運営者 Bitlet 姉妹サービス
30件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-09-03 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月03日−01号 第9款消防費には、東日本大震災で被災し殉職した消防団員8名の顕彰碑を整備する東日本大震災殉職消防団員顕彰碑整備事業や、復興事業区域内において整備されている水道管の布設とあわせて消火栓を新規に整備する消火栓整備事業を計上しております。   もっと読む
2016-06-22 釜石市議会 平成28年  6月 定例会(第4号)-06月22日−03号 また、今月の12日に行われました操法競技会では、実施する場所が見つからず、どうにか新浜町の新魚市場の駐車場をお借りして実施したようですが、あの東日本大震災があって消防団員に多数の殉職者が出た中で、大事な訓練ができないということは、危機管理では震災の教訓がこれは生かされていないのではないかと思います。   もっと読む
2015-06-26 釜石市議会 平成27年  6月 定例会(第4号)-06月26日−05号 これは、今後の災害があった場合の被災者支援の拠点となること、それからまた、今回の津波で警察官の殉職者が多く出たこと、また、駐在所に所員や家族が一緒に住むということから、より安全な場所に再建したいという考えがあるということを聞いております。  先ほど議員指摘のとおり、鵜住居地区には防潮堤もできますし、かさ上げも行われ、津波災害に対応したまちづくりに生まれ変わると思います。 もっと読む
2014-09-09 陸前高田市議会 平成26年  第3回 定例会-09月09日−一般質問−02号 殉職された多くの消防団員、消防職員、消防関係者を初め、犠牲となられた方々に対して、改めて哀悼の意をささげるものでございます。   消防団の皆様には、あの大津波により大打撃とも言える被害をこうむりながらも、震災直後から今日まで、火災はもちろんのこと大雨洪水の警戒や水防活動、冬場の夜警や火災予防活動など、昼夜を分かたず活動いただいておりますことに深く感謝申し上げるところでございます。    もっと読む
2014-02-17 滝沢市議会 平成26年  2月 定例会-02月17日−一般質問・議案説明・質疑・討論・採決−01号 その一方で、住民の避難誘導や水門の閉鎖などで198人が殉職し、命がけの職務であることが全国的に知られました。しかし、その実態は厳しいもので、全国的に団員数の減少が顕著になっており、1965年に130万人以上いた団員は2012年には約87万人に落ち込んでいます。その背景には、高齢化に加えてサラリーマンが多くなり、緊急時や訓練の際に駆けつけにくい事情も団員減の要因とされています。 もっと読む
2014-02-17 滝沢市議会 平成26年  2月 定例会-02月17日−一般質問・議案説明・質疑・討論・採決−01号 その一方で、住民の避難誘導や水門の閉鎖などで198人が殉職し、命がけの職務であることが全国的に知られました。しかし、その実態は厳しいもので、全国的に団員数の減少が顕著になっており、1965年に130万人以上いた団員は2012年には約87万人に落ち込んでいます。その背景には、高齢化に加えてサラリーマンが多くなり、緊急時や訓練の際に駆けつけにくい事情も団員減の要因とされています。 もっと読む
2013-09-11 陸前高田市議会 平成25年  第3回 定例会-09月11日−一般質問−03号 本日9月11日は、あの東日本大震災津波から2年半の月命日であり、殉職した多くの消防団員、消防職員、消防関係者を初め、犠牲となられた市民の皆様に対して哀悼の誠をささげるものであります。 もっと読む
2012-11-30 一関市議会 第41回定例会 平成24年12月(第3号11月30日) 初めに、岩手県防災航空隊ひめかみでの水難救助訓練中に発生した死亡事故についてでありますが、殉職されました隊員、ご遺族様に、改めて哀悼の誠を捧げるものであります。  殉職されました消防職員は、私が消防署長時代に同じ釜の飯を食った仲間であります。  彼は本当に生真面目で明るくて、笑顔で何事にも率先し取り組む職員でした。  あのフレッシュでバイタリティーな彼の姿がいまだに目に焼きついております。   もっと読む
2012-07-20 一関市議会 第39回臨時会 平成24年 7月(第1号 7月20日) 殉職した千葉弘樹消防司令長並びにご遺族に対しまして心よりお悔やみを申し上げ、皆さんとともにご冥福をお祈り申し上げたいと思います。  千葉消防司令長は、平成23年4月1日から3年間の予定で岩手県防災航空隊へ隊員として派遣中でございまして、事故は同派遣先における訓練中に発生したものでございます。   もっと読む
2012-06-14 一関市議会 第38回定例会 平成24年 6月(第2号 6月14日) 東日本大震災では、岩手・宮城の被災2県で200人を超える消防団員が殉職されました。  心よりお悔やみを申し上げます。  住民の命と財産を守るという崇高な消防団の使命を果たすためとはいえ、甚大で尊い犠牲でありました。  この震災を契機に、大規模災害での消防団をめぐる課題について、国の検討会において検討が進められており、8月にも最終報告が予定されております。   もっと読む
