168件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高松市議会 2018-12-10 平成30年第5回(12月)定例会-12月10日−02号

真の創造都市高松の将来を見据え、台湾基隆市との都市提携や高松城天守復元に向けた取り組みを推進するほか、昨年には屋島競技場、本年に入り防災合同庁舎の整備、続いて、みんなの病院の開院を実現させるなど、我が会派としましても、こうした大西市長の功績を高く評価しているところでございます。  

高松市議会 2018-09-19 平成30年第4回( 9月)定例会-09月19日−06号

現在、高松空港からの直行便がふえたため、3時間から4時間の飛行で行ける高松が、今、台湾を初め、アジア各地では大変人気があり、海外からの観光客が急増しております。これからは、リピーター観光客をふやすことが大事で、今の観光地以外に、新たな観光資源を提案することが必要かと思います。地元の人には何でもない所が、県外・海外の人には珍しい観光資源となるものがあるかもしれません。  

高松市議会 2018-09-14 平成30年第4回( 9月)定例会-09月14日−04号

私は子供のころ、インドネシアスマトラ島南方にあるパレンバンの石油基地を、日本の落下傘部隊の一員として攻撃に参加し、連合軍を撃退したというおじから、大人になったら台湾警察官になり、台湾治安に当たるという夢が、敗戦国になったため、破れてしまったという話を聞き、台湾という国が脳裏に強く刻まれている。  

高松市議会 2018-09-12 平成30年第4回( 9月)定例会-09月12日−02号

また、先日は、基隆市との交流協定締結1周年を記念して、北浜アリーにおいて高松的台湾夜市を開催し、大変にぎわったとお聞きしております。近年、台湾から多くの観光客を迎え、台湾のホストタウンでもある本市において、今後、ますます台湾との交流が活発になるものと期待しております。  そこで、基隆市との交流を積極的に推進する考えについてお聞かせください。  

高松市議会 2018-09-01 平成30年第4回( 9月)定例会-目次

………………………13   質  疑(代表質問) 12番 中村〔順〕議員 〈高松市議会自由民主党議員会〉……………13    政治姿勢(人口減少対策、浜田知事に対する期待等)、財政問題(平成29年度決算平成31年度予算編成)、まちづくり(競輪事業検討委員会の報告書、線引き廃止後のまちづくりに対する総括等、コンパクトなまちづくりに向けた施策展開、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の機運醸成、台湾

高松市議会 2018-06-26 平成30年第3回( 6月)定例会-06月26日−07号

今回の視察は7月5日から11日、6名の議員台湾へ行くものです。基隆市と本市とは、昨年、交流協定締結しています。2015年、香川県観光協会の仲介により、基隆市との交流に向けた検討を開始し、2017年5月、基隆市公式訪問団が本市を訪れ、交流協定締結しました。  先日の大阪北部地震の際、海外から一番にお見舞いのメッセージを発信してくれたのは、台湾でした。

高松市議会 2018-06-20 平成30年第3回( 6月)定例会-06月20日−06号

私は、昨年の5月に、会派台湾基隆市を訪問しました。その際に基隆市の林市長より、台湾第1位の自転車メーカーのジャイアント・マニュファクチャリング社の社長が日本を訪れた際、日本国内でサイクリングを楽しまれたこと、そして、台湾から多くのサイクリストが日本を訪れていることをお伺いいたしました。その後、昨年の7月には、大分県中津市を同僚議員たちと視察いたしました。

高松市議会 2018-06-18 平成30年第3回( 6月)定例会-06月18日−04号

◆10番(佐藤好邦君) 続きまして、大項目3の台湾基隆市との今後の交流計画及び交流による本市産業振興の考えについてお尋ねをいたします。  我が自民党議員会訪問により交流協定がなされた基隆市とは、末永く深い交流を継続し、お互いの市勢発展に努めなければとの強い感を常に抱いております。クルーズ船の寄港もそうだし、航空機の利用拡大もそうであります。

高松市議会 2018-06-15 平成30年第3回( 6月)定例会-06月15日−03号

このような中、昨年12月に、本市が全国に先駆けて共生社会ホストタウンに登録されましたことから、これを契機として、台湾からパラリンピック選手を招聘し、屋島レクザムフィールドで地元の小学生との交流事業を行うなど、障害者スポーツのさらなる推進や、パラリンピック選手との交流などにも積極的に取り組んでいるものでございます。  

