運営者 Bitlet 姉妹サービス
225件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-14 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第2号 6月14日) 「私の友人が子供がなかなかできなくて不妊治療に通っている。一関市ではなく市外の病院に通っているが、この前の治療費で数十万円かかった。経済的に大変苦労している。」とのお話でした。  あるクリニックの先生の話によりますと、6組の夫婦があれば、そのうち1組は不妊症として悩んでおり、不妊症は決して珍しいことではないとのことです。   もっと読む
2018-03-15 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 予算特別委員会-03月15日−03号 2点目は、参考資料50ページの特定不妊治療費助成事業についての2点でございます。よろしくお願いします。   もっと読む
2018-02-15 滝沢市議会 平成30年  2月 定例会-02月15日−一般質問−03号 まず、特定不妊治療助成についてお伺いいたします。本市では、平成27年より特定不妊治療、体外受精や顕微鏡授精を受けた夫婦に対して、経済的な負担を軽減するため治療費の一部を助成してまいりました。多くの子供が生まれ、とても評価されている事業だと思っております。また、国においても、平成27年より初回助成額を上限15万円から30万円に引き上げたりと、少子化に向けた対策をとられているものだと思っております。 もっと読む
2018-02-15 滝沢市議会 平成30年  2月 定例会-02月15日−一般質問−03号 まず、特定不妊治療助成についてお伺いいたします。本市では、平成27年より特定不妊治療、体外受精や顕微鏡授精を受けた夫婦に対して、経済的な負担を軽減するため治療費の一部を助成してまいりました。多くの子供が生まれ、とても評価されている事業だと思っております。また、国においても、平成27年より初回助成額を上限15万円から30万円に引き上げたりと、少子化に向けた対策をとられているものだと思っております。 もっと読む
2018-02-13 滝沢市議会 平成30年  2月 定例会-目次 ………………………………………97一般質問………………………………………………………………………………………………………………97 3番 齋藤 明議員………………………………………………………………………………………………97  ・スポーツによるまちづくりについて  ・英語教育のあり方について 6番 武田 哲議員……………………………………………………………………………………………107  ・特定不妊治療助成 もっと読む
2017-12-07 一関市議会 第64回定例会 平成29年12月(第2号12月 7日) まず、子育てに係る経済的支援につきましては、子供が生まれる前からの支援、すなわち不妊治療に対する助成や、各種予防接種の公費の助成、あるいは乳幼児や妊産婦などへの医療費助成の取り組みを行っております。   もっと読む
2017-12-05 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月05日−03号 もう一点は、特定不妊治療費用について伺います。昨年の4月1日から、女性の対象範囲、助成回数が変更になったわけですが、どのような変化があったのかお伺いいたします。  以上で、登壇しての質問といたします。御清聴ありがとうございました。(拍手) ○議長(小原雅道君) 上田市長。     (市長登壇) ◎市長(上田東一君) 大原健議員の御質問にお答えします。   もっと読む
2017-09-20 滝沢市議会 平成29年  9月 予算決算常任委員会第2専門委員会-09月20日−決算審査−01号 受診者123名のうち高齢者は49名で全体の約40%でしたけれども、結果といたしましては異常なしが8名、それから要指導の方が25名、要治療が16名ということで、全体で80%の方が何らかの指導や治療に結びついたというふうなことがありますので、骨折防止に成果があったのではないかなというふうに考えてございます。   もっと読む
2017-09-20 滝沢市議会 平成29年  9月 予算決算常任委員会第2専門委員会-09月20日−決算審査−01号 受診者123名のうち高齢者は49名で全体の約40%でしたけれども、結果といたしましては異常なしが8名、それから要指導の方が25名、要治療が16名ということで、全体で80%の方が何らかの指導や治療に結びついたというふうなことがありますので、骨折防止に成果があったのではないかなというふうに考えてございます。   もっと読む
2017-09-08 一関市議会 第62回定例会 平成29年 9月(第5号 9月 8日) その第3は、一般不妊治療への補助を創設したことであります。  不妊治療は、関係者にとってつらく長い時間がかかる上、多額の費用がかかる実態にあります。  市政課題の最も大きな分野が、子供の数がどんどん減っていることでありますが、不妊に悩む家庭においては無理しても、ぜひともの思いで取り組んできています。  継続を求めるものであります。   もっと読む
