運営者 Bitlet 姉妹サービス
149件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-18 東かがわ市議会 平成30年第5回定例会(第2日目) 本文 開催日:2018年12月18日 平成29年12月26日、中央教育審議において、教育の質を高め子どもと向き合う時間を確保するため、学校における働き方改革に関する緊急対策が提出されました。長時間労働が深刻な教員の負担軽減に向け、配付物の印刷や会議の準備、授業準備の補助などの事務作業を代行するスクール・サポート・スタッフ配置支援事業を実施している小中学校が増えております。 もっと読む
2018-12-10 丸亀市議会 平成30年第5回12月定例会-12月10日−05号 まず、国においては、中央教育審議の中間まとめを踏まえ、平成29年12月に学校における働き方改革に対する緊急対策を、本年2月に学校における働き方改革に関する緊急対策の策定並びに学校における業務改善及び勤務時間管理等に係る取り組みの徹底についてを取りまとめ、学校における業務改善についての方策や方向性が示されました。   もっと読む
2018-09-18 高松市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月18日−05号 また、中央教育審議は、昨年末、給食費の徴収・管理は、原則として、市区町村の教育委員会など、学校以外が担うべきだとする見解を示しています。文部科学省も、最近、給食費の徴収・管理業務の負担を減らす方法に関するガイドラインを、今年度中につくると発表しています。   もっと読む
2018-09-14 善通寺市議会 平成30年 9月定例会-09月14日−02号 文部科学省は、中央教育審議が昨年末、給食費の徴収管理は市町村の教育委員会など学校以外が担うべきとの見解を受け、教員の働き方改革の一環としまして給食費の徴収管理業務を学校内で管理する私会計ではなく、市の一般会計として取り扱うことを求めています。給食費の徴収管理は、未納者への対応がネックとなり、保護者に督促するための事務が時間外労働の一因とも指摘されております。  そこで、お伺いいたします。   もっと読む
2018-09-12 高松市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月12日−02号 平成28年12月の中央教育審議答申において、自国や他国の言語や文化を理解し、日本人としての美徳やよさを生かし、グローバルな視野で活躍するために必要な資質・能力の育成が示され、さらに、本年6月に閣議決定された第3期教育振興基本計画では、グローバルに活躍する人材の育成が、教育政策の目標の一つに掲げられたところでございます。   もっと読む
2018-03-26 高松市議会 平成30年第1回( 3月)定例会-03月26日−08号 このような中、文部科学省の諮問機関──中央教育審議が、学校における働き方改革についての審議の中間まとめを発表しました。教員の長時間労働が社会的問題になる中、注目される動きです。  そこでは、教員の業務の整理・削減にテーマを絞り、標準を大きく超えた授業時数は教師の負担増加に直結するとし、勤務時間の上限の目安を検討する必要があると述べています。 もっと読む
2018-03-09 観音寺市議会 平成30年第1回 3月定例会-03月09日−03号 ◆5番(篠原重寿議員) 議長──5番 ○立石隆男議長 5番 ◆5番(篠原重寿議員) こういった文科省の数値を受けとめて、中央にある中央教育審議、中教審ですか。昨年12月に緊急提言ということでなされております。そこで、その中身が具体的な中身に踏み込んだ解決の方向性、これを示しております。 もっと読む
2018-03-09 高松市議会 平成30年第1回( 3月)定例会-03月09日−03号 この間、中央教育審議は学校における働き方改革特別部会で、教員の長時間労働の実態について直ちに改善が必要とし、審議を続けてきました。そして、昨年12月22日に、新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策として、中間まとめが答申されました。   もっと読む
2018-03-08 高松市議会 平成30年第1回( 3月)定例会-03月08日−02号 昨年12月、中央教育審議が、学校における働き方改革の実現に向けた総合的な方策を中間まとめとして提言したことを受け、文部科学省が学校における働き方改革に関する緊急対策を公表しました。 もっと読む
2018-03-01 高松市議会 平成30年第1回( 3月)定例会-目次 残任期の課題と決意)、財政問題(新年度予算、財源不足の対応、市民への情報発信)、働き方改革(市内企業に向けた取り組み)、超過勤務縮減・多忙化解消等(過労死ラインを超えて残業する職員、労働時間の把握方法とガイドライン、午後5時15分からの休憩時間)、会計年度任用職員制度(導入の所見、雇用に関する調査等、移行スケジュール)、公契約条例(条例制定の考え)、認知症対策(生活面での支援)、教職員の働き方改革(中央教育審議 もっと読む
