運営者 Bitlet 姉妹サービス
402件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 高松市議会 平成30年第5回(12月)定例会-12月10日−02号 しかしながら、自治体単位で行政サービスを維持することが困難になることが見込まれることから、インフラ維持など利害が対立する課題についても、いかに負担を分かち合うか、真剣に検討し、結論を出していかなければなりません。また、複数の市町村で構成する圏域を行政主体として法制化することは、自治体の業務内容を制限したり、独自性を阻害したりすることにならないかという懸念もあります。   もっと読む
2018-12-06 丸亀市議会 平成30年第5回12月定例会-12月06日−03号 先般のブロック塀の崩壊に限らず、木造住宅の多い本市内の住宅環境下では、土塀などで施された塀や外壁が特に建築基準法第42条第2項に該当する市道2メートル部分に面している箇所も多く見られ、また倒壊でもすると道路は塞がり生命はもちろんのこと、地域の生活インフラが遮断されてしまいます。一方で、家主の所有権により、そういった状況に対しても有効な手段が見出しにくいことも現状にあります。 もっと読む
2018-12-05 丸亀市議会 平成30年第5回12月定例会-12月05日−02号 まず、国では、平成25年11月に国民の安全・安心を確保し、中・長期的な維持管理、更新等に係るトータルコストの縮減や予算の平準化を図る等の目的で、インフラ長寿命化基本計画を策定し、その計画に基づき各インフラを管理、所管する地方公共団体は、維持管理、更新等を着実に進めるための中・長期的な取り組みの方向性を明らかにするため、公共施設等総合管理計画を策定することとなり、本市は平成29年3月に丸亀市公共施設等総合管理計画 もっと読む
2018-09-14 高松市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月14日−04号 これにより、橋や道路といったインフラ、農業施設など、被災自治体の復旧事業に対する国の補助率を通常より一、二割程度引き上げ財政負担を軽くする。  海・山に囲まれた下笠居地区における豪雨災害は20カ所余りで、土砂災害による畑地流出、畑のあぜの崩壊、農道・農道路肩・のり面の崩壊、農道暗渠の閉塞、ため池の決壊による土砂流出等である。   もっと読む
2018-09-14 丸亀市議会 平成30年第4回 9月定例会-09月14日−05号 また、ICTインフラの中で、地域活性化のツールとして有効で、かつ災害にも強いWi−Fiですが、その環境整備については、本市でも既に庁舎内、観光施設、ボートレース場などかがわWi−Fiを活用するなどして整備が進められてきました。それでも、全ての観光拠点にあるかどうかといえばまだ不十分です。インバウンド施策としてもこのWi−Fi環境整備は重要です。 もっと読む
2018-09-13 丸亀市議会 平成30年第4回 9月定例会-09月13日−04号 さらには、他地域や観光等異分野との連携なども進め、域外からの投資を呼び込めるようなビジネスモデルのプロデュースやインフラ整備への貢献なども目的としています。  そのため、地元の商材の発掘や市場開拓を担う地域商社として、株式会社OIKAZEに首都圏から海外への商流を短期に確立させるための首都圏機能として、株式会社日本百貨店にそれぞれ事業委託を行い、体制を整備いたしました。 もっと読む
2018-09-12 琴平町議会 平成30年 9月定例会(第2日 9月12日) インフラの長寿命化計画を実施することといたしております。個別施設計画を策定することによりまして、安全性・必要性・経済性を踏まえ維持管理、また更新のコストを少しでも削減できることを目的としております。その計画をもとに、個々の施設について建てかえをするのか、改修をするのか、廃止をするのかなどの検討を行っていきたいと考えております。   もっと読む
2018-09-11 観音寺市議会 平成30年第3回 9月定例会-09月11日−03号 特に、子どもを育てるのは母親の役目と思いたがる人たちの存在がなくならない現状の中で、それでも働かなくてはならない人々、母親を具体的に手助けするのは、例えば365日24時間、保育を当然のインフラとして整備することではないのかと思ってしまいます。ある市によりますと、実際に24時間やっておられる市もございます。 もっと読む
2018-09-10 観音寺市議会 平成30年第3回 9月定例会-09月10日−02号 また、インフラの維持あるいは更新の費用、公債費、いわゆる今までにかかってきた公債費を払っていく、もうこの部分の経常経費が膨張が見込まれます。やはり、厳しい財政状況の運営が避けられないというふうに思います。 もっと読む
