253件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三豊市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年06月06日

2,900もあれば、もちろんなかなか全部、集計、統計するというのも難しいかもわかりませんが、当然もう数に値せんようなのもあるかと思うんですけど、できれば、高瀬、詫間については直接やらなければなりませんが、そのほかは土地改良もあることですから、いろんな方の力をかりながら、やっぱり概数はつかんでおく必要はあるんじゃなかろうかと。

高松市議会 2018-12-12 平成30年第5回(12月)定例会-12月12日−04号

2000年4月1日施行地方分権一括法に基づき、機能を有している全ての法定外の公共物が、2005年3月31日までに地方自治体に無償譲渡されていますが、法定外公共物の維持管理については、現在、それぞれの地区の土地改良地域住民が行っているのが現状です。  ところで、私が住んでいる屋島地区の山際にある田畑には、耕作放棄で木が生い茂り、山のように荒廃している箇所がたくさんあります。

高松市議会 2018-09-14 平成30年第4回( 9月)定例会-09月14日−04号

平成30年7月豪雨と災害対策のうち、本市における豪雨災害のうち、主に農業施設の被害状況調査結果と、災害復旧への取り組みについてでございますが、土地改良からの報告では、農地の被害件数は26件で、概算被害額は約7,700万円、ため池や農道などの農業施設の被害件数は40件で、概算被害額は約1億9,200万円でございます。  

高松市議会 2018-09-13 平成30年第4回( 9月)定例会-09月13日−03号

本市といたしましては、今後とも、県や土地改良等と連携しながら、農地所有者に対し、制度の内容等を周知していくとともに、担い手のニーズや地域の特性に応じた土地改良事業の、さらなる推進が図られますよう、努めてまいりたいと存じます。  次に、児童虐待のうち、こども女性相談課の職員の確保及び育成についてであります。  

高松市議会 2018-06-20 平成30年第3回( 6月)定例会-06月20日−06号

その上で、土地改良や地元水利組合が行える、何らかの方法で浸水の状況緩和に期待ができるものがあれば、市の土地改良事業の補助金の採択を行うことで、対策の実現につなげたいとの考えをお聞かせいただきました。  浸水対策は、市民にとっては喫緊の課題であることは言うまでもありません。

高松市議会 2018-03-16 平成30年 3月16日 総務消防常任委員会-03月16日−01号

第5目土地改良総代選挙費9万3,000円でございますが、平成30年度に執行予定の塩江町・香川県三郎池・四箇池・古高松・平池・庵治町・林・弦打の各土地改良総代選挙の管理・執行に要する経費でございます。財源といたしましては、土地改良総代選挙管理収入として、全額、諸収入を計上しております。  次に、152・153ページをお願いします。  

高松市議会 2018-03-15 平成30年 3月15日 経済環境常任委員会-03月15日−01号

私の近所や平池辺りは、団地が多いので、団地の人から苦情が来ると、土地改良役員や委員が掃除しているが、平均、二月に1回くらいの頻度だ。船岡池は年に二、三回掃除をしている。そこら辺のコストや手間も考えてほしい。 ◆三笠委員 これに対して、罰金罰則などはないのか。今、船岡池の話が出たけど、その下に行寺池という池がある。

高松市議会 2018-03-12 平成30年第1回( 3月)定例会-03月12日−04号

その上で、本市が管理する利水機能がない排水路において、部分的な改修により、高い整備効果が見込まれる箇所を優先して工事を実施するとともに、既設用排水路においては、管理者である土地改良を初めとする関係者と、排水能力の強化等について協議・調整を図りながら、郊外部における水害の軽減に努めてまいりたいと存じます。 ○議長(森川輝男君) 市民政策局長 福田邦宏君。

さぬき市議会 2018-02-22 平成30年第1回定例会 目次 開催日:2018年02月22日

市内道路の積雪・凍結時における除雪車両、緊急車両及びコミュ        ニティバスの運行計画と運行対策について       ・市内で発生した高病原性鳥インフルエンザに対する対応の検証と        今後の取組について       ・学校制服について    真部茂議員……………………………………………………………………………125       ・遊休農地の発生防止と解消対策について       ・土地改良

高松市議会 2018-01-11 平成30年 1月11日 総務消防常任委員会-01月11日−01号

それと、例えば、土地改良事業関係の1,000万円の工事で40%の補助金があるとして、実績報告を行うと、土地改良が検査し、土地改良課も検査した上で、適正であれば補助金を交付することになっているので、さらに、例えば総務局がほかの課のものについて、ああだこうだと口を出すことは、互いのテリトリーもあることから、なかなかできることではありません。私は、そのために監査委員があると思います。

高松市議会 2017-12-14 平成29年第5回(12月)定例会-12月14日−05号

農業用の利水機能を担う用水路については、土地改良が実施主体となるため、水害対策を早急に行うことは困難かと考えます。  そこでお伺いいたします。  利水機能がなくなった排水路について、水害の軽減効果が得られる箇所を優先的に改修する考えについてお聞かせください。  このほか、水害対策の一つとして、必要な資材が土のうであります。

高松市議会 2017-12-13 平成29年第5回(12月)定例会-12月13日−04号

また、その推進方策についてでございますが、既に一部の地域においては、農事組合法人設立なども視野に、本事業の構想を検討されているところもあるとお聞きいたしておりますことから、まずは、こうした地域に対し、事業実施主体となります県と連携して、制度活用に向けた働きかけを行ってまいりますほか、市内の土地改良事務担当者への説明会など、さまざまな機会を通じて本制度の周知を図り、事業の実現に向けた取り組みを進めてまいりたいと

高松市議会 2017-12-11 平成29年第5回(12月)定例会-12月11日−02号

単独市費土地改良事業の実施に当たりましては、事業主体となる土地改良等から十分な聞き取りを行い、その効果や緊急性を考慮した優先度に基づき、計画的な採択に努めているところでございますが、御質問にございましたように、資材価格や人件費の上昇などの影響を懸念する声もお聞きしているところでございます。