767件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-20 滝沢市議会 平成30年  9月 予算決算常任委員会-09月20日−決算審査−04号 特に今青森、秋田、山形から同じ時期にスイカも入ってきておりますし、価格競争があるのは承知であります。また、スイカに限らず、皆様方がいろいろ工夫していることは承知をしておりますが、やはり滝沢ブランドのスイカということになれば、均一した品質がより求められるだろうというふうに思いますし、また私たちもスイカはよく食べるので、非常に関心を持っておりますので、それは努力していただきたい。   もっと読む
2018-09-04 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月04日−03号 例えば、花巻市定住促進住宅取得等支援制度においては、外からの転入者と外からの就農希望者が空き家バンクを活用して住宅を取得または賃借する場合、当該住宅のリフォーム費用を含めて、売買の場合にはからの20万円を含めて最大220万円、賃借の場合にはからの10万円を含めて最大120万円まで費用を助成することとしているほか、外からの子育て世帯が市内で住宅を購入する際は当該住宅のリフォームを含めた費用を もっと読む
2018-09-03 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第4号 9月 3日) 3つ目の理由でありますが、当市の格付事業者のうち9割を超える事業者が岩手の格付事業者となっており、賃金、社会保険等に関する法令の遵守を求めている条例の適用を既に受けていることから、岩手と同様の、いわゆる理念型の公契約条例を制定する必要性は低いと評価したことであります。   もっと読む
2018-09-03 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月03日−02号 県道の所管は岩手ではありますが、本市の観光振興のためにも、観光客に配慮した歩道整備が必要であり、岩手と連携した取り組みが必要と考えますが、御所見をお伺いいたします。  次に、4件目は、岩手中部ネットについてであります。  平成29年10月から岩手中部地域医療情報ネットワークシステムが稼働いたしました。花巻市も協力団体として参加し、間もなく1年を迎えようとしております。   もっと読む
2018-06-18 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第4号 6月18日) 次に、金流川の断面の確保についてでございますが、金流川については、が管理する河川となっておりまして、管理者である岩手において、河川巡視員により定期的に河川パトロールが行われております。  市においては、との情報共有を図るとともに、出水時においては洪水危険河川の監視計画に基づきまして、金流川の監視パトロールを行っております。   もっと読む
2018-06-12 宮古市議会 平成30年  6月 定例会議-06月12日−03号 全国でリンゴ生産は栽培面積と生産量、収穫量ともミカンに次いで2番目であり、そのうち別では青森が2万1,000ha、生産量38万tと国内シェア53%を占め断トツで、岩手のそれは2,540ha、生産量5万tでいずれも全国で3番目であります。この岩手のリンゴ栽培で宮古の占める割合は、面積で1.1%、生産量で0.001%であります。   もっと読む
2018-03-13 釜石市議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月13日−03号 その中に子ども医療給付費があるが、かつては市単独で行っていた事業だが、今は事業としてやっている。事業としては、440万円ほど多い3728万9000円となっているが、増額理由について。 ◎千葉市民課長 ④医療費給付事業は、ここ何年かの実績を見て積算している。単事業の部分について、子ども医療給付費のうち未就学児について、28年8月から現物給付を始めている。 もっと読む
2018-03-08 釜石市議会 平成30年  3月 定例会(第1号)-03月08日−04号 このことを裏づける事例として、東北の6の港湾で海上コンテナを取り扱っておりますが、ガントリークレーンが整備されていないは岩手のみであり、このことが外航コンテナ船の釜石港寄港を拒んでいたと聞いております。   もっと読む
2018-03-08 宮古市議会 平成30年  3月 定例会-03月08日−05号 私は、常勤医の確保へ、これまでのに対する要望経緯を踏まえ、抜本的な改善要求をすべきと考えます。全国的に見ても、地域医療に、つまり公がこれだけかかわっているのは多くないと認識しております。 もっと読む
2018-03-06 紫波町議会 平成30年  3月 定例会(3月会議)-03月06日−03号 ひとり親家庭の自立に対する支援につきましては、岩手が平成27年3月に作成した岩手ひとり親家庭等自立促進計画に基づき、経済的支援、子育て支援、就労支援等の支援策の情報提供の充実に努めているところです。現在、町においてこども課がひとり親家庭に対する手当てや貸付金手続の窓口となっています。 もっと読む
