241件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高松市議会 2018-12-14 平成30年第5回(12月)定例会-12月14日−06号

国民健康保険は、自営業者や農林水産業者だけではなく、健保組合・協会けんぽなどの被用者保険からあふれた被用者、65歳から74歳までの前期高齢者失業者など、そのほか大勢の受け皿としての役割を果たしています。しかし、こうした国民健康保険の特性により、加入者の年齢構成や医療費水準が高く、所得水準は低い状況であると思われます。  

三豊市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月11日

病気で入院し失業したために収入がなく、国民健康保険税を納めることができません。治療費は貯金の中から支払いましたが、高額療養費制度はありますが、がん治療で高額でした。余りにも高過ぎる保険に対して、国保には減免制度があります。しかし不十分です。国保法第81条に基づく減免制度は低所得世帯に対する7割、5割、2割の法定減免が設けられています。

高松市議会 2018-06-18 平成30年第3回( 6月)定例会-06月18日−04号

今日の日本で、貧困は特別の事情ではなく、倒産失業、リストラ、病気、親や家族介護などで職を失えば、誰もが貧困に陥ってもおかしくない状態に置かれています。また、生活扶助基準の引き下げは、住民税・保育料・介護保険料・就学援助・最低賃金などに連動し、広範な国民の生活に重大な影響を与えます。  

高松市議会 2018-03-23 平成30年 3月23日 総務消防常任委員会-03月23日−01号

第2款総務費、第1項総務管理費、第2目人事管理費の右側説明欄の職員退職手当でございますが、今年度の退職者数は定年退職が60人、勧奨退職が18人、普通退職が19人、死亡退職が2人、また、失業者の退職手当支給者が1人となる見込みでございまして、当初の見込みと比べまして、定年退職は1人減、勧奨退職は1人増、普通退職は見込みどおり、死亡退職は2人増、失業者の退職手当支給者が1人増の合計3人の増となる見込みでございますが

東かがわ市議会 2018-03-19 平成30年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日:2018年03月19日

今日の社会では、貧困は特別の事情ではなく、倒産失業、リストラ、病気、親や家族介護などで職を失えば、誰もが貧困に陥ってもおかしくない状態に置かれているのではないでしょうか。  そこで、市長に4点伺います。  1点目は、現在、東かがわ市の生活扶助基準額は70歳1人暮らしの方で月6万310円、年に72万3,720円です。

高松市議会 2017-12-18 平成29年12月18日 総務消防常任委員会-12月18日−01号

病気失業など、さまざまな事情により満額でない人は、さらに低い受給額です。このような国民年金のみの受給者は日常生活にも事欠き、親戚や仲間葬儀にも行けず、大変厳しい生活を強いられています。このような年金生活者の実態を陳述したいところですが、時間がありません。  憲法第25条では、「すべて国民は、健康文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

高松市議会 2017-09-12 平成29年第4回( 9月)定例会-09月12日−03号

今回の障害者就労継続支援A型事業所の閉鎖を受け、本市では当該事業所で失業した利用者に対して、どのような対処を行い、現在、どのような状況なのか。そして、今後、このような事態が起きないよう、市内で同様の事業を行っている事業者と、どのようにかかわっていく方針なのか、それぞれお聞かせください。  次に、国民健康保険の広域化について伺います。  

高松市議会 2017-03-22 平成29年 3月22日 総務消防常任委員会-03月22日−01号

第2款総務費、第1項総務管理費、第2目人事管理費の右ページ説明欄の職員退職手当でございますが、今年度の退職者数は、定年退職者が76人、勧奨退職が15人、普通退職が24人、死亡退職が2人、また、失業者の退職手当支給者が1人で、当初の見込みと比べて、定年退職者は2人減、勧奨退職は18人減、普通退職は7人増、死亡退職は2人増、失業者の退職手当支給者が1人増の合計10人の減となる見込みでございまして、退職手当

高松市議会 2017-03-13 平成29年第1回( 3月)定例会-03月13日−06号

1965年のマレーシアからの独立当時、失業問題、貧困人口の過密化及びインフラの不足など、さまざまな問題に直面しておりましたが、政府産業化への道を選択し、廉価な公共住宅建設国家の最優先事項に掲げ、計画的かつ強力指導力を持って都市開発を進めた結果、御指摘にもありましたが、2015年には1人当たり名目GDPが世界8位となるなど、目覚ましい経済成長を遂げるとともに、美しい街並みと緑豊かなガーデン・シティー

