69件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2018-06-18 第66回定例会 平成30年 6月(第4号 6月18日)

策定の背景には、化石燃料依存の脱却や二酸化炭素の排出抑制とあわせ、焼却施設の老朽化に伴い最終処分場残余容量の逼迫などの課題があるとしています。  まさに、そのとおりでありますが、しかし、目的では、一般廃棄物の再資源化やエネルギー資源と捉えて活用することを示しています。  

一関市議会 2018-02-21 第65回定例会 平成30年 3月(第2号 2月21日)

このことについては、我が会派の要望の際にも申し上げた点でございますけれども、人口減少の抑制というのはなかなか難しいというのは理解しているわけでございますが、そういった中で奥州市との人口の差も4年前の2,200人から500人に縮まったという状況にあります。  

大船渡市議会 2017-12-13 平成29年  第4回 定例会-12月13日−市政に対する一般質問−02号

耕作放棄地につきましては、高齢化や農業所得の伸び悩み等により離農者が増加し、農地の荒廃化の進行が全国的な問題となっております。   当市におきましても、同様の問題を抱えている状況にあり、平成27年農林業センサスによりますと、当市の耕作放棄地は544ヘクタールで、前回調査と比較し83ヘクタールの増加となっております。   

陸前高田市議会 2017-12-04 平成29年  第4回 定例会-12月04日−一般質問−02号

鳥獣の分布拡大や狩猟による捕獲圧低下などで鳥獣被害が深刻化していて、このままでは農家の営農意欲がそがれ、耕作放棄地の拡大、離農の増加が懸念され、基幹産業とされる本市農業の危機と言えると思いますが、どのような対応をしているのか伺います。   鳥獣被害防止には、猟友会の協力が不可欠であります。

一関市議会 2017-08-18 第62回定例会 平成29年 9月(第2号 8月18日)

まず第1点は、介護保険料の抑制抑制という言葉は適切な言葉であるかわかりません。  いずれ平成29年度の総合事業等の概要が示されました。  これを見ますと、介護予防の事業、あるいは訪問介護はサービスのB、主体的なサービスのC、短期集中予防の提供、一般介護予防事業等の実施主体は、一関市、平泉町になりました。  

紫波町議会 2017-03-22 平成29年  3月 予算決算常任委員会(3月会議)(2)-03月22日−05号

1、国民健康保険事業については、健全な国保財政となるよう保険税の収納率向上と健康増進による医療費抑制に努められたい。  介護保険事業特別会計。  1、高齢者を中心とした在宅介護が増加しているが、介護する家族の負担は多くなっている。特別養護老人ホーム等の入居待機者の解消を図るとともに、町内におけるショートステイ、デイサービスの充実を図られたい。  

滝沢市議会 2017-03-13 平成29年  3月 予算決算常任委員会第3専門委員会-03月13日−予算審査−01号

それから次に、同じ項目ですが、6項1項3目、91ページ、計画書108ページですが、農業振興地域整備促進事業、これはいわば6年に1回の農振の見直しというふうなことのようでありますが、近年離農する方々がふえているというふうな状況の中で、今後の農業振興をどう捉え、それがこの見直しに反映させようとしているのかということまずお聞きしたいというふうに思っております。  

雫石町議会 2017-03-09 平成29年  3月 定例会(第3回)-03月09日−一般質問・議案質疑・採決−04号

ただ、現在の本町における状況としては離農、リタイアされるという方々もできなくなったと、誰かにやってほしいというようなことの相談の中で、新しくそれを受けてくれる方々を何とか探しながら、機構を通した形で、一旦機構に貸し付け、機構からまた担い手の方に貸し付けるというのがどちらかというと実態ということで、今後に向けてはそういった形での受ける側もかなり厳しくなってきているということでございますが、集積という部分

一関市議会 2017-02-23 第60回定例会 平成29年 2月(第2号 2月23日)

