運営者 Bitlet 姉妹サービス
2431件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第5号12月14日) 審査の際には、消費税の増税は喜ばしいことではないが、国の負債や将来の社会保障の財源としてやむを得ないのではないか、消費税の増税は既に決まっていることでありながら時期を引き延ばしてきており、社会保障等の財源を考えれば、これ以上の引き延ばしはできないのではないか、増税分を子供、子育て支援にも充てるということであり、少子高齢化が進む現在を考えればやむを得ないのではないかなどの採択に反対の意見と、市内の景気 もっと読む
2018-12-13 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月13日−資料 増税と年金カット、医療・介護など社会保障費の負担増、そして物価上昇のため実質賃金の低下と「これ以上節約するところがない」と悲鳴が上がっています。大規模な自然災害も相次いでいます。全国的にも「給料が上がっても支払うほうがふえて、生活するのが大変だ」という状況です。自治体の財政も消費税が大きく圧迫しています。   もっと読む
2018-12-10 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第4号12月10日) 男女共同参画社会の実現に当たり、生活の中ではこの施策の理解、啓発、施策の内容においては、地域社会活動、職場環境、子育て、介護、防災、DV防止などその内容は裾野が広く、国においては平成27年に女性の職業生活における活躍の推進に関する法律を制定し、男女共同参画社会へと一層強化を図っているところであります。   もっと読む
2018-12-05 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−04号 なお、市が支出する経費に対する消費税の増のほか、消費増税の本来の目的である社会保障の充実及び社会保障の安定化のための新たな財政需要として、例えば現在、幼児教育・保育の無償化等の地方自治体の一部負担の動き、昨日の報道によると地方の負担を1,000億円減らすという話もあるようでございまして、そのような動きもありますが、平成26年4月に消費税率が5%から8%に引き上げられた際の例によると、消費税の増に伴う もっと読む
2018-12-04 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−03号 国の平成31年度概算要求は、労働力、自然災害、仕事と育児の両立支援の3つの不足に力点が置かれるとともに、高齢化の進行に伴う医療費などの社会保障費の伸びにより、要求総額は過去最大規模となる102兆円後半になっているようであります。今後の消費増税に備えた経済対策が加わると、来年度予算は一般会計で初めて100兆円を超える可能性が高いと言われており、不足する財源を国債で賄う借金依存が続きます。   もっと読む
2018-09-21 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第5号 9月21日) 新たにスタートした子ども・高齢者いきいき住宅支援制度は、使い勝手がよいものではなく、これまでのリフォーム助成制度のような制度に拡充することを求めるものであります。  5つ目、一関・平泉バルーンフェスティバルへの助成は市が丸抱えでやっているようなもので、観光などでかかわる市民の把握もきちんとされておりませんし、費用対効果も納得できる説明がなされておりません。   もっと読む
2018-09-12 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月12日−03号 釜石市の人口は、国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、2025年には3万人を割るということになっています。現在の人口減少の進み方を見ると、2025年前に3万人を割るのではないかと見ています。しかも団塊世代が全て75歳以上になる2025年は高齢化が一段と進み、市民への行政サービスを提供する体制や制度見直しが必要であると思われます。   もっと読む
2018-09-12 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  9月 決算特別委員会-09月12日−02号 さらに、社会資本整備総合交付金を活用した生活道路等整備事業や除雪に要する経費など、早急に取り組むべき新たな財政需要には補正予算を編成し対応したところです。   もっと読む
2018-09-05 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月05日−04号 また、子育て支援策としては、待機児童解消に向けた保育士確保や保育所等の施設整備、病後児保育施設の整備、第3子以降保育料負担軽減制度、幼稚園の保育料等の減免、奨学金制度を行っております。   もっと読む
2018-09-04 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月04日−03号 3点目は、景気対策として住宅リフォーム助成制度を行う考えについて伺いたいと思います。  この制度は、市民からも仕事を行った事業者からも復活を求める声が大きい制度で、窓口となって働いた市職員は「市民からこんなに反響があった制度はなかった」と、このように語っておりました。  地方経済は、今後大変厳しい状況を迎えることになりそうであります。 もっと読む
