三豊市議会 > 2021-06-23 >
令和3年教育民生常任委員会(第2回定例会付託案件部分) 名簿 開催日:2021年06月23日
令和3年教育民生常任委員会(第2回定例会付託案件部分) 本文 開催日:2021年06月23日

ツイート シェア
  1. 三豊市議会 2021-06-23
    令和3年教育民生常任委員会(第2回定例会付託案件部分) 本文 開催日:2021年06月23日


    取得元: 三豊市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-09-24
    2021年06月23日:令和3年教育民生常任委員会(第2回定例会付託案件部分) 本文 ▼最初のヒットへ(全 0 ヒット)                  審査の経過               〔午前 9時30分 開会〕             ──────────────── ◯市川委員長 ただいまから教育民生常任委員会を開会いたします。  本日は込山議員、石井議員、田中議員、湯口議員から傍聴の申出がありましたので、お伝えしておきます。  本日の協議題はお手元に配付のとおりです。去る6月11日及び6月17日の本会議におきまして本委員会に付託されました案件は、議案第57号、令和3年度三豊市一般会計補正予算(第2号)中の関係部分など議案5件であります。  まず、案件について説明を受けた後、質疑に入りますが、説明・答弁につきましては極めて明瞭簡潔にお願いいたします。  また、委員間の自由討議の希望がある場合には、質疑終了後、討論の前に、討議の趣旨及び目的を明確にしていただいた上、発議していただきますようよろしくお願いいたします。  それでは、健康福祉部関係の審査を行います。  まず、藤田健康福祉部長より挨拶をお願いいたします。 ◯藤田健康福祉部長 皆さん、おはようございます。教育民生常任委員会の開催、ありがとうございます。  健康福祉部からは、本日は教育民生常任委員会付託案件の令和3年度三豊市一般会計補正予算(第2号)及び(第3号)の関係部分につきまして御説明させていただきますので、御審議のほどよろしくお願いいたします。  その後、令和2年度繰越明許費繰越計算書についての御報告と、併せまして、健康課より西香川病院の指定管理について御報告させていただけたらと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。  以上です。 ◯市川委員長 ありがとうございました。             ~~~~~~~~~~~~~~~            〔事件1 委員会付託案件について〕 ◯市川委員長 それでは、委員会付託案件についてを議題といたします。  健康福祉部関係に付託されました案件は、議案第57号中の関係部分及び議案第67号の2件であります。  はじめに、議案第57号、令和3年度三豊市一般会計補正予算(第2号)中の関係部分についての説明を求めます。
     健康福祉部福祉課、橋本次長。 ◯橋本健康福祉部次長 それでは、令和3年度三豊市一般会計補正予算(第2号)、福祉課関係部分について御説明させていただきます。  補正予算書10ページ、11ページを御覧ください。  下段になります。款3民生費、項1社会福祉費、目1社会福祉総務費の節1報酬、節3職員手当等、節8旅費の増額につきましては、会計年度任用職員1名分の7月から3月までの給与です。今年度、正規職員または再任用職員1名の配置を要望しておりましたが、人員不足により配置不可となったため、急遽パートタイム会計年度任用職員を1名任用いたしました。内訳は、任用職員の報酬108万4,000円、期末手当15万6,000円、旅費4万円、合計128万円です。  次に、その下の目3障害者福祉費の節2給料、節3職員手当等は、正規職員1名が出産のため、5月15日から産前産後育児休暇を取得するため、その代替として任用した会計年度任用職員1名分の給与です。内訳は、任用職員給料149万4,000円、通勤手当5万円、期末手当21万6,000円、時間外勤務手当2万5,000円、合計178万5,000円です。  なお、いずれも4月から6月までの3か月分につきましては人事課予算より支出し、7月以降の9か月分については福祉課予算で対応するため、今回補正させていただくものです。  以上で福祉課関係部分の補正予算の説明を終わります。よろしくお願いいたします。 ◯市川委員長 引き続き、子育て支援課、内田課長。 ◯内田子育て支援課長 それでは子育て支援課から、議案第57号、令和3年度三豊市一般会計補正予算(第2号)について御説明させていただきます。補正予算書8、9ページをお願いします。  まず、今回の補正予算の概要についてですが、新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金として、児童1人当たり一律5万円を支給するものであり、今回、補正の対象については、ひとり親世帯以外の世帯で18歳未満の児童を養育する住民税均等割非課税世帯が対象となります。  なお、ひとり親世帯に関しましては第1回臨時会において専決処分の承認を頂いておりますが、令和3年4月分の児童扶養手当受給者に対して、4月30日に支給済みであります。  また、児童扶養手当は受給していないが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、家計急変により収入が児童扶養手当受給者と同水準となっている方等については、申請に基づき随時支給している状況にあります。今回の補正につきましても、財源につきましては、ひとり親世帯と同様に全額国庫負担であります。  まず、歳入補正予算について御説明いたします。補正予算書8、9ページ最上段の款15国庫支出金、項2国庫補助金、目2民生費国庫補助金、節2児童福祉費国庫補助金子育て世帯生活支援特別給付金給付事業費補助金(ひとり親以外)として、5,397万7,000円の増額であります。これは、当該給付金の事業費5,120万円と事務費277万7,000円で、10分の10の国庫補助であります。  歳入は以上です。  次に、歳出予算について御説明いたします。補正予算書10、11ページをお願いします。  款3民生費、項2児童福祉費、目1児童福祉総務費、節3職員手当等の正規職員と会計年度任用職員の時間外勤務手当で74万3,000円の増、節10需用費の消耗品費及び通知用封筒の印刷費で4万1,000円の増、節11役務費の通信運搬費、郵便料で22万6,000円の増、節12委託料のシステム業務委託料で176万7,000円の増、節18負担金、補助及び交付金で、子育て世帯生活支援特別給付金ひとり親世帯以外)として、児童数1,024人を見込んでおり、5,120万円の増額であります。この見込数につきましては、国の本事業の所要額調べの報告に基づく児童数で積算しておりますが、令和3年度住民税均等割非課税世帯が対象となります。  なお、今後のスケジュールにつきましては、15歳までの児童手当受給世帯については申請が不要であり、システムにより税情報から非課税対象者を抽出し、7月中旬までに児童手当の指定口座に振り込む予定であります。  また、16歳から18歳までの非課税世帯及び家計急変により非課税世帯相当となった世帯については、申請に基づき随時支給していきます。  この給付金の周知については、ホームページ及び広報にてお知らせする予定です。  以上、子育て支援課分の説明といたします。よろしくお願いいたします。 ◯市川委員長 保育幼稚園課、前川課長。 ◯前川保育幼稚園課長 それでは、保育幼稚園課の補正予算について説明いたします。  補正予算書8ページ、9ページをお開きください。  歳入の部では、款15国庫支出金、項2国庫補助金、目2民生費国庫補助金、節2児童福祉費国庫補助金のうち、保育所費国庫補助金169万4,000円です。旧高瀬子育て支援センター跡地に民間が整備を進めている認定こども園施設整備費国庫補助分について、内示額に合わせ増額するものです。補助金算定において、限度とされる基準額が改正されたことにより差が生じたもので、歳出においては市補助分を上乗せした額を増額しております。この事業については、5%分は令和2年度に完了し、既に補助金も交付済みであり、今年度は95%分について予算措置しているものです。  次に、同ページの下から2段目の寄附金になります。目10教育費寄附金、節4幼稚園費寄附金の4万円です。三野町でリサイクル回収をしている事業者より、地域の学校へと寄附を頂きました。そのうち吉津幼稚園へは4万円を頂きましたので、同額を受け入れます。  続いて、歳出の部となります。補正予算書10、11ページの最下段を御覧ください。  款3民生費、項2児童福祉費、目5保育所費、節18の補助金を190万4,000円増額するものです。民間への施設整備補助において、今年度より基準額が改定となったため増額するもので、このうち169万4,000円は歳入で説明いたしました国庫補助金が充当されます。  次に、予算書14、15ページをお開きください。  