5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

三豊市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年12月07日

そういった中で日本全体が機運が盛り上がってくる、また2019年度、次年度につきましては準備段階ということではありますけれども、そういった高揚感のもと改元もされますので、そういった中で三豊市のまちをどうつくっていくか、ちょうど第二次総合計画をスタートさせるというような年とも重なりますので、今御審議いただいておりますこの総合計画をもとに「One MITOYO」、心つながる豊かさ実感都市というものの実現に

三豊市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年09月11日

今回は生前退位による改元となっております。国民への影響も考えての日程となったと伺っております。  新しい時代が始まります。世の中の流れ、まちの雰囲気が変わってくると思います。いや、もう既に一部の人たちの間では、この夏のことを平成最後の夏とか、平成最後ワードを耳にするようになりました。少しまちの空気感も違うように感じております。

高松市議会 2018-06-19 平成30年第3回( 6月)定例会-06月19日−05号

先月17日に関係省庁連絡会議が開催され、新元号の公表時期を改元の1カ月前と想定して、システム改修を進めることを決めましたが、元号に変換してデータをやりとりする場合、改修が複雑で、改元に間に合わないと見込まれています。将来の改元の際も、同様の問題が発生しかねないことから、個別のシステム更新にあわせて、今後、数年かけて日付データを西暦に統一するという方針を固めたとのことです。  

東かがわ市議会 2018-03-16 平成30年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:2018年03月16日

そこで、2019年5月1日より新元号となりますが、公文書等に元号表記を使う本市では、改元に向けシステム改修など混乱が起きないよう、様々な対応を本格化させる必要に迫られております。突然であった平成の改元とは違い、国民生活や経済活動に配慮し、政府は2018年度中に新元号を事前公表するという話も聞こえてきております。本市としても、対応可能な体制を素早く整えるべきと考えます。  

  • 1