2018-09-03 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第4号 9月 3日) 共働きやひとり親家庭の方々が安心して働き続けることができる施設として、子供が安心して放課後を暮らせる場を保障することが求められていると思います。  特に、緊急の課題として、子供の貧困対策は欠かせません。  低所得対策として、児童クラブの利用料を就学援助費の支給対象項目に追加し、安心して子育てできる一関市にすべきと考えますが、いかがでしょうか。   もっと読む
2018-09-01 一関市議会 平成30年第67回定例会 平成30年 9月 質問通告書 職員が確保できるか     待遇面が不安定なため、退職が懸念されないか伺う  (3) 当初想定しなかった問題が発生するのではないか伺う  (4) 地域協働体のメリットを強調するのであれば、市職員を1    人から2人常駐させて運営させるべきではないか伺う  (5) 教育基本法では、地方公共団体が適当な方法で社会もっと読む
2018-08-31 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第3号 8月31日) 福祉避難所につきましては、設置運営に関して協定を締結している社会福祉法人との話し合いを行うとともに、福祉避難所の設置運営に関するマニュアルの作成を進めているところでございます。   もっと読む
2018-08-30 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第2号 8月30日) 次に、新エネルギー等導入事業費補助金の実績についてでありますが、市では平成22年度から、新エネルギー等設備導入の普及促進及び環境意識の高揚を図るとともに、低炭素社会を構築するため、市内でみずからが居住する居宅に、太陽光発電設備を設置する方に設置費用の一部を補助しております。  この制度の開始当初から平成29年度、昨年度までの補助実績は、延べ580件となってございます。   もっと読む
2018-06-22 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第5号 6月22日) また、社会保障審議会の議論でも、子供の命と安全にかかわる専門知見を軽んじる内閣府の姿勢が批判されておりました。  また、全国の学童保育連絡協議会では、こうした、そもそも従う部分の規定を緩和することにより、現場での子供たちの安全が保たれなくなるということで反対署名なども行われているという経過でございました。   もっと読む
2018-06-22 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月22日−05号 学童クラブの指導員の仕事の基本というのは、子供たちの放課後の生活を継続的に保障するということで、指導員の毎日の子供へのかかわり、それから仕事の内容が学童保育の生活内容の質にかかわってくるということでございます。  指導員が仕事に専念して安心して働き続けられる条件整備を図る課題というのが、学童保育の生活内容と子供へのかかわりに、そのまま直結している重要な課題だということになっているようであります。 もっと読む
2018-06-21 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月21日−04号 疾病予防と健康増進、介護予防などによって平均寿命と健康寿命の差を短縮することができれば、個人の生活の質の低下を防ぐとともに、社会保障費負担の軽減も期待できることから、健康寿命の延伸は当市にとっても重要な責務と認識しております。  当市における健康寿命の延伸に向けた施策は、1次予防、2次予防という形で進めております。  まず、1次予防について3つの取り組みを説明いたします。   もっと読む
2018-06-19 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月19日−02号 また、本計画では、元気な高齢者を初め住民が担い手として参加する住民主体の活動や、NPO、社会福祉法人、シルバー人材センターなどの多様な主体による多様なサービスの提供体制を構築し、地域づくりを推進するということですが、介護保険制度の改定で、要支援1、2の方が保険給付から外されたことで、そうした方々に対する新たな対応が行われていると思いますが、地域の中でどのような対応が行われているのかお聞きいたします。 もっと読む
2018-06-18 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月18日−06号 市教育委員会としても独自の施策を講じているが、国全体の問題として教職員定数を改善していくことが必要であり、その財源保障は国の責務であると考える」との説明がありました。  委員からは、「義務教育は人づくりを担うものであり、教職員の多忙化や多様な子供たちの指導など、教職員定数改善は当然必要である。 もっと読む
2018-06-15 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第3号 6月15日) 子供たち一人一人へのきめ細かな指導、学びの質を高め、教育の安心安全を保障するためにも、教職員の労働環境の整備をしっかり行い、心身ともにゆとり、余裕を持たせ、子供たちと触れ合う、接する時間の保障を確保し、よりよい働き方の改善に努めることが急務と考えます。  当市において、県内、他市に先駆けて実践してはいかがでしょうか。  以下、5点についてお伺いいたします。   もっと読む