市長は、人口減少問題には危機感を持っておられることは承知しているところでありますが、このような人口減少の実態をどのように認識し、現在の人口ビジョンや総合戦略の施策で、人口減少を抑制し、スピードを緩められると考えているのかお伺いします。  

紫波町議会 2016-12-09 平成28年 12月 定例会(12月会議)-12月09日−02号

農地の受け手は、条件の良いところしか引き受けないことから、離農者が増加すれば耕作放棄地が比例して増加することが予想されます。このことにつきましての所見をお伺いいたします。また、農業後継者問題についても改めて見解と対策をお伺いいたします。  農政問題の第3点目でございます。

雫石町議会 2016-09-05 平成28年  9月 定例会(第5回)-09月05日−一般質問−02号

採算が合致しないため、離農する人たちが多くなっています。一口で時の流れと言ってよいのでしょうか。今後10年、20年で今の農業人口は半減すると思います。町長、少しでも明るさが見える農業、林業を議論するときではないでしょうか。本格的に考える必要があると思います。どう思われるか、伺います。   3点目として、現在町長を先頭に重点的に行っている事業は、町外の方々に金銭が流れているように思われます。

花巻市議会 2016-06-20 花巻市議会 会議録 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月20日−02号

農地中間管理機構による市内の集積面積と貸与面積並びに平成27年度に農地の出し手である農家が離農するという例はあるのかお伺いいたします。  次に、機構集積協力金の交付状況が今どのようになっているのかお伺いいたします。  最後に、林業問題をお伺いいたします。  

金ケ崎町議会 2016-03-10 平成28年  3月 定例会(第3回)-03月10日−議案説明・一般質問−01号

これは、計画的な発行抑制による減が、その主な内容であります。  なお、歳出について、第十次総合発展計画における基本目標別の予算措置状況は、基本目標第1の「生活環境」は12億1,272万2,000円で、主な事業は道路新設改良事業、除排雪対策事業などであります。  基本目標第2の「健康福祉」は14億3,992万2,000円で、主な事業は保育所委託事業、障害者自立支援給付費などであります。  

一関市議会 2015-12-10 第55回定例会 平成27年12月(第2号12月10日)

健康寿命を延ばし、かつ医療費を抑制するために予防医療を充実させ、早期発見・早期治療により重症化を防ぐことは極めて重要であります。  しかしながら、死亡原因第1位であるがんの日本人の平均検診受診率は30%以下であり、欧米の70%以上、隣の韓国の60%に比べ、かなり低く先進国の中でも最低のレベルです。  

花巻市議会 2015-09-16 花巻市議会 会議録 平成27年  9月 決算特別委員会-09月16日−03号

早目の健康診査とか受診が最終的には医療費の抑制につながりますので、どうぞ検討していただければと思います。  次に、感染症予防対策事業、報告書52ページですが、一つ気になったのが狂犬病の予防注射の率です。狂犬病が、実は今もって非常に怖い病気だということは御承知だと思います。本来、実積値は100%になるべきものです。

紫波町議会 2015-09-04 平成27年  9月 定例会(9月会議)-09月04日−02号

えこ3センターにつきましては、収支の均衡を目指し経営改善を図りながら、有機資源の活用はもちろんのこと、家畜排せつ物の管理の適正化により環境問題発生の未然防止と軽減を図り、森林資源の活用による二酸化炭素の排出抑制の機能を十分に発揮させてまいります。  2点目の株式会社紫波まちづくり企画の運営についてお答えをいたします。  

紫波町議会 2015-03-13 平成27年  3月 予算決算常任委員会(3月会議)(2)-03月13日−01号

それで、この助成制度をもう少し周知をしていただいて、受診率を上げていただいて、そのことによって、やはり、医療費の抑制にもつながってくるんだろうというふうに考えるところでございますので、それについてのお考えはどうでしょう。藤尾課長最後の置き土産として、補助を倍額にするとか、そういう考えはいかがでしょう。 ○高橋副委員長 町民課長。