運営者 Bitlet 姉妹サービス
169件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-14 高松市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月14日−04号 そこで、災害・断水時の給水や東部運動公園などにある耐震性貯水槽がどのような想定で、どれだけ蓄えられるのか、また、貯水槽の水をどれだけのペースで実際に利用できるのか、生活用水としての井戸のさらなる活用など、改めて質問したいと思っていました。  ところが、水道事業は、香川県広域水道企業団に移管され、これらの課題について、市では議論することができなくなってしまいました。   もっと読む
2018-03-20 高松市議会 平成30年 3月20日 教育民生常任委員会-03月20日−01号 次の水道施設等衛生管理指導費95万2,000円は、専用水道や簡易専用水道の設置者に対する監視指導や、市民等から依頼のあった飲用井戸等の水質検査等に要する経費でございます。  2行下の害虫駆除費3,292万3,000円は、蚊の発生を予防するため、市内の排水路等において、薬剤散布を行うための経費でございます。   もっと読む
2018-03-19 善通寺市議会 平成30年 3月定例会-03月19日−02号 市内には、先ほどの西行法師ゆかりの玉泉院には、有名な井戸の中に映った月を詠んだ歌もありますし、西行法師のゆかりのある松の木も何代目かわかりませんがありまして、横にはバショウの木なんかもありまして、非常にもったいないなあと、このように考えました。それと、善通寺市内にはちょっと珍しい建物が何軒かあるので、それも加えていただきたい。 もっと読む
2017-12-14 琴平町議会 平成29年12月定例会(第3日12月14日) ただ、収益還元法となりますと、その井戸がもっております将来的な利益等とも含めた価格になります。こうなりますと、非常に莫大な費用が発生する可能性があるというようなことを比較いたしまして、客観的に判断できる方法としては、原価法がすばらしい方法であろうということから、採用したということでございます。 ○議長(山神 猛君)  眞鍋君。 もっと読む
2017-09-13 琴平町議会 平成29年 9月定例会(第2日 9月13日) 本町はそれ以降、井戸掘ったこともございませんので、田村ボーリングというのは井戸を掘削というのが主な内容やったろうかと思っております。確か、その後に井戸の取得が決まった後、揚湯試験等々行いました。最大の井戸の能力を測定するために、そのあたりでお手伝いはいただいたのではないかなという記憶しております。 ○議長(山神 猛君)  はい、眞鍋君。 もっと読む
2017-09-12 高松市議会 平成29年第4回( 9月)定例会-09月12日−03号 これまで23年間、自己処理水源確保や奥の池の深井戸、地下水、農業のため池の有効活用、節水など、全市を挙げて取り組んできました。広域化により、水道技術職員を減らし、安全な給水確保や災害時の対応は本当に大丈夫なのか。企業団議会では、本市から選出される議員は5人で、市民の声が届かなくなり、住民サービスが低下することが懸念されます。   もっと読む
2017-06-20 琴平町議会 平成29年 6月定例会(第3日 6月20日) ただ、これも温泉法の不思議なところで、この成分表示については、源泉の井戸口、ここでの計測を表示すると、井戸口で温泉で鉱泉法に含まれる、物質が入っておれば温泉として認められるという、非常に現実とはちょっと乖離したような内容もございますので、我々としては、制度上どうしてもすることはできませんが、ただ、いずれにいたしましても、本町の温泉というものが、適切に使用されて、この温泉を起爆剤として観光振興を図っていただくという もっと読む
2017-03-06 琴平町議会 平成29年 3月定例会(第2日 3月 6日) これ何で15キロつけたかわかりますか町長、22キロワットのモーターでやったら、この井戸は一遍でかれてしまうんですよ。ですから、22キロワットの写真は1枚もないですよ。ある議員が、云々ということで、問い合わせたらそれは後で小さくなるのは構わないと。あれは、県知事が22キロワットいうて指定されとるやつを、一般の我々がやったら、これ間違うとるでないかと絶対あれがあるはずなんですよ。 もっと読む
2016-12-06 丸亀市議会 平成28年第5回12月定例会-12月06日−04号 次に、2点目の整理統合施設、特に飯山、綾歌地域の自己水源の整理統合となっている計画は、存続へと見直すよう強く求めるについてですが、飯山町の楠見池浄水場、西坂元水源地、東小川水源地は、今後広域水道施設整備事業の進捗により整理統合されますが、本市としては井戸など各水源は予備の水源に変更していく考えであります。   もっと読む
2016-09-20 琴平町議会 平成28年 9月定例会(第4日 9月20日) まず、住民サービス課ですが、歳出予算のうち、環境衛生費の民有墓地整備事業補助金でございますが、橘墓地の井戸ポンプの取りかえ工事34万8,300円に対しての3分の1の補助11万6,000円と、木の井墓地水路等の2カ年工事のうちの水路改善工事費91万円に対し、3分の1の限度額30万円の補正であります。 もっと読む