三豊市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年06月14日

まず香川県、丸亀市、坂出市の合同地域ブラジルを含む6カ国、高松市台湾、東かがわ市は香港の受け入れを計画しております。  三豊市で申し上げますと、韓国陜川郡、中国三原県、アメリカ合衆国ワウパカ市が友好都市関係にありますので、これらの都市から東京大会への出場が見込まれる競技選手や国と地域の意向も伺いながら、ホストタウン登録について、引き続き検討していきたいと思います。

高松市議会 2018-06-14 平成30年第3回( 6月)定例会-06月14日−02号

また、県内に目を向けますと、先ほども申し上げましたとおり、昨年の外国人宿泊者数は、これまでにない大幅な増加を記録しており、中でも、台湾や韓国などからの旅行者が大きな割合を占めているとのことです。これも高松空港において、ソウル線・上海線・台北線・香港線の週20往復の定期路線が安定的に就航していることによるものと考えます。

高松市議会 2018-06-01 平成30年第3回( 6月)定例会-目次

116    1 高松空港までの新交通システム整備………………………………………………………… 116     答  弁 大西市長……………………………………………………………………………… 117    2 介護保険料の今後の推移と上昇の抑制に向けての取り組み……………………………… 118     答  弁 田中健康福祉局長・大西市長……………………………………………………… 118    3 台湾基隆市

高松市議会 2018-05-11 平成30年第2回( 5月)臨時会-05月11日−01号

顧みますに、昨年は皇太子殿下、妃殿下の御来県をいただいて開催された第41回全国育樹祭や、32の国や地域から332人の応募の末、行われた第4回高松国際ピアノコンクール、さらに、台湾基隆市との交流協定による公式訪問などを行い、それらは、本市産業文化・芸術の振興・促進に努める一端となりました。  

高松市議会 2018-03-23 平成30年第1回( 3月)定例会-03月23日−07号

そのほか、商工業振興費3億4,397万7,000円に関連して、高松中央商店街の空き店舗を活用し、本市ならではのすぐれた農産物を販売するなど、我が国に関心の高い台湾だけでなく、国内外からの観光客が訪れたいと思えるような魅力ある商店街づくりの支援を要望する発言、また、企業誘致推進費5,250万5,000円に関連して、高松空港への地域規格道路の利便性を最大限活用するとともに、椛川ダム建設や県内の水道事業

高松市議会 2018-03-20 平成30年 3月20日 経済環境常任委員会-03月20日−01号

次に、その下の特産品育成・振興事業費360万円は、本市と交流のある都市が開催する物産展への出店や、香川台湾の漆芸術文化交流展の開催負担金等に要する経費でございます。  次に、その下の中央商店街空き店舗活用対策費900万円は、中心市街地活性化のための重要な目標の一つである空き店舗率の減少に向けて、商店街内の空き店舗に出店する際の店舗改装費の一部を助成するものでございます。  

高松市議会 2018-03-19 平成30年 3月19日 経済環境常任委員会-03月19日−01号

上から2行目の国際交流推進費1,310万円でございますが、これは、ホストタウンとして、相手地域である台湾から、パラリンピック選手を招聘した交流事業に係る経費のほか、台湾基隆市との交流協定締結1周年を記念した交流事業の開催など、姉妹・友好都市等との交流推進に係る経費、また、市民ベル国際交流活動の促進を図るため、在住外国人への支援や情報提供などの幅広い国際交流事業を推進しております、公益財団法人 高松市国際交流協会

高松市議会 2018-03-15 平成30年 3月15日 総務消防常任委員会-03月15日−01号

◎網本総務次長人事課長事務取扱 海外派遣研修について、今年度は3名で、アメリカヨーロッパ台湾に派遣しています。  選定方法は、公募した上で面接を行い、決定します。 ○大山副委員長 次に、非常勤嘱託職員の研修について、現在、たくさんの非常勤嘱託職員が勤務していますが、例えば、講演会の案内等が正規職員のみに周知され、非常勤嘱託職員まで知らされないということを聞いたことがあります。

高松市議会 2018-03-14 平成30年第1回( 3月)定例会-03月14日−06号

◎創造都市推進局長(土岐敦史君) 海外における戦略的なプロモーションなど、インバウンド戦略への考えでございますが、本市においては、高松空港と空路で結ばれた台湾中国香港及び韓国を中心に、誘客促進事業を県と連携して実施しているところでございまして、海外における重要な商談会やプロモーションには、必要に応じて本市職員を派遣し、海外の実情などを肌で感じるとともに、訪日旅行のニーズなどを把握しながら、旅行代理