運営者 Bitlet 姉妹サービス
574件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 丸亀市議会 平成30年第5回12月定例会-12月21日−07号 国によるマイナンバーカードの取得、使用のなし崩し的推進は、わずかなメリットのために個人情報が流出するリスクを私たちに背負わせております。同時に、今回のコンビニ交付については、費用対効果の面で余りにも不合理です。 もっと読む
2018-12-19 東かがわ市議会 平成30年第5回定例会(第3日目) 本文 開催日:2018年12月19日 2点目の、健康阻害因子である運動不足についてでありますが、運動不足は生活習慣病の発症リスクや心筋梗塞や脳血管疾患などによる死亡リスクも増大させるとともに、筋力低下が進むと活動機会が減少し介護を要する状態につながる原因となるため、運動習慣をつけることは生活習慣病予防と介護予防の両面から非常に重要と考えております。   もっと読む
2018-12-14 高松市議会 平成30年第5回(12月)定例会-12月14日−06号 国民健康保険制度は、日本の国民皆保険の基盤となる仕組みですが、年齢構成が高く医療費水準が高い、所得水準が低く保険料の負担が重い、財政運営が不安定になるリスクの高い小規模保険者が多く、財政赤字の保険者も多く存在するという構造的な課題を抱えていました。  そのため、国民皆保険を将来にわたって守り続けるため、平成30年4月から、都道府県も国民健康保険制度を担うことになりました。   もっと読む
2018-12-12 高松市議会 平成30年第5回(12月)定例会-12月12日−04号 ハード面での対応には時間を要することから、まずは、現状分析を踏まえた水害リスクを見える化するとともに、地域ごとに流水の経路なども含め、複数の要因から成る浸水のメカニズムをわかりやすく説明することで、日ごろの備えに役立てていただくことを速やかに行っていくべきだと思います。   もっと読む
2018-12-11 高松市議会 平成30年第5回(12月)定例会-12月11日−03号 加熱式たばこの宣伝パンフレットには、一番小さい字で、リスクがないというわけではありません。たばこ関連の健康リスクを軽減させる一番の方法は、紙巻きたばこも加熱式たばこも両方ともやめることですと記載されています。これは、加熱式たばこであっても、ニコチンや発がん性物質は言うまでもなく含まれており、近くにいる人に受動喫煙の健康被害があるということを示しています。 もっと読む
2018-12-11 丸亀市議会 平成30年第5回12月定例会-12月11日−06号 これまで本市では、丸亀市浄水場内に設置した水質検査室において、水質異常など数多くのリスクに迅速に対応してまいりました。香川県広域水道企業団における新たな体制では、本市の水質試験室は、水質管理課丸亀分室となり、丸亀市、多度津町、まんのう町の水質検査担当部署として運用されております。 もっと読む
2018-12-05 高松市議会 平成30年第5回(12月)定例会-12月05日−01号 人口減少や節水意識の高まりなどによる水需要・供給予測に多くの問題を抱えている椛川ダムですが、さらに、30年以内に70%の確率で起こるとされている南海トラフ巨大地震に対して、ダムに迫るリスクをあわせて考えると、どうしても多額の費用をかけて建設する必要はありません。 もっと読む
2018-09-18 高松市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月18日−05号 しかし、21世紀は「災害は忘れずにやってくる」、つまりリスクの中で生活していくのが我々の社会ということです」とは、モルガン・スタンレー証券の堀田会長の言葉ですが、まさに、この言葉を実感する昨今であります。リスクの中で生活する我々は、大災害を最小限に抑えるためにも、今回の出来事をしっかり検証して、今後の災害対策の生きた教訓としなければなりません。   もっと読む
2018-09-14 善通寺市議会 平成30年 9月定例会-09月14日−02号 ただ、統計的にも災害の少ないまちであることは間違いないのですが、過去に市内の河川が決壊した記録もありますし、南海地震の発生リスクは非常に高く、また熊本地震のように発生確率が低いと考えられていた地域に地震が起こり、大規模な被害を引き起こしたという事例もある中、県内には中央構造線を含む3つの活断層もあることから、決して安心できる状況ではありません。 もっと読む
2018-09-14 高松市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月14日−04号 一方、廃止を選択した場合は、将来的な赤字転落のリスクはなくなり、跡地の有効活用が可能になるものの、更地化に伴う費用が必要となるほか、アマチュア競技者の練習場所がなくなることや、雇用機会減による地域経済への負の影響などが課題となるとされております。   もっと読む
