運営者 Bitlet 姉妹サービス
2579件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第4号12月10日) 市長は安全性が担保されないで進むわけないでしょうと、そこはしっかり確保して進むはずだといことですが、市民から、これでは市民の安全が担保できないと、どんなに隔離しても事故が起きた場合の対策が弱いとか、あるいはその場合の避難がしっかり明記されていないとか、あるいは市民の命にかかわる問題がまだまだしっかり担保されていないと出てきた場合は、やはりその部分をしっかり解決するまで、事態をとめても市民の命と健康、 もっと読む
2018-12-07 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第3号12月 7日) 次に、避難支援計画についてでございますが、市では災害対策基本法に基づきまして、みずから避難することが難しく、迅速な避難に支援を要する避難行動要支援について、あらかじめ必要な情報を収集して、円滑かつ迅速な避難の確保を図り、被害を最小限にとどめることを目的として、一関市避難行動要支援避難支援計画、全体計画でございますが、これを平成26年12月に策定しております。   もっと読む
2018-12-01 一関市議会 平成30年第68回定例会 平成30年12月 質問通告書 について   障害控除対象認定書、障害手帳等によらない障害  控除は 市長 市長 11 佐藤幸淑 もっと読む
2018-10-15 釜石市議会 平成30年 10月 臨時会(第4号)-10月15日−01号 当市では、9月30日午後3時に釜石市災害対策本部を設置するとともに、市内全域に避難準備・高齢避難開始を発令し、小・中学校体育館等10カ所の拠点避難所を開設いたしました。避難のピークとなりました10月1日午前4時には、福祉避難所や自主避難場所を含む15カ所の避難所に134人の方が避難をしております。   もっと読む
2018-09-21 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第5号 9月21日) また、まちづくりについては、防災メールシステムの更新による配信情報の拡充、更新した防災マップの全戸配布や避難場所などの標識の設置、オレオレ詐欺などの被害防止対策用機器の設置に対する補助、障がいと健常が同じ競技ルールのもとでスポーツを行うふれあいスポーツ競技会の開催、さらには平成29年4月から仕組みが変わった新しい総合事業として、地域が主体となる生活支援サービス事業などにより、地域で安全に安心して もっと読む
2018-09-18 釜石市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月18日−02号 歳出は、保険給付費が1億5804万円減の32億1255万円、後期高齢支援金等が1016万円減の4億4531万円、共同事業拠出金が515万円増の10億9018万円となり、歳出総額では1億3983万円の減となった。国保被保険数は、人口減などにより前年度比480人減となり、保険給付費が減少したにもかかわらず、被保険1人当たりで見ると3736円増の39万646円で、上昇傾向が続いている。 もっと読む
2018-09-13 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月13日−04号 市民が日常的に利用される公共施設や、子供たちが一日の大半を過ごす学校施設は、災害時においては避難施設としても使用されますが、暑さや寒さ対策を講じておく必要があるのではないでしょうか。現在の公共施設並びに教育施設の整備状況と今後の計画についてお伺いいたします。  釜石斎場についてお尋ねいたします。   もっと読む
2018-09-12 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月12日−03号 また、ことしは西日本を中心に豪雨災害がふえていますが、災害時などでの避難のあり方として、全国的に災害時に手助けを必要とする視覚障がい避難のあり方が問われています。  県内では大震災で視覚障がい35人の方々が犠牲になったと言われ、その多くは声かけがなく、避難行動がおくれたと見られていることがあります。 もっと読む
2018-09-11 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月11日−02号 一方で、海上保安部の沖出しに対する見解は、水深200メートル以上を津波からの避難海域の目安とし、津波に遭遇するまでに避難水域まで到達できない場合は陸上避難を選択することも考慮すべきとしているところです。  当市といたしましても、避難ルールづくりにおいて意見を求められた場合には、人命第一の考え方を示してまいりたいと思います。   もっと読む
2018-09-03 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第4号 9月 3日) このような土砂災害の対策として、1つ目は、土砂災害の危険箇所を知ること、2つ目は、土砂災害が発生する危険性が高まったことを知らせる土砂災害警戒情報が出たなら、避難など安全を確保する行動を始めること、3つ目として、周辺で土砂災害の前兆と見られるような、いつもと違う現象が確認されたなら迷わず避難することなどと解説されております。  そこで、当市の防災対策について伺います。   もっと読む