2016-06-14 観音寺市議会 平成28年第3回 6月定例会-06月14日−03号 それと、地域内で水道が断水した場合の井戸でありますとか、使用可能な水源とかも調査していただいて、事前に把握してろ水器などを活用して、飲み水の確保とかそういったことも検討していただければありがたいかなというふうに考えております。 ◆10番(伊丹準二議員) 議長──10番 ○安藤忠明議長 10番 ◆10番(伊丹準二議員) なかなか難しいことになるんだろうと思います。 もっと読む
2016-06-14 琴平町議会 平成28年 6月定例会(第3日 6月14日) ○町長(小野 正人君)  この裁判を起こすに当たりましては、弁護士とも協議をしたところ、やはりこの引き渡しをされた井戸の性能そのものに、今申し上げた瑕疵担保があったという点をやはり我々としては主張するというふうな方針でやっておりますので、これに関しては、終始一貫して瑕疵担保責任を追及したということでございます。 ○議長(片岡 英樹君)  眞鍋 籌男君。 もっと読む
2016-06-13 琴平町議会 平成28年 6月定例会(第2日 6月13日) これは御存じのように大変出の悪い井戸でございまして、これらに関して、それらの供給量で町内の旅館に配湯することはできないという結果となりましたので、それについては琴平町が新たに取得いたしました智光院温泉、この湯の供給量の湧出量を勘案したところ、この共立メンテナンス側が必要とする湯量につきましても、それに応えるだけの湯量が日量出ているということでございますので、これについては供給ができるという判断をしておりますので もっと読む
2015-12-14 琴平町議会 平成27年12月定例会(第2日12月14日) いわゆる、井戸自体に瑕疵があったのではないかという点について、十分なる判決理由の中に組み込まれなかったことが極めて不服でございます。 ○議長(片岡 英樹君)  9番、眞鍋 籌男君。 ○9番(眞鍋 籌男君)  そしたら、もっとあるんですけどね、裁判所の書類見よったら。それだけでもしたら10対ゼロでな。あり得んことが起きたんや。10対ゼロいうことは。交通事故でも10対ゼロはない言よるじゃないですか。 もっと読む
2015-10-27 高松市議会 平成27年10月27日 決算審査特別委員会-10月27日−01号 そこを今、一緒に説明しましたけれど、給水区域外が我々の所管になっておりまして、給水区域外は基本的に水道の配水管が埋設されませんので、そちらについては生活用水を確保するために、例えば井戸を掘るとか、それから浄水器を設置するとか、沢から水をポンプアップしてくるとか、そういう施設の整備・改修につきまして補助制度を設けております。 もっと読む
2015-09-14 琴平町議会 平成27年 9月定例会(第2日 9月14日) 薬剤師会の証明は連続揚湯試験がされてなく、井戸に溜まった湯を瞬間的にくみ上げたものであって、この井戸の連続した井戸の湧出量ではないと、これはポンプの性能をはかったものであります。  当初、タクテックの報告では、連続揚湯試験は、平成19年7月19日の午前9時で終わっていた。徳島県薬剤師会が来る直前にモーターのスイッチを入れ、井戸内のたまっていた湯を一時に出したものであります。 もっと読む
2015-06-23 琴平町議会 平成27年 6月定例会(第2日 6月23日) それを私がそういうときの分は、いっときに出たのはポンプの性能を試しただけやと、要するに井戸に入れて、ポンプが何ぼかい出せるということでやったのが薬剤師会の湧出量の検査なんです。  薬剤師会というのは、言っときますけど、成分検査の機関であって、湧出量を証明する機関じゃないんです。それをタクテックはうまく利用してるんです。要するに、それを言ったら今度タクテックは方向変えてきたんです。 もっと読む
2015-03-20 善通寺市議会 平成27年 3月定例会-03月20日−03号 次に、市民農園開設事業について、数年にわたって開設の申し出がないと思うが、開設に当たって井戸や区画を整備するなど、開設者の負担が大きいことが原因ではないかとの質疑があり、現在補助率が2分の1で、上限20万円になっている開設に対する補助については今後考えていくとの答弁がありました。   もっと読む
2015-03-11 観音寺市議会 平成27年第2回 3月定例会-03月11日−03号 次に、伊吹総合防災センター建設事業につきましては、現消防屯所が平井の井戸跡の上水道中継槽の上にあり、市内で最も老朽化が進んでいることから、避難所を兼ねた消防屯所として旧伊吹小学校体育館跡に建設しようとするものであります。本来は、今年度に建設の予定でありましたが、入札が不調に終わったことから、現在改めて構造を見直し、設計を行っているところであります。  以上です。 もっと読む
2015-03-11 琴平町議会 平成27年 3月定例会(第2日 3月11日) ところはこのぐらいにしておきたいと思いますが、関連して言いますと、町の自己水源、井戸の問題、これとの関連からもぜひそういう点も必要であったのではなかろうかというふうに思うわけです。地下水源というのは、あるいは井戸というのは、あるいは出水というのは、地域古来からそこに文化の発祥の地があったり、重要な水源で生きる源であったというように思うわけです。 もっと読む