2012-05-14 陸前高田市議会 平成24年  第2回 臨時会-05月14日−議案説明、質疑、討論、採決−01号 提案理由でありますが、東日本大震災において多くの消防団員が殉職した反省から、本災害の教訓を生かし、活動消防団員への指示連絡の周知と団員の安全を確保するため、全消防団員にデジタル簡易無線機を配備しようとするものであります。 もっと読む
2012-03-16 釜石市議会 平成24年  3月 定例会(第2号)-03月16日−05号 平成23年度釜石大槌地区行政事務組合会計補正予算(第3号)は、歳入歳出それぞれ6000万円を増額し、補正後の予算総額を歳入歳出それぞれ34億9660万8000円にするもので、内容は消防職員殉職者賞じゅつ金に係る特別負担金であります。   もっと読む
2012-03-08 北上市議会 平成24年  3月 定例会(第175回)-03月08日−04号 昨年3月11日に発生した東日本大震災では、我が身の危険を顧みることなく、大津波警報発令下の水門閉鎖、住民の避難誘導や救助に従事した多くの消防団員が殉職しました。殉職した消防団員の遺族に支給された消防団員福祉共済弔慰金は、準備金が大幅に不足したため、規定の4割しか支給されませんでした。今回の弔慰金の大幅な減額は、遺族にとって経済的な影響は大きいものであり、全額を支給すべきものであると考えます。   もっと読む
2012-03-08 陸前高田市議会 平成24年  第1回 定例会-03月08日−一般質問−04号 次に、消防団の検証についてでありますが、東日本大震災で多くの消防団員に殉職者を出したことはまことに痛恨のきわみであります。地震発生後、各地区の消防団員は消防計画に基づき管轄区域の水門閉鎖を素早く実施し、すべての水門等は十分ほどで閉鎖完了し、その後市民への避難指示広報と避難誘導を実施したところであります。 もっと読む
2012-03-05 雫石町議会 平成24年  3月 定例会(第2回)-03月05日−一般質問−02号 しかし、沿岸の消防団員は水門に駆けつけ、住民の手をとり避難誘導し、数多くの殉職者を出しました。それがとるべき行動と彼らは信じて疑わなかったはずです。だれの責任とかの次元ではありません。これを教訓として、住民を守り、地域消防団員も守れるよう、この1年の間にこれまで以上に防災マニュアルとしてきめ細かく考えなければならなかったと思いますので、お尋ねいたします。    もっと読む
2011-12-06 紫波町議会 平成23年 12月 定例会(12月会議)-12月06日−01号 9款1項2目になりますが、非常備消防費ということでございまして、この目につきましては19節負担金、補助及び交付金ということで、右の欄市町村総合事務組合負担金ということで1,377万1,000円の補正でございますが、これは3.11の大震災、大津波によりその沿岸部におきまして多くの消防団員の方々が殉職されました。 もっと読む
2011-10-06 陸前高田市議会 平成23年  第3回 定例会-10月06日−一般質問−04号 このことは、消防組織法には消防の行動、任務が示されておりますが、この大津波の襲来により犠牲となられた団員は、堤防の水門、樋門の閉鎖を初め、住民の避難誘導の交通整理など、尊い使命感により命をもって命を救うという結果となり、殉職されました。いかに崇高な消防精神、旺盛な使命感、犠牲的消防精神であっても、東日本大震災の巨大津波の襲来は余りにも犠牲が大き過ぎたものと思います。    もっと読む
2011-09-22 一関市議会 第34回定例会 平成23年 9月(第5号 9月22日) まず2目非常備消防費なんですが、岩手県市町村総合事務組合負担金が消防団員の共済掛け金との説明を受けましたが、その消防団員の共済制度の詳細と、先の大震災での消防団員の被災状況と補償の実際はどうなっているか、また、殉職された団員の家族、遺児の今後の援助、支援は特別なものがあるかを伺います。   もっと読む
2011-09-21 大船渡市議会 平成23年  第3回 定例会-09月21日−市政に対する一般質問−03号 悲惨、悲劇、死者、行方不明者、身元不明遺体、被災者、仮設住宅、瓦れき撤去、避難所生活、災害弔慰金、罹災証明書、行方不明者捜索、遺体安置所、孤独死、被災車両、破壊、犠牲者、土葬、壊滅、二重債務、救援物資、義援金、追悼式、合同供養、腐敗臭、全半壊、海中捜索、殉職、死亡認定、震災孤児、惨状、断水、停電、つめ跡、絶望などなど、以上のような言葉はこれからの生活の中で、努力次第では使わなくても済むものもあろうかと もっと読む
2011-06-22 滝沢市議会 平成23年  6月 定例会(第32回)-06月22日−一般質問−04号 その中で、派遣任務中に不幸にも殉職された隊員、ご家族、関係者の皆様に謹んで哀悼の誠をささげます。しかし、自衛官の使命感に基づき、現場で献身的な活動をされている自衛隊、隊員の皆様、さらには後方でそれを支えるご家族初め多くの皆様のご苦労に対し、私からも心から感謝と敬意を申し上げる次第であります。また、私はOBの一人として大変に誇りに思うものでもあります。 もっと読む
  • 1
  • 2