11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

高松市議会 2018-12-14 平成30年第5回(12月)定例会-12月14日−06号

その中で、開発行為により設置された公共施設のうち、特に道路については、市道認定はされているが、その道路内で個人名義、または従来の市道内で分筆登記、または所有移転登記が未完了箇所が市内各所に点在しています。このような状況は、早期に解決すべきと考えます。  あわせて、市道認定がされていない行きどまりの道路についても、市道と同様に管理すべきであると考えます。  そこでお伺いします。  

高松市議会 2014-09-16 平成26年第5回( 9月)定例会-09月16日−04号

こうした事案につきましては、道路法の規定により私権の行使が制限されることから、道路管理に当たって、直ちに支障が生じるわけではございませんが、その存在を把握したときには、境界確定や分筆登記の手続を所有者の負担においてお願いしており、さらに、寄附採納の申し出をいただける場合には、本市において所有移転登記等の手続を行っているものでございます。  

高松市議会 2014-06-18 平成26年第3回( 6月)定例会-06月18日−05号

また、これらの手続を行った上で、寄附採納の申し出をいただける場合には、本市において所有移転登記等の手続を行っているところでございます。  次に、道路内未処理用地における分筆等の嘱託登記に取り組む考えについてでございますが、未処理用地につきましては、その存在を把握したときに円滑な解消を図っていくことが重要であると存じております。

高松市議会 2013-12-16 平成25年12月16日 建設水道常任委員会-12月16日−01号

朝日町106号線につきましては、民間により整備された臨港道路朝日町本線と、その東の市道朝日町7号線を接続する道路でございまして、このたび、寄附採納による所有移転登記が完了しましたことから、高松市市道認定基準要綱に基づき市道路線として認定するものでございます。幅員につきましては8メートル、延長距離は103メートルでございます。  

東かがわ市議会 2010-06-07 平成22年第3回定例会(第1日目) 本文 開催日:2010年06月07日

また、所有移転登記のための用地取得については、相続人を調査し、本件各土地移転登記の依頼をし、既に相続人5名のうち4名の方についてはご理解をいただき、所有権移転の手続を完了しております。  しかし、残り1名については、寄付の依頼を拒否されており、これ以上に用地取得が遅れますとバイパス事業遂行上で大きな支障となります。  

東かがわ市議会 2005-03-03 平成17年第3回定例会(第1日目) 本文 開催日:2005年03月03日

西山工業団地内に所有移転登記が未了となっている土地が残っていたため、資産分類を未成土地とし、支払利息は事業経費に計上していましたが、昨年6月にこの土地所有移転登記が完了したため、資産分類を完成土地へ移し、支払利息も損金である販売費及び一般管理費に計上することとしました。  この結果、販売費及び一般管理費が、前年度に比べ約1,100万円増加し、公社の財務状況を圧迫しております。  

高松市議会 1998-09-21 平成10年第3回( 9月)定例会-09月21日−05号

次に、地籍図訂正についてのうち、まず、なぜ本年5月14日に、唐突に地籍図の訂正問題を申し入れとなったのかについてでございますが、公園整備事業及び道路拡幅事業の実施に伴う用地買収においては、用地測量が不可欠であり、また、分筆・所有移転登記が伴いますことから、現地調査等、十分な調査を行った上で、場合によっては法務局備えつけの十七条地図、いわゆる地籍図の訂正も必要となる可能性があることを申し上げたところでございます

高松市議会 1993-06-17 平成 5年第2回( 6月)定例会-06月17日−04号

さらに、共済会館については、1月28日に売買契約締結、2月26日、総額6億2,300万円のうち、51.8%に当たる3億2,300万円が高松市土地開発公社から支払われ、2月9日には所有移転登記が完了いたしておるのであります。市の所有になった不動産でありますが、共済組合は、その後も組合事務営業を継続いたしております。

高松市議会 1992-03-16 平成 4年第1回( 3月)定例会-03月16日−05号

今回の措置は、市が測量・分筆・所有移転登記を行い、門・塀などの移築費は、市が2分の1を負担する予定と聞いておりますが、過去の建築確認申請時に後退指導したものは、どこまで対象とされるのでしょうか。  後退指導を守り、後退して塀を施工している場合、後退部分は民地であるからということで、後退部分については道路課が舗装工事をしていない場合が多々あります。

  • 1