運営者 Bitlet 姉妹サービス
294件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-14 丸亀市議会 平成30年第4回 9月定例会-09月14日−05号 だって、発注は丸亀市ですから倒産することないから、お金を絶対くれますからね。そういうふうに市内の業者にも門戸をもっと広げるような、部長、もう建前の話はやめましょうや。市長や我々議員は、市内の方にちょっとでも入っていただきたいと、ついこの間の選挙のときも日ごろもしょっちゅう市長も言ってますよ、いろいろな方に。それを、総務部長と副市長のもとで、この規定があるからと言うのはやめてください。 もっと読む
2018-06-18 高松市議会 平成30年第3回( 6月)定例会-06月18日−04号 今日の日本で、貧困は特別の事情ではなく、倒産、失業、リストラ、病気、親や家族の介護などで職を失えば、誰もが貧困に陥ってもおかしくない状態に置かれています。また、生活扶助基準の引き下げは、住民税・保育料・介護保険料・就学援助・最低賃金などに連動し、広範な国民の生活に重大な影響を与えます。   もっと読む
2018-03-19 東かがわ市議会 平成30年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日:2018年03月19日 今日の社会では、貧困は特別の事情ではなく、倒産、失業、リストラ、病気、親や家族の介護などで職を失えば、誰もが貧困に陥ってもおかしくない状態に置かれているのではないでしょうか。  そこで、市長に4点伺います。  1点目は、現在、東かがわ市の生活扶助基準額は70歳1人暮らしの方で月6万310円、年に72万3,720円です。 もっと読む
2018-03-08 坂出市議会 平成30年 3月定例会-03月08日−03号 今日の日本では、倒産や失業、病気、家族の介護、リストラ等で職を失えば、誰もがこの貧困に陥る状態にあるからであります。この点で、生活保護制度は憲法第25条に明記された国民の生存権を保障する最後のセーフティーネットであり、全国的な、この後退方向は許してはならない、このことを政府に私は強く申し上げておきたいと思います。  次の質問ですが、中小商工業の活性化についてお尋ねをいたします。   もっと読む
2018-03-06 琴平町議会 平成30年 3月定例会(第2日 3月 6日) で、普通、工場閉鎖とか倒産とかも含めてですけども、逃げる人は知りませんけれども、そういった場合には、閉鎖と同時にまでは雇用契約は切らないんです。退職はその時点でして、新しく、普通は翌日からというのは本来ですが。切れ目をつくるのかっていうのが、本当に私は問題やろうと。こういうやり方っていうのは、2人や3人の場合だったら通用するかわかりません。しかし一般的な企業は、もしこれだったら大変ですよ、これ。 もっと読む
2018-03-02 丸亀市議会 平成30年第1回 3月定例会-03月02日−05号 そのため、前年の所得額が国の基準を下回る世帯については、軽減制度が適用となり、均等割と平等割をそれぞれ7割、5割、2割の割合で減額する法定の減額措置や、倒産、解雇、雇いどめなどによる非自発的な離職者に対する軽減があります。また、入院療養による生活困窮で一定の要件に該当し、一部負担金の減免を行った世帯に減免する場合があります。 もっと読む
2018-02-28 丸亀市議会 平成30年第1回 3月定例会-02月28日−03号 次、2つ目ですが、求人難倒産も仄聞する中で、企業と労働者の双方の需要を満たすため、必要な曜日時間でも働ける効率的な派遣型アウトソーシングサービス等のマッチングの制度化をすることについて見解を示してください。 ○議長(松永恭二君) 健康福祉部長 窪田純子君。               もっと読む
2017-12-22 琴平町議会 平成29年12月定例会(第4日12月22日) また委員より、東洋グループ内の会社が、倒産した場合はどうなるかとの質問があり、執行部は、事業契約に事業者側に不具合ができた場合は、企業側では担保することになっているので大丈夫である。また、特定目的会社には、地域銀行も協力しているので、大丈夫であるとのことでした。  議案第11号と議案第12号に関し、教育厚生常任委員会で十分審議した結果、当委員会は、賛成多数で可とすることに決しました。    もっと読む
2017-12-18 善通寺市議会 平成29年12月定例会-12月18日−03号 この特定事業契約は、善通寺市・琴平町・多度津町学校給食センター整備運営事業を、施設の整備及び維持管理、運営等を民間資金等の活用によってPFI事業で行うというものですが、この事業、まんのう町の事業での失敗を身近に見るほかにも、PFI事業の破綻や事実上の倒産事例は全国でも相次いでいるのが現状です。そもそも最大6,500食もの給食を一度につくるというリスクから、給食の安全・安心は守られるのでしょうか。 もっと読む
2017-12-13 高松市議会 平成29年第5回(12月)定例会-12月13日−04号 制度改悪に加えて、15年の介護報酬改定では、報酬全体でマイナス2.27%、処遇改善や中重度ケアを評価する加算を除いた基本報酬はマイナス4.48%という、空前の報酬カットにより、収益への影響、介護職員不足の中で、離職による困難などから、各地で介護事業所の倒産・廃業が相次ぎました。高齢化の中で、介護ニーズが高まっているにもかかわらず、まさに政治倒産と言わなければなりません。   もっと読む
