1819件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

二戸市議会 2019-03-14 03月14日-委員長報告・質疑・討論・採決-07号

8款土木費3億2,500万円、河川費です。 10款教育費2,443万1,000円、小学校費、中学校費です。 歳出合計、補正前の額167億円、補正額4億4,349万5,000円、計171億4,349万5,000円。 4ページをお願いいたします。第2表、地方債補正、追加と変更です。追加は、児童福祉施設整備事業、限度額1,040万円を追加するものです。

二戸市議会 2019-02-20 02月20日-議案説明-01号

公共交通につきましては、高齢・人口減少社会に対応するため、まちづくりと一体となった施策の展開が必要であります。利便性や効率性に考慮しつつ、利用実態調査の結果を踏まえた地域公共交通網形成計画の策定を進め、持続可能な公共交通体系の構築を目指します。 特定健診の受診率の向上とごみの減量化は、本市が抱える長年の課題であります。

一関市議会 2019-02-19 第69回定例会 平成31年 3月(第1号 2月19日)

交通事故防止につきましては、日ごろから職員に対して注意喚起をしてきたところでありますが、この事故を受けて交通法規の遵守と公用車の運転について、より慎重を期するよう改めて指示したところであります。  総務部所管の専決処分の報告については以上であります。  次に、報告第2号、財産の管理に係る損害賠償に関する専決処分の報告について、補足説明を申し上げます。  別紙の専決処分書をお開き願います。  

花巻市議会 2018-12-06 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−05号

21款1項市債、1目総務債、5節交通体系整備80万円は、大迫バス待合所整備に係る市債であります。  3目衛生債、2節医療施設3,580万円は、石鳥谷医療センターの消防設備整備に係る市債であります。  6目土木債、1節道路6,670万円は、道路、橋梁に係る事業費の組み替えに伴い、市債を増額するものであります。  

北上市議会 2018-10-01 平成30年度  9月 通常会議(第236回)-10月01日−05号

の構築では、あじさい都市きたかみの実現に向け、地域公共交通網形成計画の事業実施計画として、アクションプランを策定した地域公共交通再編実施計画策定事業など、シティプロモーションの推進では、これからの都市プロモーション推進の方向性を整理し、行動計画を策定したシティプロモーションの推進事業など、各般の事業展開に努めるとともに、総合計画の実現に向けた施策も着実に推進されております。  

滝沢市議会 2018-09-28 平成30年  9月 定例会-09月28日−議案質疑・討論・採決−05号

これについては、平成30年度雪処理の担い手の確保・育成のための克雪体制支援調査補助事業というところで、今年度国土交通省のほうに事業申請をしておりました。これについて、今想定しているのはあすみ野団地を予定しておりますが、そちらのほうの事業採択になったというところで、今回補正をするものでございます。

釜石市議会 2018-09-18 平成30年  9月 決算特別委員会-09月18日−02号

第8款土木費は、災害復興公営住宅建設事業が大きく減少したことなどにより、前年度比36億1032万円減の290億9771万円となった。第9款消防費は、釜石大槌地区行政事務組合負担金や平田地区及び小佐野地区コミュニティ消防センターの建設事業の増などにより、前年度比1億99万円増の8億7351万円となった。

滝沢市議会 2018-09-18 平成30年  9月 予算決算常任委員会-09月18日−決算審査−02号

◆委員(山谷仁君) 説明書69ページ、計画書、実績書は13ページですが、防犯交通安全対策事務、そして防犯交通安全施設維持管理事業についてですが、時系列見ますと年々予算が若干ずつ減っているわけですが、この中身についてどういう状況とどういう評価をされているのか。  

滝沢市議会 2018-09-14 平成30年  9月 予算決算常任委員会-09月14日−決算審査−01号

これより第12款交通安全対策特別交付金の審査に入ります。14ページ、15ページです。質疑を許します。            〔「なし」と言う人あり〕 ○委員長(遠藤秀鬼君) 質疑なしと認め、これをもって第12款交通安全対策特別交付金の審査を終結いたします。  これより第13款分担金及び負担金の審査に入ります。14ページ、15ページです。質疑を許します。  相原孝彦委員。

花巻市議会 2018-09-12 花巻市議会 会議録 平成30年  9月 決算特別委員会-09月12日−02号

これによる主な取り組みの成果として、しごとの分野では農業ロボット技術・ICT機器導入支援、暮らしの分野では生活道路整備事業や公共交通確保対策事業、人づくりの分野では湯口中学校、大迫中学校校舎改築事業、地域づくりの分野ではコミュニティ活動の拠点施設である振興センターの維持・修繕、行政経営の分野では番号制度導入事業などをそれぞれ実施しました。  

滝沢市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会-09月11日−一般質問−03号

信号機の設置につきましては、横断歩行者数や交通量等から交通事故危険性などを総合的に判断して公安委員会が設置するものとなっておりますので、引き続き状況を鑑みながら、交通安全施設の設置について関係機関と検討してまいります。  なお、横断歩道を運転手が認知するための大型標識警察において設置すると伺っており、早期の設置について改めて要望してまいります。 ◎教育長(熊谷雅英君) 議長

北上市議会 2018-09-06 平成30年度  9月 通常会議(第236回)-09月06日−01号

◆17番(小原敏道君) 今の交通事故の件なのですけれども、今企画部長は冷静な判断をするよう指導するという話だけれども、交差点に入った場合は速やかに出るというのが法律というか、指導になっているのだけれども、冷静な判断をするようにというのはどういうふうな判断をするように指導していくのか、具体的に教えてください。 ○議長(高橋穏至君) 企画部長。 ◎企画部長(松田幸三君) お答えいたします。