12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

高松市議会 2018-06-20 平成30年第3回( 6月)定例会-06月20日−06号

まちづくりのうち、せとしるべを活用したイメージアップの考えについてでございますが、サンポート高松のシンボルである赤灯台、通称せとしるべは、世界初のガラス灯台であり、平成28年8月には、日本ロマンチスト協会及び日本財団が共同で実施する、恋する灯台プロジェクトにおきまして恋する灯台に、また、同年10月には、夜景観コンベンション・ビューローより、日本三大夜灯台にそれぞれ認定され、本市の観光資源の一つとして

高松市議会 2018-06-19 平成30年第3回( 6月)定例会-06月19日−05号

近年のインバウンド効果により、この庭園を多くの外国人が訪れるようになっており、公益財団法人 イサム・ノグチ日本財団によりますと、外国人の来園者数は、平成25年には848人であったのが、平成29年には1,899人と約2.4倍に上っているとのことです。  来園者の中には、電車やバスを利用して、駅から徒歩で来られる方も多く、帰りには、近くの与一公園に寄られる方が多く見られます。  

高松市議会 2018-03-14 平成30年第1回( 3月)定例会-03月14日−06号

さて、去る2月23日、共生社会ホストタウンに登録されたことを受け、本市が開催した日本財団パラリンピックサポートセンターによる、あすチャレ!Academyを受講させていただきました。  セミナーでは、幼少期に肺炎で危篤状態となったことが原因で、それ以降、聴力が低下し続け、20年間で聴力を失った薄葉幸恵講師により、唇の動きで会話ができる読唇術や文字変換ソフトを使って行われました。  

高松市議会 2017-09-12 平成29年第4回( 9月)定例会-09月12日−03号

また、日本財団パラリンピックサポートセンター主催のコミュニケーションセミナーで、「あすチャレ!Academy」というものがあり、7月、私自身受講してまいりました。講師は障害を持った方が行い、障害とは何かに気づき、コミュニケーション方法を理解し、行動するための想像力を養うカリキュラムとなっており、大変勉強になりました。大事なポイントは、障害は人ではなく、環境にある。

三豊市議会 2017-03-09 平成29年第1回定例会(第4日) 本文 開催日:2017年03月09日

それで、御存じの方も多いと思うんですけれども、日本財団というところが子供貧困問題が日本経済に与える影響について試算しております。子供貧困問題の解決に取り組まなければ、15歳の子供1学年だけでも生涯所得の合計は日本全体で2.9兆円減少し、また税金など将来の政府に入る収入は1.1兆円減少する。また、正規職員は0.9万人減少するという推計をしております。

高松市議会 2016-09-12 平成28年第4回( 9月)定例会-09月12日−04号

また、プロジェクトを推進する日本ロマンチスト協会と日本財団から、高松市が恋する灯台のまちに認定されました。このことにより、今後、せとしるべを中心に、サンポート高松がデートコース・観光コースとした利用などの展開が考えられます。  そこで、恋する灯台のまちに認定されたことについての所感をお聞かせください。  

高松市議会 2015-12-15 平成27年第5回(12月)定例会-12月15日−05号

また、日本財団が15歳の子供のうち、生活保護世帯児童養護施設、また、ひとり親世帯の約18万人を対象とし、教育支援を行わなかった場合の試算をしたところ、社会がこうむる経済的損失は2.9兆円に上がり、政府財政負担が約1.1兆円ふえると発表いたしました。子供貧困を放置して生じる経済的な損失は大きい。教育格差の解消に向けて対策を進めるべきだと警鐘を鳴らしております。  

三豊市議会 2015-06-18 平成27年第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2015年06月18日

また、日本財団福祉車両助成も法人であることが前提であるため、設立前に申請することは不可能であるとのことです。財政事情も十分な配慮が必要になるのは当然ですが、事業所を開設したいと検討する保護者の関係者が希望を持って取り組めるよう対応してほしいと考えます。この件についても再度お考えをお聞きしたいと思います。  

  • 1