運営者 Bitlet 姉妹サービス
2046件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第4号12月10日) 最後に、この点では、私はリスクが発生した場合、それが完全に払拭されない場合、この事業は中止も含めて対応するのかと質問しました。   もっと読む
2018-12-04 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第1号12月 4日) 本件は、大東町沖田字石奈坂地内などの市道において発生した物損事故及び人身事故に関し、損害を与えた相手方に対して賠償すべき額について、市長専決条例の規定により専決処分したので報告するものであります。  なお、建設部長から補足説明させます。  次に、報告第18号、財産の管理に係る損害賠償に関する専決処分の報告について、提案理由を申し上げます。   もっと読む
2018-09-21 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第5号 9月21日) つい先日、北海道で大きな地震があり、北海道全域が一斉に停電するというブラックアウトという事態に直面しました。  東日本大震災において長い停電を経験した私たちは大きな衝撃受けました。  東日本大震災を機に危機管理に対する対応はしっかりとなされてはいますが、常に危機感を持ち対応していくことが非常に重要であることを再認識しております。   もっと読む
2018-09-13 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月13日−04号 9月6日未明に北海道胆振東部地震が発災し、多くの人々が亡くなられました。亡くなられた方々に謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災されました皆様に、衷心よりお見舞い申し上げます。  災害大国日本、いつどこで災害が起きてもおかしくない状況です。被災者はその日から塗炭の苦しみをなめながら、復旧・復興に向け努力を強いられます。 もっと読む
2018-09-12 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月12日−03号 7月に発生した西日本の豪雨は多くの犠牲者と多大な被害をもたらしました。毎年台風や集中豪雨により、いたるところで大きな災害が発生しており、私たちが住んでいる地域もいつあるのか不安を持ちながら生活をしております。最近では、平成28年8月の台風10号により、道路、河川に大きな被害をもたらしたところであります。   もっと読む
2018-09-11 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月11日−02号 〔6番木村琳藏君登壇〕 ◆6番(木村琳藏君) 相次いで災害に見舞われる日本列島、西日本豪雨、猛威を振るった台風21号、北海道で観測史上初の震度7を観測した北海道胆振東部地震、甚大な被害が、自然災害が発生しております。被災された全ての皆様にお見舞いを申し上げます。また、犠牲になられました方々の御冥福を心からお祈りをいたします。   もっと読む
2018-09-03 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第4号 9月 3日) いわゆるメタン発酵でバイオガスを発生させてエネルギー利用しているところ、あるいは堆肥化をしているところがあるということは承知しているところでございます。   もっと読む
2018-08-31 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第3号 8月31日) 6月に起きた大阪北部地震でブロック塀が壊れて小学生が犠牲になりました。  行政や社会は何をしていたのかと非難ごうごうの親の虐待による子供の被害、天災とか自然災害では片づけられない異常気象、温暖化現象によると言われております豪雨災害などもその例であります。  それでは、一関市はどんな状況にあるのか、身近なことから質問で取り上げてまいります。  安全面について尋ねます。   もっと読む
2018-08-30 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第2号 8月30日) 次に、焼却施設から発生した余熱の活用についてでございますけれども、全国的に見ますと、焼却によって発生する蒸気、これを活用した発電でありますとか、蒸気や温水を温浴施設やプール、あるいは農業用ビニールハウスなどへ活用している事例が見られております。   もっと読む
2018-06-22 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第5号 6月22日) あわせて、今月の18日に発生した大阪北部地震の際、小学校のブロック塀が崩れて児童が亡くなりました。  当市は大丈夫なのかなということを思っていらっしゃる方も多いと思います。  これを受けて、当市の教育委員会が安全点検を実施したという記事が20日の新聞に載っておりました。  この安全点検の内容とその結果、そして今後の安全対策についても伺います。 ○議長(槻山隆君) 千葉教育部長。 もっと読む
