運営者 Bitlet 姉妹サービス
549件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 高松市議会 平成30年第5回(12月)定例会-12月14日−06号 平成27年の国勢調査における本市の単身高齢世帯数は、総世帯数の約11%を占める2万829世帯で、介護保険制度が開始された15年前の平成12年と比べ、約1.9倍に増加し、高齢者夫婦のみの世帯数1万8,655世帯よりも多くなっている現状にございます。   もっと読む
2018-12-13 高松市議会 平成30年第5回(12月)定例会-12月13日−05号 本市においても、介護施設は増加しており、介護保険制度への信頼性を維持し、制度の持続可能性を高めるためには、事業所に対して適切な指導・育成をすることが重要であります。   もっと読む
2018-12-12 高松市議会 平成30年第5回(12月)定例会-12月12日−04号 まず、介護保険制度についてです。  負担増と給付の適正化を中心に話を進めます。  制度創設以来18年が過ぎた介護保険制度は、全国で65歳以上被保険者数が約1.6倍に増加するという中で、サービス利用者数は約3.2倍に増加したということです。   もっと読む
2018-12-11 丸亀市議会 平成30年第5回12月定例会-12月11日−06号 次に、現状を改善するための市としての見解についてでございますが、介護保険料につきましては、介護保険制度を運営していくための重要な財源であり、全ての加入者に御負担いただくべきものです。また、保険料を完納されている方との公平性を図る観点からも、未納者への一定の給付制限は必要であると考えておりますが、保険料を納められない事情もさまざまであると考えられます。 もっと読む
2018-09-26 坂出市議会 平成30年 9月定例会-09月26日−資料 介護保険制度について………………………………………………………………(80)     (1) 今期の保険料     (2) 介護予防策の強化     (3) 公的負担増が必要    4. 地域改善向け改良住宅の公募について……………………………………………(83)     (1) 一般公募の経緯     (2) 今後の方針  6番  村 井 孝 彦(市民グループ未来の会)    1.  もっと読む
2018-09-14 善通寺市議会 平成30年 9月定例会-09月14日−02号 ただ、介護保険制度がスタートした平成12年度から3カ年の第1期介護保険料月額は3,492円と、県内で一番高い額でございました。その後、他市町が増額する中、12年間増額せず据え置いてきたことから、第4期では県内で安いほうから4番目となり、平成24年度からの第5期では3,883円に増額したものの、県内で一番安い保険料となりました。 もっと読む
2018-09-12 坂出市議会 平成30年 9月定例会-09月12日−03号 次は、介護保険制度についてであります。  最近介護保険料の納付通知書が届きまして、上がったなという声をよく聞きます。今回の質問は、改定された介護保険料の値上げの内容についてお聞きするとともに、公費負担増による引き下げや、介護予防策のさらなる充実による経費の削減策、また公費負担増による今後の保険料抑制策についてお尋ねいたします。  その第1は、今期の保険料額と、その特徴について御説明ください。 もっと読む
2018-06-20 坂出市議会 平成30年 6月定例会-06月20日−03号 これは、65歳になった障がい者及び40歳から64歳の介護保険制度の第2号被保険者であり、特定疾病により障がいが重くなった障がい者について、それまでの障がい福祉制度から、介護保険優先の原則に基づいて介護保険制度への移行が求められ、その結果利用者負担が発生し、市民税非課税の場合、障がい福祉サービスでは負担なしだったものが、移行した介護保険サービスでは1割負担となってしまいます。 もっと読む
2018-06-14 高松市議会 平成30年第3回( 6月)定例会-06月14日−02号 介護人材を集めるには、介護職員の処遇改善を初め、多様な人材の確保・育成や介護職の魅力向上などの方策が考えられますが、介護保険制度を将来にわたって安定的に運営していくためには、国・県と介護保険の運営主体である本市が連携して、これらの打開策を効果的に推進していくことが必要であると存じます。  そこでお尋ねします。   もっと読む
2018-06-14 観音寺市議会 平成30年第2回 6月定例会-06月14日−02号 本年4月から、第7期の介護保険制度が始まりました。2000年に始まった本制度は、3年ごとに見直すこととされており、今回の大きな改正点は8月から開始される3割負担の導入だと思います。  厚労省の推計では、約12万人介護保険利用者全体の3%に相当すると見込まれ、介護サービスの内容に応じた負担という「応益負担」から支払い能力に応じた負担という「応能負担」への転換がより一層進むことになります。   もっと読む