2018-09-14 丸亀市議会 平成30年第4回 9月定例会-09月14日−05号 このガイドラインは、暑い環境において開催される以上、夏季のイベント等における熱中症発生リスクは常に存在しますが、少しでも環境や運営を改善し、被害をできる限り小さくできるよう、国が策定しているものでございます。 もっと読む
2018-09-13 琴平町議会 平成30年 9月定例会(第3日 9月13日) 疑問というのはリスクの分散について深く考えさせられたということであります。同時に、一日も早い復旧と、日常の暮らしに戻れますよう、私も力を尽くしたいと思います。本町にあっては、防災、災害に強いまちづくりを強く願うものであります。  なお、この関係について、質問の項目にありませんけれども、時間がありましたら一言だけお願いしておきたいことがございます。   もっと読む
2018-09-13 丸亀市議会 平成30年第4回 9月定例会-09月13日−04号 また、それぞれが住む場所に対する災害のリスクはさまざまであることから、市民一人一人が自分の置かれた状況を十分把握し、状況に応じた行動がとれるよう導いてまいりました。  さらに、今後においては新たな浸水想定の公表に合わせ、ハザードマップを一冊の冊子にして全世帯に配布する予定としております。   もっと読む
2018-09-12 高松市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月12日−02号 一方の廃止案では、将来の赤字リスクや施設改修費用が不要となるなどのメリットはあるものの、アマチュア競技者の練習場所がなくなる、雇用機会の減少等、地域経済へ影響を与えるなどといったデメリットもあわせて示されております。  これらを踏まえ、今後の競輪事業のあり方について、適切に判断する必要があるものと思います。  そこでお伺いします。   もっと読む
2018-09-12 坂出市議会 平成30年 9月定例会-09月12日−03号 また一方、避難勧告等に従っていただくための方策についての御質問もございましたが、みずからの命を守るための避難行動の重要性を粘り強く住民に周知するとともに、災害が発生するおそれがある場合に住民が適時的確な判断ができるよう、それぞれの居住地等にどの災害のリスクがあり、どのようなときにどのような避難行動をとるべきかにつきまして、日ごろから周知徹底を図るための取り組みが重要であると認識をいたしております。 もっと読む
2018-09-11 観音寺市議会 平成30年第3回 9月定例会-09月11日−03号 住民の皆さんは、自分の命は自分で守るを第一に、自宅や地域にどのような災害リスクがあるのかハザードマップを常に確認すること、地域コミュニティの活性化の取り組みを図る必要があるなどが求められております。 もっと読む
2018-08-29 東かがわ市議会 平成30年総務建設経済常任委員会 本文 開催日:2018年08月29日 それもきちんと耐震ができとんかどうかというところをお伺いしたいのと、もう1点答えてもらってなかったんですけど、施設が壊れたときに、そのときにどうにかすると言うんですけど、じゃあその700何件をそれぞれそこで汲み取っていくのか、やっぱり広げれば広げるほど、もし故障したときのリスクというのは高くなると思うんですよね。 もっと読む
2018-06-26 高松市議会 平成30年第3回( 6月)定例会-06月26日−07号 海外視察に関する住民監査請求や住民訴訟が多数起こっている中、リスクを負ってまで海外視察に出かけるだけの緊急性や重要性を果たして説明できるのでしょうか。  なぜ、どうしても行きたいのなら、自費で行くということにならないのでしょうか。   もっと読む
2018-06-20 坂出市議会 平成30年 6月定例会-06月20日−03号 現在の子育て世代は、核家族の進展や共働き世帯の増加のため、日々、就業、家事、子育てなどに追われて、子育てのつまずきのリスクも高まりがちであり、多様な支援が求められております。  ことしの5月にけんこう課内に設置しました子育て世代包括支援センターに期待する効果といたしましては、子育て世代の皆様が気軽に訪れ、相談できる窓口としての役割でございます。 もっと読む
2018-06-19 高松市議会 平成30年第3回( 6月)定例会-06月19日−05号 また、行政が資金調達を行い、施設を保有することから、民間事業者にとりましても、リスクが回避でき、公募した場合に、より多くの参入が期待できるなど、実現性の高い手法であると認識をいたしております。   もっと読む