款10教育費、項4幼稚園費、目1幼稚園費、節17備品購入費の4万円は、吉津幼稚園において頂いた寄附金でシュレッダーを購入しようとするものです。  以上が保育幼稚園課補正予算議案の説明となります。よろしくお願いいたします。 ◯市川委員長 健康課、三好課長。 ◯三好健康課長 それでは、健康課関係について説明を行います。  初めに、歳入について、補正予算書の8、9ページをお願いいたします。  款18寄附金、目4衛生費寄附金、節1保健衛生費寄附金100万円の増額です。この寄附金は、後ほど歳出の補正で説明いたしますが、三豊市が5月14日から開始しております新型コロナウイルス感染症に係る抗原検査事業について、市内の企業1社より当事業に賛同いただき、感染症予防対策への活用を目的に寄附金の申出がありました。この寄附金につきましては、抗原検査事業に充当したいと思っております。  続きまして、歳出について説明いたします。12、13ページをお願いいたします。  上段の款4衛生費、項1保健衛生費、目1保健衛生総務費、節10需用費の消耗品費4万3,000円、その下、節12委託料、業務委託料2,414万8,000円、合計で2,419万1,000円を増額するものです。  内容は、先ほど寄附金で説明いたしました新型コロナウイルス感染症に係る抗原検査事業の経費として、消毒液、検体保存用の保冷剤等の消耗品が4万3,000円、検査委託料としまして、市が行う唾液検査の検査料1件5,500円の2,500件分、永康病院の鼻咽頭拭い液の検査1件1万円の1,000件で、両方合わせまして2,375万円、唾液検体の受取り事業の委託費としまして39万8,000円を計上しております。  5月の受付数につきましては、市、永康病院分を合わせまして983件となっております。6月は、6月21日現在で、市、永康分を合わせまして150件となっております。検査数につきましては、5月分は659件、6月分は6月21日現在で466件となっております。  次に、その下側、目2予防費、節18負担金、補助及び交付金1,868万8,000円の増額で、これは新型コロナワクチン接種に当たり、三豊市に住所を有する交通手段のない65歳以上の高齢者に対しまして、三豊市の設置する集団接種会場及び三豊市内の個別医療機関でのワクチン接種のためにタクシーを利用した場合、タクシー運賃の一部または全部を市が負担する三豊市新型コロナウイルスワクチン接種タクシー移動支援事業を実施するものです。  この事業の対象者は、運転免許証、免許を保有していない方、運転免許証を自主返納した方、運転免許証の有効期限が失効した方で、三豊市福祉タクシー利用券登録者を対象としております。対象者は約5,500人を見込んでおります。  対象者の運賃自己負担額を往路500円としまして、復路は市が全額負担いたします。タクシーの往路、復路ともに、乗車時に市の福祉タクシー券の表紙と新型コロナワクチン接種券を運転手に提示しまして、復路ではワクチン済み接種を確認いたして無料といたします。  この事業の目的につきましては、移動手段のない高齢者の支援として、高齢者の方が接種を受けやすい環境整備と接種率の増加を図るため、事業を実施するものです。  利用できるタクシー業者は、市福祉タクシー登録業者9社としております。  以上で健康課の一般会計補正予算について説明を終わります。よろしくお願いいたします。 ◯市川委員長 ただいまの説明に対し、質疑はありませんか。  瀧本委員。 ◯瀧本委員 ちょっとお聞きをいたします。この常任委員会だけじゃないんですけど、会計年度任用職員の補正が、育休とか、その他職員の交代というか、そういうことで配備できなかったということで出ているんですが、育休、産休の場合は補正でするというふうな、人事課のほうに聞いたらいいのかもしれないんですけど、そういう形になるんですかね。どうなんですかね。  前もって、育休とか産休というのは、ある程度予測はつくし、申請も出ているはずなんですよね。ですから補正じゃなくて年度当初の予算内とか、そういう考え方にはならないんですかね。どうなんでしょうか。初歩的なことで申し訳ないんやけど。 ◯市川委員長 ただいまの質疑に対し、答弁を求めます。  橋本次長。 ◯橋本健康福祉部次長 ただいまの瀧本委員の御質問にお答えいたします。  福祉課のほうで計上しております障害者福祉費のほうの会計年度任用職員なんですけれども、こちらが産休代替の職員です。5月15日から産休に入るということは分かっておりましたが、今回の補正につきましては当初予算の計上漏れということで、大変御迷惑をおかけいたしました。