2018-06-21 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月21日−04号 復興まちづくり計画の策定に当たって実施した津波シミュレーションでは、東日本大震災クラスの津波が発生した場合においても、防潮堤を超えた津波を工業地に湛水させることで、周辺住宅地への津波浸水を防止できる結果が得られたと説明されています。 もっと読む
2018-06-20 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月20日−03号 経済産業省は、平成26年3月、首都直下地震緊急対策推進基本計画の中で、出火防止対策として、感震ブレーカー等の普及促進を閣議決定し、翌年3月には特に地震時等に著しく危険な密集市街地における緊急的・重点的な感震ブレーカー等の普及を求める報告がなされています。   もっと読む
2018-06-19 釜石市議会 平成30年  6月 定例会(第2号)-06月19日−02号 それでは、次の徴収についてですけれども、役割分担のうち、徴収は市町村の役割となりますが、徴収率が悪いとペナルティが発生するのか、お伺いします。そして、それによって国保税の税率に影響が出てくるのか、お伺いいたします。 ○議長(佐々木義昭君) 市民課主幹。 もっと読む
2018-06-18 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第4号 6月18日) 一般質問の前に、今、ニュースで盛んに報道されていますけれども、関西圏、そして、きのうは群馬県で規模の大きな地震発生し、被害の全容は明らかになっておりませんけれども、被災された方々にお見舞いを申し上げたいと思います。  当市も過去にそういう経験があるわけですけれども、いつそういう地震が来るかわかりません。   もっと読む
2018-06-14 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第2号 6月14日) 小規模な中学校の統合に向けた考え方についてでありますが、学校規模の適正化については、少子化の進行や複式学級の発生が見られることから、平成19年に一関市立学校通学区域調整審議会からの答申を受けて、4つの方針を定めたところであります。   もっと読む
2018-03-22 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月22日−06号 委員からは、「現実に悲惨な事件や事故が発生していることを考えると、ライドシェアの導入については反対である。健全にタクシー会社が経営できないようになっては、市が行っている乗合交通そのものが崩れてしまうことからもしっかりと確立して、市と連携していただきたい。市では地域の公共交通の計画を立てており、さらに進めていくためにも市内のタクシー事業者の協力が不可欠である」との意見が出されたところであります。   もっと読む
2018-03-14 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 予算特別委員会-03月14日−02号 高知県では低コスト工法というものを県と一緒に各自治体が行っているということで、これも恐らく花巻市が行っていることも県と一緒の事業だと理解しておりますので、ぜひ県とも一緒に検討していただきたいことなのですけれども、低コスト工法は愛知建築地震災害軽減システム研究協議会が開発した工法でございまして、この工法で行っても耐震診断判定値は1.0以上の改修となります。 もっと読む
2018-03-13 滝沢市議会 平成30年  3月 予算決算常任委員会-03月13日−予算審査−04号 厚生年金とか保険料の支払いが発生しないということでの減額をお願いしているものでございますし、認定農業者の関係の確保ということでございますが、やはり農業者の方、高齢化ということで、更新されないという方もいらっしゃいます。それにつきましては、後継者の方であるとか、若手の農業者であるとかに声をかけながら、地域のリーダーとなっていただけるように確保するよう行っているところであります。 もっと読む
2018-03-12 釜石市議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月12日−02号 ②FP3については、前向きな御意見が多かったということであるが、今回の債務負担行為の処理について確認であるが、141ページに平成29年度まで、今年度までは支出ゼロ、30年度以降から債務負担行為として発生するという数字の計上になっているが、そもそもお金は今まで発生してない。なので今後FP3の支出については債務負担行為の決算に従って計画されたように執行されるという理解でよいか、確認である。 もっと読む
2018-03-09 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−05号 本条例は、平成23年東北地方太平洋沖地震、いわゆる東日本大震災の被災者支援として、被災者が市内の鉱泉浴場に入湯する場合において入湯税を課さないこととした期間が終了したことから、廃止しようとするものであります。  次に、施行期日でありますが、本条例は公布の日から施行しようとするものであります。  以上で説明を終わりますが、よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願い申し上げます。 もっと読む