230件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

一関市議会 2019-09-26 第71回定例会 令和元年 9月(第5号 9月26日)

平成30年度は、新た時代への堅固第1歩をキャッチフレーズに、ILCを一関発展の基軸と位置づけ、次の世代を担う子供たちが夢と希望と誇りをもって活躍できる地域となるよう、明るい未来につながる持続可能まちづくりへの第1歩を踏み出す取り組みがなされた1年あり、一層の市民福祉の向上が図られたものと認識しております。  

一関市議会 2019-08-30 第71回定例会 令和元年 9月(第3号 8月30日)

本方針に従い部活動が運営され、もう少し半年になります。  もちろんさまざま意見、賛否があろうかと思います。  部活動のやり過ぎについて、教育委員会が活動時間などの具体的上限制限を設け、相当踏み込んで学校現場と関係者に求めるのはこれまでなかったことと思います。  そこで、現状の評価と今後の課題についてお伺いします。  次に、2項目め、持続可能開発目標SDGsとまちづくりについてです。  

一関市議会 2019-08-29 第71回定例会 令和元年 9月(第2号 8月29日)

また、下水道事業の管理運営については、令和2年度からの下水道事業の公営企業への移行によって、より精度の高い経営分析が可能となりますことから、下水道台帳システムを活用した施設の更新費用の平準化、予防保全型の維持管理を進めて、持続的かつ安定的経営基盤の確立に努めてまいりたいと思います。  次に、栗駒山の登山道についてのお尋ねがございました。  

一関市議会 2019-06-28 第70回定例会 令和元年 6月(第5号 6月28日)

この紙の生産能力ありますが、A4判の紙を1時間当たり約720枚、1分間は約12枚ということでつくり出すことができ、1日7時間稼働したとした場合につきましては、使用済の用紙約6,400枚から5,000枚程度の再生紙を生産できるとされているところございます。  これを月20日稼動させた場合、1年間は6トン程度の古紙リサイクル可能と考えてございます。  

一関市議会 2019-06-24 第70回定例会 令和元年 6月(第4号 6月24日)

まず、業務委託目的についてございますが、現在市では第3次一関市行政改革大綱に掲げる質の高いサービス持続的に提供するため、市民との協働による行政運営を目指して、協働によるまちづくりの推進、業務改革の推進、人材育成の推進と組織体制の見直し、持続可能財政基盤の確立、これを基本方針として行政改革を推進しているところございます。  

一関市議会 2019-06-21 第70回定例会 令和元年 6月(第3号 6月21日)

まず、人口減少の中での中学校教育についてありますが、平成17年の市町村合併以来、14年間で23の小学校と4つの中学校、合計27校が統合により閉校し、減少しております。  少子化進行し、いかにして持続可能活力ある地域社会を構築していくかが課題となっている中、地域の将来を担う人材育成において、教育が果たすべき役割は大きく、また重要あると認識しているところあります。  

二戸市議会 2019-03-14 03月14日-委員長報告・質疑・討論・採決-07号

内容的には、私はそれによって各分野において市民の皆さんから評価をされ、喜ばれるという結果を得ることは十分可能あろうというふうに思っておるところあります。 具体的問題としては、さっきの討論の中ありましたけれども、公民連携のまちづくり、これは二戸の今最大の政治課題あると言っていいと思います。

一関市議会 2019-03-01 平成31年第69回定例会 平成31年 3月 質問通告書

念頭に予算編成をしたのか 3 新た可能性を拓く新時代のまちづくりについて   4つのまちづくりを重点項目とした考えについて伺う  (1) ILCを基軸としたまちづくり   ・ どのよう将来像を描いているのか  (2) 資源エネルギー循環型のまちづくり   ・ 重点施策としてきたバイオマス産業都市構想の取り組み   

一関市議会 2019-02-22 第69回定例会 平成31年 3月(第3号 2月22日)

○3番(永澤由利君) この数字を見まして大変驚いたところございます。  これが一般的のかどうか、さらに言えば要望で行政区が決められるということになると、要望によって多くの市民が住んでいらっしゃる地区を分けるといったようことも可能かお伺いいたします。 ○議長(槻山隆君) 佐々木まちづくり推進部長

滝沢市議会 2018-12-21 12月21日-議案説明・質疑・討論・採決-05号

あと550万のLANの管理の関係ありますが、これについては老朽化の部分で、インターネットの接続の関係ありますけれども、外部公開のサーバーの機器ありますが、非常に最近老朽化でとまったりというふう支障が相当出てきております。そういう意味で、保守切れというふう不安定さもあって、今回更新しなければならない時期に来たということで12月にお願いをしている部分ございます。