よろしくお願いいたします。 ◯市川委員長 瀧本委員。 ◯瀧本委員 そうすると、早く申請しておけば当初予算に計上されるということが普通のルールになっているんですか。 ◯市川委員長 ただいまの質疑に対し、答弁を求めます。  橋本次長。 ◯橋本健康福祉部次長 瀧本委員の御質問にお答えいたします。  この産休につきましては初めから分かっておりましたので、当初予算に入れるべきところでありましたけれども、予算の計上漏れということでございます。以後注意いたしますので、よろしくお願いいたします。 ◯市川委員長 ほかに質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯市川委員長 ほかに質疑もないようですので、これにて質疑は終わります。  これより討論に入ります。  討論はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯市川委員長 ほかに討論もないようですので、これにて討論を終わります。  これより採決いたします。  議案第57号中の関係部分を原案どおり可決することに御異議ありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯市川委員長 御異議なしと認めます。よって、議案第57号、令和3年度三豊市一般会計補正予算(第2号)中の関係部分については、原案どおり可決することに決定いたしました。  続いて、議案第67号、令和3年度三豊市一般会計補正予算(第3号)についての説明を求めます。  健康福祉部福祉課、橋本次長。 ◯橋本健康福祉部次長 それでは、令和3年度三豊市一般会計補正予算(第3号)について御説明させていただきます。  補正予算書の2ページ、3ページを御覧ください。  今回の追加補正は、令和3年5月28日、厚労省より生活困窮者への追加支援として、新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金を支給することが発表されたことを受け、急遽追加補正をお願いするもので、歳入歳出ともに440万円の増額補正としています。  まず、この支援金の制度から御説明させていただきます。この制度は対象者が非常に限られた制度となっております。社会福祉協議会が実施している生活福祉資金コロナ特例貸付のうち、総合支援資金の9か月の限度まで借り切った世帯と、再貸付けが不承認となった世帯で、現在もなお生活に困窮しているけれども、これ以上貸付けを受けられない世帯が対象となっています。この支援金は、このような世帯が新たな就労等により自立を図るまで、またそれが困難な場合には、生活保護に移行するまでの間のつなぎの支援策として支給するものです。  制度の概要ですが、申請の受付は7月から8月までの2か月間、支給期間は7月から8月の申請月から3か月、支給月額は単身世帯で6万円、2人世帯8万円、3人以上世帯が10万円となっています。支給要件には、世帯全体の収入預貯金額、熱心な求職活動を行わなければならないなどの条件があります。財政措置は、新型コロナウイルス感染症セーフティネット強化交付金で、補助率は10分の10です。  それでは、8ページ、9ページを御覧ください。  歳入の部です。款15国庫支出金、項1国庫負担金、目2民生費国庫負担金、節1社会福祉費国庫負担金につきましては、この事業の経費の100%が補助となっておりますので、440万円の増額としています。  次に、10ページ、11ページを御覧ください。  歳出の部です。款3民生費、項1社会福祉費、目1社会福祉総務費の節3職員手当等は、時間外手当で1万円、節11役務費は切手代の2,000円、節12の委託料は、対象者への通知発送を社協に委託する予定としており8,000円、節18負担金、補助及び交付金は交付金の438万円です。  交付金の計算根拠ですが、対象世帯については市社協に確認しております。再貸付けの終了した世帯、つまり9か月分借り切った世帯が4世帯、再貸付けの不承認世帯が1世帯、この5世帯は実数となります。これに、現在延長貸付けを利用中で、今後再貸付けを申請して不承認となる可能性がある世帯を10と設定し、合計15世帯で予算計上しています。  以上、歳出合計が440万円の増額としています。  以上で追加補正予算案の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。 ◯市川委員長 ただいまの説明に対し、質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯市川委員長 質疑もないようですので、本件は以上といたします。  これより討論に入ります。  討論はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯市川委員長 討論もないようですので、これにて討論を終わります。  これより採決いたします。  議案第67号を原案どおり可決することに御異議ありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯市川委員長 御異議なしと認めます。よって、議案第67号、令和3年度三豊市一般会計補正予算(第3号)については、原案どおり可決することといたします。  それでは暫時休憩いたします。               〔午前 9時48分 休憩〕               〔午前10時18分 再開〕 ◯市川委員長 休憩前に引き続き、教育民生常任委員会を再開いたします。  教育民生常任委員会協議題を御覧ください。  まず初めに、西川教育部長より挨拶願います。
    ◯西川教育部長 本日は定例会中の付託委員会ということで御参集いただきまして、誠にありがとうございます。  教育委員会からは、本定例会に補正予算はじめ4件の議案を提案させていただいております。本日は委員各位の慎重な審査を頂きまして、原案可決賜りますようお願い申し上げます。  以上です。 ◯市川委員長 ありがとうございました。  教育委員会関係の審査を行います。             ~~~~~~~~~~~~~~~            〔事件1 委員会付託案件について〕 ◯市川委員長 それでは事件1、委員会付託案件についてを議題といたします。  教育委員会関係に付託されました案件は、議案第57号中の関係部分、第59号、第63号及び第64号の4件であります。  初めに、議案第57号、令和3年度三豊市一般会計補正予算(第2号)中の関係部分についての説明を求めます。  学校教育課、内田課長。 ◯内田学校教育課長 学校教育課所管の6月補正予算案について御説明いたします。  令和3年度三豊市補正予算(第2号)予算書の8ページ、9ページを御覧ください。  まず歳入でございますが、款15国庫支出金、項2国庫補助金、目9教育費国庫補助金のうち、節2小学校費国庫補助金で94万7,000円、同じく節3中学校費国庫補助金で72万9,000円の増額、これは原子力エネルギー教育支援事業補助金で、小学校及び中学校において原子力やエネルギーに関する教育を実施する教材等を購入するための補助事業の内定を受けたことによるものです。市内4小学校、勝間小学校、山本小学校、下高瀬小学校、仁尾小学校及び中学校1校、高瀬中学校が補助金を受け、実施いたします。  続いて、その下の段、款16県支出金、項3県委託金、目9教育費県委託金のうち、節2小学校費県委託金で63万円、同じく節3中学校費県委託金で15万7,000円の増額。これは県が実施する、いじめ・不登校・暴力行為等の未然防止に取り組む心の交流事業で、市内4小学校、上高瀬小学校、比地小学校、麻小学校、吉津小学校及び中学校1校、三野津中学校が指定されたことによるものです。  続いて、その下の段、款18寄附金、項1寄附金、目10教育費寄附金で、節2小学校費寄附金で12万円の増額。これは小学校3校、三野町の大見小、下高瀬小、吉津小に対し、市内に事業所がある企業から御寄附いただいたことによるものです。  次に歳出でございますが、補正予算書では12、13ページを御覧ください。  款10教育費、項2小学校費の補正額191万円のうち、目1学校管理費の補正額33万円について、その内容は、歳入で御説明いたしました寄附により備品及び教材等を購入するため、3小学校分で12万1,000円です。また、手数料20万9,000円につきましては、学校における環境衛生検査において、キシレンの基準値の見直しがあったことに伴う検査項目の追加に係るもので、小学校19校の検査手数料です。  続いて、その下、目2教育振興費の158万円は、歳入で御説明いたしました原子力エネルギー教育支援事業と心の交流事業に係る経費を計上しております。報償費と、消耗品及び教材を購入するため、各事業で計画したものを計上しており、原子力エネルギー教育支援事業で94万8,000円、心の交流事業で63万2,000円となっております。  続いて、同じく項3中学校費の補正額95万4,000円のうち、目1学校管理費の補正額6万6,000円については、小学校費で御説明いたしました手数料と同じく検査手数料で、中学校6校に係るものです。  