174件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東かがわ市議会 2019-12-18 令和元年第5回定例会(第2日目) 名簿 開催日:2019年12月18日

                   令和元年12月18日(水曜日) ◎本日の会議に付した事件(議事日程) 第1 会議録署名議員の指名について 第2 一般質問  3番議員 朝川弘規 ・田の浦の利活用について  8番議員 工藤正和 ・安心・安全なまちづくりのために欠かせない防犯             カメラの設置支援について  2番議員 堤 弘行 ・地域公共交通の構築について            ・インフラ

三豊市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年12月09日

2018年に実施した主要インフラの緊急点検の結果等を踏まえてのもので、1、防災のための重要インフラ等の機能維持、2、国民経済、生活を支えるインフラ等の機能維持の観点から、堤防強化、拠点病院自家発電設備強化、土砂災害危険性が高い道路のり面等の強化対策学校施設ブロック塀安全対策等、160項目の緊急対策となっております。  そこで再質問をいたします。  

三豊市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年12月06日

具体的には、投票用紙の確実な二重交付防止対策を講じるための通信インフラの整備でございます。選挙管理委員会といたしましては、無線ではなく光ケーブル等有線による通信体制を整え、確実な通信環境下で行うこととし、相手方と協議を行いつつ、来年度においてあらかじめ整備をしたいと考えております。しかしながら、当然これには経費が伴いますことから予算の対応が必要でございます。

三豊市議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年12月05日

なお、その後にコンクリートロック張りによる災害復旧工事を実施するとともに、平成30年12月14日に閣議決定された国の防災減災、国土強靭化のための3か年緊急対策に基づき、河川砂防等の防災のための重要インフラの機能強化等による大規模な浸水、土砂災害等による災害の防止、最小化等を図ることを目的とした対策がとられております。  

東かがわ市議会 2019-09-19 令和元年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019年09月19日

本市は、これまで限られた財源の中で、補助金や有利な起債などを活用し、市の実質的な負担を軽減しながら、市民生活に欠かすことのできないインフラ整備や公共施設の統廃合などに取り組んでまいりました。  しかしながら、前向きな東かがわ市、誰もが知っているワクワクするまちを実現するためには、新たな財政支出を伴うものでございます。  

東かがわ市議会 2019-09-18 令和元年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019年09月18日

その連携を図る中で、例えばどのような広報をすべきなのか、インフラをどう整えるのか、それをどういうスケジュールで進めていくのかによって、予算の組み方がこれから大きく変わってまいります。なので、今現在この段階で、いつまでにこれぐらいの予算を組みますということは申し上げられませんので、その点、御理解いただければと思います。

東かがわ市議会 2019-06-19 令和元年第3回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019年06月19日

今回のように委員会があれば、また計画の作成、インフラの整備など分かりやすいテーマがあるうちに、検討する際に市民会議を設置してはいかがと思います。このようなもので市民会議を導入するお気持ちはあるのでしょうか。伺いたいと思います。  2番目、総合戦略の整合です。  

三豊市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年06月10日

地方部こそこのMaaS、サービスとしての移動が、利用者が柔軟に移動手段を手配し、事業者は適切なコストでサービスの質を上げることのできるのは御提案のとおりですけれども、まさしくMaaSの実現及び提供のためには、スマートフォンデジタルインフラの整備・普及のほか、各種移動手段の運行情報や位置情報道路交通情報などの移動・交通に関する大規模なデータをオープン化し、整備・連携が可能になってこそ成り立つものと

三豊市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年06月07日

最後に、移動等円滑化促進の方針であるマスタープランの策定、取り組みについては、高齢化率が35%を超える本市にあっては、高齢者にとって移動しやすく、住みやすい生活環境をつくり上げること、まちを支えるインフラの大前提であると考えておりますので、将来のまちの姿を見据え、担当部局において、マスタープランの策定に向け準備を進めてまいります。  

東かがわ市議会 2019-06-04 令和元年第3回定例会(第1日目) 本文 開催日:2019年06月04日

この間、歴代市長のもと市議会議員の皆様の御理解と御協力、御賛同をいただきながら、健全な財政運営を維持し、人口減少や少子高齢化対策、働く場の確保、インフラの更新整備、大規模災害への備えや激甚災害からの復旧など、本市が抱える多くの課題や直面した事態に向き合い、限られた財源の中、必要な施策に取り組んでまいりました。その取り組みが結実し、今日の東かがわ市を支えていることは言うまでもありません。  

善通寺市議会 2019-03-20 03月20日-03号

討論では、市民生活全般にかかわる重要な予算が大部分であり、市民要望に応じた事業費も計上されているが、特別対策としての同和対策予算が計上されていることや、高度経済成長の時代の反動である市道や橋梁などのインフラの整備・対策予算が十分に計上されていないため反対との意見、また、学校給食センターのPFI方式の導入など今後見極めなくてはならない部分もあるが、将来に向けた本市の発展のための予算であり賛成、との意見

三豊市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年03月08日

総務省のホームページ上にある資料を見ましても、観光行政は今まで同様の観光部門、例えば紫雲出山まで行く道などを整備するなどのインフラ部門、仁尾の松賀屋の保存をするなどの建築部門、名産品や農業体験などの農業部門と外国から医療を受けに来るなどの医療部門、父母ヶ浜に代表される環境部門、紫雲出山の遺跡などの文化部門など、多くの分野に広がる総合行政であると書かれてありました。  

三豊市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年03月06日

これは昨年から進めている山本地区就学前施設整備に加え、待機児童対策、子ども医療費助成、教育環境の整備、そして、より子供を産み育てやすい環境の整備、さらには災害対策道路橋梁などの社会インフラ、移住定住施策など、引き続き主要事業に積極的な配分を行ったことによるものです。

琴平町議会 2019-03-04 平成31年 3月定例会(第1日 3月 4日)

インバウンド誘致による訪日外国人観光客増加に対応するためのインフラ整備の一環として、看板設置工事を行います。また、夜の時間を有効に活用して、一之橋公園を主軸としたイベントや催し物を開催し、夜を楽しく過ごしていただこうと考えております。平成30年度には札の前のトイレを改修いたしました。新年度では、さらに高燈籠トイレ老朽化のため、改修工事を行います。