48件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

釜石市議会 2021-06-23 06月23日-03号

釜石市役所内の年間の勤務状況はどのようになっているのか、また、人工知能AIや、人の代わりに自動化するRPAなどの活用による業務削減進捗状況についてお伺いいたします。 以上で壇上からの質問を終わらせていただきまして、再質問は自席から行わせていただきます。 御清聴ありがとうございました。 ○議長木村琳藏君) 市長。  

大船渡市議会 2021-03-04 03月04日-04号

また、歳出では、事務事業の徹底した選択と集中を基本に予算配分重点化を進め、地区住民自らが主体となって課題を解決する市民協働推進や、市役所業務へのRPA、AI等導入による生産性向上など、行政改革取組強化を通じて健全財政を維持してまいりたいと考えております。  私からは以上でございます。 ○議長三浦隆君) 農林水産部長

釜石市議会 2020-12-18 12月18日-05号

したがって、市役所電子化推進事業同時並行過重労働職場に対し、ピンポイントでの対策を講じることが必要ではないかと考えますが、今後、ITやRPAなどの活用による業務削減をどのように進めようと考えているのか、計画も含めてお伺いいたします。 ○議長木村琳藏君) 総務課長。 ◎総務課長川崎浩二君) 年度当初、超過勤務部署、幾つかございました。

大船渡市議会 2020-12-11 12月11日-02号

具体的には、業務システムクラウド化標準化取組や、定型業務へのRPA導入AI活用による判断の自動化など、行政サービスの質の向上集約化を進めるとともに、庁内ネットワーク環境整備モバイル端末導入などの検討を進め、行政サービスデジタル化を庁内挙げて着実に加速させてまいりたいと考えております。  

花巻市議会 2020-12-07 12月07日-02号

また、正規職員体制を拡充するため、会計年度任用職員等を適時採用するとともに、任期付職員制度導入AIRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)などを活用した業務省力化を含む業務改善取組などを進めながら、適正職員職員数を維持するよう努めてまいります。 そのほかにつきましては農業委員会から答弁いたします。 ○議長小原雅道君) 小田島農業委員会会長。    

大船渡市議会 2020-09-09 09月09日-02号

また、市ではICT機能などを活用した大船渡市鳥獣被害対策実施隊による有害捕獲や、マイナンバーカード対応業務の拡大に既に取り組んでいるほか、現在行政システムクラウド化RPA、AI導入などに向けた検討を鋭意進めております。  一方、市内の民間企業においても、被災跡地活用したコンピューター制御によるトマト栽培施設イチゴ生産担い手育成拠点施設など、先進的な取組が見られます。  

陸前高田市議会 2020-09-09 09月09日-03号

デジタル化につきましては、人口減少少子高齢化が進む本市において、持続可能なまちづくり地方創生に向けた取組を進め、効率的な行政運営推進していく上で取り入れていくべき考え方や技術であると認識しており、今後においても行政手続オンライン化による対面によらない電子申請のほか、AIRPA活用による業務効率化検討するなど、デジタル化への対応を進めてまいりたいと考えているところでございます。  

一関市議会 2020-09-07 第78回定例会 令和 2年 9月(第4号 9月 7日)

ICT活用した内部事務効率化の例として、令和年度においては定型的な業務についてソフトウエアロボットによる自動化RPAと言っておりますが、これを個人住民税健康管理などの業務導入したところでございます。  本年度においては、保育施設入所選考業務について、AI人工知能導入することとしているところでございます。  

一関市議会 2020-09-04 第78回定例会 令和 2年 9月(第3号 9月 4日)

これまでのICT活用した内部事務効率化の例を申し上げますと、令和年度においては、定型的な業務について、ソフトウエアロボットによる自動化RPAと呼んでおります、これを個人住民税健康管理などの業務導入したところでございます。  本年度においては、保育施設入所選考業務について、AI、いわゆる人工知能導入することとしております。  来年の1月には導入する予定でございます。  

奥州市議会 2020-09-02 09月02日-03号

また、当市では、ソフトウエア上のロボットにより業務工程自動化するRPA令和年度に6業務導入しており、単なる手続オンライン化にとどまらず、入り口から最後処理までデジタル処理とすることで、業務自動化による職員事務作業軽減を図り、それにより捻出した時間、人材財源市民サービスにつなげることも必要と考えているところであります。 

花巻市議会 2020-06-17 06月17日-04号

そして、行政経営分野の施策5-1-2、機能的な組織運営人材育成において、先ほども申し上げましたけれども、仕事は増える、しかし人は増やせないという中で、AI定型業務自動化、いわゆるRPA等の技術活用により、業務効率化労力負担軽減が図られることによって、この多様化、複雑化する市民ニーズに応えることができ、また、市の職員がいろいろな基本的な仕事に使える時間、あるいは市民の皆様とのコミュニケーション

花巻市議会 2020-06-15 06月15日-02号

例えば、先ほど申し上げたとおり、市民生活の、あるいは安全の確保、人口減少対策縮減することはできないと考えておりますが、事業効率化などによる、RPA含めた、そういう効率化などによる人件費縮減を含めた経常費用縮減及び交付税を含む市の一般財源活用したハード事業の精査については、今後さらに取り組んでいきたいと考えております。