129件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高松市議会 2020-09-12 09月12日-05号

地域包括ケア病棟におけるこのような機能は、地域包括ケアシステム後方支援としての重要な役割を担っているものと存じます。 項目3の答弁は、以上でございます。 ○副議長(十川信孝君) 以上で当局の答弁は終わりました。 再質問はありませんか。──御発言がないようでありますので、以上で6番議員の一般質問は終わりました。 次に、18番議員の発言を許します。18番 田井久留美君。  

高松市議会 2020-03-12 03月12日-06号

みんなの病院では、がん医療救急医療などの急性期医療に加え、災害時や感染症に対する医療地域包括ケア等の後方支援機能の強化に重点的に取り組んでおります。 私といたしましては、これらの医療を推進し、本市医療全体の最適化を図ることが、みんなの病院の担うべき役割であり、機能・特色であるものと存じております。 また、その機能等を確立するための取り組みについてであります。 

丸亀市議会 2020-03-04 03月04日-05号

また、リノベーションにおきましても、予算は廃止、再編という形で今年度させていただいておりますが、それにつきましては家守会社が立ち上がったということで、今後また都市計画の違う費目の中で100万円程度は予算を残させていただいて、そういうふうな活動に対しての後方支援を積極的に行ってまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いしたらと思います。 ◆11番(真鍋順穗君) 議長、11番。

丸亀市議会 2020-02-28 02月28日-02号

今後発生が危惧される南海トラフ地震などの大規模災害時では、消防団の役割が増加、多様化するため、基本団員だけでは十分に対応することはできない場面も想定されますことから、本市におきましては新年度より大規模災害時における後方支援活動を任務とした機能別団員の導入を予定しており、消火や救助活動の豊富な経験を持つ消防団OBであることを入団の要件といたしております。   

高松市議会 2019-03-12 03月12日-05号

29年10月に旧高松市病院に設置され、今回みんなの病院の6階に引き続き置かれることになった地域包括ケア病棟ですが、急性期を脱した患者や在宅復帰を目指す患者の対応のほか、他の医療機関などからの患者の受け入れなど、地域包括ケアの後方支援を強化する病棟とお聞きしており、在宅医療の推進につながる大変重要な病棟であると思います。 そこでお伺いします。 

三豊市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年03月07日

このように移譲業務、自主事業の両方がその制度において同等に重要でありますので、どちらかに負担や意識が偏らないようバランスが保たれるように、市といたしましても相談や助言を行い、後方支援が必要であると認識しております。  そして、この延長線上にコミュニティビジネスと言われるような、公共性と収益性が両立するような事業へのチャレンジを目標としていくことがあります。

高松市議会 2019-03-04 03月04日-01号

これまで懸案であった常勤医師の確保も、ここ数年で増員が図られ、診療体制が充実され、みんなの病院開院後は、新設した救急科を中心に、救急医療に重点を置いて取り組み、入院・外来とも患者数は順調に増加しており、市民が安心して暮らせるよう、急性期医療を担う中核病院として、また、一昨年10月に開設した地域包括ケア病棟による地域包括ケアの後方支援機能の強化など、高松市医療全体の最適化を目指した役割が大いに期待されるところであります

三豊市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月10日

政策部長(綾 章臣君) それでは、坂口議員の再質問ですけれども、議員お示ししていただいた用地につきましては、これは民有地でありますけれども、この民有地への企業立地に関しましても、行政自治体としては後方支援また側面支援等々を行っていきながら、地域の活性化に努めてまいりたいと思います。  

高松市議会 2018-09-18 09月18日-05号

みんなの病院では、地域包括ケア病棟を設置し、地域包括ケアシステム後方支援を担っていくとお聞きしております。今後、この地域包括ケア病棟を活用して、みんなの病院が率先して、市内の在宅療養支援病院及び診療所などと連携し、在宅医療を推進していくことが重要であると考えます。 これらの状況の中で、次の3項目についてお伺いします。 まず、1点目は、市内の在宅療養支援病院及び診療所の整備の現状であります。 

高松市議会 2018-09-12 09月12日-02号

みんなの病院は、先ほど市長答弁で触れていただいたように、市民病院の後継病院として、地域医療機関との適切な役割分担のもと、がん医療救急医療感染症医療災害医療などに重点的に取り組むとともに、地域包括ケアの後方支援機能を担い、リーディングホスピタルとしての役割をしっかりと果たし、市民の期待に応えてまいりたいと存じます。 

高松市議会 2018-06-19 06月19日-05号

この病棟では、近隣の医療機関介護施設との連携により、急性期病棟から病状が安定した患者の受け入れ、いわゆるポスト・アキュートのほか、在宅や介護施設からの急性増悪に伴う緊急の受け入れ、いわゆるサブ・アキュートや在宅復帰支援などに取り組むことで、地域包括ケアシステム後方支援機能を、これまで以上に推進してまいりたいと存じます。 

三豊市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年06月13日

そのためには、企業間同士で連携を図りながらインターンシップ制度を進めていく連携企業体のような協議会組織を設立し、広報等で周知することや、香川県等への関係機関との調整といった後方支援を行うことで、地域インターンシップ制度効果性を高めていきたいと考えています。  

高松市議会 2018-03-09 03月09日-03号

本市病院事業も同様に厳しい経営状況にございますが、みんなの病院では経営の健全化を進め、救急医療やがん医療、さらには災害医療感染症医療など、高度で専門的な医療とともに、地域包括ケアの後方支援機能を担うなど、本市の中核病院として、高松市医療全体の最適化に努めてまいりたいと存じます。 ○議長(森川輝男君) 教育長 藤本泰雄君。 ◎教育長藤本泰雄君) 27番竹内議員代表質問にお答え申し上げます。 

高松市議会 2017-12-12 12月12日-03号

地域医療構想も踏まえ、地域包括ケアシステム後方支援機能を担う取り組みや、経営改善に向けた打開策について伺います。 さて、自治体病院は、住民の命と健康を守るとりでとして貴重な役割を担っており、住民の貴重な財産です。小児科・産科・精神科感染症災害医療など、不採算部門を担えるのは、税金が投入できる自治体病院だからこそです。