2017-10-16 高松市議会 平成29年10月16日 決算審査特別委員会-10月16日−01号 これだけの欠損金を抱えて、どうにもならない状況で、言わば倒産企業というのが一般的な見方だと思う。管理者は、一生懸命やっているのだけど、現状はそうなので、その中でどうやっていくのか。これを考えてもらわないといけない。  また、減損損失26億7,100万円を計上していますが、会計処理が変わって、そういうことが認められたと聞いていますが、詳しく説明してほしい。 もっと読む
2017-10-11 高松市議会 平成29年10月11日 決算審査特別委員会-10月11日−01号 災害時に企業が倒産したり、企業が土砂に埋まって潰れたときのために用意しているものでありまして、昨年度は幸いにも災害がなかったために、不用額として1億円近く残っているということです。  また、先ほど、商店街の家賃補助につきましては、27年度で終わっております。家賃補助は家賃が高どまりしたり、新陳代謝を妨げるということで、現在は家賃補助ではなくて、商店街に進出してきたときの改装費を補助しております。 もっと読む
2017-10-02 高松市議会 平成29年10月 2日 決算審査特別委員会-10月02日−01号 また、倒産した会社等についても即時の不納欠損しかありません。さらに、生活保護の受給者になると、まずは執行停止となり、3年間継続して状況が変わらなければ、不納欠損となります。このように、私どもは、20億円近くある滞納額に対して、非常勤嘱託職員を入れて20人弱で、日夜、頑張っており、なるべく不納欠損額を少なくしようと対応しております。   もっと読む
2017-03-17 善通寺市議会 平成29年 3月定例会-03月17日−02号 しかしながら、現在の新電力の勢力図は過渡期にあり、新業者の誕生と倒産や事業からの撤退等も見られ、目まぐるしい現下の電気市場にあって、今後5年間で多くの新電力が自然淘汰されるとも言われております。 もっと読む
2017-02-27 丸亀市議会 平成29年第1回 3月定例会-02月27日−02号 緩やかではあるが、景気の回復が続いていることで、2016年の四国の企業倒産は過去10年間で最も少なく、2009年の3分の1に、また倒産件数も年々減少しているということです。一方で、2016年の休廃業や企業の解散件数は倒産件数の7.7倍に上り、業種別では建設業が最も多く、次いでサービス業、卸売業となっています。 もっと読む
2016-10-11 丸亀市議会 平成28年第4回 9月定例会-10月11日−08号 また、委員より、現年分の税が不納欠損となる理由はとの質疑に対し、理事者より、相続人がおらず、亡くなった場合や相続放棄、外国人で自国に帰ってしまった者、会社の倒産などが主な理由であるとの答弁がありました。  また、捜索体制や研修などどのように取り組んでいるのかとの質疑に対し、理事者より、ふだんは6人1班体制をとり、ケースによっては警察にも協力依頼をして捜索に当たっている。 もっと読む
2016-09-15 東かがわ市議会 平成28年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日:2016年09月15日 しかしながら、倒産のリスクということがあって、それについてはいろいろ対応がされております。広域的運営推進機関がもう既に設置されて、災害時の電力の全般的な供給体制とか、いろんな部分についてのリスクについての対応がなされております。  しかしながら、この電力システム改革が始まって、まだ期間が短い。 もっと読む
2016-09-13 丸亀市議会 平成28年第4回 9月定例会-09月13日−04号 業績の悪化に連動し、株価の低迷、企業イメージの失墜、最悪のときは倒産となります。つまり、組織にとっての危機とは何かについて、トップから末端の従業員まで共通の認識を持つことが基本となっております。  そこで、自治体にとって危機とは何かということになるのですが、納税者、つまり市民からの批判の発生と信頼感の喪失ということになります。 もっと読む
2016-06-13 琴平町議会 平成28年 6月定例会(第2日 6月13日) ここ数年、旅館が倒産し、本町観光に暗い影を落としてきた内町の旧敷島館跡地にやっと数年ぶりに、昔、本町が持っておって売却した土地にホテルが建つとお聞きしております。できれば、本町が売却したときに取り交わした取り決め、その後の交渉等、現時点でのそのホテルの内容をお聞きしたい。よろしくお願いします。 ○議長(片岡 英樹君)  はい、町長。    もっと読む
2016-03-07 琴平町議会 平成28年 3月定例会(第2日 3月 7日) いろいろ倒産その他で変動はありますけど、そして、以前のこの分、この香川県市町行財政要覧ですか、固定資産税、香川県でも琴平の場合は徴収率悪いんですよ、琴平が。香川県全部から見ても。ですから、今回、私、取り上げたんです。何千万もこれ滞納、これ何ですかね、25年か。3千万がパアーやん。時効は5年だと思います、これ。調べたらすぐわかりますけどね、はい。 ○議長(片岡 英樹君)  はい、答弁、町長。    もっと読む