運営者 Bitlet 姉妹サービス
395件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 高松市議会 平成30年第5回(12月)定例会-12月12日−04号 本市の小中学校におきましては、29年に改訂された文部科学省の、いじめの防止等のための基本的な方針を受け、けんかやふざけ合いなど、ささいな人間関係のトラブルであっても、被害児童生徒の立場に立って、いじめ事案として認知し、早期発見・早期対応に取り組むこととしており、教職員のいじめの認知に関する意識が高まり、きめ細かく児童生徒を見取ることで、いじめを積極的に認知しているものと認識いたしております。   もっと読む
2018-12-05 高松市議会 平成30年第5回(12月)定例会-12月05日−01号 その中で、移住促進方策としては、移住前の情報量の多さや移住後の人間関係のつくりやすさなどから、Uターン層を重視するとともに、20歳代前半から40歳代の層、いわゆる大学新卒世代や子育て世代を最重点ターゲットとして、移住希望者のニーズに応えられる起業・就業のしやすさ、生活のしやすさ、子育てのしやすさという本市の三つの優位性を移住促進力として位置づけるとともに、定住促進方策としては、移住者が本市に愛着を持 もっと読む
2018-09-14 善通寺市議会 平成30年 9月定例会-09月14日−02号 各学校においては、いかなる暴力も許さないという毅然とした態度で粘り強く指導するとともに、子ども同士がお互いを思い合い、支え合う仲間づくりを目指した教育活動を通して好ましい人間関係づくりや規範意識の高揚に努めているところであります。  教育委員会といたしましては、このような各学校が取り組んでおります教育活動がより充実し、よりよい成果が上がるよう、さらなる指導、助言を行ってまいる考えであります。 もっと読む
2018-09-13 坂出市議会 平成30年 9月定例会-09月13日−04号 また、リーダーミーティングの機会や指導員等に対して自己評価及び勤務アンケートを実施する中で、勤務実態や人間関係、そして職場環境を含めた要望等を把握することにより、指導員の専門性の向上及び環境改善に努めているところでございます。 もっと読む
2018-09-12 坂出市議会 平成30年 9月定例会-09月12日−03号 学校給食には成長期にある園児、児童生徒の心身の健全な発達のためにバランスのとれた栄養豊かな食事を提供し、健康の増進、体位の向上を図ることはもちろんのこと、正しい食事のあり方や望ましい食習慣を身につけ、好ましい人間関係を育てるなど、多様で豊かな教育的な狙いも込められています。その学校給食を行う運営方法として自校で調理をする方式もあれば、共同調理場で調理し、配送する方式で運営する方法もございます。 もっと読む
2018-06-20 東かがわ市議会 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018年06月20日 いじめは絶対に許せないという立場で子どもの安全に生きる権利を保障することを基本に、命優先で絶対後回ししない、情報をすぐに全職員、保護者に知らせ連携する、子どもたちの中にいじめを止める人間関係を作る、教職員の多忙化を解消するなどが大切だと思いますが、教育長の見解を伺います。 もっと読む
2018-06-20 高松市議会 平成30年第3回( 6月)定例会-06月20日−06号 幼児期は、知的・感情的な面でも、また、人間関係の面でも、この時期に経験しておかなければならないことを十分に行わせることは、将来、人間として充実した生活を送る上で不可欠であります。待機児童の問題が浮上し、本市においても対策を講じて、問題解消に努めているところであると思われます。   もっと読む
2018-06-18 高松市議会 平成30年第3回( 6月)定例会-06月18日−04号 近隣との話し合いがうまくいかなかったり、子育てや介護などで、例えば、親しい認知症の人とのコミュニケーションに悩んで孤独を感じている方から時々伺うのは、ついかっとなって言い過ぎてしまった、ついキレてしまって本来の話がまともにできなかったなど、怒りが先行してコミュニケーションがブレイクダウンするケースで、長年にわたり憎しみを引きずったり、人間関係の断絶や地域社会の分裂、最悪の場合、破壊行為や暴力行為に及 もっと読む
2018-06-13 丸亀市議会 平成30年第3回 6月定例会-06月13日−06号 また、中学校でも学習指導要領において、喫煙、飲酒、薬物乱用などの行為は心身にさまざまな影響を与え、健康を損なう原因となること、またこれらの行為には個人の心理状態や人間関係、社会環境が影響することから、それぞれの要因に適切に対処する必要があることとされております。 もっと読む
