運営者 Bitlet 姉妹サービス
2143件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第5号12月14日) そして、特定行政庁ある岩手県の認定で建築が可能となりました。  このうち、木造2階建て以下及び木造以外、木造以外とは鉄骨づくりとか鉄筋コンクリートづくりになりますが、木造以外の平屋建ての住宅については、限定特定行政庁ある一関市が認定することとなったものございます。   もっと読む
2018-12-07 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第3号12月 7日) そういった例も見られるところございますが、犯罪が多発、あるいはその発生の可能性の高い地域あるといったことがこの制度を設けた背景としては考えられるのはないかと捉えているところございます。   もっと読む
2018-12-06 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第2号12月 6日) あわせて、国民健康保険が安定的かつ持続的に運営できるように、財政基盤の拡充強化などを国の責任において行うことについて、岩手県市長会、東北市長会及び全国市長会を通じて今後とも要望していくとともに、国民健康保険税の収納率の向上と保険事業や医療費適正化などに取り組んで、国民健康保険の健全運営に努めてまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-09-21 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第5号 9月21日) 昨年度は勝部市長が3期目となり、持続可能まちづくりに向けた堅固第一歩の4年間のスタートの年ともなりました。  市長は就任当初から、一関市の発展にとどまらず、県境を越えた連携を行うこと、人とものの流れを生む圏域づくりを進めてきたところあり、中東北の拠点都市一関の形成に向かって着実に進展しているものと評価するものあります。   もっと読む
2018-09-14 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月14日−05号 そして、持続経営をしていく。そして、また地域の住民の方々と連携をしていく。こういった能力というか、こういうのを踏まえまして、連携しながら効率的持続可能運営をしていくという考え方ございます。 ○議長(佐々木義昭君) 古川愛明君。 ◆11番(古川愛明君) 時間とか何とか、季節のなんていっていうのは、テナントさんたちの入る人たちと話し合ったっていうことのかな。 もっと読む
2018-09-13 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月13日−04号 この計画では、将来のまちの姿を見据えた持続可能交通体系の構築、さまざま交通手段が結びつき、利用者に選ばれる交通体系の形成、多様主体と協働・連携し、外出しやすい交通まちづくりの推進、わかりやすく使いやすい交通環境づくりの4点を基本方針として、各種事業に取り組んでおります。   もっと読む
2018-09-12 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月12日−03号 今後、さらに進展する人口減少により税収の減少も想定されるところですが、他方で、当市の特長ある道路、港湾の一体的活用による物流機能の有利性を生かし、市税の増加に資する産業振興に向けた施策を継続しながら、住民に対する行政サービスの質を維持し、持続可能行政運営を行っていけるよう、さまざま行政分野における広域連携についての国や県の動向を捉えながら、地域資源の相互活用やスケールメリットの発揮などによる もっと読む
2018-09-11 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月11日−02号 見直し内容は、中腸線、通称ウロと呼ばれる黒い部分の貝毒値が300マウスユニット以下あれば、加工用の貝柱の出荷を可能とするものです。   もっと読む
2018-09-03 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第4号 9月 3日) ところが、そこは大きいタクシーを利用されていて、9人乗りジャンボタクシーですね、一番遠いところで9人乗ればこれは1人当たり660円するのですが、6人乗っても6,000円はないですか。  そんなことを考えると、例えば4人といくらのかなという思いのですが、ですから、私は、今のままで300円で持っていくとすれば持続可能はなくなると思います。   もっと読む
2018-09-01 一関市議会 平成30年第67回定例会 平成30年 9月 質問通告書 、専門的設計審査も本庁、千支所の2  カ所となっている  (1) 水道の使用開始、中止の申し込み、工事検査手数料の   納付などは支所でもできるのはないか伺う  (2) トラブル発生時の対応はどうするのか伺う  (3) 申請関係を電子申請にできないか伺う  (4) 水道配管図面のマップを支所にも導入 もっと読む