高松市議会 2016-12-19 平成28年第5回(12月)定例会-12月19日−07号

議員には4年ごとに選挙があり、身分は不安定で、退職金失業保険もない、そんな状況で子供家族を養うことができないという声がありますが、そもそも議員には定年も雇用契約存在しません。必ずしも金銭のみが人を引きつける要素ではなく、低投票率議員のなり手がいないことを理由に厚生年金加入を求めるのは論理の飛躍でしかありません。

三豊市議会 2016-12-12 平成28年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2016年12月12日

過去の経済学者が考えても実現できなかった、著しく失業者の少ない完全雇用社会が皮肉にも現代日本で実現していると言えます。しかしながら、そのような状況にあっても、多くの労働者賃金や就労環境希望する職種が住まいの近くにないなど、就労をためらったり希望職種以外で就労している人が多くいることも事実です。  

高松市議会 2016-12-12 平成28年第5回(12月)定例会-12月12日−04号

このセンターでは、経済的な理由などにより生活困窮の状態にある相談者に対し、生活や就労に関する相談のほか、失業や負債など複合的な課題を抱えた方の家計に関する相談につきましても、適宜、支援プランを作成をし、相談者みずからが家計を管理できるよう支援を行っているところでございます。  

三豊市議会 2016-12-09 平成28年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2016年12月09日

昭和40年代からは、経済成長とともに家庭経済も少しゆとりのある生活の中で学歴社会を維持してきたが、平成3年あたりから高度成長の陰りがあり、バブルが弾けた影響により企業倒産より失業者が排出したことにより、経済成長の衰退が20年近く続いた中で、少子化に向けての減少が著しく、この歯どめがなぜとめられるのか。  

三豊市議会 2016-09-08 平成28年第3回定例会(第4日) 本文 開催日:2016年09月08日

今、その若者の死因の多くは、失業し、失敗、生活苦です。失業後に非正規職員になり、そして労働苦、生活苦を強いられ、孤立化し自殺失業前に体を患って、失業してうつ病になり、自殺。つまり、これは東京とか都心の話じゃないと思っています。ところが、この話は三豊市には資料は幾ら探してもないんです。ないはずなんです。若者に福祉という目がないですから。  じゃあ、なぜそうなったのか。若者はこう思っていますね。

高松市議会 2016-06-20 平成28年第3回( 6月)定例会-06月20日−06号

現在、市町村が運営する国民健康保険は、自営業者や農林水産業者だけではなく、健保組合、協会けんぽなどの被用者保険からあふれた被用者、65歳から74歳までの前期高齢者失業者など、そのほか大勢の受け皿としての役割を果たしています。  しかし、こうした国民健康保険の特性により、加入者の年齢構成や医療費水準が高く、所得水準は低い状況であると思われます。

高松市議会 2016-03-17 平成28年 3月17日 教育民生常任委員会-03月17日−01号

また、失業者だった方が企業に就職して、それに伴って国民健康保険を脱退して社会保険加入する方が、ここ二、三年ふえまして、その結果、現在、減少傾向になっていると考えます。 ◆藤沢委員 国保料滞納の方がいますけど、単純な督促とか取り立てとかでなく、相談窓口はありますか。 ◎三木国保・高齢者医療課長 国民健康保険料ですので、税とは性質が違います。

高松市議会 2016-03-09 平成28年第1回( 3月)定例会-03月09日−03号

国の計画は、失業や多重債務などの要因を踏まえ、総合的に取り組むとしており、成立後は、自治体自殺者の年代や職業などの傾向を分析した上で、具体的な支援策を盛り込んだ計画をつくっていく。また、新たに、国と自治体学校などでの相談体制を整え、教員らへの研修の機会を設けるほか、学校保護者地域住民と連携し、児童や生徒らへの教育や啓発に取り組むことも規定する。

高松市議会 2015-12-14 平成27年第5回(12月)定例会-12月14日−04号

そこでは、直近の失業者というよりも、いろいろと手を尽くして、ぎりぎりの段階で相談に来る人が多いということでありました。生活困窮者自立支援制度は、生活保護に陥る可能性のある人をフォローする第2のセーフティーネットであり、引き続き生活困窮者に寄り添った制度となるよう、実施主体の市社会福祉議会と連携を強化していただきたいと存じます。  そこでお尋ねいたします。