24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

金ケ崎町議会 2020-03-12 03月12日-02号

それと、教育行政方針の3ページでございますけれども、上から5段目から、「不登校生徒指導上の諸課題」、そしてその下に行って、「これまで配置している適応支援相談に加え、家庭教育支援チーム」ということで、新規事業として家庭教育支援チーム事業、168万円ほどついているようですけれども、今まで適応支援相談だけでは対応し切れなったのか。

雫石町議会 2015-12-09 12月09日-一般質問-04号

一例では、不登校児童生徒学校復帰を目指し、安心して学校や学級で生活できるよう、町費適応指導教室を設置し、教育相談員及び適応支援相談配置してきました。また、個別な配慮が必要な児童生徒が在籍している学校に対しては、学校支援員配置するなど、厳しい財政状況の中ではありますが、その都度議会の皆様のご理解をいただきながら取り組みを進めてきたところであります。  

滝沢市議会 2014-03-05 03月05日-議案説明・質疑・討論・採決・一般質問-02号

その際、不登校児童生徒の改善のための手だてを各学校等に助言するとともに、学校としての対応が困難になっている事案がある場合には適応指導教室フレンド滝沢での学習指導を模索したり、適応支援相談家庭訪問等のために派遣したり、不登校児童生徒及びその保護者等への支援相談に取り組んでおります。 

雫石町議会 2013-09-10 09月10日-一般質問-03号

医療福祉分野では、中学生までの医療費無料などの医療費助成保護者が安心して就労できる環境を提供するための病後児等保育事業実施など子育て支援対策実施しているほか、教育分野では悩みや不安を抱える児童生徒やその保護者学校生活をサポートする教育相談員適応支援相談、スクールカウンセラー配置児童生徒学力向上を図るための学力向上指導員による学力向上支援事業実施など、安心して子供を産み育てやすい

雫石町議会 2013-06-10 06月10日-一般質問-02号

また、医療福祉分野では、中学生までの医療費無料などの医療費助成や、保護者が安心して就労できる環境を提供するための病後児等保育事業実施など子育て支援対策実施しているほか、教育分野では悩みや不安を抱える児童生徒やその保護者学校生活をサポートする教育相談員適応支援相談、スクールカウンセラー配置や、児童生徒学力向上を図るための学力向上指導員による学力向上支援事業実施など、安心して子供を産

花巻市議会 2011-03-03 03月03日-05号

市教育委員会といたしましては、不登校解消のために学校家庭関係を強め、共通理解のもとで児童生徒対応することが重要であると考えておりまして、スクールソーシャルワーカー、それから適応支援相談配置や、適応支援教室風の子ひろばでの指導充実を進めてまいりました。 また、学校においてもプロジェクトチーム対応するなど、全校での支援体制の整備が図られました。

雫石町議会 2010-06-08 06月08日-一般質問-02号

登校対策として適応指導教室の開設、中学校への適応支援相談配置及び生徒指導研修会実施し、教職員の実践力を高めるよう努めております。また、幼児期から学童期、そして学童期から思春期への移行、その接続を円滑にし、適切な指導ができるよう選任の教育相談員1名を配置し、学校家庭、地域としっかり情報交換し、その分析を行いながら校種間における児童生徒指導支援のための対策を講じております。

滝沢市議会 2010-03-04 03月04日-議案説明・質疑・討論・採決-01号

教育部長住民協働部長遠藤正紀君) 県事業といたしましてこの不登校いじめ、虐待など、現在抱えている学校の諸問題につきまして、県事業といたしましてその問題を抱える子供等自立支援事業あるいは適応支援相談配置事業等がございますが、全体の流れといたしまして、県事業を縮小される傾向にございます。

宮古市議会 2009-06-12 06月12日-05号

3目教育研究所費、1節報酬9万4,000円は、学校適応支援相談配置事業に係る県からの委託金額の確定に伴い増額するものです。 8節報償費及び12節役務費の合わせて49万8,000円は、学校の安全を確保するため各学校を見回るスクールガードリーダーの設置費用を計上するもので、全額県支出金を充当するものです。 以上が歳出です。 次に、歳入をご説明いたしますので、1-4、5ページにお戻り願います。 

滝沢市議会 2009-03-12 03月12日-一般質問-03号

また、これらの日常的な対応とは別に、フレンド滝沢ネットワーク推進会議を定期に年3回開催し、小中学校教育相談担当適応支援相談、スクールソーシャルワーカー等関係者情報を共有するとともに、児童生徒及び保護者等家庭への個別の支援計画を立てて、小中連携に基づく支援チームを結成して、総合的に対応するよう努めております。 

花巻市議会 2008-09-04 09月04日-05号

7目教育費県委託金、2節適応支援相談65万5,000円の減から5節小学校英語活動等推進42万円の減までにつきましては、それぞれ内定による増減であります。 7節スクールソーシャルワーカー活用460万円及び8節生徒指導総合連携推進90万円は、不登校問題行動の予防に対する調査研究に対する県委託金であります。 17ページをお開き願います。 

滝沢市議会 2008-03-07 03月07日-議案説明・質疑・討論・採決-01号

登校対策につきましては、スクールカウンセラー適応支援相談などの機能を十分に発揮させるなど、教育相談支援体制充実を図るとともに、学校家庭及び関係機関が緊密に連携することにより、学校適応児童生徒解消に努めてまいります。 特別支援教育充実につきましては、巡回相談を継続して適正な就学指導に努めるとともに、特別支援教育支援員を増員し指導充実を図ります。 

  • 1
  • 2