その下、目2教育振興費の88万8,000円は、小学校費で御説明いたしました原子力エネルギー教育支援事業と心の交流事業に係る経費で、原子力エネルギー教育支援事業で73万円、心の交流事業で15万8,000円となっております。  以上が学校教育課所管の6月補正予算案です。御審議よろしくお願いいたします。 ◯市川委員長 ただいまの説明に対し、質疑はありませんか。  為広委員。 ◯為広委員 先ほどキシレンの調査をするということでしたが、何に入っとんですか。 ◯市川委員長 ただいまの質疑に対し、答弁を求めます。  学校教育課、内田課長。 ◯内田学校教育課長 ただいまの為広委員の御質問にお答えいたします。  キシレンは接着剤や塗料の溶剤及び希釈剤として用いられる揮発性の有機化合物の一つでありまして、不快な刺激や臭気を感じ、状況によってはシックハウス症候群の発生要因となるものです。  学校においては、机、椅子、棚などの備品、また学習に関わる塗料、油性ペン、接着剤などから放散される可能性がございます。  このたび、キシレンの基準値が改正されたことに伴いまして、定期検査を行うこととなりました。  以上です。 ◯市川委員長 為広委員。 ◯為広委員 検出されたからというんじゃなしに、基準が変わったから検査するということですね。 ◯市川委員長 ただいまの質疑に対し、答弁を求めます。  内田課長。 ◯内田学校教育課長 ただいまの為広委員の御質問にお答えいたします。  キシレンの基準値が現在の0.20ppmから0.05ppmに見直されたことによる追加の検査となっております。  以上です。 ◯市川委員長 質疑に対する答弁は終わりました。  ほかに質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯市川委員長 ほかに質疑もないようですので、これにて質疑を終わります。  これより討論に入ります。  討論はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯市川委員長 討論もないようですので、これにて討論を終わります。  これより採決いたします。  議案第57号中の関係部分を原案どおり可決することに御異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯市川委員長 御異議なしと認めます。よって、議案第57号、令和3年度三豊市一般会計補正予算(第2号)中の関係部分については、原案どおり可決することと決定いたしました。  次に、議案第59号、三豊市山本町河川敷運動公園条例の一部改正についての説明を求めます。  スポーツ振興課、牧課長。 ◯牧スポーツ振興課長 議案第59号、三豊市山本町河川敷運動公園条例の一部改正について御説明いたします。  三豊市体育協会が三豊市スポーツ協会に名称を変更したことに伴い、条例の関係部分を改めるため、条例の一部改正を提案するものです。  三豊市山本町河川敷運動公園条例第4条第3項中、「三豊市体育協会」を「三豊市スポーツ協会」に改め、また、別記様式中の「市体育協会」を「市スポーツ協会」に改めます。  以上、三豊市山本町河川敷運動公園条例の一部改正についての説明を終わります。御審議のほどよろしくお願いします。 ◯市川委員長 ただいまの説明に対し、質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯市川委員長 ほかに質疑もないようですので、これにて質疑を終わります。  これより討論に入ります。  討論はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯市川委員長 討論もないようですので、これにて討論を終わります。  これより採決いたします。  議案第59号を原案どおり可決することに御異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯市川委員長 御異議なしと認めます。よって、議案第59号、三豊市山本町河川敷運動公園条例の一部改正については、原案どおり可決することと決定いたしました。  次に、議案第63号、工事請負契約の締結について(三豊市総合体育館改修工事)の説明を求めます。  スポーツ振興課、牧課長。 ◯牧スポーツ振興課長 議案第63号、工事請負契約の締結について(三豊市総合体育館改修工事)の御説明をいたします。  