3853件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大船渡市議会 2023-12-11 12月11日-02号

高齢の皆さんにお話を伺うと、私たちと異なる視点であることに気がつきます。歩くときの目線は割と近くであること、歩幅も狭くなり、少しの段差でつまずいてしまうことであります。さらに、自宅付近道路で転倒してしまうことが多く、そのことで骨折をしてしまう高齢が多いのであります。

金ケ崎町議会 2023-12-05 12月05日-01号

高齢対応として後期高齢給付負担金介護保険特別会計繰出金が増加し、企業対応としての道路維持補修更新農業基盤整備事業拡大費用が見込まれているところでもございます。これまでどおりの繰り出しは難しい状況であり、繰出額減少が見込まれております。 下水道事業も、今後維持管理に加え老朽化施設更新費用の財源がないことから、使用料改定による経営改善経営健全化が必要となるところであります。 

大船渡市議会 2023-09-11 09月11日-02号

そして、警報が発表される前に災害警戒本部を設置し、地区本部職員避難所の開設を指示して、避難準備高齢等避難開始の発令を行うなど、早目に避難していただくよう取り組んでおります。万が一、避難場所に行くのがかえって危険な状況となった場合には、屋内の比較的安全な場所へ避難することも呼びかけております。  

大船渡市議会 2020-12-17 12月17日-05号

それで、もしできることであれば、ピンピンコロリで逝ければいいがなという思いをしながら、私は今でも中学生を相手に柔道をしたりしているのですが、やがて災害復興局長も市長も私も高齢になっていきますので、そこら辺に思いを寄せたやり方というのがあるのではなかろうかなと。  私も先ほど申し上げたように、健康寿命を維持しつつ逝きたいなと。

大船渡市議会 2020-12-12 12月12日-03号

当市の場合は高齢人口も多うございますので、高齢の方がストレスなく取得していただけるためにも、現在も実施しておりますけれども、申請時に来庁していただく場合には市の職員のほうで専門のタブレットを使いまして、写真撮影から申請書の入力、そしてオンラインでの申請まで市の職員が補助をして実施をしております。こういったこともPRを強めまして、高齢の取得も支援してまいりたいと考えております。  

金ケ崎町議会 2020-12-06 12月06日-02号

車中死に比較的若い世代が目立ったのに対し、屋内死高齢が多かったようであります。 台風19号について気象庁は、上陸3日前から記者会見で警告していました。「自分の命は自分で守る行動をとってください」という呼びかけは、何度も見聞きしたところであります。それでも逃げるタイミングを逸した車中死屋内死が相次ぎました。 

大船渡市議会 2020-09-26 09月26日-05号

             算の認定について日程第4  認定第4号  平成30年度大船渡介護保険特別会計保険事業勘定歳入歳出決算認定             について日程第5  認定第5号  平成30年度大船渡簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定について日程第6  認定第6号  平成30年度大船渡漁業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について日程第7  認定第7号  平成30年度大船渡後期高齢医療特別会計歳入歳出決算

金ケ崎町議会 2020-09-10 09月10日-04号

崎町国民健康保険特別会計補正予算について日程第 4  議案第13号 令和年度金ケ崎訪問看護ステーション事業特別会計補正予              算について日程第 5  議案第14号 令和年度金ケ崎介護保険特別会計補正予算について日程第 6  議案第15号 令和年度金ケ崎国民健康保険診療施設特別会計補正予算に              ついて日程第 7  議案第16号 令和年度金ケ崎後期高齢医療特別会計補正予算

大船渡市議会 2020-09-06 09月06日-01号

             算の認定について日程第6  認定第4号  平成30年度大船渡介護保険特別会計保険事業勘定歳入歳出決算認定             について日程第7  認定第5号  平成30年度大船渡簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定について日程第8  認定第6号  平成30年度大船渡漁業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について日程第9  認定第7号  平成30年度大船渡後期高齢医療特別会計歳入歳出決算

大船渡市議会 2020-06-20 06月20日-03号

現在の大船渡人口構成を考えますと、生産年齢人口の方1.8人ぐらいで65歳以上の御高齢1人を支えております。これが30年後になりますと、1.8人がその半分ぐらいになります。ということで、働く人は減っていく。だけれども、御年配の方々は余り変動はない、少ないと、そういう時代であります。現在大船渡市役所は400名体制でありますけれども、これが30年後、恐らく400名体制はとれない。

二戸市議会 2020-06-19 06月19日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

そして、歳入を見ると、診療報酬、国保、社保、それから後期高齢と、それから一部負担金、それから繰入金、それから県の委託費というふうになっていますけれども、資料の説明では一戸も軽米も九戸も、いわゆるカシオペア連邦全部来るよというふうなことであれば、各町村の負担金なんていうのは出てくるのでしょうか。出てくるとしたら、この補正に出てきていないので、そこはどう理解すればいいのか。