2018-09-03 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月03日−01号 現地では、工事現場を管理する国土交通省南三陸国道事務所職員等を加えた関係で土砂崩れ箇所の状況を確認するなどし、その後も引き続き降雨が見込まれたことから、午後9時に災害警戒本部を災害対策本部に切りかえ、付近の住民6世帯22人に避難指示を発令し、小佐野コミュニティ会館に避難所を開設いたしました。  小佐野コミュニティ会館には4世帯9人が避難し、2世帯13人は親戚宅等に避難をいたしました。   もっと読む
2018-09-01 一関市議会 平成30年第67回定例会 平成30年 9月 質問通告書 平成30年第67回定例会 平成30年 9月 質問通告書                        質 問 通 告 書                                                     平成30年9月 番号 質問議員(申告時間) 質 問 要 旨 答弁要求 もっと読む
2018-08-31 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第3号 8月31日) 一関市地域福祉計画の施策展開の方向性の一つに災害時の避難行動要支援の支援が掲げられています。  政府は東日本大震災で65歳以上の死者が全体の約6割を占めたことを踏まえ、災害対策基本法を改正して、2014年から、みずからの力では避難場所に避難できない方、家族の力だけでは避難場所にたどり着けない方、いわゆる避難行動要支援の名簿作成を市町村に義務化をしています。   もっと読む
2018-08-30 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第2号 8月30日) まず、防災マップについてでございますが、防災マップの作成の目的については、市民に自然災害による危険箇所や避難場所などを確認していただき、災害時には道路や河川のリアルタイム情報を把握して、早期の避難につなげることができるよう、被害の軽減を図るために活用していただくことにあります。   もっと読む
2018-06-22 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第5号 6月22日) この改正により、資格要件がどのように拡大するかにつきましては、従前の基準では、放課後児童支援員は、学校教育法の規定により教諭となる資格を有するや大学で特定の学科等を卒業した、高等学校卒業等で、かつ2年以上放課後児童健全育成事業に類似する事業に従事したであって、市長が適当と認めたなどとなっておりましたが、今回の改正により、高等学校を卒業していないために放課後児童支援員の資格を有するとはならなかった もっと読む
2018-06-22 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月22日−05号 ただ、どんなに建物丈夫でございましても、避難対策が重要でございますので、魚市場と連動した形で避難対策については、地域の住民の方と同じような位置づけできちっと考えてございますし、それも館内に表示するなどして、利用の安全については万全を期してまいりたいと考えております。 ○議長(佐々木義昭君) 菊池秀明君。 もっと読む
2018-06-21 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月21日−04号 そこで、気象庁は、大雨や地震などの災害発生時に、自治体による住民避難の判断などを手助けする防災対応支援チームJETTを5月1日に創設し、地方気象台と自治体との平時からの連携強化を図る考えを示されています。今回気象庁が自治体支援に本腰を入れるのは、有用な防災情報を発信しても、現場でうまく活用できず、住民の避難行動につなぐことができなかった事例があったからであります。   もっと読む
2018-06-19 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月19日−02号 ただ、しかしながら、例えばこの防潮堤と水門、完成したからといって想定外の事態が起こり得る可能性もあるということで、これと並行して危機管理マニュアルでありますとか、消防計画、警備計画等の策定と、それに伴う避難ルートの設定、あるいは案内表示の設置、避難訓練の実施等によりまして、このハード・ソフトの両面から訪れた方々の安全の確保に努めてまいりたいというふうに考えております。 もっと読む
2018-06-18 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第4号 6月18日) これは、バス、タクシー事業、道路管理、各地域からの利用の代表、社会福祉協議会、国土交通省、警察関係などで構成される協議会でございまして、さらに本年4月からは、この構成メンバーとして新たにJR東日本、市の観光協会、市の校長会、岩手県高等学校校長会協会もその構成員として加わっていただいたところでございます。   もっと読む
2018-06-15 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第3号 6月15日) 避難は、災害が発生するおそれがある前段の対応が重要で、特にも高齢、要介護等への早期避難支援体制が大切になります。  しかし、避難場所は指定されているが、その場所のどこに行き、特に学校などすぐに入れるのか、その受け入れ体制ができているのか、不安の声も聞かれます。   もっと読む