令和3年度三豊市総合体育館改修工事の工事請負契約を締結したいので、三豊市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものです。  契約の目的、令和3年度三豊市総合体育館改修工事。工事の場所、三豊市高瀬町上高瀬地内。契約の方法、一般競争入札。契約金額、6億5,340万円。契約の相手方、香川県三豊市高瀬町比地1389番地1、田中・富士・壺谷特定建設工事共同企業体代表、株式会社田中建設代表取締役、大西和也となっております。落札率97.5%。工期については、議決後、契約締結日から令和4年3月30日となっております。御審議のほどよろしくお願いします。 ◯市川委員長 ただいまの説明に対し、質疑はありませんか。  為広委員。 ◯為広委員 これ、外部はほとんど入ってないんですが、外部の外装材の中にアスベストが含まれとるということはないんですか。 ◯市川委員長 ただいまの質疑に対し、答弁を求めます。  スポーツ振興課、牧課長。 ◯牧スポーツ振興課長 アスベストの調査についての結果ですが、少量のアスベストを発見しておりますので、工事の中で対応してまいります。  以上です。 ◯市川委員長 為広委員。 ◯為広委員 全体じゃなしに一部だけ外部を改修するところがある、そのところだけのことですか。それとも外部全体、あれは2,000平米か3,000平米ぐらいあると思うんですけど、全部についてですか。 ◯市川委員長 ただいまの質疑に対し、答弁を求めます。  スポーツ振興課、牧課長。 ◯牧スポーツ振興課長 為広委員の再質問にお答えします。  改修工事する部分に対して全て対応いたします。  以上です。 ◯市川委員長 質疑は全体になっているかどうかということについて。 ◯牧スポーツ振興課長 全体的にはなってなかったです。 ◯市川委員長 為広委員。 ◯為広委員 外部全体をするんですか。約3,000平米近くあると思うんですけど、今改修するところは外部でも一部だけの話ですよね。そこだけをアスベストがあるから何かの対応をしていくということですか。ほかのところは検査してないんですか。 ◯市川委員長 ただいまの質疑に対し、答弁を求めます。  スポーツ振興課、牧課長。 ◯牧スポーツ振興課長 為広委員の再質問にお答えします。  調査をした結果、アスベストがあった場所に関しては全て対応いたします。それで外壁の工事に関しては、今後足場を組んでから、目視についてどういうふうな修繕をするかを今後いたしますので、そこに対して対応していきます。  以上です。 ◯市川委員長 為広委員。 ◯為広委員 外装材全部をアスベストがあったからいうて、やり返しますとか、あといろいろな対処をしますとなったら予算が、とてもやないけど、それは全体からいうと、8億ぐらいの予算を組んで6億台ぐらいやから、可能な数字は数字だと思うんですけど、大きく数字が変わってきますから、議会のほうにまた通し直さないかんということにはならないんですね。1回ここで承認しとったら、修正だけで利く範囲だということですね。 ◯市川委員長 ただいまの質疑に対し、答弁を求めます。  スポーツ振興課、牧課長。
    ◯牧スポーツ振興課長 為広委員の再質問にお答えします。  改修する場所にあれば改修するという形の対応を今のところは取っております。  以上です。 ◯市川委員長 為広委員。 ◯為広委員 それで構わんの。今だったら調査して、もしアスベストがあったら、アスベストを抑えるという方法もあるから、抑えておけばしばらくはもつんじゃないかなと思いますけど、何もしてなくて、だんだん風化していって、アスベストがその周りに飛散したりなんかしたら、大変なことになるんじゃないかなと。そのときに状態が分かってするとしたら、たくさんのお金が要りますよ。  ですから、一応お聞きだけはしとんですけど、調査できないんだったら、これ、根本的な話として変わってきますよね、ものが。でも、調査した結果、外装材にはアスベストはなかったという話だったら、ほんでもなかったですよということでいいと思うんですけど、調査してないという話だったら、それはせっかく改修工事をするのにおかしい話じゃないですかというのをお聞きしているんです。 ◯市川委員長 ただいまの質疑に対し、答弁を求めます。  スポーツ振興課、牧課長。 ◯牧スポーツ振興課長 為広委員の再質問にお答えします。  再度確認して、また御報告させていただきます。今、資料を持ち合わせてないので。 ◯市川委員長 西川部長、これは議案で付託案件ですよね。