会-12月15日−06号

次に、PR動画を作成し、情報発信するとともに、観光地等の情報をSNS等を活用して積極的に発信する考えでございますが、先日、屋島の外国人向けプロモーション事業が、環境省国立公園満喫プロジェクト展開事業に採択されたところでございまして、今後、この事業の中で、ドローン等を使用した魅力ある屋島の動画を作成してPRすることといたしております。  

高松市議会 2017-12-14 平成29年第5回(12月)定例会-12月14日−05号

国連のSDGs──持続可能な開発目標と歩調を合わせ、環境省は、官民挙げて食品ロス削減国民運動の展開を図るとしています。  去る10月30・31日、長野県松本市において、初めての食品ロス削減全国大会が、松本市・全国おいしい食べきり運動ネットワーク議会主催、環境省農林水産省消費者庁共催で開催されました。

東かがわ市議会 2017-09-20 平成29年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2017年09月20日

本来食べられるのに廃棄される食品ロスについて、国においては、消費者庁を中心に、農林水産省環境省厚生労働省等で様々な対策の取り組みを進めているところでございます。  本市におきましても、御指摘のとおり、市民や事業所等に対し、食品ロスを無くすための対策を講じる必要があると認識しております。