45件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三豊市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第5日) 本文 開催日:2019年03月26日

また、この条例工業用地の土質調査などは考慮されていないが、別に考えるということかという問いに対し、この条例では土壌汚染調査の費用は対象と考えておらず、そういう案件については別途支援措置を考えているとの答弁がありました。  続いて討論に入りましたが、意見は出されず、採決の結果、議案第30号、三豊市企業立地促進条例の一部改正については全会一致で可決すべきものと決定をいたしました。  

三豊市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年03月06日

続いて、土壌汚染対策でありますが、土壌汚染対策法が改正され、企業誘致の候補地とする場合、県の指導により土壌汚染に対する調査と対策が求められることになり、該当すれば多額の調査費や対策費が必要となっております。先日、この問題について会派として環境省を訪れ、担当課長及び担当官と協議をいたしました。

東かがわ市議会 2019-03-05 平成31年予算審査常任委員会 本文 開催日:2019年03月05日

国道11号大内白鳥バイパスの整備区域内において、国が実施した土壌汚染状況調査により、土壌溶出量基準を超える鉛及び水銀が検出されたことに伴う周辺の堆積残土の分布解析調査に要する経費の計上でございます。委託料としまして、堆積残土分布解析調査委託料で1,500万円を計上しております。

高松市議会 2018-03-16 平成30年 3月16日 経済環境常任委員会-03月16日−01号

次の、し尿処理施設跡地利用事業費6,174万6,000円でございますが、衛生処理センター跡地を公園として整備するため、昨年9月の鉛による土壌汚染を受け、施設上部の解体撤去工事や敷地全体の土壌汚染調査などを行うものでございます。なお、財源といたしましては、市債2,830万円、三木町及び綾川町からのし尿処理受託事業収入618万9,000円を計上しております。  

高松市議会 2018-03-15 平成30年 3月15日 経済環境常任委員会-03月15日−01号

なお、財源につきましては、県支出金でございまして、県生活環境の保全に関する条例に基づく、ガソリンスタンドなどの土壌汚染関連施設への対応などに係る県委託金や、県アスベストによる健康被害の防止に関する条例に基づく、大気中のアスベスト濃度の測定などに係る県委託金、合わせて98万円を計上いたしております。  

高松市議会 2017-11-06 平成29年11月 6日 決算審査特別委員会-11月06日−01号

そして、去る8月末に、衛生処理センターの処理棟・管理棟の敷地の中の5カ所でサンプリングしたところ、2地点から基準値を上回る土壌汚染物が検出されました。  今回、敷地が1万2,000平米ほどあり、5カ所のサンプリングのうち2地点から検出されたので、今後、衛生処理センター全ての敷地において、土壌汚染物の有無について、今後、調査をしていきたいと考えております。  

高松市議会 2017-03-14 平成29年 3月14日 経済環境常任委員会-03月14日−01号

なお、財源につきましては、県支出金でございまして、県生活環境の保全に関する条例に基づくガソリンスタンドなどの土壌汚染関連施設への対応などに係る県委託金や、県アスベストによる健康被害の防止に関する条例に基づく、大気中のアスベスト濃度の測定などに係る県委託金、合わせて90万9,000円を計上しております。  

高松市議会 2017-03-08 平成29年第1回( 3月)定例会-03月08日−03号

土壌汚染に対する安全対策について、お答えください。  三つ、県立中央病院は、JT工場跡地に建設され、開院していますが、それも参考に、地震による液状化や浸水対策等、防災対策について、お答えください。  四つ、いずれにしても、開かれた市場づくりを目指す本市にとって、卸売市場の役割・必要性について、市民の理解向上につながる取り組みは重要であると思います。

高松市議会 2016-03-17 平成28年 3月17日 経済環境常任委員会-03月17日−01号

なお、財源につきましては、県支出金でございまして、県生活環境の保全に関する条例に基づくガソリンスタンドなどの土壌汚染関連施設への対応などに係る県委託金や、県アスベストによる健康被害の防止に関する条例に基づく大気中のアスベスト濃度の測定などに係る県委託金、合わせて98万6,000円を計上しております。  

高松市議会 2015-03-16 平成27年 3月16日 経済環境常任委員会-03月16日−01号

なお、財源につきましては、県支出金でございまして、県生活環境の保全に関する条例に基づくガソリンスタンド等の土壌汚染関連施設への対応などに係る県委託金や、県アスベストによる健康被害の防止に関する条例に基づく大気中のアスベスト濃度の測定などに係る県委託金、合わせて74万円を計上したものでございます。  

三豊市議会 2014-09-05 平成26年第3回定例会(第1日) 本文 開催日:2014年09月05日

土壌調査につきましては、清算人である山崎法律事務所が実施しておりますが、あくまでも土壌汚染対策法に基づく正式な調査ではなく、土地の概況を把握するために行った簡易的な調査であったと聞いております。その調査結果につきましては、区域内に汚染物質が埋められていないこと、有害薬品等を使用した特定工場でもないことなど、対応可能な想定内の結果であったと認識いたしております。

高松市議会 2014-06-20 平成26年 6月20日 総務消防常任委員会-06月20日−01号

次の、ウの土壌汚染対策法の特定有害物質排出抑制施設でございますが、課税標準の特例割合は、現行の特例率を引き継ぎ、地方税法に規定する参酌基準を適用することとし、価格の2分の1とするものでございます。  なお、この特例が適用できる設備は、フッ素系溶剤を使用するドライクリーニング機に係る活性炭吸着回収装置でございます。  お手元の資料による説明は以上でございます。