2017-09-05 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月05日−03号 これらの状況に対応するためには、結婚したいと望む方々に対するいわゆる婚活の支援、出産を望みながら不妊に悩む方々に対する特定不妊治療費の助成、お子様がほしい、あるいは2人目、3人目のお子様がほしいけれども、経済的な理由等で諦めざるを得ない方々に対する各種医療費助成や第3子以降保育料負担軽減、子供のためのインフルエンザ予防接種費用軽減などの経済的な支援を、今後とも市として継続していくことが必要であると考 もっと読む
2017-03-15 紫波町議会 平成29年  3月 予算決算常任委員会(3月会議)(2)-03月15日−01号 一般質問でもさせていただきましたが、不妊治療とか、がん治療とか、今、治療で一番ネックになっておりますのは、ずっとお仕事をしながら、治療とお仕事の両立がなかなかできないということで、どちらかを断念する方がたくさんおられます。がんの場合は、治療を断念するわけにはいかないので、お仕事をやめられているようです。 もっと読む
2017-03-10 滝沢市議会 平成29年  3月 予算決算常任委員会第2専門委員会-03月10日−予算審査−01号 81ページ、4款1項2目、基本・長寿健康診査事業、同じく81ページ、4款1項3目の妊婦保健事業、83ページ、4款1項3目、育児支援事業、83ページ、4款1項3目、特定不妊治療助成事業についてでございます。  まず、基本・長寿健康診査事業でございますけれども、若干予算のほうが減っているようです。 もっと読む
2017-03-10 滝沢市議会 平成29年  3月 予算決算常任委員会第2専門委員会-03月10日−01号 81ページ、4款1項2目、基本・長寿健康診査事業、同じく81ページ、4款1項3目の妊婦保健事業、83ページ、4款1項3目、育児支援事業、83ページ、4款1項3目、特定不妊治療助成事業についてでございます。  まず、基本・長寿健康診査事業でございますけれども、若干予算のほうが減っているようです。 もっと読む
2017-03-09 紫波町議会 平成29年  3月 予算決算常任委員会(3月会議)(1)-03月09日−01号 なぜなら、高齢社会はどんどん進んでいるわけでございますので、また、子どもさんもなかなか産まれにくいということから、思ってもみなかった、昔とは違った、不妊治療とか大変な金額が出ているわけですので、そのときにやはりこの民生費というか、こういうものに関しては、なかなか減らすことはできないのではないか。  じゃ、どうするかといったならば、やはりいろんなメニューがあると思います。 もっと読む
2017-03-07 滝沢市議会 平成29年  3月 定例会-03月07日−一般(代表)質問−02号 また、子供を希望している夫婦に対し、平成27年度より滝沢市特定不妊治療助成事業を行っているところでありますが、この助成事業を利用して妊娠に至った方は、平成27年度は9人、平成28年度は2月末現在で12人となっており、事業の成果が見られることから、今後も継続実施してまいります。   もっと読む
2017-03-07 滝沢市議会 平成29年  3月 定例会-03月07日−一般(代表)質問−02号 また、子供を希望している夫婦に対し、平成27年度より滝沢市特定不妊治療助成事業を行っているところでありますが、この助成事業を利用して妊娠に至った方は、平成27年度は9人、平成28年度は2月末現在で12人となっており、事業の成果が見られることから、今後も継続実施してまいります。   もっと読む
2017-03-03 紫波町議会 平成29年  3月 定例会(3月会議)-03月03日−02号 1点目は、近年の結婚年齢の上昇や晩婚化に伴い、不妊治療を受ける人は年々増加しており、また不妊治療と仕事の両立支援についても重要な課題となっていると受けとめております。現在、不妊治療や検査を受けた夫婦の割合がおよそ6組に1組上がる中、治療がうまくいかない場合の心のケアや男性不妊への対応など、より専門的な相談支援のニーズが高まっているようです。 もっと読む
2017-02-17 大船渡市議会 平成29年  第1回 定例会-02月17日−議案上程説明−01号 妊娠・出産に深くかかわる母子保健につきましては、平成29年度から、不妊に悩む方への特定治療支援事業において、男性不妊治療への助成制度を新たに創設するほか、小児を対象とするインフルエンザワクチンと、乳児の感染性胃腸炎を予防するロタウイルスワクチンの接種費用に対する助成などを引き続き実施し、健康の保持・増進に努めてまいります。    もっと読む
2016-12-13 奥州市議会 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月13日−06号 ただ、例えばことしやっている中で、子育ての関係で不妊治療なんていうのは実際に効果が出ているようでございますし、それから、結婚、子育てにつきましても、結婚の部分につきましても、今はどっちかというと民間でやっている団体を支援するような形で回っているのですが、今般、ことしも県要望をしましたように、i−サポの何とか県南地区へ持ってきたい、それでそれが持ってこられれば今度は今、結婚支援として何とか縁組をしようという もっと読む