2018-03-06 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月06日−02号 近年増加している訪日外国人観光客は、岩手にとどまらず東北や東日本を周遊する方が多い、花巻市内だけではなくて、県内の各市あるいは青森、そして秋田、宮城に行く方も多い、そのように周遊する方が多いと伺っております。 もっと読む
2018-03-05 紫波町議会 平成30年  3月 定例会(3月会議)-03月05日−02号 紫波町からは町長さん、会議員のときから中洲除去について要望されているとお聞きをしたところでございますし、所長さんも聞いているということは言われております。   もっと読む
2018-03-02 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月02日−01号 における共同処理する事務の変更及び岩手市町村総合事務組合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについて  第37 議案第32号 岩手市町村総合事務組合の財産処分の協議に関し議決を求めることについて  第38 議案第33号 (仮称)災害公営住宅(花巻中央地区仲町)新築(建築)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについて  第39 議案第34号 (仮称)災害公営住宅(花巻中央地区上町)新築 もっと読む
2018-02-28 雫石町議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-02月28日−一般質問−03号 特にも岩手当局におかれましては、本当に沿岸に対する思いはの政策の中心として行っておりますし、町村会のそれぞれのお集まりでも沿岸の復興に対しては必死なる援助、支援、要望等を国当局に要望して継続しておりました。そのこともあわせて顧みますと、やっぱりこういう災害に遭って、本当に人の力の弱さといいますか、そういうことをひしひしと感じた次第です。    もっと読む
2018-02-08 金ケ崎町議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月08日−一般質問・議案説明・質疑・討論・採決−02号 における共同処理する事務の変更及              び岩手市町村総合事務組合規約の一部変更の協議に関し議決              を求めることについて日程第13  議案第10号 岩手市町村総合事務組合の財産処分の協議に関し議決を求め              ることについて日程第14  議案第11号 平成29年度金ケ崎町一般会計補正予算について       延  会〇出席議員(16名 もっと読む
2017-12-12 北上市議会 平成29年度 12月 通常会議(第227回)-12月12日−02号 一方、国と岩手の支援を受けることになっているものの、北上市の負担も多額になります。 もっと読む
2017-12-11 一関市議会 第64回定例会 平成29年12月(第4号12月11日) 中東北の拠点都市の形成に向けた取り組みとしては、平泉町との定住自立圏の形成を進めるとともに、宮城栗原市、同じく登米市、平泉町との県境を越えた4市町の連携、さらには栗駒山を中心とした当市と宮城栗原市、秋田湯沢市、同じく秋田の東成瀬村との連携、さらには隣接する沿岸津波被災地への後方支援を通じた連携など、人や物の流れを生む圏域づくりを進めてきたところでございます。   もっと読む
2017-12-07 一関市議会 第64回定例会 平成29年12月(第2号12月 7日) 次に、岩手交通の路線バスの廃止、縮小への対応についてでございますが、これまで交通に対しまして見直しの対象となっているバス路線について、バス運行の維持、継続を要望してきたところでございますが、交通側からは国の特例制度の廃止による補助金の削減、あるいは運転手不足などにより、これまでどおりに運行することが難しいという説明がなされたところでございます。   もっと読む
2017-12-05 雫石町議会 平成29年 12月 定例会(第9回)-12月05日−一般質問−03号 今回の試算につきましては、平成30年度予算ベースに基づき、国から都道府県に示された仮係数に基づき、国、の追加公費を増額の上、岩手が試算したものですが、最終的には年末に国から提示される確定係数によりが再計算し、来年1月22日予定の広域化等支援方針連携会議で市町村に通知される予定となっております。    もっと読む
2017-12-04 雫石町議会 平成29年 12月 定例会(第9回)-12月04日−一般質問−02号 農業改革につきましては、国の政策や社会情勢の変化など、時代ごとにさまざまな改革も行われてきており、昨今の農業改革の一つとしましては、平成30年産からの国による主食用米の生産数量目標の配分の廃止がありますが、岩手では需要に応じた米生産に向け、産米の全国シェアから平成30年産の市町村別の主食用米の生産目安を示すこととしており、12月13日に配分が行われる予定となっております。    もっと読む