233件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三豊市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年06月10日

また、辞退者の住所は市外居住者が多く、通勤等の関係もあり、他の自治体などを選択されたと分析しており、決して三豊市に魅力がないわけではないと考えております。  なお、ここ数年においても同様の事由で少数の辞退者が出ているのが現状です。辞退者の対策といたしまして、補欠合格者を念頭に入れ、必要な職員の確保を行いたいと考えております。  

琴平町議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会(第4日 3月20日)

住所、琴平町1001番地3、生年月日、昭和32年10月25日。任期は平成31年4月1日より平成34年3月31まででございます。  ご同意の程、よろしくお願いします。 ○議長(山神 猛君)  以上で、提出者の説明を終わります。  ただいま議題となっております、議案第20号は、人事案件ですので、質疑、委員会付託及び討論を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。   

三豊市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年03月06日

香川県では小豆島町が制度を設け、卒業後、町内に住所を有し、かつ郡内の事業所に就業した場合の奨学資金と町内施設等の指定する施設に従事した場合の保健医療福祉関係職修学資金があります。返還すべき奨学金の一部を補助している自治体は、Uターンだけでなく、Iターンも対象としているようです。  

三豊市議会 2018-12-21 平成30年第4回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年12月21日

指定権限については、各市の住所を有する事務所の指定となるので、各市個別の条例制定を行うが、その基準厚生省令で定められているので、人員基準等、ほぼ統一された指定権限になっているとの答弁がありました。  続いて討論に入りましたが、意見は出されず、採決の結果、本案は全会一致で可決すべきものと決定をいたしました。  

琴平町議会 2018-12-21 平成30年12月定例会(第4日12月21日)

ところが、その内容につきまして、教育長、篠原好宏、住所、琴平町1001番地3につきましては正しいのでございますが、その任期につきましては、平成30年10月1日より平成33年9月30日と記載をしておりましたが、町教育行政組織及び運営に関する法律第5条第1項の規定によりますと、前任者が途中で退任した場合は、後任者は前任者の残任期間とするという規定がございます。

高松市議会 2018-12-14 平成30年第5回(12月)定例会-12月14日−06号

申請書の自動作成機を導入し、カードを所持している場合は、カードから氏名や住所など基本情報を取り込むことにより、申請書の自動作成を行い、書かない窓口を実現し、申請者の負担を軽減した上で、よりスピーディーに申請書を作成することが可能になります。  そこでお伺いします。  マイナンバーカードを活用した申請書自動作成機の導入についての考えをお示しください。  

琴平町議会 2018-12-11 平成30年12月定例会(第1日12月11日)

今回は、氏名、鎌田 健雄、住所香川県仲多度郡琴平町苗田843番地1、生年月日は、昭和37年11月13日でございます。  ご同意賜りますようよろしくお願い申し上げます。 ○議長(山神 猛君)  以上で提出者の説明を終わります。  ただいま議題となっております議案第14号は、人事案件ですので、質疑、委員会の付託及び討論を省略したいと思います。  これにご異議ありませんか。   

東かがわ市議会 2018-09-21 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018年09月21日

118 ◯滝川議員 私たちも議会運営委員会の中でいろいろ田中議員の意見を聞きまして、それで今までであれば、いろんな陳情があれば下にきちっと判を押して、それで名前も書いて住所も書いて、電話番号も書いとる、それでも上げてこんかったけども、なぜ今回上げにゃいかんのかいうんが、私もそこまでするいう理由が分からんのですけども。

琴平町議会 2018-09-13 平成30年 9月定例会(第3日 9月13日)

ファックスでいかんのやったら書面で住所わかってんやから、書いて、何々店いうて、高松、丸亀含んで、香川県に9社あるんやったら、香川県の9社に送ったらええんですよ。そん中の1件が琴平町のある団体だったんですけれどもね、対象、会社だったんですけれども。  そのファックス1枚、書類は全然送らないんですか。送る気ないんですか。ないならない言うてみい、ないならないて。 ○議長(山神 猛君)  町長。

琴平町議会 2018-09-12 平成30年 9月定例会(第2日 9月12日)

条件的には、毎年4月1日現在において、琴平町に引き続き1年以上住所を有する年齢80歳以上の者とするという条件でございます。  以上、答弁を終わらせていただきます。   (「議長」と呼ぶ) ○議長(山神 猛君)  吉田君。 ○4番(吉田 親司君)  ですから、対象年齢が80歳というのが、ちょっと考えていただきたい。

三豊市議会 2018-06-27 平成30年第2回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年06月27日

現在、後期高齢者医療保険住所地特例が適用される方はどの程度いるのかとの問いに、今現在、該当者はいない。なお、現在、県外で国保の住所地特例を受けている方は2人おり、その方たちがここ1から3年で75歳を迎えることになるとの答弁がありました。  続いて討論に入りましたが、意見は出されず、採決の結果、本案は全会一致で可決すべきものと決定をいたしました。  

三豊市議会 2018-06-15 平成30年第2回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年06月15日

議案第85号、三豊市後期高齢者医療に関する条例の一部改正については、高齢者医療の確保に関する法律が一部改正され、住所地特例の取り扱いが見直しされたことに伴い、所要の改正をするため条例の一部改正を提案するものです。  以上、よろしく御審議いただき、議決賜りますようお願い申し上げます。

高松市議会 2018-06-15 平成30年第3回( 6月)定例会-06月15日−03号

また、移住前の住所地は、中国・四国地方が486人と最も多く、近畿地方の380人、関東地方の302人と続いております。  なお、集計は、進学や転勤等による一時的な転入を除いた数となっていることから、より移住の実態をあらわした集計となっております。  年代層別では、20歳代が最も多く、次いで30歳代であり、この年代層が全移住者の過半数を超えていることから、若者・子育て世代が多い傾向にあるようです。

三豊市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年06月13日

市内に住所を有する70歳以上の高齢者免許を自主返納した場合、元気にお出かけいただけるように5,000円分のコミュニティバス回数券、三豊市商品券、市内温泉回数券のうちから二つを選んでいただき、1万円相当の支援物品をお渡ししております。平成29年度までの6年間では1,381人の方が返納されました。  

東かがわ市議会 2018-05-18 平成30年総務建設経済常任委員会 本文 開催日:2018年05月18日

上げにくくなる可能性があるので、できれば今年度中にこれを解決する方法を考えていただきたいと思うんですけども、今、方法としては、住所とかそういうのは分かっとると思うんですけども、そこらへ、私の案なんですけど、クーポンなんかを期間限定で配ったりして、そこらでうまく解決する方法をすればと思うんですけども、民間でしたら、そういう即解決してより一層大池オートキャンプ場に来ていただくというような、逆に逆転の発想