この6億5,300万、これはアスベストのほうの外装関係は一切関係ないということでの議案を通すおつもりですか。  西川部長。 ◯西川教育部長 大変申し訳ないんですが、事実確認するお時間を頂きたく思います。それで、この後の手続につきましては、ちょっとお時間を頂けたらというふうに存じます。申し訳ないです。確認した上で御回答申し上げたいと思います。 ◯市川委員長 ほかに質疑はありませんか。  暫時休憩いたします。               〔午前10時35分 休憩〕               〔午前10時45分 再開〕 ◯市川委員長 それでは、為広委員の質疑に対し、答弁を求めます。  スポーツ振興課、牧課長。 ◯牧スポーツ振興課長 為広委員の再質問にお答えします。  先ほどはどうもすみません。アスベストの調査は全て行っております。それで、工事に関わって撤去する部分については全て撤去いたします。それとあと、外壁部分については、下地の部分に一部含まれておりますが、今後、今回の工事で影響は出ませんということで、ただ、外壁についても塗装の工事は入っております。今後、アスベストについての変更になるようなことはありません。  以上です。 ◯市川委員長 ほかに質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯市川委員長 ほかに質疑もないようですので、質疑はこれにて終わります。  これより討論に入ります。  討論はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯市川委員長 討論もないようですので、これにて討論を終わります。  これより採決いたします。  議案第63号を原案どおり可決することに御異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯市川委員長 御異議なしと認めます。よって、議案第63号、工事請負契約の締結について(三豊市総合体育館改修工事)は、原案どおり可決することと決定いたしました。  次に、議案第64号、工事請負契約の締結について(三豊市宝山湖公園改修工事)の説明を求めます。  スポーツ振興課、牧課長。 ◯牧スポーツ振興課長 議案第64号、工事請負契約の締結について(三豊市宝山湖公園改修工事)の御説明をいたします。  令和3年度三豊市宝山湖公園改修工事の工事請負契約を締結したいので、三豊市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものです。  契約の目的、令和3年度三豊市宝山湖公園改修工事。工事の場所、三豊市山本町神田地内。契約の方法、一般競争入札。契約の金額、3億8,236万円。契約の相手、三豊市山本町神田1758番地、安藤工業・西山・豊誠特定建設工事共同企業体代表、株式会社安藤工業代表取締役、近井秋夫となっております。落札率ですが、97%。工期については契約締結日から令和4年3月30日となっております。  以上、説明を終わります。御審議のほど、よろしくお願いします。 ◯市川委員長 ただいまの説明に対し、質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯市川委員長 ほかに質疑もないようですので、これにて質疑を終わります。  これより討論に入ります。  討論はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯市川委員長 討論もないようですので、これにて討論を終わります。  これより採決いたします。  議案第64号を原案どおり可決することに御異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯市川委員長 御異議なしと認めます。よって、議案第64号、工事請負契約の締結について(三豊市宝山湖公園改修工事)は、原案どおり可決することに決定いたしました。  以上で、本委員会に付託された案件の審査は全て終了しました。  委員長報告については委員長に御一任願いたいと思いますが、御異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯市川委員長 以上をもちまして本日の教育民生常任委員会は閉会いたします。               〔午前10時49分 閉会〕             ━━━━━━━━━━━━━━━━ Copyright (c) MITOYO CITY ASSEMBLY MINUTES, All rights reserved....