2018-08-31 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第3号 8月31日) 一関市水道事業ビジョンでは、将来像に、安全として、市民がいつでもどこでもおいしく飲める水道、強靱として、自然災害等による被災を最小限にとどめ、被災した場合あっても迅速に復旧できる水道、持続として、給水人口や給水量が減少した状況においても、健全かつ安定的事業運営が可能水道と掲げています。  今回、一関市水道事業ビジョンの進捗状況と課題について3点お伺いします。   もっと読む
2018-08-30 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第2号 8月30日) 市では、新施設の処理能力を日量105トンとし、余熱活用施設に転用可能熱量は1時間当たり3,700メガジュールと試算しております。  今や、燃えるごみと生ごみを一緒に袋に入れ、それを受け入れ、機械的に燃えるごみと生ごみを自動的に分別できる装置が開発され、その導入事例もあるということございます。  生ごみを分別し、バイオガスを製造し、それを燃やすことによって電力への変換が可能と思います。   もっと読む
2018-06-22 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月22日−05号 当市が行った商圏分析では、平成37年時点の鵜住居栗林地区の成立可能売り場面積及び今後開発可能売り場面積を1654平米と推計しておりまして、今回計画している商業施設を整備しても成立するものとは見込んでございます。 もっと読む
2018-06-21 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月21日−04号 市民参画の可能性はあるのか伺います。  また、釜石市は、リアス式海岸という風光明媚海に面しているわけですが、このよう地域資源を生かした持続的誘客について当局の考えをお聞かせください。  また、ラグビーワールドカップカウントダウンボードは、本日キックオフまで461日となりました。当市のインバウンドとして、海外からの観光客、来訪者、観戦者受け入れ取り組みはどのよう状況のか伺います。   もっと読む
2018-06-20 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月20日−03号 現在はコンピューターを設置する業者の協力を得ながらさまざまトラブルに対処しているところですが、迅速に対応するためには、各校に対応できる人材がいることが理想あります。教職員のコンピューターリテラシーの向上、対応できる人材の配置の検討など、可能ところから取り組みたいと考えております。  また、子供たちに身につけさせたい情報活用能力には、情報モラル、情報セキュリティに関する能力も含まれております。 もっと読む
2018-06-19 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月19日−02号 本年度から32年度までを計画期間とする釜石市高齢者保健福祉計画・第7期介護保険事業計画では、市町村の裁量によって制度設計可能訪問介護及び通所介護の緩和した基準によるサービス、いわゆるサービスAと、住民主体による生活支援サービス、いわゆるサービスBについて、来年度からのサービス提供開始を目標に掲げております。   もっと読む
2018-06-18 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第4号 6月18日) 要は、持続可能運行が可能あるかどうかといった点が重要ございまして、その点を中心といたしまして、地域協働体を初め交通事業者、関係機関等の意見をお聞きした上で検討してまいりたいと思います。  公共交通ネットワークの再編に当たりましては、利便性の向上に努めるとともに、効率化を図りながら市の財政負担についても考慮しなければなりません。   もっと読む
2018-06-15 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第3号 6月15日) ことしの7月に東京で開催されるフェアには、一関市は見事抽せんに当たり出展できるとのこと、一関市をPRする貴重機会ですので、ぜひ、市を挙げての取り組みを期待いたします。  さて、世界的農学者あるインドのスワミナサン博士は、農民の幸せ笑顔がその国の幸福を決めると語っております。  このことから、農業こそが真の持続可能共生社会の実現につながっていくものと確信をいたします。   もっと読む
2018-06-14 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第2号 6月14日) このよう中で、持続可能未来のために子弟の教育は、最も重要喫緊の課題と思っております。  教育現場での諸課題についてどのように捉え、どのよう対策を講じようとしているのか、順次項目ごとに伺います。  まず、スクールバスの現状と課題について伺います。  合併以来、学校統合により当市のスクールバスの保有台数は急激にふえています。   もっと読む
2018-06-08 紫波町議会 平成30年  6月 定例会(6月会議)-06月08日−03号 その後、循環型のまちづくり及び市民協働によるまちづくりを基本としながら、町と民間の連携による持続可能成長を着実に進めていくために、平成21年2月、紫波町公民連携基本計画を策定し、同年6月、紫波中央駅前都市整備事業が始まりました。それから8年たった平成29年4月には、オガール地区全施設の完成を祝いオガールEXPO2017が開催され現在に至っております。   もっと読む