15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

花巻市議会 2019-06-04 06月04日-03号

男女混合名簿取り組みが、子供たちにも男女分け隔てがないという意識醸成につながると考えるが市の考えを伺うとのお尋ねにつきましては、混合名簿を作成、使用することにより、男女平等のみならずLGBTへの向き合い方など、多様な性及び多様な価値観への理解、性の違いによらない個性に応じた能力の伸長など、さまざまな面で壁を取り払うきっかけになってほしいと期待しているところであります。 

金ケ崎町議会 2019-03-04 03月04日-01号

また、LGBT、人口の約7から8%と言われているが、男女に区別されることに強い違和感、差別を感じることがあるという。 LGBTとは、L、レズビアン、G、ゲイ、B、バイセクシャル、T、トランスジェンダーの頭文字をとった単語で、セクシャルマイノリティーの総称の一つである。 今LGBT障害者外国人などへの偏見、差別をなくし、個人の尊厳を大切にする教育が必要と考える。

北上市議会 2019-02-27 02月27日-04号

近年頻繁に発生する災害時において、地域防災計画避難所運営マニュアルなどにLGBTを含む性的少数者への配慮を盛り込んだ自治体は、全国の都道府県で23%にとどまることが判明いたしました。性的少数者のカップルが同居の親族と同様にパートナーの安否情報を得られる自治体なども13%に限られており、専門家改善が必要と指摘しています。 当市でも、積極的にニーズを捉え、改善に取り組むべきではないでしょうか。 

釜石市議会 2018-12-11 12月11日-02号

昨今、みずからLGBTあるいはその他のマイノリティであることを公表する方々がふえてきていると言われますが、その背景には、世界的に性的指向性自認を法的に容認する国が出てきていること、あるいはLGBT理解し、支援体制を講じている企業がふえてきていることなどが考えられています。 しかし、それは一部であり、大半がLGBT等に対する正しい知識を持たず、理解が進まない現状にあるのではないでしょうか。 

花巻市議会 2018-12-04 12月04日-03号

こうした意識醸成というのは、実は今LGBT関係で、やはり学校現場においても配慮が求められているのではないか、あるいは配慮が求められてくるのではないかと私は捉えておりまして、そういった視点なども踏まえれば、もっともっと理解をしていただくように教育長から進めていくお考えが必要だと思います。その点についてどのように考えておりますでしょうか、お尋ねします。

宮古市議会 2018-09-19 09月19日-04号

そういった意味では洋式化、先ほど言った多目的トイレ、これは今までの震災の経験からも、高齢者障害者、最近ではLGBT方々のためにもこれは必要ではないかと、こういうふうに私は思っております。そして先ほどは教育関係で言いましたが、災害的視点から見て危機管理監にひとつお聞きします。 ○議長古舘章秀君) 芳賀危機管理監

宮古市議会 2018-09-18 09月18日-03号

昨年、私がダイバーシティ質問をしたときにも、大阪府、あるいは千葉市の取り組みに対して、宮古はまだそういう問題も余り表面化していないというような市長の答弁がございましたが、岩手でもつい先日ですけども、9月1日にLGBTへの差別や暴力の解消を訴えるプライドパレードが盛岡市で行われたということで、岩手もいよいよそういう時代になってきたんだなというふうに思って感慨深いものがございました。 

北上市議会 2018-09-13 09月13日-04号

それは、オリンピックが近いと、あるいは国の第4次基本計画に既に盛り込まれているからとか、いろいろありますけれども、とにかく不利益をこうむっている人、困難に直面している人、今LGBTとかという言われ方もしますけれども、そういう方たちも含めて制度が追いついていないわけです。例えばLGBTの割合を調べてみましたら、2018年で日本の人口の8%。

滝沢市議会 2018-06-18 06月18日-一般質問-02号

ある調査では、LGBTの人の6割近くが子供時代いじめに遭っていたということであります。個人多様性を尊重する文化が学校にあれば、これらのいじめはなくなるのではないでしょうか。現憲法が軽んじられる風潮が強まっている現在、今こそ人権が尊重される学校づくりが求められていると考えますが、教育長のご見解をお伺いいたします。 ◎教育長熊谷雅英君) 議長。 ○議長長内信平君) 熊谷教育長

花巻市議会 2018-03-02 03月02日-01号

本年1月には、LGBT(性的マイノリティ)の理解促進を図るため、まず市職員に対する研修を行いました。 公共施設の更新・統廃合や長寿命化を計画的に行うため、平成29年度に引き続き、公共施設マネジメント計画実施計画編)の策定を進めてまいります。 以上、私の平成30年度市政運営の方針と主要施策の概要について申し述べさせていただきました。

  • 1