2018-06-21 坂出市議会 平成30年 6月定例会-06月21日−04号 だから私は、インフラ整備ということで下水と耐震の水道管を入れたりとか、そういう周りから今攻めているところでございまして、まさに公共で何ができるかというのを模索しているところですが、もう一つ、一歩進んで町なかで、あとはほかの方の質問にもありますが、狭隘な道路の問題、それは安全・安心もそうなんですが、それから一部、今マンションが建つようなところ、自然の地上げと言ったらいいのかどうか、そういう形が今ひそかに もっと読む
2018-06-20 東かがわ市議会 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018年06月20日 また、そういった中、公的機関が東かがわ市の2015年から54年まで40年間の公共施設等インフラの更新費用は1,664億円必要であり、市の財政に及ぼす影響は大変厳しいものであると言っております。   もっと読む
2018-06-20 坂出市議会 平成30年 6月定例会-06月20日−03号 交通インフラの新幹線が整備されると、その都市に人と金と物が集まる。それは新幹線のない都市から吸い上げられている。新幹線が高松まで伸びると、太平洋ベルトが持つ、この経済発展・都市化エネルギーというものが瀬戸大橋を渡って一気に押し寄せて、四国全体が発展するのは明らかだ。つまり四国を発展させる安上がりな方法は瀬戸大橋を使って高松まで新幹線を通すことであると。 もっと読む
2018-06-20 高松市議会 平成30年第3回( 6月)定例会-06月20日−06号 このような中、国においては、25年11月に、国・地方公共団体等が管理する全てのインフラを対象としたインフラ長寿命化基本計画を策定し、この基本計画を踏まえて、文部科学省から各インフラの設置者に対し、32年度までに個別施設計画を策定するよう通知されたところでございます。 もっと読む
2018-06-18 高松市議会 平成30年第3回( 6月)定例会-06月18日−04号 近年、高齢化の急速な進展により、都市機能向上のかなめであるインフラ整備の財源に不足が生じています。四国を代表する州都として位置づける、本市のまちづくり機能強化に影響を来しているのは御存じのことと存じております。これは、本市に限ったことではなく、地方と呼ばれる自治体は同様であると思います。 もっと読む
2018-06-15 高松市議会 平成30年第3回( 6月)定例会-06月15日−03号 さらに、本年2月に総務省から通知があり、いわゆる箱物施設のほか、道路・橋梁・下水道等のインフラ施設も含め、各自治体が策定している公共施設等総合管理計画におきまして、公共施設等の数や延べ床面積等の数量に関する目標、中・長期的な経費見込みや財源見込み等について記載するよう要請があったところでございます。   もっと読む
2018-06-15 観音寺市議会 平成30年第2回 6月定例会-06月15日−03号 また、公共施設の適正配置、道路網の整備などインフラ整備にもあわせて取り組み、持続可能なまちづくりの推進を図ってまいります。  以上でございます。 ◆12番(伊丹準二議員) 議長──12番 ○立石隆男議長 12番 ◆12番(伊丹準二議員) ありがとうございます。  例えばでございます。これはなかなか難しいことかもしれません。 もっと読む
2018-06-13 丸亀市議会 平成30年第3回 6月定例会-06月13日−06号 これを受け、本市におきましても国の統一的な基準による地方公会計マニュアルに基づき、市が保有するインフラ施設を含む全ての公共施設を網羅した固定資産台帳の整備を平成28年度に終え、それを基礎資料として平成28年度決算分より統一的な基準に基づいた財務書類を作成いたしました。さらに、固定資産台帳は公共施設等総合管理計画の策定にも活用いたしております。 もっと読む
2018-06-11 丸亀市議会 平成30年第3回 6月定例会-06月11日−04号 それと同時に、地域内外の往来を活性化し、日常生活圏の拡大や利便性の向上を図るため、広域的な観点から交通インフラの整備を戦略的に進めていく取り組みが今後の課題とされております。   もっと読む
2018-06-08 丸亀市議会 平成30年第3回 6月定例会-06月08日−03号 そこで、本市といたしましては、現在第2次丸亀市産業振興計画に基づき、滞在型、回遊型観光の推進、駅や城周辺を核とした観光インフラの整備推進、観光マネジメント組織の構築と推進、インバウンド対応の推進の4つの柱を中心に各施策に取り組んでいるところであります。 もっと読む
2018-03-22 善通寺市議会 平成30年 3月定例会-03月22日−03号 次に、次世代自動車充電インフラ整備促進事業について、市営大通り駐車場に設置されている急速充電器の利用状況をお尋ねしたところ、平成29年度4月から12月までの利用件数は998件で、1カ月の平均使用件数は111件となり、1日当たり3から4件の利用があるとの答弁がありました。 もっと読む