293件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三豊市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年06月06日

開校してからきょうまでの事故の有無、及び通学路の交通安全の確保に向けた今後の取り組みについて、状況と対策を伺います。  先般、山本小学校からの要望書が上がっておると思いますが、その箇所は樋盥橋の歩道のない橋の通行が危険である。特に、朝の時間帯の交通量は多い。その先の県道との三差路交差点も狭く、グリーンベルトの幅も狭い。

三豊市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年03月08日

しかしながら、自治会はこれまでと変わることなく、地域における防犯交通安全活動、福祉活動、環境美化活動の推進など、地域住民の安全かつ快適な生活環境を整えるため、みずからの力を結集して取り組んでいただいております。今後、その役割は現状に加え、いつ起こるかもしれない南海・東南海地震等、有事における共助のかなめとして機能を果たすことが期待されているところであります。  

三豊市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年03月06日

三豊市教育委員会といたしましては、災害発生時の安否確認や緊急連絡などのメリットがある一方、スマホの紛失や破損などの校内での管理面や使用ルールの問題、スマホ依存の助長、通学時の歩きスマホなど、交通安全面での問題など、課題も多く抱えていると考えております。文部科学省の検討結果や学校現場の意見も尊重しながら、慎重に検討していきたいというふうに考えております。  

琴平町議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第3日 3月 6日)

世帯内の問題は、世帯内で処理をし、自治会は、地域環境の整備や交通安全防犯・子どもたちの見守りなどという役割分担が行われます。しかし、単位となる世帯の中での人数が減少しており、家庭内での負担が増加しています。当然の結果、自治会への加入率や行事参加者が減少しているという結果につながってまいります。  

東かがわ市議会 2019-03-05 平成31年予算審査常任委員会 本文 開催日:2019年03月05日

歳入でありますけれども、上段の部分、土地売払収入639万1,000円、1ページめくっていただきまして20ページの上段、教育費雑入の工作物等移転補償金1,332万7,000円でございますが、これは国道318号交通安全施設整備工事、歩道の拡幅を行っておりますけれども、その工事のため、白鳥中学校の敷地の一部を売却することに伴う収入でございます。  

東かがわ市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日:2019年03月01日

歳入については、香川県が施工する国道318号交通安全施設整備工事に伴う土地売払収入639万1,000円及び工作物等移転補償金1,332万7,000円、ふるさと納税寄付金5,000万円、ふるさと納税に御寄付いただいた方の要望事業などに充当するための地域振興基金繰入金1億3,240万円を追加計上したほか、事業に伴う国・県支出金、地方債、財政調整基金繰入金等で、歳出に対する財源といたしました。  

琴平町議会 2018-12-12 平成30年12月定例会(第2日12月12日)

全長は5メートルぐらいで幅は2メートル、8人乗りのバスでございますが、時速は19キロという面で、非常に遅いんじゃないかというんですけども、時速19キロのメリットというのは、交通安全上問題がないとか、免許上いいとか、電動ですので、経費が維持管理が安いとか、いろんな面でメリットがありますし、またご指摘がありますように、今後のバス自体の値段も2,000万ぐらいから、オプション入れても4,000万ぐらいということでありますので

高松市議会 2018-12-01 平成30年第5回(12月)定例会-目次

153    3 自治会…………………………………………………………………………………………… 154     答  弁 福田市民政策局長…………………………………………………………………… 155    4 中学生医療費無料化と子供インフルエンザ予防接種助成……………………………… 155     答  弁 大西市長……………………………………………………………………………… 156    5 交通安全

東かがわ市議会 2018-09-19 平成30年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2018年09月19日

登下校に関しましても、交通安全指導とともに、教員から児童へ途中で水分を補給することの指導を徹底しています。また、各学校から、保護者に対して保健だより等で水筒やタオルの持参、水分補給の重要性について伝えております。  これらの対策や啓発をさらに徹底して、熱中症予防に取り組みたいと考えております。  次に、夏季におけるスクールバスの利用範囲の拡充についてであります。  

高松市議会 2018-09-14 平成30年第4回( 9月)定例会-09月14日−04号

本市におきましては、この規定を踏まえた上で、開発規模に応じて車両の発生交通量が増加し、周辺の交通安全性が低下することを考慮に入れ、高松市開発指導技術基準に区域外道路の幅員要件を開発区域の面積により、段階的に6.5メートルから4メートルまでとする緩和基準を定め、開発行為許可してきたところでございます。  

琴平町議会 2018-09-13 平成30年 9月定例会(第3日 9月13日)

通学路の安全対策を検討する上で、交通安全の面で通学中のさまざまな通行場面における危険に対する安全対策防犯の面で通学中の声かけやつきまといなど犯罪に対する安全対策防災の面で通学中の水路の増水やがけ崩れなど、災害発生に対する安全対策などがありますが、琴平町内での児童の通学路で危険な箇所などの有無は確認されているのでしょうか。  

高松市議会 2018-09-12 平成30年第4回( 9月)定例会-09月12日−02号

その一方で、線引きの廃止は、本市中心部の空洞化とも相まって、これらの地区の地価の下落を招く一因となりましたほか、用途地域縁辺部の多肥・林地区などで急激な人口増加をもたらしており、学校校舎の増築を初めとする行政コストの増大のほか、通行車両の増加による交通安全性の低下や大雨時の溢水等、都市基盤が脆弱な地区での生活環境の悪化などの課題が生じているところでございます。  

高松市議会 2018-09-07 平成30年第4回( 9月)定例会-09月07日−01号

また、小学校費では、小学校ブロック塀を改修するため校舎等整備費を、経済的理由により就学困難な小学校新入学児童の学用品費等の支給時期を入学後から入学前に見直すため、要保護及び準要保護児童就学奨励費を、また、多肥小学校における児童交通安全を図るため多肥小学校校舎等建設事業費を補正するものでございます。