2017-12-20 東かがわ市議会 平成29年第5回定例会(第2日目) 本文 開催日:2017年12月20日 学習指導要領を2020年代から全面改訂する中央教育審議の中でも検討が行われています。要領の中、幼稚園の場合は指導要領でなく教育要領と呼んでいます。保育所の場合は保育指針ですが、同じ幼児期の教育として、幼稚園教育要領の改訂と歩調を合わせて改定されることになっているようです。  東かがわ市教育の大綱の重要施策、主要施策の中にも教育という言葉がたくさんございます。 もっと読む
2017-12-12 高松市議会 平成29年第5回(12月)定例会-12月12日−03号 本年8月に、中央教育審議初等中等教育分科会学校における働き方改革特別部会が取りまとめた、学校における働き方改革に係る緊急提言におきまして、会計業務については、地域や学校の実情に応じて事務職員等を活用しながら、教員の業務としないようにすることや、事務関係業務の軽減に有効な主幹教諭や事務職員などの充実による学校運営体制の強化に努めることが示されております。   もっと読む
2017-12-07 丸亀市議会 平成29年第6回12月定例会-12月07日−04号 早速、6月22日には、学校における働き方改革に関する総合的な方策について中央教育審議に諮問、8月29日には緊急提言という形で具体的な中身に踏み込んだ解決の方向性が強い口調で示されています。校長先生、教育委員会に勤務時間の管理の責務があり、その徹底を求めたこと。 もっと読む
2017-09-14 坂出市議会 平成29年 9月定例会-09月14日−04号 昨日、8番出田議員にお答え申し上げましたとおり、中央教育審議初等中等教育分科会の学校における働き方改革特別部会による学校における働き方改革に係る緊急提言の内容は喫緊の課題であり、また継続した取り組みが必要でありますので、今後各学校と連携協議しながらこうしたものの改善を図っていこうと思っております。   もっと読む
2017-09-13 善通寺市議会 平成29年 9月定例会-09月13日−02号 このプロジェクトチームにおきまして、先ほど議員のほうからもございました中央教育審議の緊急提言や香川県の業務改善アクションプランなどを参考に、本市独自の改善策を話し合い、具体的にしてまいりたいと考えているところでございます。   もっと読む
2017-09-13 高松市議会 平成29年第4回( 9月)定例会-09月13日−04号 首相肝いりで設置された教育再生会議が、道徳の教科化を提唱しましたが、このときは文部科学省の諮問機関である中央教育審議が、道徳は教科になじまないと見送りました。13年、安倍氏が首相に返り咲くと、教育再生実行会議や道徳教育の充実に関する懇談会が教科化を打ち出し、中教審も一転、教科化を答申しました。   もっと読む
2017-09-13 坂出市議会 平成29年 9月定例会-09月13日−03号 ◎教育長(國重英二君) 議長─教育長 ○議長(大藤匡文君) 教育長               〔教育長(國重英二君)登壇〕 ◎教育長(國重英二君) 中央教育審議が文部科学省に、教員の勤務時間を客観的に把握するためにタイムカードの導入や、部活動の休養日を設ける等の助言を行った内容と本市の現状、今後の方針についての御質問にお答えいたします。   もっと読む
2017-09-12 高松市議会 平成29年第4回( 9月)定例会-09月12日−03号 公立学校の教員は、時間外手当が支給されない給与体系のもと、勤務時間の線引きが不明確であり、学校と教職員の業務が多岐にわたり、業務負担が増大し、教職員の多忙化が問題となっていますが、8月29日、中央教育審議初等中等教育分科会学校における働き方改革特別部会が、学校における働き方に係る緊急提言をまとめました。   もっと読む
2017-06-20 琴平町議会 平成29年 6月定例会(第3日 6月20日) また、議員ご指摘の、校務支援に関しましては、教員の長時間労働が問題となっており、国も中央教育審議等でこの解消のために施策を考えているようです。   もっと読む
2017-06-13 高松市議会 平成29年第3回( 6月)定例会-06月13日−02号 また、昨年12月に中央教育審議が示した幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等についてでは、通常の学級においても、発達障害を含む障害のある子供が在籍している可能性があることを前提に、全ての教科等において一人一人の教育的ニーズに応じた、きめ細かな指導や支援をしていく必要性が示されており、特別支援教育のより一層の充実が求められております。   もっと読む