運営者 Bitlet 姉妹サービス
92件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-13 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月13日−04号 その懇談会において、公共交通再編の案として、市内路線バスの幹線支線化、支線部の運行形態及び運行経路並びに幹線部の通常運賃化等を説明させていただいております。  市内路線バスの幹線支線化については、国道45号や国道283号沿いを主とする幹線部を、現在と同様に岩手県交通が担い、県道や市道沿いを主とする支線部を、市がタクシー事業者や貸し切りバス事業者等に委託して行うこととしております。   もっと読む
2018-06-18 一関市議会 第66回定例会 平成30年 6月(第4号 6月18日) 運賃や運行頻度などの事業計画について、地域住民やタクシー事業者、あるいは市、この3者で協議を行った上で地域住民が決定をしておりまして、運賃は統一せず、地域によって異なった金額、運賃体系が設定されていると聞いております。  実施に当たっては、市からその住民自治組織へ補助金を支出しておりまして、平成29年度の補助金は、補助対象経費の50%、上限が80万円となっているとのことでございます。   もっと読む
2018-03-14 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 予算特別委員会-03月14日−02号 補助の内容としましては、経費の2分の1、上限を5万円として予定してございます。 ○委員長(照井省三君) 近村晴男委員。 ◆(近村晴男君) 予算額が8万7,000円と非常に少ないわけですけれども、そのアンテナを設置する、例えば一例として、具体に何件ぐらいを、考えておられるのかお伺いします。 ○委員長(照井省三君) 阿部防災危機管理課長。 もっと読む
2018-03-07 宮古市議会 平成30年  3月 定例会-03月07日−04号 ◎企画部長(山崎政典君) 移管に際しまして、さまざま検討しなければならない部分がございますが、運賃につきましてはまだ三陸鉄道と沿線自治体、県含めて検討を具体的にしている状態にはございません。現行の三陸鉄道の運賃体系というのは一番長くて宮古・久慈間でございます。これに今回宮古・釜石間が加わるということで、盛から久慈までですと、今の宮古・久慈間の倍以上になります。   もっと読む
2018-03-06 釜石市議会 平成30年  3月 定例会(第1号)-03月06日−02号 当市が策定した計画では、路線バス幹線の区間短縮、乗り換え拠点を設定し支線路線を形成、交通結節点の機能強化、運賃体系の見直し・改善、外国人を含む観光客に配慮した情報提供などを既に施策に盛り込んでおりますので、現時点での計画見直しは必要なく、計画に影響をもたらすことはないと考えております。   もっと読む
2017-09-05 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月05日−03号 花巻空港としては初めての運航となるLCCについては、航空運賃が安く移動時間が3時間程度の台湾から北東北を訪れる観光客にとって非常に有効であり、また仙台空港等、LCCの導入が盛んにされておりますので、それとも比べて観光費用が安くなるということがございますので、非常に大事であると考えております。   もっと読む
2017-08-21 一関市議会 第62回定例会 平成29年 9月(第3号 8月21日) 再度、繰り返しになりますが、債務負担行為を設定したところでございまして、委託業務内容を精査して、契約金額の上限を年額約4億9,000万円としたところでございます。  委託による効果額としては、電気使用料などの動力費の支出節減や薬品の調達などが効率的に行われることなどにより、年額にして1,130万円程度の経費節減効果を見込んでいるところでございます。   もっと読む
2017-06-16 一関市議会 第61回定例会 平成29年 6月(第3号 6月16日) そこで、今後、地元協議が進められる中で、地元の要望に応えられる上限額はどの程度と考えているのか伺います。   もっと読む
2017-05-29 宮古市議会 平成29年  6月 定例会-05月29日−02号 今年度は、地元利用の一層の促進や、観光利用の回復を図ることを目的とする運賃補助や、利用促進を図るための情報発信の強化を軸とする各種事業を実施することといたしております。  また、早期復旧が望まれるJR山田線盛岡・宮古間につきましては、JR東日本に対しまして一日も早い復旧を要望するとともに、市といたしましても可能な限り協力しているところであります。 もっと読む