2018-06-12 丸亀市議会 平成30年第3回 6月定例会-06月12日−05号 職員の人材育成はもちろん、地域住民の方々との交流を通じ、さらなる人間関係の構築が期待できて、地域と行政との距離を縮め、よりよい市民サービス提供にも反映していけるきっかけとなるのではと思います。現在、市では地域担当職員の防災担当を各コミュニティごとに配置しておられますが、まずは消防団を経験された後に地域担当職員となれば、より一層防災力を発揮できると思います。そこで、市のお考えを聞かせてください。 もっと読む
2018-05-11 高松市議会 平成30年第2回( 5月)臨時会-05月11日−01号 また、地域社会における人間関係の希薄化が進み、子育て世代、若者・高齢者などが、さまざまな不安や悩みを抱えている現状にあります。 もっと読む
2018-03-22 善通寺市議会 平成30年 3月定例会-03月22日−03号 また、中学生になると、生活支援員との人間関係をつくることが困難になる場合もあり、小学校での支援を手厚く行う必要もあるのではないかとの意見もありました。パワーアップ事業については、健全育成事業として、修学旅行の際の演劇鑑賞や楽団を招いての音楽会などが行われることは、感性のさらなる向上を目的としたこの事業に沿った予算執行がされていると感じました。 もっと読む
2018-03-13 高松市議会 平成30年第1回( 3月)定例会-03月13日−05号 新任保育士は、職場の人間関係や多様化する保護者ニーズへの対応などで、心身ともに疲弊することも多いことがございますことから、今後とも、所長や園長からの日々のかかわりに加え、施設に対し、これらの事業の積極的な活用を促すことにより、新任保育士に対するサポート体制の構築に努め、保育士の離職防止につなげてまいりたいと存じます。 ○副議長(井上孝志君) 市長 大西秀人君。 もっと読む
2018-03-12 高松市議会 平成30年第1回( 3月)定例会-03月12日−04号 全国webカウンセリング協議会でも、家庭でのルールづくりの重要性を強調し、ただ子供を制限するばかりではなく、最も大切なことは、子供が悩みや本音を打ち明けられる環境づくりですとし、地域や家庭で温かい人間関係が築けるように、親が努力することの大切さを言われています。  本市では、試行的に学校でノーメディア事業という取り組みを実施しています。 もっと読む
2018-03-09 高松市議会 平成30年第1回( 3月)定例会-03月09日−03号 学校給食は、成長期にある児童生徒の健康保持と体位の向上のためのみならず、望ましい食習慣を形成する準備・後片づけ、一緒に食べることなどを通じて人間関係を豊かにする。自然への恵みや人々への感謝の心を育てるなどの役割があり、学校教育の一環として大変重要であると考えます。  近年、学校給食をめぐり、民間委託による異物混入や集団食中毒はもとより、さまざまな問題点が指摘されているところであります。   もっと読む
2018-03-07 坂出市議会 平成30年 3月定例会-03月07日−02号 昨今の核家族化の進展や人間関係の希薄化が叫ばれる今日にあって、各地域における自治会の担う役割はますます増大かつ多様化いたしております。  そうした中、自主・自律性の尊重された地域住民相互による地域の活動を促進するため、その運営等に対し、行政として助成をしていくことは自治会の健全な発展や自治会活動の活性化のためにも重要であり、さらなる市民共働の推進につながるものと考えております。   もっと読む
2018-03-01 丸亀市議会 平成30年第1回 3月定例会-03月01日−04号 また、健康をテーマにしたイベントや、秋ごろに開催される丸亀市民体育祭やオータムナイトランなどの年中行事には野球の催しだけでなく、市民がスポーツに楽しみ、人間関係の交流を深めることのできる企画なども盛り込まれております。これ見せていただきましたら、詳しい内容の説明が入っておりました。このパンフレットを大いに活用していきたいなと思っております。   もっと読む
2018-03-01 観音寺市議会 平成30年第1回 3月定例会-03月01日−01号 情報化社会の進展や人々の生活スタイルの変化に伴い、人間関係の希薄化が危惧されております。また、高齢化や人口減少により、地域で支え合う基盤の弱体化や社会経済活動の担い手の減少などの問題が生じております。個人や行政の力だけで解決できることには限界があります。 もっと読む
2017-12-14 高松市議会 平成29年第5回(12月)定例会-12月14日−05号 そして、発達障害のある子供たちは、友人関係などの人間関係が大きく変化することに対して、大きなストレスを感じることが多いと言われていますが、住む地域で特別支援教育を受ける意義についての考えをお示しください。  次に、2項目は、インクルーシブ教育です。   もっと読む
2017-12-13 善通寺市議会 平成29年12月定例会-12月13日−02号 それら職員が年に1回とか、半年に1回とか、それぞれ各地へ出向くとか、こちらにいらっしゃって研修会を開くとか、そういう個々の研修会の中でできた人間関係の中で個人が対応しているような状況でございまして、それぞれ他自治体の参考になるような事例をそこで情報収集している状況でございます。 もっと読む