2018-06-13 丸亀市議会 平成30年第3回 6月定例会-06月13日−06号 また、介護保険制度の地域支援事業訪問型サービスDを使って買い物にも行けるようにしている事例など、本市の参考にならないのかと考えます。本市でも、この間検討なさっていると思いますが、どういった可能性や方向性を今見出しているのか、検討の進捗状況もあわせて御説明いただきたいと思います。   もっと読む
2018-06-08 丸亀市議会 平成30年第3回 6月定例会-06月08日−03号 その中で、これもついこの間の四国新聞の記事なんですけれども、県でいくと大体平均が6,164円、そして本市が先ほど部長から説明があったように5,150円、そして介護保険制度の運用開始のときなんかは、これは3,000円台からスタートしたと。ということは、これからどんどんどんどんこれが上がっていくということを我々も自覚しないといけないのかなと思ってます。一応、こういった記事です。 もっと読む
2018-03-20 高松市議会 平成30年 3月20日 教育民生常任委員会-03月20日−01号 平成30年4月からの介護保険制度改正に伴い、新たな介護保険サービスとして、共生型サービス及び介護医療院が創設されることから改正するものでございます。  共生型サービスとは、障害を持った高齢者が使いなれた障害福祉サービス施設で介護保険サービスの提供を受けることができるよう、特例の指定基準を設け、同一の事業所で双方のサービスを提供しやすくするものでございます。 もっと読む
2018-03-08 観音寺市議会 平成30年第1回 3月定例会-03月08日−02号 次に、高齢者福祉の充実といたしましては、新たな「高齢者福祉計画」及び「第7期介護保険事業計画」に基づき、高齢者福祉施策の総合的な推進と介護保険制度の円滑な推進に取り組んでまいります。  また、高齢者の暮らしをサポートするための拠点である地域包括支援センターを、これまでの委託業務から直営事業により運営することで機能強化を図るとともに、地域包括ケアシステムの構築をさらに進めてまいります。   もっと読む
2018-03-06 善通寺市議会 平成30年 3月定例会-03月06日−01号 さらに、居宅介護支援事業所などの指定権限が県から市に移譲されることから、真に必要なサービスが適切に提供されるよう指導、監査を強化し、あわせて介護給付適正化事業を推進させ、介護保険制度が持続可能かつ効率的に実施されるよう努めてまいります。   もっと読む
2018-03-02 丸亀市議会 平成30年第1回 3月定例会-03月02日−05号 そのようなことから、本制度はクリーン課が窓口となっておりますが、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳制度などにつきましては福祉課と、また介護保険制度につきましては高齢者支援課及び地域包括支援センターと連携しております。 もっと読む
2018-03-01 東かがわ市議会 平成30年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日:2018年03月01日 それからもう1つは、介護保険制度はお金が有る無しで差別されない社会保障制度であると私は思うんですが、市長の見解はどうでしょうか。  それから、国の責任は大きいと思うんです。 もっと読む
2018-02-22 丸亀市議会 平成30年第1回 3月定例会-02月22日−01号 議員御案内のとおり、平成27年度の介護保険制度改正に伴い、介護予防の通所介護と訪問介護が介護保険の給付事業から市が行う地域支援事業へ移行するよう義務づけられました。本市でも、今年度から要支援者の契約更新の際に順次移行手続を行っているところでございます。 もっと読む
2017-12-22 坂出市議会 平成29年12月定例会-12月22日−資料 介護保険制度について…………………………………………………………… (105)     (1) 介護事業所の経営実態と介護報酬改定の見直し     (2) 介護保険利用料3割負担の導入     (3) 新たな給付抑制の仕組み     (4) 介護医療院の創設    4.  もっと読む
2017-12-22 琴平町議会 平成29年12月定例会(第4日12月22日) 議案第4号、平成29年度琴平町介護保険特別会計補正予算(第2号)、歳出の主なものとして、総務管理費のうち、中讃広域行政事務組合負担金62万円は、介護保険制度改正に伴うシステム改修費です。同じく、介護認定審査会費のうち、報酬13万円等賃金3万3,000円は、認定調査件数の増によるものです。   もっと読む