2017-05-29 宮古市議会 平成29年  6月 定例会-05月29日−02号 今年度は、地元利用の一層の促進や、観光利用の回復を図ることを目的とする運賃補助や、利用促進を図るための情報発信の強化を軸とする各種事業を実施することといたしております。  また、早期復旧が望まれるJR山田線盛岡・宮古間につきましては、JR東日本に対しまして一日も早い復旧を要望するとともに、市といたしましても可能な限り協力しているところであります。 もっと読む
2017-03-24 奥州市議会 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月24日−09号 また、運転免許証自主返納者には、運転経歴証明書交付日から3年間、証明書を提示することでコミュニティバス運賃が半額になる優遇制度があるものの、市民へ十分に周知されていないので改めて広く周知し、その利用状況を把握すべきではないかなどの意見が出されました。   もっと読む
2017-03-15 雫石町議会 平成29年  予算特別委員会-03月15日−01号 なぜか、盛岡から雫石、鴬宿から盛岡のバスの運賃が片道970円です。往復まず2,000円です。それがここ二、三年、鴬宿のバスも出ない、あるいはつなぎ経由で来ればつなぎ経由で皆降りたという、それでも鴬宿へも来たわけです。   そこで私も鶯宿温泉の再生ということで、何回も意見を言っているわけですけれども、その辺を本気に考えているのかなと思うのだけれども、考えていないというのが現実ですよね。 もっと読む
2017-03-10 大船渡市議会 平成29年  予算審査特別委員会-03月10日−総括質疑−03号 だったでしょうか、26年か27年に9路線か7路線を集約して維持できるようにきちんとしたということがたしかあれの柱の一つでありますし、もう一つは拠点化を進めていくと、そこに行けば必ずバスに乗れるよという、そういった仕組みをつくってきたというふうに書いてありましたけれども、これからの、これからというのは29年度になりますけれども、公共交通のあり方として、今タクシーチケット等々で実験していますけれども、初乗り運賃 もっと読む
2017-03-08 釜石市議会 平成29年  3月 定例会(第2号)-03月08日−03号 平成30年度以降、仮設住宅の集約・解体に伴い、国の特定被災地域公共交通調査事業補助金が引き下げられる予定となっており、バス運賃体系の見直し、改善について早急に検討しなければならないと考えております。   もっと読む
2017-03-07 釜石市議会 平成29年  3月 定例会(第2号)-03月07日−02号 当市では、現在、国からの支援を受け、被災地支援バスとして、岩手県交通株式会社へ運行を委託し、釜石駅を起点に100円から300円を上限とする低廉な料金設定のコミュニティバスを市内16路線で運行し、住民生活の足の確保を図っております。 もっと読む
2017-03-03 金ケ崎町議会 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月03日−一般質問−02号 また、農業委員及び農地利用最適化推進委員の定数につきましては、農地面積や農業者数により法で上限が定められており、金ケ崎町の場合は農業委員は19人が上限となっております。   もっと読む
2016-12-16 釜石市議会 平成28年 12月 定例会(第7号)-12月16日−05号 2点目の改正点は、月額の上限額についてになります。現在は、市町村民所得割の課税と非課税ということで大きくくくって月額の上限額を設定しておりますが、これを、所得割課税額によって預かり保育料の月額の上限額を設定しようとするものです。現在、最高額が月額1万4000円になっているものを、9000円というふうに見直しをしております。  3点目の改正は、保育料の納付の期限になります。 もっと読む
2016-12-15 釜石市議会 平成28年 12月 定例会(第7号)-12月15日−04号 鉄道の開通後に利用者の確保を図るには、利用者の利便性や運賃を考慮する必要があると考えます。11月末に開催されたJR山田線移管に係る沿線首長会議では、運賃に関して協議がされたと伺っておりますが、駐輪場及び駐車場の整備を行うことは、協議されていないと理解しております。 もっと読む
2016-12-14 釜石市議会 平成28年 12月 定例会(第7号)-12月14日−03号 運転免許証返納後の支援策については、現在、この運転経歴証明書を提示することにより、三陸鉄道やにこにこバスの運賃が半額、タクシー料金が1割引となる公共交通機関等の優遇措置があります。 もっと読む
2016-06-22 釜石市議会 平成28年  6月 定例会(第4号)-06月22日−03号 まず、平成27年3月に策定した釜石市地域公共交通計画の進捗状況についての御質問ですが、釜石市地域公共交通計画では、地域公共交通再編による利便性向上や運行状況、バス停情報案内などの事業を掲げておりますが、昨年度は各地域で懇談会を開催して意見を聴取するとともに、バスの乗り継ぎ環境改善のため、釜石駅前広場への路線バス乗り入れの検討、被災住民に配慮したコミュニティバスとして路線バスの定額運賃運行の継続、中学生 もっと読む